エスカレーターFX 【検証とレビュー】

エスカレーターFX 【検証とレビュー】

エスカレーターFX 【検証とレビュー】

C評価商材

エスカレーターFXはSQ-BOXと酷似?

読者様より検証依頼のあった商材です。エスカレーターFXというMT4専用のインディケーターです。

読エスカレーターFXは、(当サイト特典の)SQ-BOXと酷似しているのでは?とのご指摘がありました。

その辺りを検証してみたいと思います。ちなみに、SQBOXとは、当サイトのオリジナル特典です。

sq-box

SQBOXその1

SQBOXその1

SQBOXその2

SQBOXその2

エスカレーターFXとは?

エスカレーターFXは、トレンドの状態をインディケーターでビジュアル表示するツールです。

チャート上にエスカレーター状の雲(クラウド)を複数(マルチタイムフレーム)表示させ、その形状などでトレンドの有無・強弱を確認することができます。

大きな時間足の陽転を確認したうえで、小さな時間足の陽転(同調)で買いエントリーを行います。

ローソク足と合わせて、平均足を表示させていますね。

エスカレーターFXチャート

エスカレーターFXチャート

エスカレーターFXのチャート図をご覧頂くとおわかりの通り、チャート上に3色の階段状の雲が表示されています。

販売者によるブログも公開されています。

エスカレーターFXのダマシ回避対策は?

エスカレーターFXはトレンドフォロー系のツールに分類されます。トレンドフォロー系のツールは、トレンドが発生すれば簡単に勝てます。しかもトレンドの大きさによっては、かなりの利幅を抜くことができます。

課題はダマシ回避です。トレンドフォローの最大の弱点であるダマシ連発を、いかに回避するか?この点が全てのトレンドフォロアーの悩みであり、課題でもあります。

エスカレーターFXでは、エスカレータークラウドと呼ばれる雲状の描写ツール以外に、エスカレータースカウターと呼ばれるオシレーター系や、ADXや平均足・スローストキャスティクス等を併用することで、サインをフィルタリングし、ダマシ回避を試みています。

SQBOXと比べてみましょう

それではSQ-BOXのチャートと比較してみましょう。以下がSQ-BOXのチャート図です。

SQBOXチャート図

SQBOXチャート図

そしてコチラ(↓)がエスカレーターFXチャート図です。

エスカレーターFX

似ているようで違いますね。どちらも同じように階段状の雲が複数描写されていますが、よく見ると形状が異なります。

SQ-BOXは階段が崩れる部分が多数ありますが、エスカレーターFXは、上昇・下降共にキレイに階段が描写されています。

SQ-BOXは、ロジックにサポート&レジスタンスを使用していますので、階段が崩れるケースがあります。その崩れが早期のトレンド終了を予見し、エグジットを促すというロジックです。

しろふくろう氏のトレンドステップ

ご覧の通りエスカレーターFXは、SQ-BOXとは似ているようで全く異なるロジックを採用していると思われます。

実は、私はこのエスカレーターFXと似たような描写をするインディケーターを、もう一つ見たことがあります。それは、しろふくろう氏のトレンドステップです。ちょっと画像を拝借しましょう。

トレンドステップ画像

出典:しろふくろうFXテクニカル分析研究所

トレンドステップは、しろふくろう氏のオリジナルインディケーターです。PIVOTをベースに階段上のラインをマルチタイムフレーム表示したインディケーターですね。

トレンドステップは、しろふくろう氏により無料で提供されています。※しろふくろう氏のサイト内から無料でダウンロードできます。

エスカレーターFXと比べてみましょう。こちら(↓)がトレンドステップです。

トレンドステップ画像

トレンドステップ画像

そしてこちら(↓)がエスカレーターFXです。

エスカレーターFX

やはり、また少し違いますね。

エスカレーターFXは移動平均線がベースか

エスカレーターFXの雲は移動平均線をベースにしたインディケーターではないかと思っています。エスカレータークラウド(雲)の描写は、短期移動平均線と長期移動平均線の動きに非常に似ていますね。

どちらにしても、エスカレーターFXもSQBOXもトレンドステップも、それほど大した違いはないと思います。

移動平均線も、サポレジも、PIVOTも、過去のレートから計算されたテクニカル指標に過ぎません。チャート上のビジュアル描写でトレンド状態を判断し仕掛けと手仕舞いのタイミングを計る、という意味ではどれも似たようなものです。

※ちなみに、トレンドステップはもう少し複雑なロジックでタイミングを導き出します。

これだけでは絶対的な優位性はなく、あくまでトレードのサポートツールとして補助的に使うことが、望ましいと思います。

移動平均線とADXストキャスで同じ事ができる

エスカレーターFXですが、ロジックは悪くないと思います。極めてオーソドックスなロジックです。しかしながら、移動平均線、ADX、ストキャスを使えば、ほぼ同じロジックでトレードすることができそうです。

エスカレーターFXは、恐らく移動平均線を雲(クラウド)的に描写していると思われますので、単純に移動平均線(長短)を使ったほうが判りやすいという方もいるのではないでしょうか。

気になる方は販売ページをご覧ください。エスカレーターFXの価格は39,900円です。

C評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

日本にも「ウォルフ波動」トレーダーがいた! 先日とりあげたFX INNOVATION CLUBですが、この商材で学べる手法は、ウォルフ波動にダイバージェンスを組み合わせたロジックで…

One Tap Trade FX
One Tap Trade FX【検証とレビュー】

『One Tap Trade FX(1タップトレードFX)』検証とレビュー ”1日1回1タップを繰り返すだけで10万円が1億円、2億円、3億円に!”←鵜呑みにしないように… FX情…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青…

FXトレンドグライダー【検証とレビュー】

インディケータ系のFX商材が再びブームの兆しを見せている 最近、MetaTrader4専用のFX情報商材が、再びブームの兆しを見せています。FXスキャル・パーフェクトシグナル、ニュ…

イサムデルタFX
イサムデルタFX【検証とレビュー】

『イサムデルタFX』検証とレビュー 「9年連続年収1億円トレーダー」のイサム氏の新作 「9年連続年収1億円トレーダー」のイサム氏が、新たなインジケーター『イサムデルタFX』をリリー…

くまひげ流SUPER平均足
くまひげ流◆SUPER平均足【検証とレビュー】

くまひげ流SUPER平均足の「平均足」は海外フォーラムでどう評価されているか? あの”くまひげ先生”の最新作「くまひげ流SUPER平均足」満を持して登場 相場歴30年の「くまひげ先…

パラダイム・トレーダーFX【検証とレビュー】その2

パラダイム・トレーダーFXを購入しました パラダイム・トレーダーFXを購入しました。開発者のイサム氏はゴールデンスパイダーFXやゴールデンスパイダー1分バイナリーオプションでもお馴…

flashzonefx
Flash Zone FXの販売終了まであと12時間

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説する Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flas…

FXライントレード・マスタースクール
FXライントレード・マスタースクール【検証とレビュー】

「FXライントレード・マスタースクール」とはどんなFX商材か? FXライントレード・マスタースクール(ライマス)はあらゆる相場環境に順応できる”王道ロジック” FX−Jin氏が体系…

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」を読んでいないなんて、もったいない! 本日は「トレードと凡事のお話」をご紹介します。 「トレードと凡事のお話」とは佐野裕氏のメルマガコンテンツとして提供され…

マナブ式FX完全マスタープログラム 【検証とレビュー】

マナブ式FX完全マスタープログラムは海外の無料インディケーター”THVシステム”の日本語解説書だ まず、最初に申し上げたいのですが、斉藤学さんのトレーダーとしての実力は不明です。正…

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVを自分で設定してみよう

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHV system 先日ご紹介したマナブ式FX完全マスタープログラムが売れてますね。 マナブ式FX完全マスタープログラム【検証とレビュー】 マ…