2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

パラボリックSARのパーフェクトオーダーと移動平均線のパーフェクトオーダーの違いについて解説するよ!

パラボリックSARのパーフェクトオーダーと移動平均線のパーフェクトオーダーの違い

パラボリックSARのパーフェクトオーダーと移動平均線のパーフェクトオーダーの違い

パラボリックSARのパーフェクトオーダーと移動平均線のパーフェクトオーダーの違い

読者様から、前回の記事パラボリックSARを組み合わせた順張りストラテジー”372手法”を解説するよ!に関してご質問をいただきました。

372手法はつまるところパラボリックSARのパーフェクトオーダーですよね?だったら複数の移動平均線によるパーフェクトオーダーとそんなに違いはないのでしょうか?もし違いがあるなら教えてほしいです。

なるほど!たしかに372手法はパラボリックSARのパーフェクトオーダーと言えそうですね。

Parabolic SAR_Strategy

Parabolic SAR_Strategy

  • 15分パラボリックSAR
  • 1時間パラボリックSAR
  • 4時間パラボリックSAR

この3本のSARがすべてそろったらその方向へ仕掛ける…うん、確かにパーフェクトオーダーといえそうですねですね。

2021年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX情報商材ランキング|2021年版

パーフェクトオーダーとは?

ちなみにパーフェクトオーダーとは、期間の異なる複数本の移動平均線が、短期→中期→長期と順番に並んでいる状態を指します。

パーフェクトオーダーとは

パーフェクトオーダーとは

上のチャート図はUSD/JPY(ドル円)の15分足です。短期移動平均線(期間8)、中期移動平均線(期間20)、長期移動平均線(期間55)の3本が、上から短期→中期→長期の並びとなっていますね。この場合、強い上昇トレンドが発生していると考えることができます。つまりパーフェクトオーダーはトレンド系の手法となりますね。

移動平均線によるパーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーとなっている部分は以下の2箇所。

3本の移動平均線によるパーフェクトオーダー

3本の移動平均線によるパーフェクトオーダー

最初のパーフェクトオーダーと次のパーフェクトオーダーの間は、短期移動平均線(ピンク線)が中期移動平均線(黄色線)を割り込んでしまっていて、パーフェクトオーダーが崩れています。

パラボリックSARによるパーフェクトオーダー

同じチャート図をパラボリックSARのパーフェクトオーダー(372手法)と比べてみましょう。

パラボリックSARによるパーフェクトオーダー

パラボリックSARによるパーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーになっている箇所はこちら。

372手法におけるパーフェクトオーダー

372手法におけるパーフェクトオーダー

ちなみに372手法におけるパーフェクトオーダーでは、1時間足SAR(黄色ドット)の反転までをひとかたまりとして見ています。

では2つのパーフェクトオーダーを比べてみましょう。

3本の移動平均線によるパーフェクトオーダー

3本の移動平均線によるパーフェクトオーダー

372手法におけるパーフェクトオーダー

372手法におけるパーフェクトオーダー

一見、移動平均線によるパーフェクトオーダーのほうが良さそうに見えますね。大きな利幅を取れそうです。

ただ、見方によっては、372手法(パラボリックSARパーフェクトオーダー)のほうが、トレードチャンスが多いと捉えることもできます。

パラボリックSARによる”トレーリングストップ機能”が秀逸である理由

もう一つ。パラボリックSARならではの利点もあります。15分足SAR(ピンクのドット)に注目してください。

15分足SAR(ピンクのドット)は価格に追随し、時間とともに価格との距離を縮めていっています。つまりこの15分足SARはトレーリングストップの目安にもなるのです。

パラボリックSARによるトレーリングストップ機能

パラボリックSARによるトレーリングストップ機能

エントリー後に一定の含み益を獲得できたら、ストップ位置を段階的に切り上げていくことで、含み益を減らさずにポジションを持ち続けることができます。その目安としてパラボリックSARを活用できますね。

パラボリックSARの特徴として、価格の動きが速ければ速いほどSAR(ドット)と価格間の収束速度がスピードアップするという点があります。詳しくはパラボリックSARの計算式をワイルダーの原書を元に説明するよ!をお読みください。

”価格の動きが速い=相場がヒートアップする”、と捉えることができますよね。ヒートアップした相場はいずれその勢いを失い、反動でカウンターとなります。その際に含み益を減らさないためにも、動きの速い価格に連動したストップ(つまりトレーリングストップ)が必須となります。

価格の動きに追随しつつ時間とともに価格との収束速度を高めるパラボリックSARはまさに、トレーリングストップにうってつけなのです。

この点において、パラボリックSARを活用したパーフェクトオーダー(372手法)は、非常に優れているといえます。移動平均線パーフェクトオーダーにはない機能ですね。

じゃあ、パラボリックSARと移動平均線組み合わせたらどうなの?

だったらパラボリックSARと移動平均線のパーフェクトオーダーを組み合わせたら最強になるのでは?って思いますよね。

実は、その手法あります。海外の手法Parabolic SAR & Moving Average Strategyです。

Parabolic SAR & Moving Average Strategy

Parabolic SAR & Moving Average Strategy

詳しくは以下の記事からどうぞ。

【FX手法】移動平均線とパラボリックだけで”ドン勝ち”する方法

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら