2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

投資とギャンブルの”境界線”について考察してみた

投資とギャンブルの”境界線”について考察してみたwwwwwwwwwwww

投資とギャンブルの”境界線”について考察してみたwwwwwwwwwwww

投資とギャンブルの”境界線”について真面目に考えてみる…

5ちゃんねるに『FXを投資だと勘違いして自分を投資家だと勘違いしてる糞キチガイwwwwwwwwwwww』というスレが立っています。

そもそも「投資」と「ギャンブル」の違いとは何でしょうか?真剣に考えてみたことがありますか?

私が常日頃チェックしているブログの一つに『Chikirinの日記』があります。『Chikirinの日記』は、社会派ブロガーChikirinさんが世の中の様々な事象を、独自の視点から深く掘り下げていく人気ブログです。そのブログの過去記事に、ギャンブルに関する興味深い考察があります。

私が今回、明確に理解したことは、「ギャンブルとは・・・」の後に続く文章には、特定のゲームの名前が入るのではなく、ゲームの特性や、プレーヤーのもつ条件などを勘案した「特定の賭け方・遊び方」が入るのだってことです。

引用:ギャンブルって何?

ギャンブルとは特定のゲーム(バカラやポーカー、競馬など)を指すのではなく、ゲームの遊び方(賭け方)を指すのではないか?という考え方です。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

バイナリーオプションは「ギャンブル」か?

当ブログで頻繁に取り上げるバイナリーオプション(BO)を、Chikirinさんの定義に照らし合わせてみましょう。

BOも、ひとくくりにギャンブルというわけではなく、「取り組み方やその人の属性次第」でギャンブルにもなるし、そうならない場合もあるということですね。

極論ですが、100億円の金融資産を持つ金持ちが毎回10万円程度をバイナリーオプションにつぎ込んでも、本人にとってはギャンブルには当たらないということでしょう。一方、毎月30万円の給与所得者が毎回1万円をバイナリーに賭ける行為はギャンブルとなる可能性があると考えられます。また、継続的に勝率50%を超える「夢のロジック(聖杯)」を所有しているトレーダーにとっては、BOはギャンブルではない、ともいえます。

Chikirinさんの定義は、非常に理解しやすいですね。

当ブログ独自の”ギャンブルの定義”とは?

当ブログでは、これまで幾度となくバイナリーオプションの「ギャンブル性」・「危険性」について警鐘を鳴らしてきました。

ここで、私なりに「ギャンブル」を定義してみます。ギャンブルとは…

プレーヤーが、ゲームの本質(期待値やリスクなど)を理解しておらず、起こりうるリスク(損失等)を精神的にも経済的にも許容できないゲーム

上の要素を満たすゲームを総称して「ギャンブル」と考えています。

逆に言えば、ゲームの本質(期待値やリスク)を理解でき、万が一リスクが顕在化した時にそのリスク(損失)を精神的にも経済的にも許容できるならば、その人にとってそのゲームはギャンブルではないということです。

バイナリーオプションの期待値を理解し、継続して50%の勝率を維持し続けることが難しいことがわかった上で、自分の許容できる範囲内で賭けるのであれば、その人にとってはギャンブルではないと言えます(もちろん異論あると思います)。

一方、バイナリーオプションで資産を増やそうとして取り組むならば、それはギャンブルになってしまうということです。なぜならBOの本質(期待値が常にマイナスであること)を理解できていないからです。

「長期ローンで持ち家を買う」ことはギャンブルか?

「長期ローンで持ち家を買う」ことはギャンブルか?

「長期ローンで持ち家を買う」ことはギャンブルか?

ところで、長期ローンを組んで持ち家を購入する行為は、ギャンブルでしょうか?

当ブログの定義で考えれば、ローンの本質を理解しリスクを許容できれば、その人にとってはギャンブルではない、ということになります。ローンの本質とは、元本とは別に多額の利息を支払う仕組みであり、金利が変動すれば支払額も変わる(変動金利の場合)ことであり、つまるところ長期的な借金であるということです。借金返済の原資は、自分自身(労働力を供給して得た対価)です。

そして住宅ローンのリスクを許容するということは、長期間の返済が可能かどうか?そのための原資(給料など)は、長期的に確保できるのかどうか?失業リスクを考えているか?返済不能に陥った場合の対処を考えているかどうか?返済不能に陥ったときに精神的に耐えられるか?これらのリスクを精神的にも経済的にも許容できれば、住宅ローンはギャンブルではない、と言えます。

一方、長期ローンの本質を理解していない人や、返済リスクを軽視している人にとっては、住宅ローンはまさに「ギャンブル」です。

どんな投資でも「ギャンブル」になり得る

当ブログの「ギャンブルの定義」では、どのような投資でも「プレーヤー次第」でギャンブルになりえます。

プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクなど)を理解しておらず、起こりうるリスク(損失等)を精神的にも経済的にも許容できないゲーム。

FX投資や株投資、仮想通貨投資なども同様です。投資の本質を知らずに許容度を超えるリスクを抱えてトレードをすれば、本人にとってそれはすでに「ギャンブル」なのです。

ロジックがブラックボックス状態(非公開)の市販ツールや自動売買システムを使うことは、投資とは言えません。なぜなら、自分自身がロジックを理解できていないからです。シグナル配信(PAMMなど)サービスも同様です。

どのようなタイミングでポジションを持つのか理解できていないのであれば、それは投資とは呼べません。「ギャンブル」以外のなにものでもありません。

また、他人のロジックに頼りきりで、損失を出したときに一方的に文句をいう人も投資不適格者です。他人のロジックに依存することのリスクを把握していないから「ギャンブル」です。仮想通貨ファンドで損失を出したからと言って文句を垂れても、誰も同情してくれません。

第三者を信じてお金を預けるならば、最悪の場合預けたお金を全て失ってもOKと思えるくらいでないと、取り組むべきではないでしょう。リスクを把握せず、許容すらできていない方が、リスクが顕在化した時にグダグダ文句を言うことは、とても恥ずかしい行為です。

投資を「ギャンブル」にしないためには?

投資活動をギャンブルにしないためには、2つのポイントが重要です。

  1. 投資対象の本質を学ぶ(理解する)
  2. 精神的にも経済的にも許容出来るリスク内で投資をおこなう

この2点さえしっかり捉えておけば、健全な投資活動が行えるはず。投資の本質を理解し、許容できる範囲内で投資を行いましょう。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら