2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

【FX手法】EMA20から±20ぴぴ離れたら押し目・戻りで仕掛けてみろ!

【FX手法】EMA20から±20ぴぴ離れたら押し目・戻りで仕掛けてみろ!

【FX手法】EMA20から±20ぴぴ離れたら押し目・戻りで仕掛けてみろ!

【FX手法】EMA20から±20ぴぴ離れたら押し目・戻りで仕掛けると上手くいくよ!

移動平均線を使ったシンプル手法を紹介します。引用元は2ちゃんねるの市況板。

558 :Trader@Live! :2009/06/29(月) 03:21:27 ID:6S858oZc

5分足でEMA5(あってもなくてもいい)20、75、200を表示する
20、75、200全てが横or下向きの状態でドル円の場合為替値がEMA20+20ぴぴ以上になったらぐずる事が多いからS投入

逆に20、75、200が全て横、上向きの状態で為替値がEMA20-20ぴぴ以上になったらこれもぐずる事が多い、でL投入

まぁ王道中の王道の押し目戦法なんだけど肝はEMA20±20ぴぴ以上な・・・
まぁあとはみなで過去チャート見て確認してくれ。

引用:2ちゃんねる市況板(リンク切れ)

使用する移動平均線は3本。

  • 20EMA
  • 75EMA
  • 200EMA

すべてEMA(Exponential Moving Average=指数平滑移動平均線)です。EMAの使い勝手の良さについては、このBlogで何度も取り上げました。

まずはメタトレーダー4に3本のEMAを表示させてみます。

ドル円の5分足チャート

ドル円の5分足チャート

通貨ペアはUSD/JPY(ドル円)、時間足は5分です。

ルールは次の通り。

買いルール

  • 20EMA、75EMA、200EMAがすべて横向き〜上向き状態であることを確認
  • レートが20EMAから下方向へー20pips以上離れたら「買いENTRY」
  • 20EMAタッチで利確(TP)

売りルール

  • 20EMA、75EMA、200EMAがすべて横向き〜下向き状態であることを確認
  • レートが20EMAから上方向へ+20pips以上離れたら「売りENTRY」
  • 20EMAタッチで利確(TP)

シンプルですね!

注意点としては、20EMA、75EMA、200EMAのパーフェクトオーダーは必要としない点です。3本の移動平均線の傾きをチェックするだけでOKです。もちろんパーフェクトオーダー中に±20pips離れた場合は、より確度が高いトレードとなります。

トレンド発生中(もしくはレンジ)での、押し目や戻りを拾っていく簡単な手法です。簡単ですけど侮れません。意外と機能しますよ。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

USD/JPY(ドル円)5分足でトレード

実際のチャートでルールを確認してみましょう。まずは買いENTRY。

買いENTRY|その1

買いENTRY|その1

買いENTRY|その1

3本のEMAがきれいなパーフェクトオーダーを描いています。レートがグッと戻されて20EMAから20pips離れたタイミングで買いENTRY。その後すぐにレートは戻されたので、ベストなタイミングで押し目を拾えています。

買いENTRY|その2

買いENTRY|その2

買いENTRY|その2

じゃっかんぐずっていてレンジを形成していますね。ただ、200EMA(青線)の上で推移しているので上昇基調ではあります。20EMAから20pips乖離(下方)したタイミングで買いで入ります。首尾よくすぐに上昇して20EMAタッチで決済。

買いENTRY|その3

買いENTRY|その3

買いENTRY|その3

3本のEMAが絡まっていて、まさにレンジ状態。方向性も定まっていません。20EMAから下放れしたように見えますが、200EMAはわずかに上昇基調ですよね。このタイミングで20pips乖離で買いENTRYします。こちらも戻されて利益を確保できています。

売りENTRY|その1

次は売りENTRYパターンです。

売りENTRY|その1

売りENTRY|その1

20EMA(ピンク線)は上昇に転じていますが、200EMA(青線)は右肩下がりで下落基調のままです。リスクのあるトレードですが、20pips乖離で売りで入っていれば、なんとか15pipsくらいは取れていますね。

売りENTRY|その2

売りENTRY|その2

売りENTRY|その2

下落トレンド中の戻りを2回捉えたトレードです。パーフェクトオーダーですね。リスクの少ない仕掛けです。

売りENTRY|その3

売りENTRY|その3

売りENTRY|その3

こちらもパーフェクトオーダーです。上から200EMA、75EMA、20EMAと並んでいます。最初のENTRYはリスクの少ない戻り売りですが、2回目のENTRYはややリスキーですね。下値支持されているような動きをしている中での売りENTRYなので、トレンド転換で上昇に転じていてもおかしくない相場です。ギリで利益取れていますが、ここは避けるべきかも。

注意点とアレンジ

仕掛けの方向ですが、ローソク足が200EMAの上で推移しているのか、それとも下で推移しているのか?この点をチェックすることが重要です。

特にレンジ状態(3本のEMAがヨコヨコor絡まっている)では、200EMAとローソク足の位置関係に注視するべきですね。

もしもアレンジするならば、ストキャスやRSIなどのオシレーター系テクニカルを加えて、売られすぎ・買われすぎをチェックするとか、もしくはRSIのダイバージェンスでサインをフィルタリングするなどしたいですね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら