【FX手法】GMMAの”押し目・戻り”を確実に捉える方法を紹介するよ!

【FX手法】GMMAの”押し目・戻り”を確実に捉える方法を紹介するよ!

【FX手法】GMMAの”押し目・戻り”を確実に捉える方法を紹介するよ!

GMMAの押し目・戻りを確実に捉える方法

前回に引き続き、『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』の応用編をお届けします。

最近は『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』ばかりをイジっています。それほど興味深いインジケーターです。ネオ・スキャルピングFXのロジックのベースではないかと推測されるボリバンインジケーターです。

今回は、『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』のフィルターとして、GMMAを取り入れてみました。

まずはデフォルトでのチャートをご覧ください。

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』

上のチャート図はGMMAに『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』を重ねて表示させています。

GMMAの詳細に関しては以下の記事をお読みください。

GMMAは12本の移動平均線を使った環境認識テクニカルです。

GMMAが明らかに上昇トレンドを形成しているときは、「買いシグナル」のみを選択して「押し目買い」を行ないます。

一方、GMMAが明らかに下降トレンドを形成しているときは、「売りシグナル」のみを選択して「戻り売り」を行ないます。

GMMAが混線しているときはレンジ相場とみなし、「買いシグナル」「売りシグナル」どちらも採用します。もしくはスルーでもOKです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

GMMA|押し目買い

まずは買パターンをチェックしましょう。

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|上昇トレンド

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|上昇トレンド

GMMAの短期線群が長期線群を上抜いたことで、上昇トレンドを形成したと捉えます。上昇トレンド時は「買いシグナル」のみを選択して「押し目買い」を行ないます。

ご覧の通り、押し目のタイミングでシグナル(矢印)が点灯していることが見て取れます。ただ、後半はトレンドが失速し結果的に損切りとなっていますね。

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|上昇トレンド

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|上昇トレンド

こちらも、最初の3つの押し目買いは良さそうですが、後半はトレンド終焉で損切りとなっていますね。

GMMA|戻り売り

売りパターンもチェックしてみましょう。

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|下降トレンド

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|下降トレンド

GMMAの短期線群が長期線群を下抜けて下落トレンドを形成してます。売りシグナルがトレンド中の戻りを捉えています。

ただし、最後の3つは損切りです。やはりトレンド終焉時のシグナルは不発ですね。

もう一つ下落パターンを紹介します。

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|下降トレンド

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|下降トレンド

戻り売りのタイミングで効果的なシグナルを出していますね。ただし、最後は損切りです。

こうして見ると、トレンド終焉時のシグナルを排除するためのなんらかのフィルターが必要と考えられますね。

トレンド終焉時のダマシを回避するためにGMMAの短期移動平均線群の並びをチェックする

これらの「ダマシ」を回避するアイデアとしては、GMMAの短期移動平均線群(3,5,8,10,12,15SMA)の並びをチェックすることです。GMMAの短期移動平均線群がギリギリ順番に並んでいるときのシグナルは有効とし、順番が入り乱れているときのシグナルはスルーします。

GMMAの短期移動平均線群がギリギリ順番に並んでいる場合は、トレンドの勢いがまだ保たれていると考えるわけですね。一方で短期移動平均線群の順番が乱れた場合は、トレンドの勢いが弱まった・もしくはトレンド終焉が近いと考えます。

このアイデアによって、すべてのダマシを排除できるわけではありませんが、ある程度無駄なシグナルを取り除くことが可能になります。

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

上のチャート図で、四角で囲ったシグナルは、短期移動平均線群(6本の青いライン)が順番に整列しています。このシグナルのみを有効とします。一方、☓印をつけたシグナルは、短期移動平均線群(6本の青いライン)の並びが乱れています。これらのシグナルは回避します。

売りパターンもフィルタリングしてみます。

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

四角で囲ったシグナルを有効とし、それ以外は無効とします。

先ほどのチャートパターンでフィルタリングしてみましょう。まずはフィルタリング前のチャート(↓)。

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|下降トレンド

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|下降トレンド

フィルタリング後のチャート(↓)。

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

もうひとつ、上昇パターンもフィルタリング前と後を比較してみます。

フィルタリング前(↓)。

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|上昇トレンド

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|上昇トレンド

フィルタリング後(↓)。

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

フィルタリング前(↓)。

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|上昇トレンド

GMMAと『Bollinger bands alerts & arrows 2.mq4』|上昇トレンド

フィルタリング後(↓)。

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

短期移動平均線群の並びでシグナルをフィルタリングする

これらのフィルターによって、深い押し目や戻りは拾えなくなるデメリットがありますが、トレンド終焉時のダマシはある程度回避することが可能になりますね。

まだまだ、工夫の余地はありそうです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら