バイナリーオプション規制まで、あと10日!

バイナリーオプション規制まで、あと10日!

バイナリーオプション規制まで、あと10日!

日本証券業協会の公式発表です

2013年11月19日に、日本証券業協会が公式発表を行いました。バイナリーオプション規制(改定)の正式発表です。施行は2013年12月1日です。

施行まで2週間を切りましたね。詳細は以下のPDFからご覧いただけます。

バイナリオプション規制の具体的な内容とは?

詳細はPDFを見てもらえればわかりますが、全12ページありますので、ざっくりとまとめてみたいと思います。

取引期間

  • 原則2時間以上とする(例外あり)

売買期限

  • 判定直前まで売買可能とすること

権利行使価格

  • 過度に投機的にならないようにすること

ご覧のとおり、これまでに報道されてきたことと同じです。次に、バイナリーオプション勧誘に関する規制です。

勧誘方法

  • 過度に投機的な印象を与えるような表示を禁止

取引リスクの理解の徹底

  • バイナリーオプション取引のリスク理解を顧客に徹底させること(識確認テスト)

取引結果の公表

顧客とのバイナリーオプション取引全体の状況について公表すること。※こちらも、既にGMOクリック証券を始めとする証券会社で対応済みですね。

各証券会社の顧客口座取引実績(2013年10月分)

ちなみに、最新(2013年10月分)の取引実績は以下のとおりです。

GMOクリック証券

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合…99.75%
  • 取引口座に対する損失発生口座の割合…69.84%

FXトレード・フィナンシャル

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合…94.00%
  • 取引口座に対する損失発生口座の割合…76.80%

トレイダーズ証券

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合…94.78%
  • 取引口座に対する損失発生口座の割合…77.91%

サイバーエージェントFX

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合…88.83%
  • 取引口座に対する損失発生口座の割合…76.34%

気になるのは、新バイナリーに移行済みのサイバーエージェントFXのオプトレ!が、損失発生口座割合が高くしかも総支払額割合が低い、という点です。ご覧のように88.83%と、他の証券会社と比べて極端に低いのがわかります。

新サービスということもあり、ユーザーがルールに慣れていないことが原因かもしれません。ただ今後もこのレベル(90%を割る総支払額割合)が続けば、新ルールは今まで以上に勝ちにくい可能性があると言えそうです。

これまでHigh&Lowを提供してきたGMOクリック証券も、新バイナリーオプションに移行後は今までのような総支払金額割合(90%台後半)を維持できないかもしれません。

ルール改定施行は2013年12月1日

ご存知のように、来月12月1日(2013年)から、バイナリーオプションは新ルールへ移行することが決定されています。すでに多くの証券会社が新ルールに基づいたバイナリーオプションサービスをスタートさていてますね。

  • 09月24日 オプトレ!(サイバーエージェント)
  • 11月04日 バイトレ(FXトレードファイナンシャル)
  • 11月09日 みんなのバイナリー(トレイダーズ証券)
  • 11月18日 新外為オプション(GMOクリック証券)
  • 11月20日 LION BO(ヒロセ通商)

※各社の新バイナリーオプション開始日程。

FXDD Japanが、新たにHigh&Low参入

当然ですが、自主規制ルールに従うのは、日本国内の証券会社のみです。海外ブローカーは、規制の対象にならないので、好き勝手やっています。60秒バイナリーも健在ですし、High&Lowもあります。

そんな中、FXDDが新たにバイナリーオプションサービスをスタートさせたというニュースも入ってきています。

FXDDのバイナリーオプションは、いわゆるHigh&Lowですね。MetaTrader4プラットホームが使えるという点が、興味深いです。ペイアウト率も1.7〜1.85倍程度ありそうです。

FXDDバイナリーオプション

FXDDバイナリーオプション

今後は、一層、海外のバイナリーオプションに顧客が流れる可能性もありそうです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

GMOクリック証券11月4日より新バイナリーオプションのデモ取引スタート

新ルールBOスタート間近 バイナリーオプションの自主規制ルールに基づいた新BOが、どんどんリリースされていますね。2013年11月末には、新ルールへの完全移行が義務付けられています…

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト 一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用と…

Rise Binary 【検証とレビュー】

バイナリーオプションの問い合わせが増えている 最近、バイナリーオプションに関するお問い合わせを、多数頂くようになりました。その大半が、 「バイナリーオプション商材でお勧め商材を教え…

現金発生装置「アルケミーシステム」はバイナリーオプション商材

スマホをタップするだけの現金発生装置…アルケミーシステム 意味不明な販売ページに関するご質問を頂きました。そのページとはこちらになります。 アルケミーシステム 時代を逆行するかのよ…

オプションライダーと海外ブローカー

オプションライダーという商材が話題 オプションライダーというバイナリーオプション商材が、話題を集めているようです。販売者は個人ですが、販売をサポートしているのは有名なFXレビューサ…

バイナリードミネーション 【検証とレビュー】

バイナリードミネーションは、クリック証券専用の自動売買ツール バイナリードミネーションは、GMOクリック証券に対応した自動売買システムです。 販売会社は、株式会社クラウンホールディ…

ザ・イージー 【検証とレビュー】

海外ブローカーを使うバイナリーオプション商材 ザ・イージーは、マイクロジャパンのバイナリーオプション商材です。海外のブローカー「ChargeXP Investment Ltd.」を…

バババババイナリーの成績が残念な結果に・・・

バババババイナリー購入者による成績公開 バババババイナリーの実績について、トレードアイランド(トレアイ)で成績を公開してはどうか?と何度か提案をしてきました。 バババババイナリー …

バイナリー大百科 【検証とレビュー】

バイナリー大百科は、裁量商材 バイナリー大百科は、バイナリーオプション商材にしては珍しい裁量系のマニュアルです。販売者であるニーノ氏は、ブログも運営されていますね。  バイナリーオ…

レボリューションバイナリー 【検証とレビュー】

一般公募したロジックで商材を作成 FX商材とは本来、確率的に優位性のある手法を使って実績を継続的に出しているトレーダーが、その手法を再現性のある形で提供することに価値があると考えて…

ACBオートキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

Smart Optionに最適化された自動売買 ACBオートキャッシュバイナリーは、Smart Optionという海外のバイナリーオプション商品に特化した自動売買システムです。 S…

バババババイナリー評価に対する「反論メール」が的を得ていない件

バババババイナリー評価に対するご意見を頂きました 以前ご紹介したバババババイナリー【検証・レビュー】記事に、複数のご意見を頂いています。 バババババイナリー 【検証とレビュー】その…