バイナリーオプション規制まで、あと10日!

日本証券業協会の公式発表です

2013年11月19日に、日本証券業協会が公式発表を行いました。

「バイナリーオプション取引に関する規則」の制定及び「協会員の投資勧誘、顧客管理等に関する規則」の一部改正について

という内容のものです。

いわゆるバイナリーオプション規制(改定)の正式発表です。施行は2013年12月1日です。施行まで2週間を切りましたね。

詳細は以下のPDFからご覧いただけます。

バイナリオプション規制の具体的な内容とは?

詳細はPDFを見てもらえればわかりますが、全12ページありますので、ざっくりとまとめてみたいと思います。

取引期間

  • 原則2時間以上とする(例外あり)

売買期限

  • 判定直前まで売買可能とすること

権利行使価格

  • 過度に投機的にならないようにすること

ご覧のとおり、これまでに報道されてきたことと同じです。次に、バイナリーオプション勧誘に関する規制です。

勧誘方法

  • 過度に投機的な印象を与えるような表示を禁止

取引リスクの理解の徹底

  • バイナリーオプション取引のリスク理解を顧客に徹底させること(識確認テスト)

取引結果の公表

顧客とのバイナリーオプション取引全体の状況について公表すること。※こちらも、既にGMOクリック証券を始めとする証券会社で対応済みですね。

各証券会社の顧客口座取引実績(2013年10月分)

ちなみに、最新(2013年10月分)の取引実績は以下のとおりです。

GMOクリック証券

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合…99.75%
  • 取引口座に対する損失発生口座の割合…69.84%

FXトレード・フィナンシャル

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合…94.00%
  • 取引口座に対する損失発生口座の割合…76.80%

トレイダーズ証券

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合…94.78%
  • 取引口座に対する損失発生口座の割合…77.91%

サイバーエージェントFX

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合…88.83%
  • 取引口座に対する損失発生口座の割合…76.34%

気になるのは、新バイナリーに移行済みのサイバーエージェントFXのオプトレ!が、損失発生口座割合が高くしかも総支払額割合が低い、という点です。ご覧のように88.83%と、他の証券会社と比べて極端に低いのがわかります。

新サービスということもあり、ユーザーがルールに慣れていないことが原因かもしれません。ただ今後もこのレベル(90%を割る総支払額割合)が続けば、新ルールは今まで以上に勝ちにくい可能性があると言えそうです。

これまでHigh&Lowを提供してきたGMOクリック証券も、新バイナリーオプションに移行後は今までのような総支払金額割合(90%台後半)を維持できないかもしれません。

ルール改定施行は2013年12月1日

ご存知のように、来月12月1日(2013年)から、バイナリーオプションは新ルールへ移行することが決定されています。すでに多くの証券会社が新ルールに基づいたバイナリーオプションサービスをスタートさていてますね。

  • 09月24日 オプトレ!(サイバーエージェント)
  • 11月04日 バイトレ(FXトレードファイナンシャル)
  • 11月09日 みんなのバイナリー(トレイダーズ証券)
  • 11月18日 新外為オプション(GMOクリック証券)
  • 11月20日 LION BO(ヒロセ通商)

※各社の新バイナリーオプション開始日程。

FXDD Japanが、新たにHigh&Low参入

当然ですが、自主規制ルールに従うのは、日本国内の証券会社のみです。海外ブローカーは、規制の対象にならないので、好き勝手やっています。60秒バイナリーも健在ですし、High&Lowもあります。

そんな中、FXDDが新たにバイナリーオプションサービスをスタートさせたというニュースも入ってきています。

FXDDのバイナリーオプションは、いわゆるHigh&Lowですね。MetaTrader4プラットホームが使えるという点が、興味深いです。ペイアウト率も1.7〜1.85倍程度ありそうです。

FXDDバイナリーオプション

今後は、一層、海外のバイナリーオプションに顧客が流れる可能性もありそうです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FX革命 金脈GPS 【検証とレビュー】

FX革命_金脈GPSは裁量マニュアル 検証依頼のあった商材をご紹介します。筒井ヒロキ氏のFX革命_金脈GPSです。FX革命_金脈GPSの中身ですが、裁量マニュアルのようですね。販売ページを見ても、商材のロジックが全く判り…

ツナギ売り実践塾~勝率9割!損切り不要のFX投資術 【検証とレビュー】

万人向けでない評価の難しい商材 「勝率9割!損切り不要のFX投資術」という商材をご紹介します。 販売ページを見てみる この商材ですが評価が非常に難しいです。ロジックの優位性という点では評価できますが、特殊な手法なので向き…

デブトレFX【検証とレビュー】

デブトレFX【検証とレビュー】その2 デブトレFXを購入しました デブトレFXを購入しましたので詳しく検証していきます。 マニュアルやツール(インディケータ)は、IDとパスワードでアクセスできるユーザー専用サイトにて配布…

指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードほどスリル満点なゲームはない 指標トレードをやってみればわかりますが、あまりのスリルに心臓がはちきれそうになります。レートの動き方が通常とは異なります。特に重要指標発表時にはありえない動きをします。スリッペー…

GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認め…

トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

久々のナイアガラ(暴落)を見た 先日(2月26日)のドル円・ユーロ円のナイアガラ(暴落)は乗り切れましたか?暴落前に危険な臭いはしていましたね。最近発売されたEAは、今回のドル円・ユーロ円の暴落を乗り切れたのでしょうか?…

海外FXフォーラムのススメ

海外フォーラムのご紹介 みなさんも薄々気付いていると思いますが、残念ながら日本の個人投資家のレベルは非常に低いです。これは日本の教育や国民性の違いなど、様々な要因があると思います。ですので、一朝一夕に各人のレベルが上がる…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】…

5minutes binary(5ミニッツバイナリー) 【検証とレビュー】

5minutes binary(5ミニッツバイナリー)の成績 5minutes binary(5ミニッツバイナリー) の成績ですが、販売ページには以下のように記載があります。 6ヶ月で805万円の純利益を獲得・・・ 月平…

レパトリEA 【検証とレビュー】

レパトリEAの販売ページについて 今回も読者様からの検証依頼です。レパトリEAという自動売買ツールですね。レパトリEAの販売ページですが、気になるところがいくつかあります。久々に、こんな販売ページを目にしました。 他メデ…

ポジションへの執着がコツコツドカンの元凶というお話「ビクトリーメソッドアドバンス」

毎回読み応えのある「トレードと凡事のお話」 当サイトで一押しの「ビクトリーメソッドアドバンス」ですが、購入すると定期的にメルマガが届くようになります。そのメルマガとは「FXトレード勝利の羅針盤」です。 タイトル:ビクトリ…

FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、敗訴のコメントが意味するもの 実は、この判決(松井証…