画像盗用・ねつ造問題について

画像盗用・ねつ造問題について

画像盗用・ねつ造問題について

画像無断使用・ねつ造問題にようやくインフォトップが重い腰を上げた

先日(7月17日)、業界最大手のインフォトップからメールが届きました。内容を一部抜粋して掲載します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/07/17━━
販売ページに掲載の画像について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(中略)

画像を加工して掲載している販売者、中には、無許可で画像を他サイトから引用し、掲載している販売者も見受けられるようになりました。

(中略)

販売ページに利用している画像が、ねつ造されている、都合の良いように加工されているとなると、購入者の信用は地に落ちてしまうと思います。

(中略)

明らかに不自然なもの、加工されているであろう画像については、審査部より確認のメールや警告を出して、確認をしております。

(中略)

取引証明書の画像を販売ページへ掲載する際には、必ず発行元を明らかにした上で、掲載をしましょう。
今後、取引証明書の画像の発行元が明らかでない場合は、審査部から警告を出していく予定でいます。

もし、取引証明書を意図的に加工し、捏造したものを掲載すると私文書偽造行使等の罪に問われる可能性があります。そうなると、販売活動自体危うくなります。

(中略)

画像の偽造や捏造は、犯罪も誘発することを忘れてはなりません。

販売者の中に、万一上記に該当するような方がいたら、インフォトップへお知らせ下さい。

引用:インフォトップからの配信メール(2012年7月17日配信)

販売ページ内に掲載する画像に関する注意喚起ですね。画像の加工や無断使用(疑惑)に関しては、私自身も再三にわたってこのサイトでアナウンスしてきました。

商材を審査すべき立場のインフォトップが、こうして警告的なメールを配信することは、私達ユーザーにとって喜ばしいことです。

取引証明書の発行元を明らかにする義務

今回のインフォトップの注意喚起メールで、もう一つ注目すべき点があります。

投資商材等において取引証明書を掲載する場合に、発行元を明らかにするような指導が行われるということです。発行元が明らかでない取引証明書に関しては、インフォトップの審査部が警告を出す、と記載があります。

今後、取引証明書の画像の発行元が明らかでない場合は、審査部から警告を出していく予定でいます。

引用:インフォトップからの配信メール(2012年7月17日配信)

取引証明書とは、FX商材であればトレード明細であったり収支明細が該当するでしょう。

エクセルで作ったようなトレード明細や、収支明細は、今後掲載できなくなる可能性があります。ユーザー保護の観点からすれば、当然のことです。

何を今さら、という感もありますが、私たち購入検討者にとっては非常にありがたいことですね。

みんなで告発しましょう

もしも、今後いいかげんな取引明細や収支明細を見かけたら、すぐにインフォトップに通報しましょう。悪質業者を排除するためには、こうした地道な行動が、後々実を結びます。

インフォトップの審査部だけでは、毎日登録される全ての商材を完全にチェックできるとは到底思えません。

発行元の不明な(もしくは偽造疑惑のある)取引明細、収支明細を見かけたら、このサイトで何度でも掲載し警告を発していくつもりです。

悪質業者を駆除して健全化を目指す

取引明細や収支明細は、その商材を購入する際の最大の判断ポイントでもあります。だからこそ、発行元を明らかにして明細書を掲載するべきです。これは当然のことですよね。

本当に取引明細や収支明細があるのであれば、それをコピペして貼れば良いだけです。そんな簡単な作業を情報商材販売者が行わないのは、見せたくない事情が存在するからです。

ウソの取引明細を偽造したり、捏造する業者が後を絶ちません。ユーザーをだます気まんまんですね。悪質業者を駆除しない限り、業界の健全化は望めません。悪質な業者を放置し続ければ、結果的に行政の指導(規制)が入ってしまうことになるでしょう。すべてのFX商材の場合、金融庁や財務局からの規制によって、投資助言代理業に登録している会社しか販売できなくなるなど・・・

そうすれば、本当に素晴らしい商材であっても、私たちが手に入れることが難しくなる可能性もあります。当然、インフォトップの売上にも大きな影響が出ると思います。

今後に期待したい

ようやく、インフォトップが本腰を入れ始めたようですので、今後の健全化に期待したいところです。

ゴミ商材を紹介しているアフィリエイターも悪質業者と同罪です。アフィリエイターの意識改善も、今後の課題かもしれませんね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】
投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか? FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか…

投資とギャンブルの”境界線”
投資とギャンブルの”境界線”

ギャンブルって何? 私が常日頃チェックしているブログにChikirinの日記があります。そのブログに興味深いエントリー(記事)がありました。こちらです。 ギャンブルって何? 「ギャ…

あまり知られていない、神王リョウ(神リッチプロジェクト)の投資戦略とは?
【113億円】クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件【芸能人の名前も】

被害総額113億円「クエストキャピタルマネージメント」による巨額投資詐欺事件 先物投資詐欺の疑いで会社役員ら逮捕 113億円集金 2016/8/25 12:40 日経225先物で運…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリにガッカリ

今回は、シストレ24(自動売買)コース さて先日に続いて、24グランプリ参加者(サポーター)のご紹介をしていきたいと思います。 第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー 先…

FXの税金~申告分離課税と海外ブローカー~
【画像あり】FXで稼いだ1億5000万円を出金したよ

iFOREX(アイフォレックス)で億った人が”億の通帳”を公開 iFOREX(アイフォレックス)で1億5000万円を出金して普通口座に入金した強者が通帳を公開して話題になっています…

ゾーントレードに興味があるなら海外の優れたシステム「Dolly」を使ってみる?

「みんなでFX」とゾーントレード 「みんなでFX」を2回にわたってレビューしてきました。 みんなでFX -Rising Sun- 【検証とレビュー】 みんなでFX -Rising …

インヴァスト証券24グランプリが5月1日開催

インヴァスト証券の24グランプリが復活 インヴァスト証券の第3回「リアルトレード!24グランプリ」が、いよいよ2013年5月1日より開催されます。今回は第3回(2013年5月1日~…

【タイ在住】3年で1億4000万円を稼いだ木本隆義氏のFX必勝法とは?
資産10億円!FX長者ヒルズ族の絶頂と転落

資産10億円!元FX長者の”絶頂”と”転落” FXトレーダーで10億円を稼ぎ、六本木ヒルズ在住で名を馳せた磯貝清明氏を覚えていますか? 彼は2007年当時「日本で一番ポンドを持つ男…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?
Pepperstone(胡椒)・24option・Smartoptionに対する”警告”

”海外”無登録業者に対する警告 関東財務局がPepperstone(ペッパーストーン、通称=胡椒)と24option・Smartoptionに対して、警告書を送りました(http:…

第3回リアルトレード24グランプリにガッカリ
【疑問】みんなのクレジットの謝罪文章はなぜ画像で作成されているのか?

【みんなのクレジット】勧告→行政処分 ずさんな経営体制によって勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、先月(2017年3月)末に、正式に行政処分となりました。 【業務停止命令】み…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステージ」

虚偽説明で集めた100億円が消えた… ようやく金融庁が動いて表沙汰になってきましたね。証券取引等監視委員会からの連絡を受けて、金融庁がFX会社「リミットインベステージ」へ警告を行い…

オール・イン、不起訴

オール・イン詐欺容疑幹部、不起訴に オール・インによるFX詐欺容疑で逮捕された元幹部が不起訴になりました。 FXめぐる詐欺容疑、3人不起訴 札幌地検、嫌疑不十分 2014年10月1…