乖離率を使ったトレード手法

乖離率を使ったトレード手法

乖離率を使ったトレード手法

B評価商材

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら…

先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。

乖離率を使ったトレード手法は、目新しく映るかもしれませんが、実は比較的オーソドックスなロジックであり、これまでも乖離率をベースにした手法が多く編み出されています。今回は、その一部をご紹介したいと思います。

MetaTrader4でも、乖離率を表示させるインディケータがいくつか提供されています。代表的なものはKairi.mp4です。こちらから無料でダウンロードできます。

チャート上に表示させてみます。

移動平均乖離率

チャートはUSDJPYの5分足です。サブウィンドウ(チャートの下)に表示させている折れ線グラフ上のテクニカル指標が、kairi.mq4です。期間は21ですので、21日移動平均線に対してどれくらいレートが離れているか(乖離しているか)を、指標化(グラフ化)したものとなります。

チャート上に21日移動平均線を同時に表示させると、よりわかりやすくなります。

乖離率を表示させるインディケータ

チャートだけを後追いで見ると、

「価格は真の価格=トゥループライス」ことを前提に

  • 真の価格から高値になったら売る
  • 真の価格から安値になったら買う

プライス乖離FXの販売ページで解説されているルールが有効であるように感じます。しかしこれはあくまで後付けの理論であり、稼働中のリアルタイムでチャートを見ている限りにおいては、そう簡単にはいきません。むしろ、移動平均線から乖離し続けるような動きをするケース(ダマシ)も頻出します。

結局、移動平均線そのものが過去のレートを元に算出し平均化したものですので、それだけで未来を予測するデータとしては弱いのです。これは移動平均線だけでなく全てのテクニカル指標に言えることですが。

単純に乖離率だけをチェックするのではなく、乖離率の変動から投資家心理を読み取る洞察力こそが必要だと考えています。(今、多くの投資家は売りたがっている?それとも買いたがっている?)ということを乖離率から読み取るということです。

オーソドックスな乖離率トレードとは?

まずは最も基本的な乖離率トレードをご紹介します。サブウィンドウの乖離率インディケータに目安となるラインを上下に引きます。

乖離率を使ったトレード手法

ラインに乖離率がヒットしたら逆張りで仕掛けます。シンプルな手法です。乖離幅が大きくなるとトレンドが反転しやすい傾向にあるという性質を利用したトレードです。

また乖離率の傾きもポイントになります。傾きの角度が急な場合はトレンド反転の予兆でもあります。逆にゆるやかな角度である場合は、そのトレンドが継続する傾向にあります。

乖離率にトレンドラインを引いてみる

次に、乖離率そのものをラインチャートに見立てて、トレンドラインを引き、ラインブレイクで仕掛ける方法を紹介します。

乖離率にラインを引く

乖離率の安値と安値(高値と高値)をつなぐようにトレンドラインを引き、そのラインをブレイクするタイミングで仕掛ける手法です。これも乖離率の角度(傾きの角度)や乖離幅が重要です。急角度であればあるほど反転しやすいので、急角度にラインを引ける場所を探すことがポイントです。

乖離率とダイバージェンス

最後に、乖離率のダイバージェンスを利用したトレード手法をご紹介します。私が最も好きな手法のひとつであるダイバージェンス(逆行現象)を乖離率に取り入れた手法です。

ダイバージェンスとは、実際のレートの動きとテクニカル指標が逆の動きをする現象を指します。この逆行現象が出現した時に、現在のトレンドが収束し、相場が大きく反転するケースがあります。ダイバージェンスはめったに出現しませんが、出現した時は注意が必要です。

乖離率とダイバージェンス

上のチャートでは、高値を更新しているにもかかわらず、乖離率の高値は切り下げています。これがダイバージェンス現象です。ダイバージェンスが発生すると現在のトレンドの終焉が近いことを予兆します。実際にチャート上では、上昇トレンドが終焉し、その後ダウントレンドが発生しています。

逆のパターンも見てみましょう。

乖離率とダイバージェンス現象その2

チャートの安値は切り下げているのに、移動平均乖離率の安値は切り上げています。現在継続中のダウントレンドが終焉し、トレンド変換を示唆しています。このダイバージェンス現象は、RSIなどのオシレーター系指標などでもチェックできます。

ダイバージェンス手法をわかりやすく表現した画像をご紹介します。

ダイバージェンス手法
出典:HotStockMarket

ダイバージェンスが絶対的な指標ということではありませんが、私はかなり信頼してチェックしています。特にダイバージェンスでダマシが発生した時の次のダイバージェンスシグナルは、かなり精度が高いとみています。

乖離率の奥深さ

乖離率ひとつ取ってみても、様々な手法が存在します。今回ご紹介した手法以外にも多くの手法があり、奥の深さを感じます。ForexFactoryなどの海外フォーラムを定期的にチェックしていると、乖離率だけでトレードをしている投資家も多く存在することに気付きます。

移動平均線という最もシンプルで王道的なテクニカルをベースにした乖離率ですが、時間をかけて検証するに足る指標の1つであるといえます。

B評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXバーザスM10 【検証とレビュー】

FXバーザスM10はインディケータの集合体 FXバーザスM10は、メタトレーダー(MT4)で使用するインディケーターです。販売ページは、非常に凝った作りになっていますね。 販売ペー…

レパトリEA 【検証とレビュー】

他メディア記事の改ざん行為が目に余る 今回も読者様からの検証依頼です。レパトリEAという自動売買ツールですね。レパトリEAの販売ページですが、気になるところがいくつかあります。久々…

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供される…

FXプレミアムトレード15M
FXプレミアムトレード15M【検証とレビュー】

FXプレミアムトレード15Mは懐かしい「VQ」を採用した”半裁量・半システムトレード”だ 「最新でオリジナルのインジケーターを使ったって勝てないよ〜」by作者 FXプレミアムトレー…

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に

ドル円が92円台まで上昇 円が92円台をうろうろしています。アベノミクスによる円安誘導が明らかに機能していますね。国内株式も円安につられるように株高が進行しています。約2ヶ月半で8…

億超えスキャルピング
億超えスキャルピング【検証とレビュー】

「億超えスキャルピング」の開発者はあの”為替鬼”氏 「億超えスキャルピング」をレビューします。開発者は「為替鬼」のニックネームで知られる津田英明さんです。 タイトル:億超えスキャル…

Market Hunt System(MHS) 【検証とレビュー】

公(おおやけ)のフォワード成績以外、必要ない ロジック非公開のFX商材販売ページにおいては、様々な言葉を使ってツールの優位性が解説されています。そもそも、ロジックが非公開のシグナル…

レパトリEAが販売終了

レパトリEAが販売を終了 先日、レパトリEAの検証記事をアップしたところ、読者様から非常に大きな反響を頂きました。 レパトリEA 【検証とレビュー】 しかし、その2日後の5月18日…

ポイントFXシグナルシリーズが販売を中止

金融庁の指摘により販売を中止 これまでに多くのシグナル配信系商材を販売してきた株式会社ギガリンクですが、金融庁から有料課金サービスに対する指摘があったとのことです。 先日、金融庁よ…

FXの黄金律DVD 【検証とレビュー】

FXの黄金律DVDと期間損益報告書 FXの黄金律DVDは、2012年に1503万円をトレードで手にしたとされる谷氏(TANI氏)による裁量FX商材です。 販売ページには、マネーパー…

マイルストーンFX 【検証とレビュー】

派手さのないマイルストーンFX マイルストーンFXですが、販売ページを読むと、なかなか理想論的な話が続きます。過去の運用成績に派手さはなく、むしろ堅実なトレードというイメージを持ち…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」【実践編】DVDのレビュー

秋田式2枚目DVD【実践編】収録時間25分 先日の【基礎編】DVDのレビューに続いて、今回は【実践編】のレビューです。  秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」販…