2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

【FX手法】インサイドバー(はらみ足)取引戦略を紹介するよ! |その1

【FX手法】インサイドバー(はらみ足)取引戦略を紹介するよ! |その1

【FX手法】インサイドバー(はらみ足)取引戦略を紹介するよ! |その1

海外で人気のある『インサイドバー』とは?

インサイドバーって聞いたことありますか?

日本では、米相場の時代(江戸時代)から「はらみ足」「はらみ線」などと呼ばれているローソク足パターンです。

インサイドバー(はらみ足・はらみ線)とは?

インサイドバー(はらみ足・はらみ線)とは?

ご覧の通り、2番目のローソク足が1番目のローソク足の実体部分に完全に収まっている(含まれている)状態をインサイドバー(INSIDE BAR)と呼びます。

インサイドバー(INSIDE BAR=はらみ足)が形成されるタイミングによって、トレンドの加速や反転を示唆するチャートパターンとして知られています。

クロスリテイリング社のFX商材『Global Dream FX』にも、このインサイドバー(はらみ足)を活用したストラテジーが存在していましたね。

『Iロジック』

Iロジックは3本の連続したローソク足を使います。酒田五法では「はらみ足」として知られる形状をベースにしています。「はらみ足」はOロジックで使われている「つつみ足」の逆パターンです。

はらみ足

はらみ足

直後の足が一つ前の足の中にすっぽり入った形を「はらみ足」と呼びます。ちなみに『Global Dream FX』のロジックはもう少し複雑(細かなルールアリ)です。

引用:『Global Dream FX』は残念ながら『The Secret FX(シークレットFX)』の劣化版と言わざるを得ない

今回は、海外でも人気のあるインサイドバーを活用したプライスアクション戦略を紹介していきますね。

インサイドバーとひとことで言っても、そのバリエーションは様々です。例えば…

様々なインサイドバー(はらみ足)

様々なインサイドバー(はらみ足)

形状はそれこそ無限にありますが、共通点は1番目のローソク足が2番目のローソク足を完全に飲み込んでいる点です。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

トレンド継続中に出現する『インサイドバー』で順張りENTRY

インサイドバーを活用したストラテジーはいくつかあるのですが、今回は代表的なものを一つ紹介しますね。

トレンドが継続中に出現するインサイドバーによる押し目買い&戻り売りです。トレンドが一時的に失速したタイミングでインサイドバーが現れやすく、順張り方向へ仕掛けるタイミングとしては絶好です。

ENTRY条件は2つ。

ENTRY条件
  1. トレンドが継続中であること
  2. レートの伸びを阻止するサポレジラインが近接していないこと

上記2つの条件をクリアした中で「インサイドバー」が形成された場合、順張り方向へのENTRYチャンスとなります。

特に2番目の条件「レートの伸びを阻止するサポートライン・レジスタンスラインが近接していないこと」は必ずクリアしておく必要があります。

強いサポレジラインが近接しているならば、インサイドバーの出現がトレンドの終焉or反転を示唆している可能性があると考えられるため、順張り方向へのENTRYはリスクが高くなります。

上昇トレンド継続中における買いENTRY

実際のチャートでチェックしてみましょう。USD/JPY(ドル円)の15分足チャートです。

上昇トレンド継続中に出現する『インサイドバー』

上昇トレンド継続中に出現する『インサイドバー』

上昇トレンド継続中にインサイドバーが出現し、重要なサポレジラインが近接していないかを確認した上で、次足始値で順張り方向へ買いENTRYします。

下落トレンド継続中における売りENTRY

下落トレンドでもチェックしてみましょう。チャートはUSD/JPY(ドル円)の15分足です。

下落トレンド継続中に出現する『インサイドバー』

下落トレンド継続中に出現する『インサイドバー』

同様に、インサイドバー出現後の次足始値にて売りENTRYをおこないます。

イメージとしては押し目買いや戻り売りに近いですね。

次回は、インサイドバーを活用した反転ENTRY

次回は、インサイドバーを活用した反転ENTRYを紹介しますね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら