規制後のバイナリーオプションはどこへ向かうのか?

規制後のバイナリーオプションはどこへ向かうのか?

規制後のバイナリーオプションはどこへ向かうのか?

バイナリーオプション自主規制を解説した動画が公開されました

バイナリーオプションの自主規制も間近ですね。自主規制案を取りまとめているのは、金融先物取引業界に設置されたバイナリーオプションワーキンググループ(BOWG)です。

BOWGの座長でもあるFXトレード・ファイナンシャルの副社長が、『【第1回】バイナリーオプションの今後の方向性 ~HIGH・LOWはどこへ向かうのか?』と題した動画解説(セミナー)を公開しました。

FXトレード・ファイナンシャル副社長

FXトレード・ファイナンシャル副社長

講師:FXトレード・ファイナンシャル副社長 太田順也

内容:バイナリーオプション(HIGH・LOW、HIGH・LOW MAJOR)をお取引いただいいているお客様、また、これからお取引を検討されているお客様にとって非常に関心の高いテーマである個人向けBO取引の規制骨子について、その概要と今後の方向性について、ポイントを中心にわかりやすく解説いたします。

引用:【第1回】バイナリーオプションの今後の方向性 ~HIGH・LOWはどこへ向かうのか?

2013年1月10日に公開された動画(視聴無料)です。動画は10分程度の長さなので、バイナリーオプション自主規制が気になる方は是非ご覧下さい。自主規制に至る経緯と、自主規制案の骨子(小項目も含む)について、かなり詳しく動画解説されています。

第1回と記載があるので、第2回、第3回と続編動画が公開されるかもしれません。

High&Lowは形を変えて生き残る?

動画をご覧頂ければおわかりの通り、現在サービス中の全てのバイナリーオプションサービスで継続されるものは一つもなく、何らかの形で変更を伴うことになる・・・ということです。ところが、High&Low(単純二択型)の全面禁止については、全く触れられていません。

顧客保護・顧客利益に資する商品設計についての解説が6分35秒辺りから始まりますが、ハイロー(High&Low)禁止については、一切解説されていません。単純に、

(1)取引期間について十分な期間を設定。
(2)同一の銘柄に係る各取引期限について十分な間隔を設定。
(3)権利行使価格を取引期間の開始前に提示。
(4)顧客が公正な価格で自由に取引を行うことを可能とする。

という内容のみが解説されています。

私が昨年末に「もしかしてハイローは生き残るのでは?」と予測しましたが、もしかしたら少し形を変えて生き残る可能性もゼロではないかもしれません。

理不尽な完売やレンジ外の総取りが禁止され、中長期的な取引期間が設けられ、なおかつ反対売買が可能な新しいハイロー(High&Low)として生まれ変わって提供されるかもしれませんね。ただ、今後毎月バイナリーオプションワーキンググループ(BOWG)が開催されるらしく、まだまだ詳細が詰められるので予断は許しません。

今年の3月末には最終的な規制案が取りまとめられる予定なので、実際の規制(に伴うサービス変更)は、もう少し先になるかもしれません。

法整備が後追いする現状はレバレッジ規制と同じ

バイナリーオプションは、いずれはこうなる運命だったのかもしれませんね。

法律が未整備のままサービスが先行し、バイナリーオプションの人気に火がつき、あっという間に広まってしまいました。それによって様々な問題が発生した(もしくは発生する恐れが生じた)のでしょうね。結果的に、法整備が後追いする形で、規制の方向へ動き始めました。

上記でご紹介したセミナー動画の中で「監督当局」と呼ばれている金融庁は、2012年春以前には規制する方向で方針を固めていたそうです。

監督当局の目的は、バイナリーオプションの社会問題化を未然に防ぐことと、バイナリーオプションを健全な金融商品として発展させていくための環境整備だそうです。ほんとうに、そうなることを願います。

バイナリーオプション自主規制に関する記事をまとめ

当ブログにおける、バイナリーオプション自主規制に関する記事を時系列にまとめておきます。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?
バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの危険性 バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリオプションは金融庁…

バイナリー専用シグナル配信システム-Everything-【検証とレビュー】

60セカンズ・ペイアウト率70%ブローカー対応の商材 バイナリー専用シグナル配信システム「Everything」は、海外ブローカーに特化した商材です。60セカンズ(60秒後のレート…

バイナリー大百科 【検証とレビュー】

バイナリー大百科は、裁量商材 バイナリー大百科は、バイナリーオプション商材にしては珍しい裁量系のマニュアルです。販売者であるニーノ氏は、ブログも運営されていますね。  バイナリーオ…

岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【検証とレビュー】評価…AA
バイナリーオプション規制まで、あと10日!

日本証券業協会の公式発表です 2013年11月19日に、日本証券業協会が公式発表を行いました。バイナリーオプション規制(改定)の正式発表です。施行は2013年12月1日です。 施行…

バババババイナリー 【検証とレビュー】その3

バババババイナリーの購入者からの声  前回、バババババイナリー購入者の声を掲載させていただきましたところ、大きな反響がありました。 バババババイナリーは、将来的にASPで販売開始さ…

バイナリーオプションの危険性
バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

バイナリーオプションの本質は”コイントスゲーム” あいかわらずバイナリーオプションが人気です。 趣味の一環としてバイナリーオプションを楽しむのでしたら、私は良いと思います。バイナリ…

オプションライダーと海外ブローカー

オプションライダーという商材が話題 オプションライダーというバイナリーオプション商材が、話題を集めているようです。販売者は個人ですが、販売をサポートしているのは有名なFXレビューサ…

ACBオートキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

Smart Optionに最適化された自動売買 ACBオートキャッシュバイナリーは、Smart Optionという海外のバイナリーオプション商品に特化した自動売買システムです。 S…

バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?
バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

【最新情報】 2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。 バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? バイナリーオプション…

BINARY Capture 14’ 【検証とレビュー】

海外バイナリーオプション業者を使うBO商材 日本国内のバイナリーオプション規制がスタートしてからというもの、バイナリーオプション商材も息を潜めている印象です。特に、GMOクリック証…

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開

BOWG会合を受けて解説動画(第2弾)が公開された バイナリーオプション自主規制を取りまとめている、バイナリーオプションワーキンググループ(BOWG)の会合(第6回目)が、2013…

ヒルズバイナリー(FX MAO)【検証とレビュー】

ヒルズバイナリーの推薦者であるFX孔明氏 ヒルズバイナリーの推薦者は、一部の商材でよく見かける人ばかりですね。 販売ページを見てみる その中のお一人、FX孔明氏については、このブロ…