金価格の暴落が止まらない…

金価格の暴落が止まらない…

金価格の暴落が止まらない…

金価格の暴落が止まらない…

金が暴落し続けています。2013年に入って、すでに25%も暴落しています。2013年7月についで、またも1200ドルを割り込みました。

金価格

出典:http://chartpark.com/gold.html

金価格の20年分のチャートを見ても、一方的な上昇トレンドが終焉したことは間違いありません。

金価格20年分

出典:http://chartpark.com/gold.html

2011年後半をピークに、あきらかな下降トレンドを形成していますね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

金(XAUUSD)のEA(自動売買システム)はどうなった?

当サイトでも何度かご紹介した金(XAUUSD)のEAですが、その後どうなったのでしょうか?

GOLD KOUSUIと、がんばれニッポンゴールドという2つの著名なEAがアリましたが、どちらも販売終了しています。

  • GOLDKOUSUI販売ページ(販売終了)
  • がんばれニッポンゴールド販売ページ(http://1kfx.com/goldfx/ サイト不明)

がんばれニッポンゴールドの販売ページは、完全に消されています。一般ユーザーで、未だにこれらのEAを使用している人は、さすがに存在しないでしょうね。

金価格の上昇トレンドを前提とした買い戦略オンリーのEAは、さすがにこの下降トレンドで成績を残すことは厳しいでしょう。

Buy when others sell; Sell when others buy.

Buy when others sell; Sell when others buy.

(他人が売るときは買いなさい、他人が買うときは売りなさい)

ウォール街で有名な格言です。日本にも似たような格言がありますね。例えば、「人の行く裏に道あり花の山」など。多くの人は、ブームに乗せられて投資を始めることが多いです。先物投資、FX投資、CDF投資、アベノミクス景気に影響された株式投資など。

そしてこれらのブームは、マスコミによって作り上げられます。テレビ番組や、雑誌、書籍などで、頻繁に投資ブームが取り上げられ、「○○投資をしない人は、時代遅れだ」とでも言わんばかりの勢いです。書店には多くの投資入門書が並び始めます。

金投資も同じでしたね。2010年〜2011年は、まさに金投資がもてはやされた時代です。金価格の暴騰ニュースが、連日のようにマスコミに取り上げられました。毎日、日本のどこかで金の投資セミナーが開催されていました。

そのブームに乗っかった人たちは、上手に売り抜けられたのでしょうか?

ババを掴まされる人々

結局、ブームに乗って投資を始める人は、ババを掴まされることが多いですね。今のアベノミクス相場も株式投資ブームを煽っています。書店に行けば、多くの株投資関連本(新規に発売された本)が並んでいます。

今日(2013年12月24日)、6年ぶりに日経平均が1万6000円台を回復しました。そろそろ危ないかもしれません。ババを掴まされないように、注意が必要です。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら