約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは?

約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは?

約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは?

他人のお金でFX!?

とても興味深いサイトを見つけました。その名もSocial FXです。サブタイトルは「他人のお金でFX」。

世界初のユーザー参加型FX取引プラットフォームだそうです。サービスの詳細は以下の引用がわかりやすいです。

簡単に説明すると、私のFX口座とお金を使ってみんなでFX取引をしていくサイトです。

何が何だか分からない人もいると思うのですが、要するにサイト訪問者の気分次第で私のお金が減ったり増えたりするエンターテイメントなWebサービスです。

引用:約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法について

デモトレードではなく自腹を切って(現金16万円)トレードしている点が特徴です。非常にユーモアのある、お遊び(サービス)ですね!

試しに投票してみた

Social FX(他人のお金でFX)にアクセスしてもらえればおわかりの通り、だれでも自由に注文内容を投票することができます。通貨ペアはGBPJPY(ポンド円)のみで、ロングやショート、ロット数(1〜3)、指値・逆指値を自由に選択できます。

7人の投票者の中からランダムで抽選を行い、当選者の注文内容をそのままMT4に反映させて新規注文を出します。なお投票にはツイッターのアカウントが必要です。

私も試しに新規注文を投票してみました。ランダム選択ですので、私の注文がそのまま反映されるかどうかは運です。

うーん、面白いことを考えますね!

1ヶ月で16万円が30万円に!

このお遊びサービスですが、驚くことにわずか1ヶ月で16万円の資金が30万円に増えています。

SocialFX

SocialFX

myfxbookもしっかりと公開されています。

FXは”猿のダーツ投げ”と同じなのか?

ユーザー(7人)の注文投票の中から、ランダムに選んで新規注文するわけです。それなのに資金が1ヶ月で80%も増えています。これって、何なんでしょうね…真剣にトレードしても、なかなか月利80%は出せません。

この驚くべき結果をみて、私は猿のダーツ投げの話を思い出しました。猿のダーツ投げの話とは、

 目隠しをしたサルに、新聞の相場欄めがけてダーツを投げさせ、命中した銘柄でポートフォリオを組んでも、専門家が選んだポートフォリオと、さほど大差のない運用成果をあげられる…と、この理論では説明している。

さらに、ダーツ投げで「売買タイミング」を適当に決めても、運用結果はさして変わらない…とも言う。

場合によっては、ダーツ投げで決めたほうが、人間の心情が入り込まない分、利益が生まれやすいとも考えられている。

それほど人間の心情は、投資においてマイナスに働いている。

出典:ランダムウォーク理論(Wikipedia)

Social FX(他人のお金でFX)は、まさに猿のダーツ投げに近いですね。人間が予測しているとはいえ、投票者7人の中から無作為に注文が選択されるため、ダーツ投げのようなものです。

ダーツ投げのような注文を繰り返しただけで、1ヶ月で16万円が30万円に(たまたま)なったわけです。真剣に相場と向き合っている投資家からすれば、どうもしっくりこない現実です。

まだスタートして1ヶ月ですので、偶然良い結果が出ただけかもしれません。

ランダムか?それともテクニカルか?

Social FXのスタート1ヶ月間の結果を見ると、相場はランダムなので未来を予測することは不可能であり無駄だ、というランダムォーク理論を裏付けているように感じます。やはり相場はランダムなのでしょうか?

一方で、テクニカルを駆使し、未来のレートを高確率で予測することを売りにするFX情報商材もたくさん存在します。彼ら情報商材販売者は、自身の開発したツールやロジックで、未来の相場を予測し、勝ち組に入れると煽(あお)り立てます。相場を舐めきっているその姿勢に、嫌悪感を覚えることもあります。相場に対する謙虚さのかけらも感じられません。

私自身は、ファンダメンタルを重視しつつ大局を読み取り、テクニカルでロジックを組み立ててトレードをおこなっています。つまるところ、ランダムウォーク理論とテクニカル理論のバランスが大切なのだと思います。

相場はランダムであり予測不可能だという前提に立ち、驕(おご)ることなく相場に真摯に向き合い、大局観を持ってテクニカルでトレーディングを行うことが、この地獄のような相場を長く生き残る方法なのではないでしょうか?

色々なことを考えさせてくれるSocial FXです。今後も資産推移に注目したいところです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FX成功法則マニュアル 【検証とレビュー】
【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは?

56万円の投資DVDで学生の間にトラブル急増 何度もニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、未だにトラブルが多い事案です。NHKニュースによれば、トラブルの…

本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります
外為LAB.(外為ラボ)のFXレポート

トレンド判断のための情報サイト 本日はちょっと趣向を変えて、アナリストレポートのWEBサイトをご紹介します。FXトレーダーの多くがネットで為替情報を仕入れていると思います。 本日の…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】
「豊洲カジノリゾート」が現実味を帯びてきた?

豊洲市場”頓挫”で現実味を帯びる「豊洲カジノリゾート」 先日、カジノ法案成立がカウントダウンを始めたという記事を書きました。 【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ…

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げました。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Fla…

イケダハヤト氏、仮想通貨アフィリエイト98%減
イケダハヤト氏、仮想通貨アフィリエイト98%減

仮想通貨アフィリ報酬「98%減」の衝撃 2017年から2018年にかけて様々な話題を振りまき、一時期はFXをも凌ぐ盛り上がりをみせた仮想通貨。そして、いち早く仮想通貨アフィリエイト…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
3ヶ月前の「みんなのクレジット」社長インタビューと現実(行政処分勧告)が乖離しすぎてて笑えない

みんなのクレジット代表取締役白石伸生氏のインタビュー記事が興味深い 先月3月24日に行政処分(業務停止命令)勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、出資金の一部が社長である白石伸…

2017年、FXで損失を被った人は全体の4割
2017年、FXで損失を被った人は全体の4割

2017年のFX取引を総括したデータが発表される 金融先物取引業協会から昨年(2017年)の国内におけるFX取引を総括した調査結果が発表されました。 それがこちら。 外国為替証拠金…

ストップ狩りとは?
投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性

ねずみ講的な勧誘で100億円ものFXファンド資金を集めた「シンフォニー」 先日話題になった逮捕速報年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕への続報です。 このニュースは、高配当F…

優勝賞金1000万円!のFXトレーディングコンテスト(トレコン)が開催

優勝賞金1000万円のトレードコンテスト(トレコン)が開催される 優勝賞金1000万円のFXトレーディングコンテスト(トレコン)が日本で開催されます。主催は、フロフィットホールディ…

FXトレーダーは”社会の底辺組”なのか?
欲にまみれたオプザイル残党がついにメルカリ進出

オプザイルの残党がメルカリに進出?! 華々しく登場しTwitterで猛威を奮ったオプザイル集団も、最近は鳴りを潜めています。 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー”するも、絶滅へ…

キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー
【続報】シンフォニー事件(伊藤正明容疑者)と闇に消えた60億円

60億円が闇へ…投資家は泣き寝入り 前回お伝えしたFX事件(シンフォニー事件)の続報です。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW…

イサム式!FXビギナーズ【検証とレビュー】
2012年(昨年)のFX業界を振り返る

2012年のFX業界を振り返ってみる 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 2013年最初の記事です。本日は今さらですが2012年をざっと振り…