BINARY Capture 14’ 【検証とレビュー】

海外バイナリーオプション業者を使うBO商材

日本国内のバイナリーオプション規制がスタートしてからというもの、バイナリーオプション商材も息を潜めている印象です。特に、GMOクリック証券に最適化されたBO商材は完全に姿を消しましたね。

一方で、海外業者に最適化されたバイナリーオプション商材は今後も販売され続けるでしょう。

今回は、海外業者向けのバイナリーオプション商材をご紹介します。BINARY Capture 14’ (バイナリーキャプチャ2014)です。

1分バイナリ(60セカンドHigh&Low)を使用

BINARY Capture 14’ の販売ページには、実績らしきデータが掲載されていますね。

BINARY Capture 14’の実績

画像出典:BINARY Capture 14’ 販売ページ

2013年11月1日1時47分〜12月6日17時13分までの記録です。実質26日間のトレード履歴です。これはMILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)の取引履歴画面です。MILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)は、西インド諸島にあるBO業者です。

60セカンド、180セカンド、300セカンドというラインナップですが、取引履歴画面を見ると、どうやら60セカンドでの取引のようです。1分バイナリー(High&Low)です。

60秒後のレートなど単なる相場のノイズだ

60秒後のレートを高確率で予測し続けることは不可能です。なぜなら60秒後のレートは相場のノイズだからです。単なる相場のノイズを長期的に59%を超える確率で当てるなど、不可能だと考えています。ちなみに平均ペイアウトを1.7倍とした場合、期待値をプラスにするために求められる勝率は59%以上です。

もちろん、2択ですので連勝することもありますし、短期的には勝ち越せることもあるでしょう。しかし投資は長期的に優位性を保たなければ、つまり期待値が常にプラスでなければ、あっという間に資金を減らしてしまいます。もう一度述べます。

60秒後のレートを、長期的に59%を超える確率で当てることなど普通に考えれば不可能です。ギャンブルです。

本当に60秒後のレートの動きに規則性はあると考えているのでしょうか?ルール(商材)を作るには、そこに規則性を見出すことが必要です。もちろん長時間の相場の変動を観察すればそこに規則性を見出したり、あるいはファンダメンタル的な要素で方向性を捉えることは可能です。

しかし、相場のノイズ(60秒の動き)はランダムです。規則性を見出すことは、極めて困難です。

BINARY Capture 14’の実績をどう見るか?

私の見解に反論する人もいるでしょう。

  • 「では、BINARY Capture 14’の、あの実績はウソだというのか?!」
  • 「1,000円の資産が1ヶ月で約25万円になっているではないか!」

仮に、販売ページに掲載されている成績が本物だったとしても、わずか1ヶ月程度の期間(実質26日間)のものです。たまたまその1ヶ月間の相場が、BINARY Capture 14’のロジックと上手く噛み合った、という可能性も否定できません。

長期的に優位性があると言うのならば、最低でも半年間の実績を知りたいです。まさか、たった1ヶ月程度のフォワード実績だけで、販売に踏み切ったのでしょうか?もっと長期的なデータがあるはずです。それを提示しないのは何故なのか?

気になる人は、販売者に問い合わせしてみてはどうでしょうか?

取引履歴画面の作り方

そ余談ですが、販売ページに掲載されている素晴らしい成績(実績?)ですが、同じようなものは誰でも作ることができます。※BINARY Capture 14’の販売者が、 こうした行為を行っているということを指摘しているわけではありません。

もう一度、BINARY Capture 14’販売ページの実績をご覧ください。

BINARY Capture 14’の実績

画像出典:BINARY Capture 14’ 販売ページ

MILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)の取引履歴画面ですね。ご覧いただくとわかると思いますが、左の列にFXの取引履歴画面のような注文番号(連番)が振られていませんね。※注文番号の有無、連番になるかどうかは証券会社によって異なります。

連番の注文番号がなければ、誰でも簡単に勝率を高く見せることができる取引履歴画面を作成できます。パソコンのペイントツールを使って、負けトレードを削除するのです。つまり取引履歴画面を意図的に編集するわけですね。ちょっとやってみましょう。

BINARY Capture 14’の取引履歴画面を利用して、勝率100%の取引履歴画面を作成してみます。パソコンのペイントツールを使って負けトレードを消すだけです。

勝率100%の取引履歴画面

できました。全勝(勝率100%)の取引履歴画面です。念のために述べますが、BINARY Capture 14’の販売者が、このような行為をしているということを言っているのではありません。誰でも取引履歴を編集することが可能だということをお伝えしたいのです。

販売者の言い分(セールス)を100%鵜呑みにすることなく、常に疑うくらいの気持ちで聞いた方が良いと思います。取引履歴は本物なのか?本物だとしたらその画面を(動画などで)見せてもらえるのか?1ヶ月程度の取引履歴ではなく、できれば半年程度の取引履歴を呈示してもらえるのか?

投資活動の前に、存在するリスクを全て洗い出して確認し、避けられるリスクは避け避、けられないリスクについてはそのリスクを許容できるかどうかを自問します。(つまりその商材が信頼に足る商材かどうか?ということを購入前に徹底的に検証するということです。)

それすらできないのであれば、投資の資質がありませんので、余剰資金があっても投資などせずに地道に貯金することをオススメします。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

あまり知られていない、神王リョウ(神リッチプロジェクト)の投資戦略とは?

神王リョウ氏のスパイダー投資法 先日の記事で、神リッチプロジェクトをざっくりとレビューしました。 神リッチプロジェクト販売ページを見てみる ただ、具体的な投資手法(ノウハウ)については触れていなかったので、色々と調べてみ…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青木陽一さんですが、雑誌「YenSPA! …

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法 今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。 チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マーケットの歪みを狙ったアービトラージ的な手…

海外で人気のFXポータルサイトをご紹介

人気FXポータルサイト 本日はちょっと趣向を変えて、海外で人気の高いFXポータルサイトをご紹介します。そもそもFXポータルサイトとは、FXに関する情報を総合的に提供するサイトのことです。 ちなみに日本で有名なFXポータル…

ORION FX 【検証とレビュー】

ORION FX ひさびさのEAをご紹介します。ORION FXです。この販売業者さんですが、過去にも、オリオン座を構成する星の名にちなんだEAを販売されているようですね。 今回のEAもリゲル(Rigel)、アルニラム(…

Mr.コージの鉄板指標マスターFX 【検証とレビュー】

MR.コージ氏の新商材は「指標スキャル」 MR.コージといえば、鉄板マスタートレンドの作者ですね。 鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について 鉄板マスタートレンド 【検証とレビュー】 そのMR…

バイナリーオプションの新ルールが面白い!

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画 今さらですが、4月以降に発表された、バイナリーオプション自主規制に関する解説動画をご紹介します。【第4回】(2013年4月26日)と、【第5回】(2013年5月17日)です。…

ドラゴンストラテジーFXの優位性を高める工夫

SQIとの組み合わせで優位性を高める方法 過去の記事でドラストFXと当サイトの特典であるSQIが、非常に相性が良いことを解説しました。 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴンストラテジーF…

池田式・サヤ取り投資マスター塾【検証とレビュー】その2

池田式・サヤ取り投資マスター塾【検証とレビュー】 池田式・サヤ取り投資マスター塾で提供されるツール「さや取り達人」とは? 「さや取り達人」ツールに優位性はあるのか? 【危険】池田式・サヤ取り投資マスター塾を検討するならば…

金価格の暴落が止まらない…

金価格の暴落が止まらない… 金が暴落し続けています。2013年に入って、すでに25%も暴落しています。2013年7月についで、またも1200ドルを割り込みました。 出典:http://chartpark.com/gold…

金融庁が悪質ブローカーを本気(マジ)で潰しにかかってきた件

最大1億円の過怠金を含むFX業者規制内容とは? 金融庁が、悪質FXブローカーの取り締まりに本気を出します。2013年5月31日(金)の日本経済新聞ニュースです。 FX取引、売買価格公正に超短期取引も制限  2013/5/…

FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」【検証とレビュー】
FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」【検証とレビュー】評価…D

FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」のフォワードテストは皆無 「不知火(しらぬい)」という名のEA(自動売買ソフト)をレビューします。 タイトル:FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」 販売:山口一生 メディア:E…