”キプロスで預金封鎖” の余波

FXブローカーの楽園”キプロス”が事実上の破綻

驚きのニュースです。キプロス共和国で預金封鎖が行われました。

ギリシャ問題を発端とした欧州経済危機の余波は、地中海の小国”キプロス共和国”の経済を大きく揺るがしました。キプロスの経済危機にともない、EU(欧州連合)とIMF(国際通貨基金)から金融支援を受ける条件として、一時的に国内の全ての預金を封鎖したという驚愕のニュースです。

キプロス共和国が”事実上”の破産状態です。実際のデフォルトではありません。預金封鎖ですので、預金は引き出すことができません。これは一時的な措置です。さらに、預金額の約1割(10%)を一律課税することで合意しました。つまり、預金者は一方的に自分の預金の10%を棒引きされる、ということです。預金者としては、たまったものではないですね。

寝耳に水! 口座引き出しの凍結

キプロスの破綻にともない、預金口座からの引き出しが凍結されました。さらに、全預金者の預金額に応じて約10%の預金を”帳消し”し、預金税として徴収されることが発表されました。寝耳に水とは、このことでしょうね。

徴収される預金税の額は、約58億ユーロ(約7200億円)だそうです。キプロス共和国のGDPの3分の1に相当する額です。ただし、この1割没収は、現時点での公表です。キプロスでの混乱が大きくなれば、今後5割(預金の50%)が徴収される可能性もある、という話も出ています。

キプロス危機(キプロスショック)は、まだ始まったばかりです。

キプロスのブローカーを使っている人も課税対象なのか?

日本人でもキプロスのブローカーを使ってFXトレードをしている方も、今回のキプロス経済危機の影響を受けそうです。預金ではなくブローカーの口座に資金を預けている状態ですので、預金封鎖や預金税の対象となるかは、不明です。今後、明らかになるでしょう。

ただ、FXブローカーは大きな影響を受けるでしょうね。その影響が投資家に派生するかどうかが、問題です。ちなみに、キプロス共和国に拠点を置くブローカーは以下の通りです。

※日本語サイトを開設し、日本人を勧誘しているブローカーをピックアップしました。

  • ChargeXP Investment Ltd.(Smart Option)
  • Cbay Financial Services Limited(24option)
  • MARKETS.com
  • TFI Markets
  • eToro
  • XEMarkets
  • AmigaFX 

特に、SmartOptionは多くのFX商材販売会社が指定(推奨)しているブローカーです。

それから24optionは以下の商材で採用されています。

キプロスは”金融の楽園”だった

なぜ、多くのFXブローカーが、地中海の小国「キプロス共和国」に拠点を置くのでしょうか?

キプロス島

出典:ウィキペディア

キプロスはEU(欧州連合)の中でも非常に税率の低い国として有名です。そして2007年に制定されたEU金融商品市場指令(MiFID)によって、キプロスでライセンスを取得したブローカーは、ヨーロッパ全土で営業することができるようになりました。

さらに、キプロス証券取引委員会(CySEC)、つまり金融監督庁のようなものですが、このCySECのルール(基準)が非常に”ゆるい”のです。

結果的に、多くのFXブローカーが税率の低いキプロスに拠点を移し、ヨーロッパ全域での営業を行うようになったわけです。つまり、金融業者にとってはまさに楽園(オフショア金融センター)なのですね。当サイトでも、何度か話題として取り上げました。

そんなキプロスも、ギリシャ危機を発端とした経済危機に飲み込まれました。

ギリシャショックから、キプロスショックへ

今回のキプロスショック(預金封鎖、預金税の一律課金)は、大きな波紋を広げそうです。

EU(欧州連合)がこの危機を乗り切らなければ、ギリシャ危機同様、世界中に影響が広がりそうです。

すでに為替も影響を受け始めています。今週(2013年3月18日~)が山場ではないでしょうか?

キプロスの口座凍結が解除されれば、一斉に預金引き出しが行われる(取り付け騒ぎ)恐れがあります。そうなれば、さらなる措置(再度の預金封鎖など)が取られる可能性もあります。

国際ニュースから目が離せません。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? HIGH&LOWが禁止に! 本日(2012年12月13日)は重大ニュースがありましたね。バイナリーオプション自主規制の決定会合が昨日(12月12日)に開かれ、そ…

ブックメーカー投資ソフトは聖杯なのか?

ブックメーカー投資は聖杯なのか? 過去の記事で、ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材を取り上げました。ワンナイトキャッシュについては、現時点で詳細不明ですので、同じ販売会社が過去に発売したブックメー…

重要経済指標【米雇用統計】に合わせて川合美智子さんがオンラインセミナー開催

混沌とした世界情勢の中でのアメリカ雇用統計発表で、何かが起こる? 本日10月2日は、重要経済指標であるアメリカの雇用統計が21時30分に発表されます。その30分前(21時)から、外為どっとコムにて川合美智子さんによるオン…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート! 2013年5月1日に待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。 24グランプリの公式ページでは第3回大…

2012年(昨年)のFX業界を振り返る

2012年のFX業界を振り返ってみる 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 2013年最初の記事です。本日は今さらですが2012年をざっと振り返ってみたいと思います。何故なら、201…

ユダヤ式バイナリーオプション アルティメット 【検証とレビュー】

22万8000円の自動売買システム ユダヤ式バイナリーオプション アルティメットは、GMOクリック証券専用の自動売買システムです。販売価格は22万8000円です。かなりの高額商材ですね。 バイナリーオプションは、ギャンブ…

勝ち組FX道場の必勝テキスト 【検証とレビュー】

勝ち組FX道場はFXの基礎学習マニュアル 勝ち組FX道場は、裁量マニュアルです。動画とテキストが用意されていますが、項目毎にバラ売りもしています。 勝ち組FX道場の全ての動画とテキストをまとめて購入すると19800円です…

グランドセオリーFXは中級以上の裁量トレーダー向け商材だ

グランドセオリーFX【CBMロジック】についての”おさらい” 前回に引き続きらいく氏のグランドセオリーFXのレビューです。今回のレビューでは具体的なロジックの中身に踏み込んで解説していきます。 この商材は、裁量マニュアル…

Dealing FX 【検証とレビュー】

Dealing FXは現代版「酒田五法」か Dealing FXは、裁量系の商材です。プライスアクショントレードマニュアルとあるように、レート(値)のアクション(動き)やチャートパターンを読み取って、その先の方向性を予測…

ザ・イージー 【検証とレビュー】

海外ブローカーを使うバイナリーオプション商材 ザ・イージーは、マイクロジャパンのバイナリーオプション商材です。海外のブローカー「ChargeXP Investment Ltd.」を利用した、バイナリーオプションの自動売買…

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか? 投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へ…

option99を名指しでリスク言及【毎日新聞】

option99に対する相談が急増しているらしい 先日に引き続きバイナリーオプションのニュースです。バイナリーオプション取引の危険性について国民生活センターが警鐘を鳴らしてるという記事を書きました。 国民生活センターが警…