”キプロスで預金封鎖” の余波

FXブローカーの楽園”キプロス”が事実上の破綻

驚きのニュースです。キプロス共和国で預金封鎖が行われました。

ギリシャ問題を発端とした欧州経済危機の余波は、地中海の小国”キプロス共和国”の経済を大きく揺るがしました。キプロスの経済危機にともない、EU(欧州連合)とIMF(国際通貨基金)から金融支援を受ける条件として、一時的に国内の全ての預金を封鎖したという驚愕のニュースです。

キプロス共和国が”事実上”の破産状態です。実際のデフォルトではありません。預金封鎖ですので、預金は引き出すことができません。これは一時的な措置です。さらに、預金額の約1割(10%)を一律課税することで合意しました。つまり、預金者は一方的に自分の預金の10%を棒引きされる、ということです。預金者としては、たまったものではないですね。

寝耳に水! 口座引き出しの凍結

キプロスの破綻にともない、預金口座からの引き出しが凍結されました。さらに、全預金者の預金額に応じて約10%の預金を”帳消し”し、預金税として徴収されることが発表されました。寝耳に水とは、このことでしょうね。

徴収される預金税の額は、約58億ユーロ(約7200億円)だそうです。キプロス共和国のGDPの3分の1に相当する額です。ただし、この1割没収は、現時点での公表です。キプロスでの混乱が大きくなれば、今後5割(預金の50%)が徴収される可能性もある、という話も出ています。

キプロス危機(キプロスショック)は、まだ始まったばかりです。

キプロスのブローカーを使っている人も課税対象なのか?

日本人でもキプロスのブローカーを使ってFXトレードをしている方も、今回のキプロス経済危機の影響を受けそうです。預金ではなくブローカーの口座に資金を預けている状態ですので、預金封鎖や預金税の対象となるかは、不明です。今後、明らかになるでしょう。

ただ、FXブローカーは大きな影響を受けるでしょうね。その影響が投資家に派生するかどうかが、問題です。ちなみに、キプロス共和国に拠点を置くブローカーは以下の通りです。

※日本語サイトを開設し、日本人を勧誘しているブローカーをピックアップしました。

  • ChargeXP Investment Ltd.(Smart Option)
  • Cbay Financial Services Limited(24option)
  • MARKETS.com
  • TFI Markets
  • eToro
  • XEMarkets
  • AmigaFX 

特に、SmartOptionは多くのFX商材販売会社が指定(推奨)しているブローカーです。

それから24optionは以下の商材で採用されています。

キプロスは”金融の楽園”だった

なぜ、多くのFXブローカーが、地中海の小国「キプロス共和国」に拠点を置くのでしょうか?

キプロス島

出典:ウィキペディア

キプロスはEU(欧州連合)の中でも非常に税率の低い国として有名です。そして2007年に制定されたEU金融商品市場指令(MiFID)によって、キプロスでライセンスを取得したブローカーは、ヨーロッパ全土で営業することができるようになりました。

さらに、キプロス証券取引委員会(CySEC)、つまり金融監督庁のようなものですが、このCySECのルール(基準)が非常に”ゆるい”のです。

結果的に、多くのFXブローカーが税率の低いキプロスに拠点を移し、ヨーロッパ全域での営業を行うようになったわけです。つまり、金融業者にとってはまさに楽園(オフショア金融センター)なのですね。当サイトでも、何度か話題として取り上げました。

そんなキプロスも、ギリシャ危機を発端とした経済危機に飲み込まれました。

ギリシャショックから、キプロスショックへ

今回のキプロスショック(預金封鎖、預金税の一律課金)は、大きな波紋を広げそうです。

EU(欧州連合)がこの危機を乗り切らなければ、ギリシャ危機同様、世界中に影響が広がりそうです。

すでに為替も影響を受け始めています。今週(2013年3月18日~)が山場ではないでしょうか?

キプロスの口座凍結が解除されれば、一斉に預金引き出しが行われる(取り付け騒ぎ)恐れがあります。そうなれば、さらなる措置(再度の預金封鎖など)が取られる可能性もあります。

国際ニュースから目が離せません。

 よく読まれている記事

現金発生装置「アルケミーシステム」はバイナリーオプション商材

スマホをタップするだけの現金発生装置…アルケミーシステム 意味不明な販売ページに関するご質問を頂きました。そのページとはこちらになります。 アルケミーシステム 時代を逆行するかのような派手な販売ページです。具体的な内容は…

FX THE-RULE-Pro 【検証とレビュー】

玄人好みの裁量系商材 なかなか玄人好みの商材です。FX THE-RULE-Proは、裁量系のトレーディングマニュアルですね。マニュアルは3部作になっており、全部で115ページあります。 このFX THE -RULE- P…

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

ビクトリーメソッドアドバンス 【検証と評価】 ビクトリーメソッドアドバンスの佐野さんについて ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社が変更になった Maestro FX 【検証と評価】 「トレードと凡事のお話」を読んでい…

アレキサンドリアトレーディング 【検証とレビュー】

アレキサンドリアトレーディングは年利98%の利益保証 年利98%の利益保証を謳うコピートレードの登場です。利益保証ですから、年利98%に満たない場合は商材代金29,800円を返金してくれるそうです。 ただし、条件が3つあ…

BO Daily Kingdom 【検証とレビュー】

BO Daily Kingdomの実績 BO Daily Kingdomは、その名の通りバイナリーオプションの商材です。2011年11月に販売スタートしてますので、まだ2ヶ月くらいしか経過してません。 いくつかの検証サイ…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート! 2013年5月1日に待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。 24グランプリの公式ページでは第3回大…

FXスキャル・パーフェクトシグナル会員限定オンラインセミナーを視聴した感想

会員限定オンラインセミナーの案内が届いた FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入したその日に、以下の様なメールが届きました。 こんばんは、 SPSサポート事務局です。 講師の奥谷があなたの疑問に直接お答えする、「FXス…

オプションライダーと海外ブローカー

オプションライダーという商材が話題 オプションライダーというバイナリーオプション商材が、話題を集めているようです。販売者は個人ですが、販売をサポートしているのは有名なFXレビューサイトの管理人です。この管理人は、過去にも…

BINARY×BINARY 【検証とレビュー】

60秒バイナリーに特化したMT4ツール BINARY×BINARYは、60秒バイナリー(60セカンズ)に最適化されたMetatrader4対応のツール(インディケーター)です。 60セカンズは、その名の通り60秒で勝敗が…

ドルエリオンFX 【検証とレビュー】

ドルエリオンFXはUSDJPY専用のEA ドルエリオンFXは、USDJPY(ドル円)専用の、EA(自動売買システム)です。一般的なナンピン・マーチンゲールタイプのEAです。 販売ページは派手なアニメチックなデザインです。…

インスタントFXシステム 【検証とレビュー】

インスタントFXシステムは高値安値ブレイクアウト法 少し古い商材(2008年12月登録)ですが、なぜか問い合わせが多いので取り上げてみます。 正式名称は、毎朝たった5分でOK!!超シンプルFX投資術インスタントFXシステ…

トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

久々のナイアガラ(暴落)を見た 先日(2月26日)のドル円・ユーロ円のナイアガラ(暴落)は乗り切れましたか?暴落前に危険な臭いはしていましたね。最近発売されたEAは、今回のドル円・ユーロ円の暴落を乗り切れたのでしょうか?…