外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインのトラリピ=「iサイクル注文」がヴァージョンアップ

外為オンラインがトラリピと酷似したトレードシステム「iサイクル注文」「サイクル注文」をリリースして2年以上経過しましたが、ここに来て新たな機能を加えてヴァージョンアップしました。

詳細はこちら。

トラリピと呼ばれる特殊なトレード方法についてはこのブログでも記事にしたことがあります。

トラリピとは、一定の値幅を想定し、その値幅の中でIFD注文を繰り返して行う手法です。いわばシステムナンピンです。一定の値幅で上下するレートに対し、複数のナンピンを仕掛けていく手法です。レンジ相場においてはかなりの威力を発揮する手法です。下の図をご覧いただければ理解できると思います。

M2J「トラリピはウチの登録商標だ!特許侵害だ!」

トラリピといえばM2J(マネースクエア・ジャパン)ですが、外為オンラインがトラリピと酷似したサービスをリリースしたことで、訴訟にまで発展していたことをご存知でしょうか?

もともと早くからトラリピサービスを開始したM2Jは、商標登録(2008年)をしています。

  • 商標 トラップリピートイフダン TRAP REPEAT IF-DONE
  • 登録番号 第5165873号

 

M2Jとしてはトラリピ注文は自社の特許発明であるとの認識だったわけです。だからこそ他社に発明を真似されないように特許申請をしたわけです。

その後、外為オンラインがトラリピとほとんど同じようなサービスを開始したため、M2Jが特許侵害であるとしてサービス提供の差止めを求める特許侵害訴訟をおこしたのです(2015年2月19日)。

さてこの裁判、どうなったでしょうか?

外為オンラインの全面勝訴

なんと!訴えられた外為オンラインが全面勝訴という判決がでました。

平成27年(ワ)第4461号 特許権侵害差止請求事件

主 文
1 原告の請求をいずれも棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。

引用:http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/575/086575_hanrei.pdf

ご覧の通り原告(M2J)側の全面敗訴です。

判決文は非常に長くてしかも技術的な要素も含んでいるため難解です。

判決理由を簡単に解説すれば、トラリピの特許発明の「本質」を、外為オンラインのサイクル注文は「侵害していない」というのが主な理由です。

トラリピの本質とは「同一種類の金融商品を複数の価格について指値注文する注文情報からなる注文情報群を生成することにより,金融商品を売買する際,一の注文手続きを行うことで,同一種類の金融商品を複数の価格にわたって一度に注文できるという点」としています。

この判決を受けて、外為オンラインは「特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ」プレスリリースを出しています。

株式会社外為オンライン(以下、「当社」といいます)がサービスを提供する「サイクル注文®」及び
「iサイクル注文®」について、株式会社マネースクウェアHDより特許権侵害に基づき、サービス提供の差し止めを求める訴訟の提起を受けておりました件、本日 2017 年 2 月 10 日、東京地方裁判所において、当社の主張が認められ、当社勝訴の判決が言い渡された事をお知らせ致します。

引用:特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ

特許侵害訴訟ではM2Jは敗れたものの、外為オンラインが請求したM2Jの特許無効審判については、M2Jの主張が認められ、M2Jの特許の有効性は維持されたままの状態です。

M2Jのメンツは丸つぶれ→「控訴だ!」

M2Jは裁判によっぽど自信があったのでしょうね。全面敗訴するとは思っていなかったはずです。だからこそすぐに「控訴」するとプレスリリースを打ちました。

2.控訴について
当社といたしまして、本判決は到底容認できるものではありませんので、控訴を行うこととし、既に手続に着手しております。
控訴審において当社の主張が認められるよう、引き続き断固として戦って参る所存です。

引用:訴訟の判決及び控訴の提起に関するお知らせ 

うーん、M2Jとしては類似のサービスが容認されることで独自性が失われるだけでなく、プライドがひどく傷ついたのかもしれませんね。メンツを潰されたM2Jも引き下がるわけにはいかないのでしょうね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【2017年版】日本長者番付発表!第一位はやっぱりあの人!

2017年、日本一の金持ちは誰だ?! アメリカの経済誌「フォーブス」が毎年発表している世界長者番付。その中で日本人のみを抜き出してランキングした日本長者番付がフォーブスのWEBサイ…

海外FXフォーラムのススメ

海外フォーラムのご紹介 みなさんも薄々気付いていると思いますが、残念ながら日本の個人投資家のレベルは非常に低いです。これは日本の教育や国民性の違いなど、様々な要因があると思います。…

【懲役14年】シンフォニー投資詐欺事件に判決【追徴金14億円】

シンフォニー投資詐欺事件主犯に対し懲役14年の判決 このブログで何度もお伝えしてきた「シンフォニー」事件ですが、ようやく判決が出ました。 懲役14年と非常に重たい判決です。 FX投…

【無料】『FX最強チャートGMMAの真実』書籍レビュー

無料で読める『FX最強チャート GMMAの真実』 以前、buddhatrend A-Specという商材レビュー記事の中で、陳満咲杜氏の『FXトレーディングの真実』という書籍をご紹介…

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】
投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センタ…

40代女性トレーダーが月300万円を稼ぐ方法は「損切りしない」ことだった!

過去に計3000万円もの損切りを経験 All Aboutで月300万円を稼ぐ40代の凄腕FXトレーダーが取り上げられています。しかも女性です。 彼女がFXを開始したのは2000年。…

”キプロスで預金封鎖” の余波
両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確

FXに再チャレンジした66歳が5000万円もの利益を手にするまで All Aboutに掲載されていたFXトレーダーのインタビュー記事が面白いので紹介します。 FXで5000万円を利…

【他人のお金でFX】の成績wwwww

右肩上がりの運用益曲線 昨年末にご紹介した「他人のお金でFX」ですが、驚くことに利益を増やしています。 約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは? 2014年1月23日現…

BBF Advance 【検証とレビュー】
株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの

投資とギャンブルの境界線 以前、投資とギャンブルの境界線という記事を書きました。 投資とギャンブルの境界線 その中で、ギャンブルとは、 ”プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクな…

【注意喚起】仮想通貨ICOの8割が詐欺…もはや犯罪の温床だ
【注意喚起】仮想通貨ICOの8割が詐欺…もはや犯罪の温床だ

ICOに手を出すな! 仮想通貨での資金調達スキーム「ICO」に関連する情報商材がひっきりなしに登場していますね。 ICOは、Initial Coin Offering(イニシャル・…

【タイ在住】3年で1億4000万円を稼いだ木本隆義氏のFX必勝法とは?
資産10億円!FX長者ヒルズ族の絶頂と転落

資産10億円!元FX長者の”絶頂”と”転落” FXトレーダーで10億円を稼ぎ、六本木ヒルズ在住で名を馳せた磯貝清明氏を覚えていますか? 彼は2007年当時「日本で一番ポンドを持つ男…

【賞金総額100万ドル】FXの世界一を決めるトーナメントがXMで絶賛開催中
【賞金総額100万ドル】FXの世界一を決めるトーナメントがXMで絶賛開催中

賞金総額は100万ドル=約1億円 海外FXブローカー「XM」が世界的なトレードバトルを開催しています。その名もXMのFXワールドチャンピオンシップ。賞金総額は100万ドル、日本円に…