外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインのトラリピ=「iサイクル注文」がヴァージョンアップ

外為オンラインがトラリピと酷似したトレードシステム「iサイクル注文」「サイクル注文」をリリースして2年以上経過しましたが、ここに来て新たな機能を加えてヴァージョンアップしました。

詳細はこちら。

トラリピと呼ばれる特殊なトレード方法についてはこのブログでも記事にしたことがあります。

トラリピとは、一定の値幅を想定し、その値幅の中でIFD注文を繰り返して行う手法です。いわばシステムナンピンです。一定の値幅で上下するレートに対し、複数のナンピンを仕掛けていく手法です。レンジ相場においてはかなりの威力を発揮する手法です。下の図をご覧いただければ理解できると思います。

M2J「トラリピはウチの登録商標だ!特許侵害だ!」

トラリピといえばM2J(マネースクエア・ジャパン)ですが、外為オンラインがトラリピと酷似したサービスをリリースしたことで、訴訟にまで発展していたことをご存知でしょうか?

もともと早くからトラリピサービスを開始したM2Jは、商標登録(2008年)をしています。

  • 商標 トラップリピートイフダン TRAP REPEAT IF-DONE
  • 登録番号 第5165873号

 

M2Jとしてはトラリピ注文は自社の特許発明であるとの認識だったわけです。だからこそ他社に発明を真似されないように特許申請をしたわけです。

その後、外為オンラインがトラリピとほとんど同じようなサービスを開始したため、M2Jが特許侵害であるとしてサービス提供の差止めを求める特許侵害訴訟をおこしたのです(2015年2月19日)。

さてこの裁判、どうなったでしょうか?

外為オンラインの全面勝訴

なんと!訴えられた外為オンラインが全面勝訴という判決がでました。

平成27年(ワ)第4461号 特許権侵害差止請求事件

主 文
1 原告の請求をいずれも棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。

引用:http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/575/086575_hanrei.pdf

ご覧の通り原告(M2J)側の全面敗訴です。

判決文は非常に長くてしかも技術的な要素も含んでいるため難解です。

判決理由を簡単に解説すれば、トラリピの特許発明の「本質」を、外為オンラインのサイクル注文は「侵害していない」というのが主な理由です。

トラリピの本質とは「同一種類の金融商品を複数の価格について指値注文する注文情報からなる注文情報群を生成することにより,金融商品を売買する際,一の注文手続きを行うことで,同一種類の金融商品を複数の価格にわたって一度に注文できるという点」としています。

この判決を受けて、外為オンラインは「特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ」プレスリリースを出しています。

株式会社外為オンライン(以下、「当社」といいます)がサービスを提供する「サイクル注文®」及び
「iサイクル注文®」について、株式会社マネースクウェアHDより特許権侵害に基づき、サービス提供の差し止めを求める訴訟の提起を受けておりました件、本日 2017 年 2 月 10 日、東京地方裁判所において、当社の主張が認められ、当社勝訴の判決が言い渡された事をお知らせ致します。

引用:特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ

特許侵害訴訟ではM2Jは敗れたものの、外為オンラインが請求したM2Jの特許無効審判については、M2Jの主張が認められ、M2Jの特許の有効性は維持されたままの状態です。

M2Jのメンツは丸つぶれ→「控訴だ!」

M2Jは裁判によっぽど自信があったのでしょうね。全面敗訴するとは思っていなかったはずです。だからこそすぐに「控訴」するとプレスリリースを打ちました。

2.控訴について
当社といたしまして、本判決は到底容認できるものではありませんので、控訴を行うこととし、既に手続に着手しております。
控訴審において当社の主張が認められるよう、引き続き断固として戦って参る所存です。

引用:訴訟の判決及び控訴の提起に関するお知らせ 

うーん、M2Jとしては類似のサービスが容認されることで独自性が失われるだけでなく、プライドがひどく傷ついたのかもしれませんね。メンツを潰されたM2Jも引き下がるわけにはいかないのでしょうね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ
”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム 暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮 トルコリラ、いよいよ奈落の底へ… 暴れん坊将軍「トルコリラ」がま…

えっ!『高勝率トレード学のススメ』を読んでないの?ウソでしょ?

FXトレーダー必読の良書がいまなら無料で読める! お得な情報です。投資本の中でも指折りの良書と呼ばれる『高勝率トレード学のススメ』がAmazonのKindle Unlimitedで…

楽天・三木谷「仮想通貨の税率、高すぎません?」
楽天・三木谷「仮想通貨の税率、高すぎません?」

楽天・三木谷「仮想通貨の税率、高すぎません?」 2019年2月14日、一般社団法人新経済連盟が「暗号資産の新たな規制に関する要望」を金融担当大臣に提出しました。 要望書の内容は以下…

【無料】『FX最強チャートGMMAの真実』書籍レビュー

無料で読める『FX最強チャート GMMAの真実』 以前、buddhatrend A-Specという商材レビュー記事の中で、陳満咲杜氏の『FXトレーディングの真実』という書籍をご紹介…

ヴァルハラプライベートクラブにくすぶり続ける”投資詐欺リスク”

勝率100%、年利144%のFXファンド!? 読者様からの情報で「ヴァルハラプライベートクラブ(Valhalla Private Club)」という不可思議な団体を知りました。 ヴ…

第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー
FX24リアルトレード!24グランプリを知っていますか?

第2回リアルトレードコンテストが開催された 鉄板マスタートレンドを販売しているMR.コージ氏が、米国カレンシー選抜トレーダーであるという話を聞いて、ちょっと思い出したことがあります…

”キプロスで預金封鎖” の余波
両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確

FXに再チャレンジした66歳が5000万円もの利益を手にするまで All Aboutに掲載されていたFXトレーダーのインタビュー記事が面白いので紹介します。 FXで5000万円を利…

ストップ狩りとは?
【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか?

【速報】 巨額のFXファンド事件に発展か? 大きなニュースになりそうです。NHKニュースWEB版による速報です。 東京新宿区にある無登録の投資会社が、FX投資をうたって、全国から百…

SIG FX 【検証とレビュー】
海外のシンプルトレードをご紹介

こんなシンプルな手法でも勝てます 海外フォーラムのFOREXFACTORYには、様々なトレードアイデアが投稿されています。このサイトでも、過去にいくつかご紹介してきました。 Spu…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻
殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash)

2019年正月早々のフラッシュクラッシュ(瞬間暴落)で焼き尽くされ阿鼻叫喚と化したFX相場 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) 2016年10月7日早…

ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?
ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?

聡明なボビー・オロゴン タレントのボビー・オロゴンさんが、トレーダー(投資家)というもう一つの顔を持っていることを知っている人は多いと思います。彼のテレビでのオトボケキャラに騙され…

【FXレバ規制見送りへ】個人投資家のリスクテイクを大きく規制するのはナンセンス
【FXレバ10倍規制は見送りへ】個人投資家のリスクテイクを大きく規制するのはナンセンス

FXレバ規制(25倍→10倍)を巡るドタバタ劇は2017年9月に開幕 2018年2月に大きなニュースとなった「FXレバレッジ規制強化案」。現行の25倍から10倍への引き下げを検討す…