外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインのトラリピ=「iサイクル注文」がヴァージョンアップ

外為オンラインがトラリピと酷似したトレードシステム「iサイクル注文」「サイクル注文」をリリースして2年以上経過しましたが、ここに来て新たな機能を加えてヴァージョンアップしました。

詳細はこちら。

トラリピと呼ばれる特殊なトレード方法についてはこのブログでも記事にしたことがあります。

トラリピとは、一定の値幅を想定し、その値幅の中でIFD注文を繰り返して行う手法です。いわばシステムナンピンです。一定の値幅で上下するレートに対し、複数のナンピンを仕掛けていく手法です。レンジ相場においてはかなりの威力を発揮する手法です。下の図をご覧いただければ理解できると思います。

M2J「トラリピはウチの登録商標だ!特許侵害だ!」

トラリピといえばM2J(マネースクエア・ジャパン)ですが、外為オンラインがトラリピと酷似したサービスをリリースしたことで、訴訟にまで発展していたことをご存知でしょうか?

もともと早くからトラリピサービスを開始したM2Jは、商標登録(2008年)をしています。

  • 商標 トラップリピートイフダン TRAP REPEAT IF-DONE
  • 登録番号 第5165873号

 

M2Jとしてはトラリピ注文は自社の特許発明であるとの認識だったわけです。だからこそ他社に発明を真似されないように特許申請をしたわけです。

その後、外為オンラインがトラリピとほとんど同じようなサービスを開始したため、M2Jが特許侵害であるとしてサービス提供の差止めを求める特許侵害訴訟をおこしたのです(2015年2月19日)。

さてこの裁判、どうなったでしょうか?

外為オンラインの全面勝訴

なんと!訴えられた外為オンラインが全面勝訴という判決がでました。

平成27年(ワ)第4461号 特許権侵害差止請求事件

主 文
1 原告の請求をいずれも棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。

引用:http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/575/086575_hanrei.pdf

ご覧の通り原告(M2J)側の全面敗訴です。

判決文は非常に長くてしかも技術的な要素も含んでいるため難解です。

判決理由を簡単に解説すれば、トラリピの特許発明の「本質」を、外為オンラインのサイクル注文は「侵害していない」というのが主な理由です。

トラリピの本質とは「同一種類の金融商品を複数の価格について指値注文する注文情報からなる注文情報群を生成することにより,金融商品を売買する際,一の注文手続きを行うことで,同一種類の金融商品を複数の価格にわたって一度に注文できるという点」としています。

この判決を受けて、外為オンラインは「特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ」プレスリリースを出しています。

株式会社外為オンライン(以下、「当社」といいます)がサービスを提供する「サイクル注文®」及び
「iサイクル注文®」について、株式会社マネースクウェアHDより特許権侵害に基づき、サービス提供の差し止めを求める訴訟の提起を受けておりました件、本日 2017 年 2 月 10 日、東京地方裁判所において、当社の主張が認められ、当社勝訴の判決が言い渡された事をお知らせ致します。

引用:特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ

特許侵害訴訟ではM2Jは敗れたものの、外為オンラインが請求したM2Jの特許無効審判については、M2Jの主張が認められ、M2Jの特許の有効性は維持されたままの状態です。

M2Jのメンツは丸つぶれ→「控訴だ!」

M2Jは裁判によっぽど自信があったのでしょうね。全面敗訴するとは思っていなかったはずです。だからこそすぐに「控訴」するとプレスリリースを打ちました。

2.控訴について
当社といたしまして、本判決は到底容認できるものではありませんので、控訴を行うこととし、既に手続に着手しております。
控訴審において当社の主張が認められるよう、引き続き断固として戦って参る所存です。

引用:訴訟の判決及び控訴の提起に関するお知らせ 

うーん、M2Jとしては類似のサービスが容認されることで独自性が失われるだけでなく、プライドがひどく傷ついたのかもしれませんね。メンツを潰されたM2Jも引き下がるわけにはいかないのでしょうね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
3ヶ月前の「みんなのクレジット」社長インタビューと現実(行政処分勧告)が乖離しすぎてて笑えない

みんなのクレジット代表取締役白石伸生氏のインタビュー記事が興味深い 先月3月24日に行政処分(業務停止命令)勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、出資金の一部が社長である白石伸…

セブンインベスターズに業務停止命令
セブンインベスターズに業務停止命令

セブンインベスターズに業務停止命令 先日、イニシア・スター証券が登録取り消し→破産開始手続きとなった話題をアップしました。 イニシア・スター証券がかなり悪質である件 イニシア・スタ…

画像盗用・ねつ造問題について
シンフォニー投資詐欺事件で保全命令の申し立て

シンフォニー投資詐欺事件の続報 このBlogでは数回にわたってシンフォニー投資詐欺事件を取り上げてきました。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シ…

FXDDがNFA(全米先物協会)とガチで喧嘩
FXDDがNFA(全米先物協会)とガチで喧嘩

FXDDとNFAがガチで喧嘩しています 本日は、皆さんお馴染みのFXDDについての話題です。FXDDといえば、MT4が使えるブローカーとして日本の投資家の間でも利用者の多い証券会社…

トルコリラ、いよいよ奈落の底へ…
トルコリラ、いよいよ奈落の底へ…

トルコリラ、いよいよ奈落の底へ… 先日、史上最安値をつけたトルコリラですが、その暴落の勢いが止まりません。 暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮 2018年5月23日早…

コピートレードのトラブルと和解事例
コピートレードのトラブルと和解事例

コピートレードの課題(問題点) コピートレードが相変わらず流行っています。最近も全コピFXというコピートレード商材が販売されたばかりですね。 全コピFXの記事を見る ご存じの方も多…

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

※2013年12月6日裁判の判決が出ました。 ”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 F…

HUAU×IS. jr PRO2 5PAIR 【検証とレビュー】
指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードほどスリル満点なゲームはない 指標トレードをやってみればわかりますが、あまりのスリルに心臓がはちきれそうになります。レートの動き方が通常とは異なります。特に重要指標発表…

ウッディズCCI (woodies cci) のご紹介
【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 201…

資本家に搾取される無知の民衆
PAMM運用会社「Nextory」が逃亡か?

PAMM運用会社のNextoryが夜逃げ? PAMM運用会社Nextoryのサイトがアクセス不能になっています。 http://fx-nextory.com/index.html …

”1.01と0.99の法則”が教えてくれること
”1.01と0.99の法則”が教えてくれること

”1.01と0.99の法則”をご存じですか? 1.01と0.99の法則をご存じでしょうか?少し前にFaceBookで話題になりましたので、聞いたことがある人もいると思います。1.0…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
【注意】BOBOXでトラブル続出

BOBOXをプッシュする記事に注意 最近よく見かけませんか?BOBOXの記事。その大半が、BOBOXをお薦めする記事ばかりです。中には「BOBOXの必勝法を教えます」と宣伝して、口…