”損切りしないFX”における最大のリスクとは○○だ

”損切りしないFX”における最大のリスクとは○○だ

”損切りしないFX”における最大のリスクとは○○だ

損切りしないFXの”リスク”とは

損切りをしない戦略について、これまで何度か取り上げてきました。

池辺雪子さんをはじめ、ファイナンススタジアムの有名人だったIcchan3氏など、「損切りをしない」と公言するトレーダーを紹介してきました。残念ながらIcchan3氏は、GBPJPYの暴落によってファイナンススタジアムから姿を消しました。

2016年年明け早々、株も為替も不安定で先行き不透明感が続いています。Icchan3氏の含み損を膨らませたGBPJPYも、ついに170円まで暴落しました。

GBPJPYチャート
出典:Yahoo!ファイナンス

184.617円で200万通貨を買いポジション建てしたIcchan3氏の含み損は、レートが179円まで下げるとあっという間に▲1000万円を超えました。レートはその後、非情にも一度も戻すことなく175円の防衛ラインを割り込み、ついに170円を付けました。なんと!14円もの下落です。

Icchan3氏がどこかで損切りをしていることを願うばかりです。

”損切りしない戦略”を商材として販売している池辺雪子さん

損切りしない戦略そのものを手法の一つとして情報販売しているのが、あの池辺雪子さんです。

これまでも複数のFX商材を販売してきた池辺さんですが、昨年辺りから「FXの学校」という商材を販売していますね。

FXの学校は、ロスカット(損切り)しない手法をベースにした投資スクールのようなものです。販売ページ内でも、ロスカットをしないということを何度も明言しています。

「投資で負け続けている大半の人が、ロスカットを前提にした取引をしている」

「勝ち続けている人は、ロスカット前提で取引をしていない」

引用:1億円トレーダーを続出させた 投資手法の秘密

損切りしない戦略というのは、なかなか一筋縄では行きません。池辺雪子さんのFXの学校販売ページでは、池辺さんの動画(テレビ番組出演動画)も視聴できますが、その中で彼女はオススメ通貨として豪ドルや南アフリカランドを挙げています。(この動画自体新しくはないですが…)

その豪ドル、ランドが今どうなっているか?皆さんご存知だと思います。

豪ドル円チャート ランド円チャート

出典:Yahoo!ファイナンス

仮に「買いポジション」を建てていた場合、損切りせずにこの暴落を乗り切るためには、レバレッジを1倍以下に下げるか潤沢な資金を用意して強制ロスカットを回避するなどの方法が求められます。

なかなか普通のトレーダーにはできそうにないことばかりです。金利狙いの単なる外貨預金であったとしても、ここまで下がれば相当な痛手となります。

特に、今回のランド円の大暴落では、トレーダーの阿鼻叫喚がいたるところで聞こえました。金利の高さに釣られた日本人投資家も多いと思いますが、それが結果的に裏目に出てしまいましたね。

損切りしない戦略が功を奏すかどうかは、結局「運」だ

結局、損切りしない戦略に優位性があるというよりは、ただ単に運が良かったとも言えます。一方的な相場に恵まれたからこそ、損切りしないでも持ち堪えられた可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

多少波があっても長期スパンで見ればほぼ一方的に相場が動いていった結果として、含み損が解消されたわけです。

まとめると、損切りしない戦略が有効に働くケースは以下の2点が運良くクリアされた場合のみであると考えています。

  1. 超長期的な相場の方向性(上昇or下降)が当たっていた
  2. 含み損に耐えられる資金管理

この2点をクリアできていたときに、初めて「損切りしない戦略」が功を奏した、と言えるのではないでしょうか。特に1点目の「超長期的な相場の方向性(上昇or下降)が当たっていた」というのは、まさに「運」次第です。確率にして50%です。

含み損に十分に耐えられる資金管理をしていたとしても、超長期的な相場の方向性を見誤っていれば、数十年くらい塩漬けになってしまう恐れもあるのです。

池辺雪子さんがEURJPYで数億円を稼ぐことができた理由は、まさにここにあります。

EURJPYチャート2

2000年からEURJPYで買いポジションを建てた池辺さんは、脱税で起訴される2007年夏までそのまま買い増しを続けました。その結果、莫大な利益を得ることに成功しました。

逆に超長期的な相場の方向性が運良く当たっていたとしても、その間のノイズ(逆行)に耐えられるだけの資金管理ができていなければ、あっというまに強制ロスカットとなります。

これから損切りしない戦略に取り組むならば、これらのことをよく考えたほうが良いですね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

※2013年12月6日裁判の判決が出ました。 ”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 F…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステージ」

虚偽説明で集めた100億円が消えた… ようやく金融庁が動いて表沙汰になってきましたね。証券取引等監視委員会からの連絡を受けて、金融庁がFX会社「リミットインベステージ」へ警告を行い…

脱税で起訴されるということについて
脱税で起訴されるということについて

脱税で起訴されるといこと 先日は、クロスリテイリング代表山口氏が法人税法違反により在宅起訴されたニュースを取り上げました。このニュースで疑問を感じた方も多いと思いますが、そもそも脱…

【他人のお金でFX】の成績wwwww

右肩上がりの運用益曲線 昨年末にご紹介した「他人のお金でFX」ですが、驚くことに利益を増やしています。 約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは? 2014年1月23日現…

ストップ狩りとは?
投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性

ねずみ講的な勧誘で100億円ものFXファンド資金を集めた「シンフォニー」 先日話題になった逮捕速報年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕への続報です。 このニュースは、高配当F…

クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件の続報
クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件の続報

ファンド勧誘者とGACKT(43)との間柄 クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件の続報です。 【113億円】クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件【芸能人…

本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります
『投資苑』のアレキサンダー・エルダーが来日講講演、98,000円のプラチナチケットは既に完売!

世界で500万部『投資苑』著者アレキサンダー・エルダー博士が来日(10月31日) 2015年10月31日(土)、あの名書『投資苑』の著者アレキサンダー・エルダーが来日公演します。 …

ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?
ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?

聡明なボビー・オロゴン タレントのボビー・オロゴンさんが、トレーダー(投資家)というもう一つの顔を持っていることを知っている人は多いと思います。彼のテレビでのオトボケキャラに騙され…

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】
投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか? FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか…

FXの税金~申告分離課税と海外ブローカー~

総合課税から分離課税へ FXの税金について読者様からお問い合わせがあったので、一度記事にしておきたいと思います。 ご存じの方も多いと思いますが、FX取引に対する税制が2012年1月…

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げました。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Fla…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・
今週末は注意が必要、中国で何かが起きるかも・・・

約24兆円(1兆5000億元)の償還が焦げ付く? ご存知の方も多いと思いますが、中国の金融機関がヤバそうです。 6月下旬(今週)に、約24兆円を超える中国の高利回り金融商品が、償還…