スポンサーリンク

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

FX投資コラム

【FX】日本円(JPY)が絡まない通貨ペアの1pipsが小数点第4位なのに、日本円(JPY)が絡む通貨ペアだけが小数点第2位なのはなぜ?

FX取引における通貨ペア毎の1pipsの値幅

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4
トワイライトゾーンFX
5
岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

スポンサーリンク

日本円(JPY)が絡まない通貨ペアの1pipsが小数点第4位なのに、日本円(JPY)が絡む通貨ペアだけが小数点第2位なのはなぜ?

前回、pips(ピップス)とは?どんな意味があるの?にて、pipsの語源や意味、通貨ペアごとの読み取り方などを解説しました。

まずはおさらいです。通貨ペアごとの1pipsの値幅をまとめます。日本円絡み通貨ペアと、そうでない(日本円が絡まない)通貨ペアで異なります。

日本円が絡む通貨ペアにおける1pipsの値幅

  • USD/JPY(米ドル円)…1pips=0.01円(1銭)
  • EUR/JPY(ユーロ円)…1pips=0.01円(1銭)
  • GBP/JPY(英ポンド円)…1pips=0.01円(1銭)
  • CHF/JPY(スイスフラン円)…1pips=0.01円(1銭)

円絡み通貨ペアは、「1pips=100分の1通貨」です。つまり小数点第2位の値が1pipsとなります。

次に日本円が絡まない通貨ペアにおける1pipsの値幅です。

日本円が絡まない通貨ペアにおける1pipsの値幅

  • EUR/USD(ユーロ米ドル)…1pips=0.0001ドル
  • GBP/USD(英ポンド米ドル)…1pips=0.0001ドル
  • EUR/GBP(ユーロ英ポンド)…1pips=0.0001ポンド
  • EUR/CHF(ユーロフラン)…1pips=0.0001フラン

円が絡まない通貨ペアは、「1pips=10000分の1通貨」です。つまり小数点第4位の値が1pipsとなります。

まとめると以下の通り。

  • 円絡みは小数点第2位が1pips
  • それ意外は小数点第4位が1pips
FX取引における通貨ペア毎の1pipsの値幅

FX取引における通貨ペア毎の1pipsの値幅

日本円が絡む通貨ペアとそうでない通貨ペアで1pipsあたりの値幅が異なるわけですが、これは日本円(JPY)だけが特殊なのですね。

つまり、JPY(日本円)のみが、小数点第2位(つまり0.01)でpips表示される唯一の通貨であるということ。

FX博士

JPY(日本円)のみが、
小数点第2位(つまり0.01)でpips表示される唯一の通貨なんじゃ。
つまりJPY(日本円)のみが例外なんじゃよ。

ところで、疑問に感じませんか?

どうして日本円(JPY)が絡む通貨ペアだけが「1pips=小数点第2位」と定められているのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそもどうして「1pips=小数点第4位」が標準なのか?

為替市場において、様々な通貨が取引されていますが、日本円(JPY)以外の通貨の組み合わせでは、「1pips=小数点第4位」が標準です。

そもそもどうして「1pips=小数点第4位」と決まっているのか…ご存知ですか?

様々な通貨が絡むFX取引をスムーズに行うために、各通貨の補助単位の最小単位をpips表示すると決めました。最小単位(pips)とは100分の1(= percentage ipoint+複数形のs)です。

FX博士

様々な通貨が絡むFX取引をスムーズに行うために、各通貨の補助単位の最小単位をpips表示すると決めたのじゃよ。

米ドル・セント

例えば、米ドルの補助単位は「セント」ですよね。

  • 1ドル=100セント(1セント=0.01ドル)

1セントの100分の1は、0.0001ドル(10000分の1ドル)ですね。だから0.0001ドル=1pipsなのです。

ユーロ・セント

ユーロも米ドルと同じく補助単位は「セント(ユーロセント)」。

  • 1ユーロ=100ユーロセント(1ユーロセント=0.01ユーロ)

1ユーロセントの100分の1は、0.0001ユーロ(10000分の1ユーロ)です。その結果、0.0001ユーロ=1pipsとなっているわけです。

ポンド・ペニー

ポンドの補助単位は「ペニー」。

  • 1ポンド=100ペニー(1ペニー=0.01ポンド)

1ペニーの100分の1は、0.0001ポンドです。だから、0.0001ポンド=1pipsと決まっているのです。

まとめると…

  1. USD…100分の1セント=0.0001ドル=1pips
  2. EUR…100分の1ユーロセント=0.0001ユーロ=1pips
  3. GBP…100分の1ペニー=0.0001ポンド=1pips

各通貨の補助単位(セントやペニー)の100分の1をFX取引における最小単位(pips、つまり100分の1)にすると決めたわけですね。

だから、各通貨の小数点第4位が1pipsなのです。

しかし、日本円(JPY)が絡む通貨ペアだけは「例外」とされています(つまり「1pips=小数点第2位」)。

不思議ですよね。

スポンサーリンク

大半の通貨比率は、「1単位通貨(A国)≒1単位通貨(B国)」

日本円(JPY)が絡む通貨ペアだけが「例外」となる理由は、通貨比率の違いにあります。

そもそも為替相場(主要通貨)はざっくりと、

1単位通貨(A国)≒1単位通貨(B国)

となっています。つまり…

  • 1米ドル≒1ユーロ
  • 1米ドル≒1ポンド
  • 1ユーロ≒1ポンド

実際に現時点(2022年1月22日)での相場をチェックしてみると…

  • EUR/USD≒1.13…
  • GBP/USD≒1.35…
  • EUR/GBP≒0.83…
  • USD/CHF≒0.91…
  • EUR/CHF≒1.03…
  • AUD/USD≒0.71…
  • NZD/USD≒0.67…

ご覧の通り、「1単位通貨(A国)≒1単位通貨(B国)」となっていますよね。もちろん変動相場なので「1」を切ったり超えたり…ということはありますが、ざっくりと「1単位通貨(A国)≒1単位通貨(B国)」となっているので、とてもわかり易いですよね。

日本円(JPY)は「1単位通貨(A国)≒100〜単位通貨(日本円)」

一方の日本円(JPY)は、通貨比率が異なります。

  • 1米ドル ≒ 113円
  • 1ユーロ ≒ 128円
  • 1ポンド ≒ 154円
  • 1フラン ≒ 124円

「1単位通貨(A国)≒100〜単位通貨(日本円)」となってしまっています。

通貨単位が「1単位通貨(A国)≒1単位通貨(B国)」ではないので、非常に分かりづらいですよね。

どうして、1ドル≒1円と決めなかったのでしょうか?

実は「1米ドル=1円」という時代があった!

実は1871年に円相場がスタートしたときは、「1米ドル=1円」だったのですね(明治政府による新貨条例)。

FX博士

1米ドル=1円の時代もあったのじゃよ!

その後、銀本位制や金本位制への移行を経て、為替レートはどんどん変化します。

1912年(大正元年)には、1米ドル=2円。

1925年(大正14年)には、1米ドル=2.4円。

二度の大戦を経て(終戦直後は1米ドル=15円)、1949年に1ドル360円の固定相場制が登場。その後固定相場制から変動相場制(1973年)へ移行して現在に至ります。

敗戦による管理相場から、固定相場への移行。ニクソンショックによる固定相場制の崩壊、日本経済成長による円高の急激な進行などなど。

日本円(JPY)は世界の動きに翻弄されて、「1米ドル=1円」から現在の「1米ドル≒100円前後」に至ります。

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

スポンサーリンク

日本円(1円)は他国通貨の100分の1とほぼ同等である

さて、話をもとに戻します。

日本円の補助単位は何でしょうか?そうです「銭(せん)」ですね。ただし、「銭」は1953年に廃止されています。現在「銭」は概念としてのみ残っていますね。

さて、円の補助単位は「銭」。

  • 1円=100銭(1銭=0.01円)

1銭の100分の1は、0.0001円です。

他国通貨と同じように考えれば、

  • JPY…100分の1銭=0.0001円=1pips

となるはずですよね?

と、ここで問題が…!

先に、”日本円(JPY)は「1単位通貨(A国)≒100〜単位通貨(日本円)」”と解説しましたよね。

  • 1米ドル ≒ 113円
  • 1ユーロ ≒ 128円
  • 1ポンド ≒ 154円
  • 1フラン ≒ 124円

日本円(JPY)は「1単位通貨(A国)≒100〜単位通貨(日本円)」ということは、日本円(1円)は他国通貨の100分の1とほぼ同等であることを意味します。

  • 1円 ≒ 0.01ドル

1pipsの価値をそろえるためにはどうすれば良いか?以下の式を見ればわかりますね。

0.0001ドル=1pips

1円 ≒ 0.01ドル(1ドル≒100円)

∴  1pips=0.0001ドル=0.01円

解説:0.0001ドルが1pipsであり、1円は0.01ドル。ゆえに1pipsは0.01円である。

FX博士

0.0001ドルが1pipsであり、1円は0.01ドルじゃ。

ゆえに1pipsは0.01円となるのじゃ。

スポンサーリンク

1pipsの比率を全主要通貨でそろえるための”苦肉の策”

日本円(JPY)が絡まない通貨ペアの1pipsが小数点第4位なのに、日本円(JPY)が絡む通貨ペアだけが小数点第2位なのはなぜ?

…に対する回答は次の通り。

日本円(JPY)の価値が主要他国通貨の100分の1だから、pipsの単位をそろえるために日本円のみ小数点第2位(0.01)をpipsで表示することにした

日本を除く主要通貨ペアは「1 ≒ 1前後」で取引されていますが、日本円(JPY)だけは「1 ≒ 0.01(JPY)」で取引されているために、他の主要通貨のpipsに比率を合わせようとすると0.01円となるわけです。

∴  1pips=0.0001ドル(ポンド・ユーロ)=0.01円

1pipsの比率を全主要通貨でそろえるための、苦肉の策なのですね。

FX博士

1pipsの比率を全主要通貨でそろえるための、苦肉の策なのじゃよ。

ここまで整理すれば、なぜ日本円(JPY)が絡まない通貨ペアの1pipsが小数点第4位なのに、日本円(JPY)が絡む通貨ペアだけが1pips=小数点第2位なのか?を理解できるはずです。

正しく理解することで、pipsの読み間違えをしにくくなります。

関連記事

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
4
トワイライトゾーンFX
5
岡安盛男のFX 極

全FX商材評価一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました