2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

【FX】通貨ペアの表示には世界共通の”ルール”があるって知ってた?

通貨の並び順ルール

通貨の並び順ルール

通貨ペアの表示順番には世界共通のルールがあるって知ってた?

FXを始めると日常的に目にすることになる「通貨ペア」。

FXを始める前ならば、ニュースなどで「1ドル=110円17~21銭で推移しています。」などと聞いたことがありますよね。でもFX投資に取り組み始めると、「通貨ペア」というはじめて耳にする言葉と遭遇します。

通貨ペアとは2つの通貨の組み合わせですよね。

なにげなく使っている通貨ペアですが、実は記載方法にルールがあるって知っていました?

ちょっとした豆知識ですが、知ってると自慢できるかも…

通貨ペアの表示ルールとは?

主軸通貨と決済通貨

通貨ペアって2つの通貨を並べますよね。USD/JPYとかEUR/GBPとか…

通貨ペアにおいては、左側に表示する通貨を「主軸通貨(or基軸通貨)」と呼び、右側に表示する通貨を「決済通貨」と呼びます。

通貨ペアの表示ルール

通貨ペアの表示ルール

例えば、USD/JPY(ドル円)ならば、

  • 主軸通貨=USD(米ドル)
  • 決済通貨=JPY(日本円)

となるわけですね。

左側が主軸通貨、右側が決済通貨。これは、そういうものなんだと覚えてください。(金融業界における主軸通貨、決済通貨の意味とは異なります。)

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

序列の高い通貨を主軸通貨(左側)として配置するというルール

各国の通貨には予め決められた序列(順番)があります。世界の主要通貨の序列は以下の通り。序列といっても通貨の強さや国の大きさなどは関係ありません。慣習のようなものです。

通貨の並び順ルール

通貨の並び順ルール

そして、通貨ペアを記載する場合は、2つの通貨を比べて序列の高い通貨を主軸通貨側(左側)に配置するというルールがあるのです。

EURとGBPは、EURの方がGBPよりも左側にありますね(=EURの方がGBPより序列が高い)。なので「EUR/GBP」と書きます。「GBP/EUR」とは書きません。これは世界共通のルールです。AUDとUSDならば、AUDのほうが左側にありますよね。だから「AUD/USD」と書きます。「USD/AUD」とは表示しません。そしてUSDとCADならば、USDの方がより右側にあるので「USD/CAD」と書くのですね。

日本円「JPY」は、もっとも序列が一番低い通貨です。なので、あらゆる通貨との組み合わせにおいて日本円「JPY」は必ず右側に表示されます。

  • EUR/JPY
  • GBP/JPY
  • AUD/JPY
  • NZD/JPY
  • USD/JPY
  • CAD/JPY
  • CHF/JPY

ちなみに新興国の通貨はどこに位置するのでしょうか?例えば、南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなど。

新興国の通貨の並び順

新興国の通貨の並び順

これら新興国の通貨は、日本円よりも上位に序列されています。ですので、全ての通貨ペアにおいて日本円は常に左側(=決済通貨)に表示されるのですね。

  • ZAR/JPY
  • MXN/JPY
  • TRY/JPY

金融の中心地であるイギリス(ロンドン)のポンド通貨が最高序列だったが…

通貨の並び順(序列)が上図のようになったのは、金融世界の歴史にルーツがあります。

もともとはイギリスの通貨「ポンド=GBP」が最上位に位置していたわけですね。なぜならロンドン(イギリス)こそが世界最大かつ最強の金融街だったからです。金融の中心は長らくロンドン市場でした。

オーストラリアやニュージーランドは、国旗内に”イギリス国旗”が描かれているとおり、イギリス連邦加盟国(旧イギリス領)です。だから「GBP」の次に「AUD」「NZD」が続きます。さらにアメリカもカナダも、もとはイギリス領でしたね。だからイギリスの下。

とにかく、金融の世界ではイギリスが威張っていたわけです。

日本?敗戦国だし、一番下でいいんじゃない?という感覚かどうかわかりませんが、並び順のルーツにはイギリス中心主義(ポンド通貨中心主義)という思想がベースにあったのです。

その後EU(欧州連合)が誕生し、イギリスはEUに加盟します。つまり「GBP」のさらに上の通貨「EUR」の爆誕です。結果的に「EUR」が最上位に位置することになります。

イギリスがEU離脱した背景には、EUR通貨の方がGBP通貨より上位にあることも面白くないという思いがあったのかも…プライドの高いイギリスならば、ありえなくもないですよね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら