「破産者マップ」は反吐(へど)が出るほど悪意と下品さに満ちたサービスだ

「破産者マップ」は反吐が出るほど悪意と下品さに満ちたサービスだ

「破産者マップ」は反吐が出るほど悪意と下品さに満ちたサービスだ

※破産者マップは2019年3月19日に完全に閉鎖されました。

「破産者マップ」は、弱者をネタに集客する”陰湿サイト”の最たるもの

「破産者マップ」がネットを賑わせています。

  • 破産者マップ(現在はアクセス不可)

「破産者マップ」とは、全国の自己破産者を地図上に落とし込んで、誰でも閲覧できるようにした民間サービスです。個人が運営していると思われ、サイトにアクセスするとピンだらけの地図(Google Map)が表示されます。

ピンをクリックすると、

  • 自己破産者の本名&旧姓
  • 自己破産者の住所
  • 破産日

などが表示される仕組みです。データのソースは官報と思われます(もしくはどこからか手に入れた名簿)。自己破産すると個人情報が官報に記載され誰でも閲覧が可能となります。官報に掲載される個人情報は以下の通り。

  • 自己破産者の氏名や俗称
  • 自己破産者の住所
  • 自己破産の理由(裁判の主文)

サイト運営社は官報に掲載された情報を徹底的に拾い上げ、Googleマップに落とし込んだわけです。

官報は誰でも閲覧可能ですが、わざわざ近所の自己破産者を調べるために官報を手にする人は多くありません。そもそも官報の存在を知らない人が大半です。官報を知っていても、自己破産者の情報が掲載されている事実を知らない人も多いはず。

官報は各都道府県にある官報販売所で、一部130円で購入できます。定期購読は1520円です。基本的には毎日発行されています。また、ネット版官報もあり、直近30日分の官報が閲覧可能です。

官報に記載された自己破産者情報を何らかの形で手に入れ、ネット上の地図(Google Map)で誰でも容易に閲覧できるようにしたサービスが「破産者マップ」です。

悪意と下品さに満ちた「破産者マップ」

「破産者マップ」運営者の真の目的はよくわかりませんが、”弱者”をネタにアクセスを集めようとするその無神経さに「悪意」と「下品さ」を感じます。

興味本位で運営しているならば、その自己顕示欲に反吐(へど)が出ます。正義感で運営しているならば、その自分勝手さに同様に反吐(へど)が出ます。

運営者の言い分としては、「誰でも閲覧可能な情報をGoogle Mapに落とし込んだだけ、何が悪いの?」ということでしょう。しかし、このサービスが広まることで、自己破産から再起しようとして奮起している人々の人生を困難にする可能性が大いにあります。自己破産者の家族や身内が、様々な形でいじめや攻撃をされる恐れすらあります。

もしかすると、自己破産者の子どもが学校で「いじめ」に遭うかもしれません。自己破産者の子どもが就職で不利な扱いを受けるかもしれません。

ちょっと考えれば、誰でも想像できることです。運営者も容易に想像できたはずです。

運営者に対して削除要請も多数届いているようで、一応その削除要請には応じるとしています。現時点で800名の削除要請が届いているとのことですが、そもそも削除要請している人々は、「破産者マップ」の存在に気がついた人です。

「破産者マップ」の存在に気がついていない人がまだ無数にいて、彼ら(と彼らの身内)は今後、多くの風評被害にさらされ、深く傷つく可能性があります。そのことすら想像できない運営者。倫理観のかけらもありません。

「自己破産」という再起の道を閉ざしかねない→自殺者が増えるかも…

「破産者マップ」がこれだけ話題になり、今後もサービスが続くようならば、「自己破産」という再起の道を閉ざしかねません。

自己破産とは、もう一度人生をやり直すために用意された再起の道です。自己破産というルールのおかげで、地獄から再起を果たした人も無数に存在します。

しかし「破産者マップ」の出現により状況は一変します。自己破産すれば「破産者マップ」に名前や住所が情報開示され、友人や同僚などの衆目にさらされることになります。自己破産者の配偶者や子どもも、肩身の狭い思いをすることになるでしょう。

「破産者マップ」の存在によって、せっかく用意された再起のルールで「自己破産」を選択するリスクが高まるわけです。結果的に、「自己破産」を選択したくてもできないという人々も出てくるはず。

彼らは「自己破産」を選べなために、より最悪な「選択」を余儀なくされるかもしれません。たとえば「自殺」。あるいは「犯罪」…。

「破産者マップ」の存在が「自殺者」や「犯罪者」を増やすことにつながらないか非常に心配です。

今、「破産者マップ」を擁護している「あなた」だって、今後の人生の中で、なにか不可抗力が原因で自己破産を選ばざるを得ないことが起こり得るかもしれないのです。そのときに「破産者マップ」の存在を心の底から憎むかもしれません。

運営者は、どうしてここまで考えが及ばないのか…それともわかっていてやっているのか…。

「破産者マップ」は反吐が出るほど悪意に満ちているサービスという印象です。

気をつけて!運営者、刺されるよ

最悪の場合、運営者の身が危険に晒される可能性もありますね。今後も「破産者マップ」を公開し、情報を更新し続けるならば、いつか「無敵の人」が現れて凶行に及ぶかもしれません。

なにもかも失い、さらにネット上に「恥」を公開され、家族や親族もとばっちりを受けて社会から抹殺される…そのときに「破産者マップ」運営者に激しい恨みを抱く人が出てくるかもしれません。彼は全てを失った「無敵の人」です。

今後も、多くの人から恨みを買うサービスを続けていくつもりなのでしょうか?それはそれで勇気のあることですが、身辺に気をつけることをおすすめします。

「破産者マップ」集団訴訟、待ったなしか?

大量のアクセスによってサーバーダウンしているのか、現在はアクセスでいない「破産者マップ」。とはいえ、ネットで話題になればなるほど、心を痛める人が増えてくるはず。

現在、集団訴訟サイト「enjin」にて集団訴訟の動きも出てきています。

破産者マップに関する集団訴訟

破産者マップは、破産者の情報を詳細に掲載し(http://www.hasanmap.tokyo/sample-page/)
誰もが検索しやすいように作られており、これを以て破産者を特定し、間接的(地域での風評)、直接的(個人情報の漏洩)な嫌がらせとなります。

また、再起を図る個人の権利を害し、その親族家族にとっても「いじめ」を誘発する要因となり、非常に悪意のあるサイトと断定しました。

もし、あなたの家族が再起する、子どもが進学をする時にこれらを企業側が参考とする可能性も高く、それによって受ける損失や不利益は金額では表せません。

引用:enjin

「破産者マップ」そのものは、法に抵触しないかもしれませんが、だから許されるというわけでもなさそうです。

法に抵触せずとも、掲載された人々が「破産者マップ」によって明らかな不利益を被った場合は、その埋め合わせを求められます。

個人情報をさらされた人々が精神的苦痛を受ければ、その精神的苦痛という損害の賠償(=慰謝料)を求められる可能性が十分にあります。名誉毀損にも該当しそうですね。

今後の「破産者マップ」運営者の対応が気になります。

※破産者マップは2019年3月19日に完全に閉鎖されました。

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー
損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた!

損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた… 損切りせずに資産7300万円超の資産を築いていたIcchan3氏ですが、正念場に立たされています。 損切りせずに資産7…

【FX手法】一目均衡表を使った簡単エントリー手法
【初心者向け】一目均衡表のみを使ったシンプルトレードを紹介

シンプル・イズ・ベスト、使うのは「一目均衡表」のみ 本日は、あまたあるKindle本から気になったFX書籍を紹介します。 タイトルは『【FX手法】一目均衡表を使った簡単エントリー手…

トルコリラ円ホルダーが”情報弱者”であるこれだけの理由
”損切りしないFX”における最大のリスクとは○○だ

損切りしないFXの”リスク”とは 損切りをしない戦略について、これまで何度か取り上げてきました。 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略…

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】
FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか?

”損切りしないFX”の最大のリスクは○○だ 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 4億7000万円稼いだカリスマ…

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました
俺の口座、凍結されたよ!

俺の口座、凍結されたよ! 今日は、口座凍結に関するウワサを検証したいと思います。 表題の「俺の口座、凍結されたよ!」というのは、私の知人が電話口で発した第一声です。 彼は、某ブロー…

【警鐘】GW「ミセスワタナベ」が再び狩られる日が来る
【警鐘】GW「ミセスワタナベ」が再び狩られる日が来る

1月3日の大暴落は「ミセスワタナベ狩り」だった!? いまだ記憶に新しい2019年1月3日早朝の大暴落。 2019年正月早々のフラッシュクラッシュ(瞬間暴落)で焼き尽くされ阿鼻叫喚地…

EA販売に投資助言代理の届け出が必要となる
EA販売に投資助言代理の届け出が必要となる

EA販売にも規制の手が・・・ ご存じのように、EAを含む自動売買システムの販売やレンタルは制限付きで禁止されています。「制限付き」とは、会員制での販売またはレンタルを行う場合は投資…

トレードアイランドをご存じですか?

GMOクリック証券主催のトレードアイランド トレードアイランドというサービスをご存じでしょうか? GMOクリック証券に口座を持っている方であれば、ご存じだと思います。トレードアイラ…

【被害総額20億円】他人任せの「私募ファンド」が信用できない理由
【被害総額20億円】他人任せの「私募ファンド」が信用できない理由

20億円の被害を出したファンド事件、いまだ未解決のまま… タレントの塩谷瞬も3000万円の被害にあったとして話題になった「早雲キャピタルファンド事件」。 元エリート証券マンの失墜。…

ゾーントレードに興味があるなら海外の優れたシステム「Dolly」を使ってみる?

「みんなでFX」とゾーントレード 「みんなでFX」を2回にわたってレビューしてきました。 みんなでFX -Rising Sun- 【検証とレビュー】 みんなでFX -Rising …

【ぐう正論】労働者から搾取しまくってるAmazonに投資したら儲かるんじゃね?

【格差】すべての中流家庭が貧困化するこれだけの理由 「労働者から搾取しまくってるAmazonに投資したら儲かるんじゃね?」 あなたはAmazon男と呼ばれる投資家をご存知でしょうか…

脱税で起訴されるということについて
【速報】ミスターブレイン逮捕

岐阜のミスターブレイン氏が逮捕された FX投資詐欺事件の続報です。過去のFX投資詐欺事件については、以下の記事で取り上げました。 【逮捕】ミスターブレインの名を利用して4億円を集め…