【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン)

【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン)

【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン)

withcoin(withコイン)がHitBTCから消えた!

あのwithcoin(withコイン)が突然HitBTCから消えました。

HitBTC(ヒットビーティーシー)とは、海外の仮想通貨取引所の一つです。仮想通貨取引所は世界中に数多く存在します。HitBTCは、その中でも現時点で第8位の取引高を誇る中堅取引所です。

withcoin(withコイン)がHitBTCに上場したのは2018年5月31日

それからわずか3週間でHitBTCからwithcoin(withコイン)が消えるという異常事態です。

皆さん、本日Hitbtcからwith消えました
消える前に20枚0.00000440(3円)で購入されてます
これはほぼ間違えなくwith側が訴訟対策として3円に上昇させたのだと思います
おそらくHitbtcからwith側へ取引中止になると連絡入れてます
詐欺師の松山と詐欺師Youtuberは牢獄へ絶対入れなければならない!

2018年06月20日00時45分

引用:enjin withコイン松山氏に関する集団訴訟

上場廃止(退場)ではなく、意図的に撤退か?

仮想通貨は、出来高が低すぎたために取引所から上場廃止措置を取られる場合があります。その他にもコンプライアンスに不具合があったり、セキュリティに瑕疵があるなど、何らかの問題があれば取引所から排除(上場停止)されるケースがあります。

実際に、様々な問題によって取引所から退場を余儀なくされた仮想通貨も少なくありません。たとえば、2018年3月にはBittrexが82種類の仮想通貨を上場廃止するとアナウンスしました。

しかし、withcoin(withコイン)がHitBTCから消えた理由は、単なる上場廃止ではなさそうです。なぜなら、消える直前に大きな「買い」が行われているからです。

【2100%】HitBTCから消える直前に謎の爆上げ…

withcoin(withコイン)がHitBTCから消える直前に、3円を超える謎の爆上げを見せました。

その急騰率はなんと2100%!

この急騰の裏には、withcoin(withコイン)運営側が訴訟対策として大きな買いを入れたとの噂もありますが、かなり信憑性がありそうです。

死に体のコインに20枚0.00000440(3円)で買いを入れる物好きが、ほかに存在するとは思えません。大きな買いを入れた直後にHitBTCから意図的に撤退した…そう勘ぐられても仕方がありません。

自主的に撤退したのか?それとも上場廃止措置を取られたのか?withcoinがHitBTCから消えた理由は、いずれ判明するでしょう。

上場廃止ならばwithcoinホルダーは一体どうなってしまうのか

さて、HitBTCから姿を消したwithcoinですが、ではwithcoinを購入したユーザーは今後どうなってしまうのか?

ポジティブに考えれば、withcoinが別の取引所への再上場を画策している可能性が考えられます。

ご存知のように仮想通貨は、何度でも取引所に上場することが(理論的には)可能です。世界中に存在する多くの取引所に複数上場することができます。大手の取引所から小規模の取引所まで、何度でも上場可能です(理論的には)。

どんな仮想通貨も、取引量が見込める大規模な取引所への上場(ICO)を目指しますが、そう簡単ではありません。マイナーな仮想通貨は、まずは小さな取引所への上場を目指し、知名度が上がった段階でより大きな取引所への上場を狙うケースがあります。

withcoinが、別の取引所への再上場を計画している可能性はゼロではないと思います。

ICOの8割は「詐欺」という現実

と同時に、そのまま「ドロン」の可能性もゼロではなさそうです。「ドロン」されれば、ICO詐欺の疑いが濃厚ということになりますね。

海外では仮想通貨詐欺(ICO詐欺)は日常茶飯事です。以下の記事を御覧ください。

On the basis of the above classification, we found that approximately 81% of ICO’s were Scams, ~6% Failed, ~5% had Gone Dead, and ~8% went on to trade on a exchange.

Within the 8%, in coins/tokens with an MCap of $50M+: ~47% were Successful, ~20% were Promising, and ~34% were Dwindling.

引用:ICO Quality: Development & Trading

海外の調査会社によるICO分析レポートです。ICOの統計をとったところ、実に81%が「詐欺(Scams)」だったことを表しています(81% of ICO’s were Scams, )。

withcoinが仮想通貨詐欺(ICO詐欺)とならないように祈るしかありません。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

イサム式!FXビギナーズ【検証とレビュー】
2012年(昨年)のFX業界を振り返る

2012年のFX業界を振り返ってみる 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 2013年最初の記事です。本日は今さらですが2012年をざっと振り…

『FX最強チャートGMMAの真実』レビュー

FX最強チャート GMMAの真実 先日、buddhatrend A-Specという商材をレビューしましたが、その記事の中で陳満咲杜さんの書籍をご紹介しました。 buddhatren…

玄人工房株式会社のEAは自動売買の聖杯なのか?
投資詐欺に遭わないためにあなたが見るべき動画

うまい話に乗るまえにこれらの動画を見るべき ここのところ、投資詐欺(疑惑)事件をいくつか取り上げました。 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経…

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】
投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか? FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻
殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash)

殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) 2016年10月7日早朝、ポンドが下落しました。その下落はまさに「Flash crash(フラッシュクラッシュ)」…

テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」 【検証とレビュー】
【懲役5年】1億5000万円の金塊盗んでFX投資【造幣局職員】

1億5000万円の金塊盗んで懲役5年 FXでの損失を穴埋めするために、造幣局から約1億5000万円相当の金塊を盗んだ罪として元造幣局員に懲役5年の判決がくだされました。 金塊やメダ…

東大卒プロポーカープレイヤーの勝負哲学が興味深い

必読!東大卒ギャンブラーの「勝負哲学」 ネット上で良記事を発見しましたので、みなさんにご紹介したいと思います。FXトレーダー必読の記事です。 東大卒プロポーカープレイヤーの勝負哲学…

バイナリーコア 【検証とレビュー】
窓埋めで7月だけで219万円の利益確定した現役大学院生が先日の大暴落で破綻した!?

2015年7月だけで219万3040円の利益を出した東大院生 先週の週刊SPAで興味深い記事を見つけました。 常勝トレーダーの取引履歴を大公開 「7月の利益?219万3040円でし…

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げました。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Fla…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?
実在しないFX自動売買ソフトで詐欺容疑

実在しない自動売買ソフトで集客か? オール・イン幹部逮捕の続報です。 FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】 オール・インが337億円を集めた方法ですが、どうやら実在…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
まず生き残れ!儲けるのはそれからだ(ジョージ・ソロス)

勝てる方法よりも負けない方法を学ぶべき 毎日のようにブログ読者様から様々なご質問を頂くのですが、一番多いご質問は「どうしたら勝てるようになりますか?」というものです。質問者は、あま…

GMOクリック証券と自動売買ツールの今後
リミットインベステージが破綻?

リミットインベステージに対し金融庁が警告 先日の記事で、FXファンドリミットインベステージのトラブルにつて取り上げました。 100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステー…