【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン)

【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン)

【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン)

withcoin(withコイン)がHitBTCから消えた!

あのwithcoin(withコイン)が突然HitBTCから消えました。

HitBTC(ヒットビーティーシー)とは、海外の仮想通貨取引所の一つです。仮想通貨取引所は世界中に数多く存在します。HitBTCは、その中でも現時点で第8位の取引高を誇る中堅取引所です。

withcoin(withコイン)がHitBTCに上場したのは2018年5月31日

それからわずか3週間でHitBTCからwithcoin(withコイン)が消えるという異常事態です。

皆さん、本日Hitbtcからwith消えました
消える前に20枚0.00000440(3円)で購入されてます
これはほぼ間違えなくwith側が訴訟対策として3円に上昇させたのだと思います
おそらくHitbtcからwith側へ取引中止になると連絡入れてます
詐欺師の松山と詐欺師Youtuberは牢獄へ絶対入れなければならない!

2018年06月20日00時45分

引用:enjin withコイン松山氏に関する集団訴訟

上場廃止(退場)ではなく、意図的に撤退か?

仮想通貨は、出来高が低すぎたために取引所から上場廃止措置を取られる場合があります。その他にもコンプライアンスに不具合があったり、セキュリティに瑕疵があるなど、何らかの問題があれば取引所から排除(上場停止)されるケースがあります。

実際に、様々な問題によって取引所から退場を余儀なくされた仮想通貨も少なくありません。たとえば、2018年3月にはBittrexが82種類の仮想通貨を上場廃止するとアナウンスしました。

しかし、withcoin(withコイン)がHitBTCから消えた理由は、単なる上場廃止ではなさそうです。なぜなら、消える直前に大きな「買い」が行われているからです。

【2100%】HitBTCから消える直前に謎の爆上げ…

withcoin(withコイン)がHitBTCから消える直前に、3円を超える謎の爆上げを見せました。

その急騰率はなんと2100%!

この急騰の裏には、withcoin(withコイン)運営側が訴訟対策として大きな買いを入れたとの噂もありますが、かなり信憑性がありそうです。

死に体のコインに20枚0.00000440(3円)で買いを入れる物好きが、ほかに存在するとは思えません。大きな買いを入れた直後にHitBTCから意図的に撤退した…そう勘ぐられても仕方がありません。

自主的に撤退したのか?それとも上場廃止措置を取られたのか?withcoinがHitBTCから消えた理由は、いずれ判明するでしょう。

上場廃止ならばwithcoinホルダーは一体どうなってしまうのか

さて、HitBTCから姿を消したwithcoinですが、ではwithcoinを購入したユーザーは今後どうなってしまうのか?

ポジティブに考えれば、withcoinが別の取引所への再上場を画策している可能性が考えられます。

ご存知のように仮想通貨は、何度でも取引所に上場することが(理論的には)可能です。世界中に存在する多くの取引所に複数上場することができます。大手の取引所から小規模の取引所まで、何度でも上場可能です(理論的には)。

どんな仮想通貨も、取引量が見込める大規模な取引所への上場(ICO)を目指しますが、そう簡単ではありません。マイナーな仮想通貨は、まずは小さな取引所への上場を目指し、知名度が上がった段階でより大きな取引所への上場を狙うケースがあります。

withcoinが、別の取引所への再上場を計画している可能性はゼロではないと思います。

ICOの8割は「詐欺」という現実

と同時に、そのまま「ドロン」の可能性もゼロではなさそうです。「ドロン」されれば、ICO詐欺の疑いが濃厚ということになりますね。

海外では仮想通貨詐欺(ICO詐欺)は日常茶飯事です。以下の記事を御覧ください。

On the basis of the above classification, we found that approximately 81% of ICO’s were Scams, ~6% Failed, ~5% had Gone Dead, and ~8% went on to trade on a exchange.

Within the 8%, in coins/tokens with an MCap of $50M+: ~47% were Successful, ~20% were Promising, and ~34% were Dwindling.

引用:ICO Quality: Development & Trading

海外の調査会社によるICO分析レポートです。ICOの統計をとったところ、実に81%が「詐欺(Scams)」だったことを表しています(81% of ICO’s were Scams, )。

withcoinが仮想通貨詐欺(ICO詐欺)とならないように祈るしかありません。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
松井証券に賠償命令〜18秒の遅延は債務不履行〜

ブローカーの遅延により1400万円をロスカット 注目を集める判決が下されました。 FX取引で証券会社に賠償命令 18秒の約定遅延「債務不履行」  2013/10/16 18:54 …

画像盗用・ねつ造問題について
シンフォニー投資詐欺事件で保全命令の申し立て

シンフォニー投資詐欺事件の続報 このBlogでは数回にわたってシンフォニー投資詐欺事件を取り上げてきました。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シ…

わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作る【hawaii023】
option99を名指しでリスク言及【毎日新聞】

option99に対する相談が急増しているらしい 先日に引き続きバイナリーオプションのニュースです。バイナリーオプション取引の危険性について国民生活センターが警鐘を鳴らしてるという…

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム

FXプライムもTRY/JPY(トルコリラ円)を開始 GMO傘下のFXプライムがTRY/JPY(トルコリラ円)の取扱を開始したとのニュースが流れました。 株式会社FXプライムbyGM…

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】
【崖っぷち】貯金3億円男★大先生、83円まで戻せば2億円!【NZDJPY】

【崖っぷち】貯金3億円男★大先生 前回の記事で、貯金3億円男★大先生を取り上げました。 貯金3億円男★大先生という稀代の賭博師が人々を魅了する理由(ワケ) 現時点で、彼の最新Twi…

60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件
60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった 気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。 個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したので…

損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”
損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”

損切りしない戦略 ここ数日、損切りしない戦略について記事をアップしてきました。 ”損切りしないFX”の最大のリスクは○○だ 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは…

Victory FX 【検証とレビュー】
FX商材 購入数ランキング~2012年10月現在~

FX商材のご購入数ランキング 以前からご要望が多かったので、当サイトからご購入いただいたFX商材のご購入数ランキングをご紹介します。 第1位 ビクトリーメソッドアドバンス 最も多く…

FXB-Manual 【検証とレビュー】
30歳で年収1000万円超の企業一覧【隣の家の芝は青かった】

30歳で年収1000万円に達する企業とは? 転職情報サイトVorkersが30歳で年収1000万円を狙える企業を発表しました。30歳で1000万円というのは、エリート中のエリートと…

【FXレバ規制見送りへ】個人投資家のリスクテイクを大きく規制するのはナンセンス
【FXレバ10倍規制は見送りへ】個人投資家のリスクテイクを大きく規制するのはナンセンス

FXレバ規制(25倍→10倍)を巡るドタバタ劇は2017年9月に開幕 2018年2月に大きなニュースとなった「FXレバレッジ規制強化案」。現行の25倍から10倍への引き下げを検討す…

暴れん坊将軍「トルコリラ」がまたもご乱心で”殺戮ショー”を繰り広げる…
withcoinに対する集団訴訟の被害総額が13億円を超え、今なお増え続けている件

【被害総額13億円】withcoin集団訴訟で怯える”仮想通貨ユーチューバー” 【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン) 被害総額は13億円超! …

ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した
ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した

ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した 著名ブロガーHagex氏が、講演後に刃物で刺殺されるという事件が起きました。引き金はネット上のト…