2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

「テキシアジャパンホールディングス」は巨額ブックメーカー詐欺会社「スピーシー」の残党で結成された詐欺会社だった!?

「テキシアジャパンホールディングス」は巨額ブックメーカー詐欺会社「スピーシー」の残党で結成された詐欺会社だった!?

「テキシアジャパンホールディングス」は巨額ブックメーカー詐欺会社「スピーシー」の残党で結成された詐欺会社だった!?

「テキシアジャパンホールディングス」は巨額ブックメーカー詐欺会社「スピーシー」の残党で結成された詐欺会社だった!?

先日の記事で「キング」こと銅子正人容疑者(41)が率いる「テキシアジャパンホールディングス」巨額詐欺事件を取り上げました。

【投資詐欺】「キング」と呼ばれた男の逮捕劇の裏にある「深い闇」

その後の情報で、実は「テキシアジャパンホールディングス」は、過去最大のブックメーカー詐欺事件の舞台となった「スピーシー」の残党によって再結成された会社だったとのこと。情報源は以下のブログです。

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

前代未聞のブックメーカー巨額詐欺「スピーシー事件」

スピーシー事件については、以下の新聞記事に詳しいです。2012年に発覚したブックメーカー巨額詐欺事件です。

360億円集め配当中止 大阪の会社 集団提訴へ英国政府公認の賭け業者「ブックメーカー」を使った投資で、高配当をうたって出資金を集めていた投資会社「スピーシー」(大阪市)が、今年5月以降、会員への配当を中止し、解約にも応じていないことがわかった。

同社関係者によると、出資者は少なくとも全国約6000の個人・法人、出資金は計約360億円に上る。出資者の一部は8月中にも返金を求めて集団訴訟を起こす予定で、代理人弁護士は「出資法違反などに当たる疑いが強い」と指摘している。

引用:読売新聞 2012年7月27日(金)

スピーシー事件はすでに裁判(第一次・第二次訴訟)で判決が出ています。

  • ブックメーカー商法の違法性…高配当はウソであり違法である
  • 被告の責任…首謀者グループは問答無用で損害賠償責任を負う

とはいえ、奪われたお金の大半はいまだ戻っていません。

逮捕を逃れたメンバーが再集結し新たな詐欺を行う「無限ループ」

「スピーシー」の残党メンバーが再結成した…このウワサが本当ならば、「テキシアジャパンホールディングス」は最初から詐欺を行うことを前提に作られた法人だったということになりそうです。

ソースの信憑性はなんともいえませんが、確かに時期的には合致します。スピーシー事件が発覚下敷きが2012年9月。そして「テキシアジャパンホールディングス」が結成されたのは2013年9月です。

スピーシー解散の1年後に、新たな詐欺会社が結成されたわけです。

今回「テキシアジャパンホールディングス」の首謀者10名が逮捕されたわけですが、逮捕を逃れたメンバーは、新たな詐欺を始めるために再び集結するのでしょう。

【投資詐欺】「キング」と呼ばれた男の逮捕劇の裏にある「深い闇」

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら