【悲報】仮想通貨アフィリエイトが全面禁止されることに!

【決定】仮想通貨アフィリエイトが全面禁止されることに!

【決定】仮想通貨アフィリエイトが全面禁止されることに!

【衝撃】仮想通貨アフィリエイトは全面禁止へ!

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が自主規制案をまとめた

仮想通貨業者による協会団体、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が、業界の健全化、顧客保護等を目的とした自主規制案を取りまとめました。

仮想通貨 顧客保護へ一歩 自主規制案
追跡不能な通貨排除 交換会社淘汰へ

業界団体の日本仮想通貨交換業協会(東京・千代田、JVCEA)の自主規制ルール案では、「匿名通貨」とも呼ばれる送金先を追跡できない通貨の新規取り扱いを禁止する。顧客の資産保全や取引価格の透明化にも取り組む。

引用:2018/6/19付日本経済新聞 朝刊

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の公式サイトはこちら。

主な自主規制ルール案は以下の通り。

注目すべきは「アフィリエイターによる勧誘の禁止」

自主規制案の中でも注目すべき項目は、「アフィリエイターによる勧誘の禁止」です。正しくは「成果報酬型広告による勧誘の禁止」です。

実は、Googleもフェイスブックも仮想通貨のアフィリエイトを禁止することを発表しています。

グーグル、仮想通貨の広告禁止 6月から

米グーグルは13日、仮想通貨に関わる広告を6月から掲載しないようにすると発表した。詐欺的な取引に誘導する広告などからネットの利用者を保護するためとみられる。同様の措置はフェイスブックも1月に表明ずみ。ネット上の広告で6割を超えるシェアを持つ2社の厳格な対応は仮想通貨市場に大きな影響を与えそうだ。

同社はネット検索や動画配信のユーチューブなどグーグルのサービスで表示される広告について掲載基準を定期的に見直している。今回は規制されていなかったり投機的な要素が強かったりする金融取引について掲載を禁じる方針。外為取引などと並んで仮想通貨も対象にあげており、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)に関する広告も含まれるもようだ。

仮想通貨を巡ってはフェイスブックも広告の全面禁止を表明している。米国ではICOを通じた詐欺まがいの取引が一部で生じているほか、取引所についても開示姿勢が不透明として米証券取引委員会(SEC)が警告を発している。グーグルを含めた2社の広告の影響力は大きく「自己規制」を通じてトラブルの芽を摘む狙いとみられる。

引用:2018/3/14付日本経済新聞 WEB版

自主規制【案】とはいえ、ほぼ決定とみて間違いなさそうです。自主規制は、基本的に監督庁である金融庁におもねるために作られたものであり、【案】よりも厳しくなることはあっても軽くなることはまずありません。

Google(アドセンス)、Facebookに続き、業界団体がアフィリエイトを禁止。業界がアフィリエイトを禁止すれば、ASPも案件として扱うことはできなくなります。

  • アドセンス広告もダメ
  • Facebook広告もダメ
  • ASP広告もダメ

つまり、仮想通貨アフィリエイトは完全に終了ということを意味します。アフィリエイト目的の仮想通貨ブロガーはご愁傷様です。

仮想通貨アフィリエイトは”終焉”を迎えることに…

主要取引所のほぼ全てでアフィリエイト広告禁止

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に加盟する会員をみれば、日本の主要「仮想通貨取引所」のすべてを網羅しているといっても過言ではありません。

  • Zaif(ザイフ)
  • GMOコイン
  • コインチェック
  • みんなのビットコイン
  • サイバーエージェントビットコイン
  • DMMビットコイン
  • FISCO(フィスコ)
  • ビットバンク
  • ビットポイントジャパン
  • ビットトレード
  • Lemuria
  • Bitgate(ビットゲート)
  • QUOINE
  • SBIバーチャル・カレンシーズ

上に挙げた取引所はほんの一部です。全部で103社が加盟しています(平成30年6月1日現在)。

これらの主要仮想通貨取引所が「アフィリエイト広告」を全面禁止するわけです。もはや、仮想通貨アフィリエイトは”オワコン”と言えるでしょう。

仮想通貨アフィリエイターが排除される理由

アフィリエイターによる勧誘を全面禁止する理由は、明確です。

仮想通貨アフィリエイターが、高額の報酬欲しさに無責任な文章(コピー)で見境なく集客・送客を行なった結果、多くのトラブルを引き起こしたことが要因です。

  • 絶対儲かります!
  • 今が狙い目!
  • 今やらなきゃ損!
  • 私はこれだけ儲かりました!
  • 仮想通貨で億り人へ!

無責任な記事を量産し投資リテラシーの低い情報弱者を仮想通貨取引に引き込むことで、大金を稼いでいるアフィリエイターが多く存在します。

彼らによって被害を被るのは、ユーザーだけではありません。取引所も法的なリスクを少なからず負います。仮想通貨業界の健全化を目指すためにも、無責任なアフィリエイターは排除したいというのが本音でしょうね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?
FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?

関東財務局が海外ブローカーに対する注意喚起をおこなっています 2014年6月19日に、関東財務局がWEB上で、「海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!」という注意…

【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界

「カジノ法案」が今国会で成立する IR推進法案、いわゆるカジノ法案がいよいよ大詰めを迎えます。日経新聞によれば、今国会での成立を目指しているとのこと。 カジノ法案、今国会成立を確認…

【詐欺】「仮想通貨のマイニング(採掘)で毎月30万円稼げる」はウソだった!【株式会社リードによる虚偽】
PAMM運用会社「Nextory」が逃亡か?

PAMM運用会社のNextoryが夜逃げ? PAMM運用会社Nextoryのサイトがアクセス不能になっています。 http://fx-nextory.com/index.html …

【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査している…?

与沢翼さんの会社が、税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ 探偵ファイルに目をつけられた与沢翼さん このブログでも取り上げた与沢翼さんですが、周辺で何かが起こりそうな予感です。探…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
3ヶ月前の「みんなのクレジット」社長インタビューと現実(行政処分勧告)が乖離しすぎてて笑えない

みんなのクレジット代表取締役白石伸生氏のインタビュー記事が興味深い 先月3月24日に行政処分(業務停止命令)勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、出資金の一部が社長である白石伸…

USDJPY_EURUSD PRO 【検証とレビュー】
金融庁が悪質ブローカーを本気(マジ)で潰しにかかってきた件

最大1億円の過怠金を含むFX業者規制内容とは? 金融庁が、悪質FXブローカーの取り締まりに本気を出します。2013年5月31日(金)の日本経済新聞ニュースです。 FX取引、売買価格…

”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ
”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム 暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮 トルコリラ、いよいよ奈落の底へ… 暴れん坊将軍「トルコリラ」がま…

60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件
60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった 気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。 個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したので…

【逮捕速報】ソーシャルサポートが無登録でFXファンドへの投資勧誘の疑い
【逮捕】FXファンドで4億円を集金・愛知県

集めたお金は4億円弱 逮捕速報です。無登録でFXファンドの運用をおこなった会社社長が逮捕されました。詳細はこちらのニュース(ヤフーニュース)をご覧ください。 「FXで運用」4億円弱…

サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴

190万円の支払いをサイバーエージェントFXに求める裁判の判決が出た 非常に興味深い事件(裁判)の判決が出ました。裁判の名前は、「キャッシュバック金請求事件」(平成25年(ワ)第2…

GMOクリック証券に業務改善命令
GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る…

100円を目前にしたUSDJPYに気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されて…