【悲報】仮想通貨アフィリエイトが全面禁止されることに!

【決定】仮想通貨アフィリエイトが全面禁止されることに!

【決定】仮想通貨アフィリエイトが全面禁止されることに!

【衝撃】仮想通貨アフィリエイトは全面禁止へ!

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が自主規制案をまとめた

仮想通貨業者による協会団体、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が、業界の健全化、顧客保護等を目的とした自主規制案を取りまとめました。

仮想通貨 顧客保護へ一歩 自主規制案
追跡不能な通貨排除 交換会社淘汰へ

業界団体の日本仮想通貨交換業協会(東京・千代田、JVCEA)の自主規制ルール案では、「匿名通貨」とも呼ばれる送金先を追跡できない通貨の新規取り扱いを禁止する。顧客の資産保全や取引価格の透明化にも取り組む。

引用:2018/6/19付日本経済新聞 朝刊

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の公式サイトはこちら。

主な自主規制ルール案は以下の通り。

注目すべきは「アフィリエイターによる勧誘の禁止」

自主規制案の中でも注目すべき項目は、「アフィリエイターによる勧誘の禁止」です。正しくは「成果報酬型広告による勧誘の禁止」です。

実は、Googleもフェイスブックも仮想通貨のアフィリエイトを禁止することを発表しています。

グーグル、仮想通貨の広告禁止 6月から

米グーグルは13日、仮想通貨に関わる広告を6月から掲載しないようにすると発表した。詐欺的な取引に誘導する広告などからネットの利用者を保護するためとみられる。同様の措置はフェイスブックも1月に表明ずみ。ネット上の広告で6割を超えるシェアを持つ2社の厳格な対応は仮想通貨市場に大きな影響を与えそうだ。

同社はネット検索や動画配信のユーチューブなどグーグルのサービスで表示される広告について掲載基準を定期的に見直している。今回は規制されていなかったり投機的な要素が強かったりする金融取引について掲載を禁じる方針。外為取引などと並んで仮想通貨も対象にあげており、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)に関する広告も含まれるもようだ。

仮想通貨を巡ってはフェイスブックも広告の全面禁止を表明している。米国ではICOを通じた詐欺まがいの取引が一部で生じているほか、取引所についても開示姿勢が不透明として米証券取引委員会(SEC)が警告を発している。グーグルを含めた2社の広告の影響力は大きく「自己規制」を通じてトラブルの芽を摘む狙いとみられる。

引用:2018/3/14付日本経済新聞 WEB版

自主規制【案】とはいえ、ほぼ決定とみて間違いなさそうです。自主規制は、基本的に監督庁である金融庁におもねるために作られたものであり、【案】よりも厳しくなることはあっても軽くなることはまずありません。

Google(アドセンス)、Facebookに続き、業界団体がアフィリエイトを禁止。業界がアフィリエイトを禁止すれば、ASPも案件として扱うことはできなくなります。

  • アドセンス広告もダメ
  • Facebook広告もダメ
  • ASP広告もダメ

つまり、仮想通貨アフィリエイトは完全に終了ということを意味します。アフィリエイト目的の仮想通貨ブロガーはご愁傷様です。

仮想通貨アフィリエイトは”終焉”を迎えることに…

主要取引所のほぼ全てでアフィリエイト広告禁止

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に加盟する会員をみれば、日本の主要「仮想通貨取引所」のすべてを網羅しているといっても過言ではありません。

  • Zaif(ザイフ)
  • GMOコイン
  • コインチェック
  • みんなのビットコイン
  • サイバーエージェントビットコイン
  • DMMビットコイン
  • FISCO(フィスコ)
  • ビットバンク
  • ビットポイントジャパン
  • ビットトレード
  • Lemuria
  • Bitgate(ビットゲート)
  • QUOINE
  • SBIバーチャル・カレンシーズ

上に挙げた取引所はほんの一部です。全部で103社が加盟しています(平成30年6月1日現在)。

これらの主要仮想通貨取引所が「アフィリエイト広告」を全面禁止するわけです。もはや、仮想通貨アフィリエイトは”オワコン”と言えるでしょう。

仮想通貨アフィリエイターが排除される理由

アフィリエイターによる勧誘を全面禁止する理由は、明確です。

仮想通貨アフィリエイターが、高額の報酬欲しさに無責任な文章(コピー)で見境なく集客・送客を行なった結果、多くのトラブルを引き起こしたことが要因です。

  • 絶対儲かります!
  • 今が狙い目!
  • 今やらなきゃ損!
  • 私はこれだけ儲かりました!
  • 仮想通貨で億り人へ!

無責任な記事を量産し投資リテラシーの低い情報弱者を仮想通貨取引に引き込むことで、大金を稼いでいるアフィリエイターが多く存在します。

彼らによって被害を被るのは、ユーザーだけではありません。取引所も法的なリスクを少なからず負います。仮想通貨業界の健全化を目指すためにも、無責任なアフィリエイターは排除したいというのが本音でしょうね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

良質なFXブログでも十分に学べる
良質なFXブログでも十分に学べる

  良質な無料ブログでも学べる まだ自分の手法がそれほど確立されていないのであれば、勉強になる無料ブログをいくつか精読するところから初めてみてはいかがでしょうか? 良質な…

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】
【崖っぷち】貯金3億円男★大先生、83円まで戻せば2億円!【NZDJPY】

【崖っぷち】貯金3億円男★大先生 前回の記事で、貯金3億円男★大先生を取り上げました。 貯金3億円男★大先生という稀代の賭博師が人々を魅了する理由(ワケ) 現時点で、彼の最新Twi…

【酒田五法】君は”捨て子底”を知ってるか?
【酒田五法】君は”捨て子底”を知ってるか?

”元祖”プライスアクション=「酒田五法」 先日レビューしたGlobal Dream FX(クロスリテイリング)ですが、残念ながら酒田五法を模したプライスアクション商材でした。 酒田…

【2017年版】日本長者番付発表!第一位はやっぱりあの人!

2017年、日本一の金持ちは誰だ?! アメリカの経済誌「フォーブス」が毎年発表している世界長者番付。その中で日本人のみを抜き出してランキングした日本長者番付がフォーブスのWEBサイ…

IGマーケッツ証券が0.6銭の固定スプレッドを開始した
IGマーケッツ証券が0.6銭の固定スプレッドを開始した

IGマーケッツ証券もスプレッド競争に参加 昨日のニュース(2013年1月17日)です。IGマーケッツ証券が、ドル円(USDJPY)にて0.6銭の固定スプレッドを開始するそうです。ス…

投資DVD業者に”業務停止命令”
投資DVD業者に”業務停止命令”

【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは? ようやく業務停止命令が… 大学生をターゲットに投資DVDを販売していた業者に、とうとう業務停止命令措置が取られました。 出典:東京都…

【FXレバ規制見送りへ】個人投資家のリスクテイクを大きく規制するのはナンセンス
【FXレバ10倍規制は見送りへ】個人投資家のリスクテイクを大きく規制するのはナンセンス

FXレバ規制(25倍→10倍)を巡るドタバタ劇は2017年9月に開幕 2018年2月に大きなニュースとなった「FXレバレッジ規制強化案」。現行の25倍から10倍への引き下げを検討す…

【FX手法】一目均衡表を使った簡単エントリー手法
【初心者向け】一目均衡表のみを使ったシンプルトレードを紹介

シンプル・イズ・ベスト、使うのは「一目均衡表」のみ 本日は、あまたあるKindle本から気になったFX書籍を紹介します。 タイトルは『【FX手法】一目均衡表を使った簡単エントリー手…

【凝りない面々】せどり情報商材販売者がまた「逮捕」される…被害総額7億円
【凝りない面々】せどり情報商材販売者がまた「逮捕」される…被害総額7億円

容疑者9人を一斉に逮捕【セドリーチ】 また逮捕です。先日、情報商材販売者が逮捕されました。 転売収入うたい詐欺疑い 契約料名目で7億円 インターネットの通販サイトで転売収入が得られ…

【海外フォーラム】 Spuds Stochastic Thread Theoryでストップ狩りに便乗する

ストキャスを使ったアイデア満載のロジック 本日は、趣向を変えて海外の面白いストラテジー(ロジック)をご紹介します。引用元はFOREX FACTORY(海外フォーラム)です。 海外フ…

約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは?

他人のお金でFX!? とても興味深いサイトを見つけました。その名もSocial FXです。サブタイトルは「他人のお金でFX」。 Social FX(他人のお金でFX) 世界初のユー…

アルゴスクリプトラボ「TES」、HYIP詐欺の可能性を探る
破綻したアルゴス「TES」、HYIP詐欺の可能性を探る

アルゴス「TES」破綻の続報 仮想通貨アービトラージファンド「TES」が破綻し、運営母体であるアルゴスクリプトラボ(ARGUS CRYPTO Laboratory)が飛んでから約1…