金融庁「おまいら今日から”仮想通貨”じゃなくて”暗号資産”ね!」

金融庁「おまいら今日から”仮想通貨”じゃなくて”暗号資産”ね!」

金融庁「おまいら今日から”仮想通貨”じゃなくて”暗号資産”ね!」

金融庁「おまいら今日から”仮想通貨”じゃなくて”暗号資産”ね!」

金融庁が”仮想通貨”の名称を”暗号資産”に変更すると発表しました。

金融庁、「仮想通貨」を「暗号資産」に呼称変更の方針

金融庁の有識者会議は、ビットコインに代表される「仮想通貨」の呼び方を、投機的に扱われている現状を受け、「暗号資産」に変える方針を示しました。

金融庁の有識者会議は14日、仮想通貨交換業者への規制のあり方について報告書の案を示しました。それによりますと、法令上、「仮想通貨」の呼び方を今後は「暗号資産」に変更する方針を示しました。

引用:TBS NEWS 2018年12月15日

法定通貨とは明確に線引し規制していく方針を打ち出した

名称の変更理由は”仮想通貨”があまりにも投機対象として広まってしまったためです。

本来、仮想通貨は次世代の決済手段(ネット上の電子決済手段)として開発されたものです。ところがその変動率やボラティリティに目をつけた世界中のトレーダーに投機対象とされてしまい、今ではほぼギャンブルと化してしまっています。

仮想通貨決済の健全な普及を見込んでいた金融庁(当局)にとっては、大きな誤算です。

そこで”仮想通貨”という呼び名を”暗号資産”に改め、法定通貨とは明確に線引きをして規制する方針を打ち出したわけです。

”暗号資産”への名称変更は新たな規制の第一歩

”通貨”という名称を削除したことで、金融庁の規制への本腰度がよくわかりますね。

もはや仮想通貨は”通貨”ではない、”投機的な資産”だ!だからしっかり規制するよ!ということです。

具体的な規制案としては以下の通りです。

  1. 業者による不適切な広告・勧誘の禁止
  2. ハイレバレッジでの暗号資産(仮想通貨)の取引の禁止など

現時点ではまだ方針の段階ですが、2019年以降具体案が詰められ施行される可能性が高そうです。

もともと海外ではCrypto Currency(=暗号通貨)と呼ばれていた

日本国内では”仮想通貨”と呼ばれてきましたが、そもそも英語圏ではCrypto Currencyです。つまり「暗号通貨」です。「仮想」ではなく「暗号」です。

仮想通貨は高度な「暗号技術」によって偽造を防いでいるから正しくは「暗号通貨」です。その原点に戻るべく「仮想」から「暗号」に呼び方を変えたわけです。

今回の規制案では、さらに「通貨」をやめて「資産」という名称にすることが方針として打ち出されました。

  • 仮想→暗号
  • 通貨→資産

結果的に「暗号資産」となったわけですね。「仮想通貨」と比べると、じゃっかん胡散臭さが増した気がしませんか?そこが金融庁の狙いかもしれません(笑)。

金融庁としては、「通貨」という名称をやめることで法定通貨(円やドルなど)と区別し、リスク性の高い投機商品であることを周知したいのでしょうね。

仮想通貨アフィリエイターは急いでブログ修正だ!?

大変なのは仮想通貨アフィリエイターです。いままでキーワードとして「仮想通貨」をブログに取り入れて記事を執筆していたはず。いち早く「仮想通貨」キーワードを「暗号資産」に変更する必要があります。

誰よりも早くキーワードを修正すれば、「暗号資産」キーワードで上位表示できるかもしれません。とはいえ、どこまで「暗号資産」という名称が浸透するのか?未知数です。しばらくは「仮想通貨」という名称が使われ続けるかもしれませんね。仮想通貨アフィリエイターにとっては、なかなかもどかしいところです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【MQL5】あなたがインジケーター好きなら必見のサイトだ!
【MQL5】あなたがインジケーター好きならば”必見”のサイトだ!

日本特有の「FX情報商材」というガラパゴス市場 クロスリテイリング社が毎月のように新商材をリリースするようになって久しいですね。あるFX商材のプロモーションが終了したと思ったら、す…

玄人工房株式会社のEAは自動売買の聖杯なのか?
「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」

LINEで「儲け話あるけど、どう?」 20歳になった若者を狙い撃ちする投資詐欺が増えています。詐欺に使われるのは誰もが利用している無料通信アプリ「LINE(ライン)」。 誕生日LI…

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

※2013年12月6日裁判の判決が出ました。 ”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 F…

10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説
10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説

わずか3ヶ月で10万円を6億円にした男 GFF氏を知っていますか?今では伝説のように語り継がれるGFF氏。 GFF氏は、わずか10万円の元手をたった3ヶ月で6億円に増やした伝説のト…

【注意喚起】仮想通貨ICOの8割が詐欺…もはや犯罪の温床だ
【注意喚起】仮想通貨ICOの8割が詐欺…もはや犯罪の温床だ

ICOに手を出すな! 仮想通貨での資金調達スキーム「ICO」に関連する情報商材がひっきりなしに登場していますね。 ICOは、Initial Coin Offering(イニシャル・…

援助交際で「仮想通貨」を欲しがる女子高生が出没する時代がやってくる
援助交際で「仮想通貨」を欲しがる女子高生が出没する時代がやってくる

「いいね」の代わりに仮想通貨を送る中高生 仮想通貨が中高生にまで浸透しつつあるという驚くようなニュースです。SNSの「いいね」の代わりに少額の仮想通貨を友人に送るコミュニケーション…

画像盗用・ねつ造問題について
画像盗用・ねつ造問題について

画像無断使用・ねつ造問題にようやくインフォトップが重い腰を上げた 先日(7月17日)、業界最大手のインフォトップからメールが届きました。内容を一部抜粋して掲載します。 ━━━━━━…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?
実在しないFX自動売買ソフトで詐欺容疑

実在しない自動売買ソフトで集客か? オール・イン幹部逮捕の続報です。 FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】 オール・インが337億円を集めた方法ですが、どうやら実在…

トルコリラ円ホルダーが”情報弱者”であるこれだけの理由
【最後のチャンス】中国が仮想通貨に再参入すればふたたび仮想通貨バブルが訪れる?

仮想通貨への”再参入”を画策する中国政府 取引量「世界一」の中国が”仮想通貨”を全面禁止した理由 ご存知かもしれませんが、中国では仮想通貨取引が全面禁止されています。もともとは禁止…

借金1億円を返済した最強仮想通貨女子「私が億超えした理由」
借金1億円を返済した最強仮想通貨女子「私が億超えした理由」

借金1億円を返済した最強仮想通貨女子「私が億超えした理由」 2017年に仮想通貨で億り人になっった人は331人だったと国税庁が公表しましたね。 2017年、仮想通貨で「億り人」は3…

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に
オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか? 投資家集団オプザイルが…

良質なFXブログでも十分に学べる
良質なFXブログでも十分に学べる

  良質な無料ブログでも学べる まだ自分の手法がそれほど確立されていないのであれば、勉強になる無料ブログをいくつか精読するところから初めてみてはいかがでしょうか? 良質な…