金融庁「おまいら今日から”仮想通貨”じゃなくて”暗号資産”ね!」

金融庁「おまいら今日から”仮想通貨”じゃなくて”暗号資産”ね!」

金融庁「おまいら今日から”仮想通貨”じゃなくて”暗号資産”ね!」

金融庁「おまいら今日から”仮想通貨”じゃなくて”暗号資産”ね!」

金融庁が”仮想通貨”の名称を”暗号資産”に変更すると発表しました。

金融庁、「仮想通貨」を「暗号資産」に呼称変更の方針

金融庁の有識者会議は、ビットコインに代表される「仮想通貨」の呼び方を、投機的に扱われている現状を受け、「暗号資産」に変える方針を示しました。

金融庁の有識者会議は14日、仮想通貨交換業者への規制のあり方について報告書の案を示しました。それによりますと、法令上、「仮想通貨」の呼び方を今後は「暗号資産」に変更する方針を示しました。

引用:TBS NEWS 2018年12月15日

法定通貨とは明確に線引し規制していく方針を打ち出した

名称の変更理由は”仮想通貨”があまりにも投機対象として広まってしまったためです。

本来、仮想通貨は次世代の決済手段(ネット上の電子決済手段)として開発されたものです。ところがその変動率やボラティリティに目をつけた世界中のトレーダーに投機対象とされてしまい、今ではほぼギャンブルと化してしまっています。

仮想通貨決済の健全な普及を見込んでいた金融庁(当局)にとっては、大きな誤算です。

そこで”仮想通貨”という呼び名を”暗号資産”に改め、法定通貨とは明確に線引きをして規制する方針を打ち出したわけです。

”暗号資産”への名称変更は新たな規制の第一歩

”通貨”という名称を削除したことで、金融庁の規制への本腰度がよくわかりますね。

もはや仮想通貨は”通貨”ではない、”投機的な資産”だ!だからしっかり規制するよ!ということです。

具体的な規制案としては以下の通りです。

  1. 業者による不適切な広告・勧誘の禁止
  2. ハイレバレッジでの暗号資産(仮想通貨)の取引の禁止など

現時点ではまだ方針の段階ですが、2019年以降具体案が詰められ施行される可能性が高そうです。

もともと海外ではCrypto Currency(=暗号通貨)と呼ばれていた

日本国内では”仮想通貨”と呼ばれてきましたが、そもそも英語圏ではCrypto Currencyです。つまり「暗号通貨」です。「仮想」ではなく「暗号」です。

仮想通貨は高度な「暗号技術」によって偽造を防いでいるから正しくは「暗号通貨」です。その原点に戻るべく「仮想」から「暗号」に呼び方を変えたわけです。

今回の規制案では、さらに「通貨」をやめて「資産」という名称にすることが方針として打ち出されました。

  • 仮想→暗号
  • 通貨→資産

結果的に「暗号資産」となったわけですね。「仮想通貨」と比べると、じゃっかん胡散臭さが増した気がしませんか?そこが金融庁の狙いかもしれません(笑)。

金融庁としては、「通貨」という名称をやめることで法定通貨(円やドルなど)と区別し、リスク性の高い投機商品であることを周知したいのでしょうね。

仮想通貨アフィリエイターは急いでブログ修正だ!?

大変なのは仮想通貨アフィリエイターです。いままでキーワードとして「仮想通貨」をブログに取り入れて記事を執筆していたはず。いち早く「仮想通貨」キーワードを「暗号資産」に変更する必要があります。

誰よりも早くキーワードを修正すれば、「暗号資産」キーワードで上位表示できるかもしれません。とはいえ、どこまで「暗号資産」という名称が浸透するのか?未知数です。しばらくは「仮想通貨」という名称が使われ続けるかもしれませんね。仮想通貨アフィリエイターにとっては、なかなかもどかしいところです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?
実在しないFX自動売買ソフトで詐欺容疑

実在しない自動売買ソフトで集客か? オール・イン幹部逮捕の続報です。 FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】 オール・インが337億円を集めた方法ですが、どうやら実在…

【格差】すべての中流家庭が貧困化するこれだけの理由
【格差】すべての中流家庭が貧困化するこれだけの理由

「いびつな格差社会」が日本でも急拡大 日本が格差社会であることは、社会人経験がある人ならば誰もが認めることでしょう。まだ気づいていないならば、それはあなたが単なる「ノーテンキ」だか…

キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー
キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー

キプロスショックのその後 キプロスショックで案の定、窓を開けましたね。 その後、窓埋めに向かいましたがまだ完全には埋めきっていない状態です。 キプロス支援策の方向転換 前回の記事で…

投資助言代理業者との紛争(トラブル)
ソーシャルレンディングサービスは「貸金業」だって知ってた?

みんなのクレジット行政処分から2週間 みんなのクレジットの不適切な経営に金融庁から鉄槌(行政処分)がくだされて、2週間たちました。 【業務停止命令】みんなのクレジットのお粗末な実態…

マイルストーンFX 【検証とレビュー】
兵庫県で投資詐欺(ポンジ・スキーム)被害総額は108億円

ポンジ・スキームってなに? 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapi…

ブックメーカー投資ソフトは聖杯なのか?

ブックメーカー投資は聖杯なのか? 過去の記事で、ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材を取り上げました。ワンナイトキャッシュについては、現時点で詳細不明ですので…

貯金3億円男★大先生という稀代の賭博師が人々を魅了する理由(ワケ)
貯金3億円男★大先生という稀代の賭博師が人々を魅了する理由(ワケ)

賭博黙示録「貯金3億円男★大先生」 貯金3億円男★大先生をご存知でしょうか?2015年末頃からトレードアイランドやYJFXのファイナンススタジアムで壮絶な取引をおこない、一躍有名人…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?
レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?

FXCMジャパン証券のレート操作に行政処分 FXブローカーによるレート操作に、とうとう行政のメスが入りました。 数ヶ月前の情報ですが、ご存じない方も多いと思いますので改めて取り上げ…

60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件
60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった 気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。 個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したので…

【他人のお金でFX】アプリ登場

【他人のお金でFX】のアプリが無料公開 過去に何度か取り上げた、非常に面白い試み「他人のお金でFX」(SocialFX)ですが、とうとうiPhoneアプリが登場しました。 約1ヶ月…

ビットコイン暴落間近
「靴磨きの少年の逸話」で間近に迫ったビットコイン大暴落を”予見”しろ!

WBS(ワールドビジネスサテライト)でビットコイン特集 ビットコインがかつてないほどの高値をつけています。 なかなかの吹き上がりぶりです。 昨日(6月7日)には、テレビ東京のWBS…

経済的成功は一つじゃない
経済的成功は一つじゃない

興味深いグラフをご紹介します。 昨日、ネットで拾った画像です。日本と海外の主要5資産の推移グラフですね。1969年から2011年までの43年間の推移グラフです。日本の株式(紫色グラ…