【最後のチャンス】中国が仮想通貨に再参入すればふたたび仮想通貨バブルが訪れる?

【最後のチャンス】中国が仮想通貨に再参入すればふたたび仮想通貨バブルが訪れる?

【最後のチャンス】中国が仮想通貨に再参入すればふたたび仮想通貨バブルが訪れる?

仮想通貨への”再参入”を画策する中国政府

取引量「世界一」の中国が”仮想通貨”を全面禁止した理由

ご存知かもしれませんが、中国では仮想通貨取引が全面禁止されています。もともとは禁止していなかったのですが、2017年9月に中国政府が規制をおこないました。

仮想通貨が禁止されていなかったころの中国は、それこそ仮想通貨取引量が世界一だったわけです。

当時の中国国内では、仮想通貨の人気とともに投資詐欺やICO詐欺、ねずみ講まがいの詐欺事件が横行しました。混乱を避けるために、中国政府は2017年9月にICO全面禁止措置を取りました。中国国内の全ての取引所が閉鎖されたのです。その瞬間に人気のビットコイン取引から、世界一と言われていた中国人民元が一斉に姿を消しました。

その後は皆さんご存知の通り、日本がビットコイン取引量において世界一の規模になったわけです(それまでは中国が世界一でした)。

中国が仮想通貨取引を再び容認すればバブルは避けられない…

ところが…!

その中国政府が、仮想通貨取引に対する規制を緩める…?!という噂が広がっています。

「時期は読めないが、政府が仮想通貨の取引を再び認める準備をしているのは確実だ」

上海市内で仮想通貨関連の事業の立ち上げを進めている企業の経営者は、こう話す。

引用:中国は仮想通貨への再参入に備えているのか(BUSINESS INSIDER JAPAN)

もしも中国が仮想通貨取引に再参入すれば、まちがいなく市場に大きなインパクトが起きます。なにしろ規制前は、世界一の取引量を誇っていた中国マーケットです。

お金儲けが大好きな中国人の個人資金が、仮想通貨マーケットに怒涛のごとく流れ込みます。再びバブルが訪れても不思議ではありません。

ビットコインは60万円台に下落…今が仕込みのチャンスか?

ビットコインは底値で買え!

最近元気がないビットコイン。

2017年末には200万円を超えていた価格も、2018年に入って100万円を割り、その後は60万円台まで下落を続けています。

XBT to JPY Chart

出典:XE.com

しかし、中国政府が仮想通貨取引を緩和すれば…マーケットに大量の人民元が流入します。ビットコインが再びバブルの様相を示す可能性も否定できません。

60万円台に落ち込んだ今こそが、仮想通貨の仕込みタイミングかもしれませんね。まさに「安く買って高く売る」投資の鉄則を実践できるわけです。

むしろ、もっと下がったほうが良いわけです。とはいえ、底は誰にもわかりません。「あぁ、あのときが底値だったのか…」本当の底値は常にあとからわかるもの。

逆に、「底値」を狙おうとすれば、最適な買いタイミングを逸してしまう恐れもあります。

仮想通貨バブルに乗り遅れた人々の最後のチャンスが、「中国政府の規制緩和」にあるかもしれませんね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

パトリオット 【検証とレビュー】
海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

海外フォーラムはアイデアの宝庫 最近、検証記事が続いていたので、気分を変えて海外の面白い手法(ロジック)をご紹介します。 引用元はFOREX FACTORY(海外フォーラム)です。…

”1.01と0.99の法則”が教えてくれること
”1.01と0.99の法則”が教えてくれること

”1.01と0.99の法則”をご存じですか? 1.01と0.99の法則をご存じでしょうか?少し前にFaceBookで話題になりましたので、聞いたことがある人もいると思います。1.0…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻
殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash)

殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) 2016年10月7日早朝、ポンドが下落しました。その下落はまさに「Flash crash(フラッシュクラッシュ)」…

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

※2013年12月6日裁判の判決が出ました。 ”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 F…

玄人工房株式会社のEAは自動売買の聖杯なのか?
押尾学さんがFX情報商材の広告塔に!?

押尾学、FX情報商材屋に神輿として担がれた? 巷で噂の押尾学さんを神輿(みこし)に担いた情報商材セールスページを見てきました。 https://oco-fx.invregister…

資本家に搾取される無知の民衆
シンフォニーやっぱり投資詐欺だった!

FX投資詐欺容疑でシンフォニー実質経営者を再逮捕 何度かこのブログでも取り上げているシンフォニー事件ですが、やはり投資詐欺だったようです。 香港に口座、運用偽装か FX詐欺容疑、2…

ブックメーカー投資ソフトは聖杯なのか?

ブックメーカー投資は聖杯なのか? 過去の記事で、ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材を取り上げました。ワンナイトキャッシュについては、現時点で詳細不明ですので…

マイルストーンFX 【検証とレビュー】
兵庫県で投資詐欺(ポンジ・スキーム)被害総額は108億円

ポンジ・スキームってなに? 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapi…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステージ」

虚偽説明で集めた100億円が消えた… ようやく金融庁が動いて表沙汰になってきましたね。証券取引等監視委員会からの連絡を受けて、金融庁がFX会社「リミットインベステージ」へ警告を行い…

GMOクリック証券と自動売買ツールの今後
GMOクリック証券と自動売買ツールの今後

GMOクリック証券に最適化された自動売買ツールが増えている 今日も、ちょっと気になる情報を聞いたので、みなさんとシェアしたいと思います。 最近GMOクリック証券での(バイナリーオプ…

【与沢翼】「トレードやんなきゃ人生もったいない!」
【与沢翼】投資で勝つ方法を教えよう。なんでコレ、みんなやらないの?

【与沢翼】投資をしない人間はバカだ 与沢翼さんといえば、「秒速で1億円稼ぐ男」として一世を風靡したネオヒルズ族として名を馳せましたね。 運営会社「フリーエージェントスタイル」の資金…

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上…