『高勝率トレード学のススメ』レビュー

『高勝率トレード学のススメ』レビュー

『高勝率トレード学のススメ』レビュー

投資の良書をご紹介

今日は、久々に蔵書を紐解いてみました。投資に関する書籍は、自宅に120冊くらいあります。所有する投資本の大半が4~5年前に購入したものです。最近は、購入していません。改めて読み直すと、当時とは違った気付きが得られますね。このサイトでも少しずつ良書を紹介してきたいと思います。

今日はその第一弾です。

高勝率トレード学のススメ

本日ご紹介する本は「高勝率トレード学のススメ」です。

高勝率トレード学のススメ
高勝率トレード学のススメ
著者:マーセル・リンク
PanRolling社 6,090円

amazonでも評価の高い本です。トレーディングで勝つための当たり前のことが、しっかりと解説してあります。トレード日誌をつけることや目標設定の重要性、様々な手法の解説やマネーマネージメント、そしてマインド(自己管理)まで非常に学びのある良書です。私自身、何度も読み返し下線を引きまくりました。

全てのページに宝が埋まっている!

いきなり序章から引き込まれます。

勝つトレーダーは負けるトレーダーとは行動様式が根本に異なる。

つまり、成功するトレーダーが利益を上げ続けることができるのは、 トレーダーが陥りやすい落とし穴を避けながら高確率トレードを行うからである。

トレードを成功させるためには、あくまでリワードに対するリスクが低いトレードだけを行うことが重要である。

プランなくしてトレードすべからず、と言っても過言ではない。

手仕舞いは仕掛けよりも重要だ。手仕舞いの方法を知っているかどうかで勝者と敗者は分かれると言ってもよい。

高確率トレーディングとは、リスク・リワード比率が低く、あらかじめ決められたマネーマネジメント・パラメータで期待値が正になることがバックテストで確認されているトレードのことをいう。

規律を持ち、しっかりしたトレーディング戦略とマネーマネジメントプランがあればお金は稼げるのである。

高確率トレードになるのは、大概はメジャートレンドの方向にトレードした場合のみである。

トレンドの方向にトレーディングするのが最も確実な方法だ。

彼らはトレンドの形成された市場や銘柄をさがし、押しや戻りを待って仕掛ける。

相場を先読みしようとはしない。

つまり、市場より自分たちのほうが優れているといった思い上がった考えは持たないということである。

市場が与えてくれるものをもらうだけである。

これらは、『高勝率トレード学のススメ』序章からの引用です。料理で言えば「前菜」ですね。序章だけでお腹いっぱいになりそうです。全てのページにお宝が埋まっているような良書です。

何度も読み返すことで、新たな気付きも得られます。

良書の購入ほど投資効率に優れているものはない

これだけの書籍がたった6,090円です。恐ろしく安いです。中古本でよければ、5,000円前後で手に入ります(amazonマーケットプレイス)。

FX情報商材を検討するのも悪くはありませんが、本に投資するというアイデアも大切です。本への投資は人生を豊にする、などと言われますが、私の場合、本当の意味で豊になりました。本へ投資した額の軽く1,000倍は、トータル金額ベースで戻ってきています。これほど優れた投資は、どこをさがしても見つかりません。

1万円前後の情報商材は安く感じるのに、5,000円以上の本を高く感じるようだったら、かなり重傷だと思います。今後も、選りすぐりの良書を、このサイトでご紹介していきたいと思います。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります
本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります

GMMA第一人者である陳満咲杜氏によるUストリームセミナー 本日(10月1日)21時20分頃から、陳満咲杜さんのUストリームライブがあります。 陳満咲杜さんは、ご存じのようにGMM…

【懲役14年】シンフォニー投資詐欺事件に判決【追徴金14億円】

シンフォニー投資詐欺事件主犯に対し懲役14年の判決 このブログで何度もお伝えしてきた「シンフォニー」事件ですが、ようやく判決が出ました。 懲役14年と非常に重たい判決です。 FX投…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・
投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7…

【他人のお金でFX】アプリ登場

【他人のお金でFX】のアプリが無料公開 過去に何度か取り上げた、非常に面白い試み「他人のお金でFX」(SocialFX)ですが、とうとうiPhoneアプリが登場しました。 約1ヶ月…

【FXレバ規制見送りへ】個人投資家のリスクテイクを大きく規制するのはナンセンス
【FXレバ10倍規制は見送りへ】個人投資家のリスクテイクを大きく規制するのはナンセンス

FXレバ規制(25倍→10倍)を巡るドタバタ劇は2017年9月に開幕 2018年2月に大きなニュースとなった「FXレバレッジ規制強化案」。現行の25倍から10倍への引き下げを検討す…

年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ

投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性 【深い闇】シンフ…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その…

画像盗用・ねつ造問題について
画像盗用・ねつ造問題について

画像無断使用・ねつ造問題にようやくインフォトップが重い腰を上げた 先日(7月17日)、業界最大手のインフォトップからメールが届きました。内容を一部抜粋して掲載します。 ━━━━━━…

BBF Advance 【検証とレビュー】
株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの

投資とギャンブルの境界線 以前、投資とギャンブルの境界線という記事を書きました。 投資とギャンブルの境界線 その中で、ギャンブルとは、 ”プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクな…

約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは?

他人のお金でFX!? とても興味深いサイトを見つけました。その名もSocial FXです。サブタイトルは「他人のお金でFX」。 Social FX(他人のお金でFX) 世界初のユー…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻
殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash)

殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) 2016年10月7日早朝、ポンドが下落しました。その下落はまさに「Flash crash(フラッシュクラッシュ)」…

PAMM(パム)って何だ?

あなたはPAMM(パム)を知っていますか? PAMM(通称パム)という言葉を聞いたことはありますでしょうか?PAMM(Percent Allocation Management M…