トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは?

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは?

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは?

B評価商材

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する相場環境認識=通貨の競争力

先日「トレンド・ディスカバリーFX」をレビューしました。

トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】

トレンド・ディスカバリーFXの最大の特徴は、各通貨の強さ・勢いを確認し、いわゆる「強い通貨」を絞り込んで仕掛けるというものです。

相場の大局(通貨間の強弱)を認識した上でトレードする。中・上級者であれば誰でも行っている作業です。

ところで「強い通貨」とは何でしょうか?なんとなくイメージとしてはわかると思いますが、具体的に通貨の強さとは何を指すのか?今回はこのあたりを考察してみます。

各通貨の強弱を知ることの最大のメリットとは?

わかりやすく単純に解説すれば次のとおりです。

  • 強い通貨 = 今、買われている通貨(今、人気のある通貨)
  • 弱い通貨 = 今、売られている通貨(今、不人気の通貨)

通貨の売買は、ある国と別の国というように二国間の通貨を売り買いすることが基本です。

日本円を売って米ドルを買う・・・
米ドルを売ってユーロを買う・・・

これが一般的な為替取引ですね。二国間での通貨の強弱は単純に為替相場を見れば一目瞭然です。ドル円が上昇していれば、

  • 日本円が売られている
  • 米ドルが買われている

ことを意味します。これが「円安」ですね。

ところが、主要通貨は世界に2つだけではありません。ご存知のようにGBP、EUR、CHF、AUD、CAD、NZDなど多くの主要通貨が存在し、互いに売り買いされています。

「もっとも売られている通貨 = 一番弱い通貨」を売り、「もっとも買われている通貨 = 一番強い通貨」を買えば、この通貨ペアは上昇トレンドを描くはずです(理論的には)。

これが通貨の強弱を知ることのメリットです。

どうやって各通貨の強弱を調べるのか?

では、以下の主要通貨の中でもっとも買われている通貨(人気のある通貨)、そしてもっとも売られている通貨(不人気の通貨)を調べるにはどうすればよいでしょうか。

  • USD
  • JPY
  • GBP
  • EUR
  • CHF
  • AUD
  • CAD

単純に通貨ペアのチャートを比べただけでは、正しく読み取ることはできません。通貨ペアチャートは「2つの通貨同士の強弱」を示しているにすぎないからです。

そこで、2通貨以上の通貨単位の強弱を示すツールを使うわけです。もっとも有名なツールは金融サイト「マタフ」で提供されている「カレンシー・インデックス(Currency index)」と呼ばれる指数グラフです。

期間を指定することで、ある起点をゼロとしたときの各通貨の変動率をグラフ化して表示してくれる便利なツールです。

ゼロラインよりもマイナス圏にある通貨は「売り攻勢が強い」、ゼロラインよりプラス圏にある通貨は「買い攻勢が強い」と判断できます。

Currency index(2017/07/03〜2017/07/11)

たとえば上のCurrency indexはここ1週間程度の各通貨の変動率を表示させています。

JPYが大きくマイナス圏に振れていますね。一方のCADはプラス圏で値を伸ばしていることがわかります。

2通貨間の乖離が大きければ大きいほど「通貨ペア」としての値動きが明確であると判断できる

JPYとCADがこの1週間で明らかに乖離を拡大させていますね。2通貨の乖離幅が大きければ大きいほど通貨ペアとしての値動きが明確であると判断できます。

Currency index

つまり・・・

CADJPY(加ドル/円)を買うということです。

CADJPYの日足チャートを見てみましょう。2017年6月以降、上昇の一途をたどっています。25日移動平均線を急角度でうわ抜けてさらに乖離幅を広げています。ビッグトレンドですね。

Currency indexを活用することで、通貨間の強弱を簡単に調べることができます。こうした通貨間の強弱(競争力)を知っているのと知らないのとでは、トレードの精度に大きく差が生じます。

初心者を脱するためには、相場を俯瞰するスキルを身に着けていく必要があります。

Currency Strength Chartもオススメ

ちなみに、1日〜2日単位での各通貨の強弱(Strength)を調べるためのWEBサイトもあります。

Currency Strength Chartです。

2017/07/11(午前9時)現在のグラフを表示させてみましょう。

Currency Strength Chart

NZD(ニュージーランドドル)が「売り」に押されているため、ゼロラインを割ってマイナス圏で推移していますね。

トレンド・ディスカバリーFXでは通貨の競争力(強弱)という相場環境を重視する

先日レビューしたトレンド・ディスカバリーFXは、こうした通貨間の競争力(強弱や勢い)を重視する商材として優れています。

チャート・テクニカル一辺倒ではなく、相場環境を俯瞰するスキルを身に着けたいトレーダーにはおすすめできる商材の一つです。

B評価商材
トレンド・ディスカバリーFX タイトル:トレンド・ディスカバリーFX
販売:クロスリテイリング株式会社
発売日:2017年4月20日
メディア:動画コンテンツ・オンラインセミナー
トレンド・ディスカバリーFX【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

ニュートンFX【検証とレビュー】

ニュートンFXのロジックを解説します ニュートンFXがインディケータロジックを公開 ニュートンFXを購入した 気になるFX商材があったので購入してみました。ニュートンFXです。この…

flashzonefx
Flash Zone FXの販売終了まであと12時間

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説する Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flas…

レパトリEA 【検証とレビュー】

他メディア記事の改ざん行為が目に余る 今回も読者様からの検証依頼です。レパトリEAという自動売買ツールですね。レパトリEAの販売ページですが、気になるところがいくつかあります。久々…

シンプルフォースFX 【検証とレビュー】

シンプルフォースFXはシグナル点灯ツール 読者様からの検証依頼がありましたので、取り上げてみます。 シンプルフォースFXは、MT4専用の矢印点灯ツールです。ご覧の通り、チャート上に…

マーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー、FXTFへの導入が決定(プレスリリース)

FXTFが導入を決定したマーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー 当サイトでもAA評価のマーフィーのスパンモデル(スーパーボリンジャー)が、今回新たな証券会社に導入されること…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 …

為替鬼コピートレード「鬼式」 【検証とレビュー】

為替鬼コピートレード「鬼式」の募集期間 為替鬼コピートレード「鬼式」の募集が再開されるようですね。募集期間は、6月19日までの3週間のみです。募集終了まで、段階的に値段を上げていく…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻

2年9ヶ月ぶりに94円突入でクリッパー破綻 先日の記事で、クリッパーが破綻の危機に瀕していることをお伝えしました。その記事の翌日(2月6日)には破綻してしまったようです。 W2C-…

FXスキャレーダー
FXスキャレーダー【検証とレビュー】

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは? 販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ 販売会社のアイプロダクション(=株式会…

鉄板マスタートレンド 【検証とレビュー】

鉄板マスタートレンドはインディケーターを組み合わせたシグナルツール 鉄板マスタートレンドは、メタトレーダーのインディケーターです。いわゆるシグナル点灯系のツールですね。1時間足と3…

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
FX博士式マスタープログラム【検証とレビュー】

【FX博士】って・・・ FX商材業界がまた過熱しています。良くない方向に。 もうなんでもありですね。とうとう「FX博士」の登場です。FX博士式マスタープログラムを開発したとされる茶…