ヒルズバイナリー(FX MAO)【検証とレビュー】

ヒルズバイナリーの推薦者であるFX孔明氏

ヒルズバイナリーの推薦者は、一部の商材でよく見かける人ばかりですね。

その中のお一人、FX孔明氏については、このブログでも取り上げたことがあります。

根拠が乏しいヒルズバイナリーの成績

ヒルズバイナリーは、海外ブローカー対応のBO商材です。推奨ブローカーは、Optionリング(SEVEN STAR LIMITED)です。販売ページには華々しい成績が掲載されていますが、証券会社の取引履歴ではなく、販売ページ用に作られた画像にすぎません。せめて取引履歴を掲載して欲しいところです。ツールの優位性を証明するには、根拠が薄いと言わざるをえないですね。

ヒルズバイナリーが気になる人は、購入する前に販売者に取引履歴をすべて見せて欲しい、とお願いしてみてはどうでしょうか?ちなみに、ヒルズバイナリーで推奨されているOptionリングの取引履歴画面とはこんなかんじ(↓)のものです。

OptionRing

販売ページの成績(2013年1月〜2014年2月の14ヶ月間)を、この取引履歴画面で提示していただければ、信頼性は増すと思うのですが、なぜ掲載しないのでしょうね?もしも、販売ページの成績が虚偽だったら、大きな問題になる恐れがあります。

Q&Aにも以下のように記載されています。

hillsbinary

つまり、掲載成績は、全てOptionリング(推奨業者)のもの、と明記してありますね。

OptionリングのWEBサイトが開設されるよりも、以前の成績があるのは何故?

Optionリングを提供しているブローカーのドメイン(optionring.net)を調べてみました。すると、このドメインが取得されたのは2013年3月29日であることがわかります。

Optionringドメイン

ドメイン登録情報には、Creation Date: 2013-03-29 23:44:08と記載されていますね。一方、ヒルズバイナリーの販売ページには、なぜか2013年1月からの成績が掲載されています。

ヒルズバイナリー201301 ヒルズバイナリー201302 ヒルズバイナリー201303
  • Optionリングのドメイン取得日:2013年3月29日以降
  • ヒルズバイナリーのOptionリングの成績:2013年1月〜

不思議ですね。OptionリングWEBサイトのドメイン取得日より以前の成績(2013年1月・2月・3月の成績)が、販売ページには掲載されています。サイトが存在しないのに、どうやって成績を出したのでしょうか?

Optionリング(SEVEN STAR LIMITED)は大丈夫か?

それから、御多分にもれずOptionリングを提供するSEVEN STAR LIMITEDも、無登録業者です。無登録業者を利用するリスクは何度もこのブログで述べてきました。

自社名すら間違える企業を信頼できるか?

SEVEN STAR LIMITEDの会社のWEBサイトを見ると、社名の綴りに間違いがあります。自社のWEBサイトで、自分の会社の名前を間違えています。企業としての管理能力を疑います。

SEVEN STAR LIMITED

出典:http://www.seven-star-limited.co.uk/corporate.html

自社のWEBサイトで、自社名のスペルを間違えるなんて、かなり残念な会社と言えます。そんな会社、信頼できますか?余計なお世話かもしれませんが、早く修正したほうが良いですよ。

High&Lowで勝ち続けられる人など、ごくわずか

ヒルズバイナリーで扱うBOは、High&Low(60秒、5分)です。High&Lowに代表されるバイナリーオプションのリスクと危険性については、何度もこのブログで取り上げ、警鐘を鳴らしてきました。是非、もう一度目を通していただきたいです。




※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

デイトレンドFX 【検証とレビュー】

ルールが明確な裁量系デイトレ商材 デイトレンドFXは、2008年8月から販売されていて未だに地味に売れている商材です。チャート上に複数のテクニカル指標を表示させ、厳密なルールに従ってエントリー・エグジットを行います。 ル…

HighLowSniper 【検証とレビュー】

2択型バイナリーオプションで勝ち続けることは夢のまた夢 HighLowSniperは、その名の通り、High&Lowに特化したツールですね。3分後の結果を当てる2択型バイナリーオプションに最適化されています。 販売ページ…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7割がもうかるFX会社、その「意外な真実」…

FX投資塾タートルズから学ぶべきこととは?

”FX投資塾タートルズ”の流れを振り返る 先日の記事で、2010年頃にネットを賑わしたFX投資塾タートルズについて触れました。意外と反響があったので、もう少し掘り下げておきたいと思います。 というのは、最近になって、同じ…

FXタイミング配信「ボリバンの達人」 【検証とレビュー】

「ボリバンの達人」は高額シグナル配信サービス FXタイミング配信「ボリバンの達人」は、高額シグナル配信サービスです。1ヶ月コースは21,000円。3ヶ月コースは58,800円(1ヶ月換算で19,600円)。 それにしても…

【深い闇】シンフォニー事件いよいよ立件へ【消えた50億円】

闇が深いシンフォニー事件(FX海外投資事件)のその後 シンフォニー事件については、このブログでも何度か取り上げています。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Hold…

資産10億円!FX長者ヒルズ族の絶頂と転落

資産10億円!元FX長者の”絶頂”と”転落” FXトレーダーで10億円を稼ぎ、六本木ヒルズ在住で名を馳せた磯貝清明氏を覚えていますか? 彼は2007年当時「日本で一番ポンドを持つ男」を呼ばれていました。そのポジション総額…

FXplus3 Pistachio(ピスタチオ) 【検証とレビュー】

前作のFXplus2 Essentialについて FXplus3 Pistachio(ピスタチオ)が気になる方が多いみたいです。この販売者は、以前、FXplus2 Essential(エッセンシャル)という商材を、販売さ…

FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?

関東財務局が海外ブローカーに対する注意喚起をおこなっています 2014年6月19日に、関東財務局がWEB上で、「海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!」という注意喚起をおこないました。 海外に所在する無…

Bear Time FX
Bear Time FX【検証とレビュー】評価・・・A

Bear Time FXはどんな商材か? 「Bear Time FX」は日本企業の実需による”ドル円の売買”’を利用して安定的に稼ぐEAだ 今回レビューする「Bear Time FX」は、USDJPY(ドル円)実需取引を…

くまひげ先生の『マジックボックスFX』を購入した

くまひげ先生の『マジックボックスFX』を購入しました 久しぶりに期待できるFX商材の登場です。過去にFXバックドラフトPROやプライスストラクチャーFXなどをリリースしてきたくまひげ先生の新作インディケータです。期待がで…

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に

ドル円が92円台まで上昇 円が92円台をうろうろしています。アベノミクスによる円安誘導が明らかに機能していますね。国内株式も円安につられるように株高が進行しています。約2ヶ月半で8,664円から11,260円と、30%近…