会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件

また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。その額7億円ともいわれています。

この手の横領事件は、今回に限らず、過去に何度も起きています。過去の事件をチェックしてみましょう。

過去に起きた「横領→FX投資=逮捕」事件

  • 2014年5月
    38歳会社員がFX投資を目的に240万円を横領しFXにつぎ込み逮捕、使途不明金は2億円
  • 2014年5月
    りそな銀行20代行員が顧客から1億5000万円を横領、FXで運用し大半を溶かす
  • 2014年4月
    京都職員が取引先から1100万円を騙し取り、FXにつぎ込み逮捕
  • 2013年6月
    ロボット製造会社社員が1億1000万円を着服、FXに投資し、逮捕
  • 2013年5月
    IBM関連会社の社員が3億円を横領しFX投資、逮捕
  • 2013年1月
    鋼材商社の社員が2億8000万円を横領、投資(FX・株)につぎ込み、逮捕

過去2年間だけでも、大きな事件がいくつかありますね。「FX 横領」で検索しただけで、軽くヒットしました。ニュースにならない横領事件は、もっと存在するでしょう。

JAバンクで9年間に発生した横領は187件

こんな驚くようなデータもあります。

「JAバンク」で知られる全国の農協の信用(金融)事業で、2004~12年度の9年間に、職員による貯金の横領などの不祥事が861件あり、被害額は187億円にのぼることがわかった。JAバンクをとりまとめる農林中央金庫(東京)が明らかにした。

引用:朝日新聞digital 2014年3月3日

JAバンクだけで、職員による861件の横領があり、被害総額が187億円だそうです。9年間で861件ということは、1年間で約95件も横領事件が発生していることになります。JAバンクだけで…。

これは社会全体から見れば、氷山の一角でしょう。少額の横領などを計上すれば、それこそとんでもない件数になりそうです。

お金を扱う役職と認知的不協和理論

なぜ、横領→投資(ギャンブル)事件はなくならないのでしょう?会社のお金を横領する人々は、横領できるポジションにいる人が多いですね。経理担当者であったりとか。帳簿をごまかしてお金を抜き取ることができる立場の人たちです。

最初は、後で返すつもりで、ちょっとだけお金を拝借したのかもしれません。この、「あとで返すつもり」という心理が、自分の行動(横領)を正当化してしまうのでしょうね。

この心理状態は、認知的不協和理論(congnitive dissonance theory)でも解説できます。認知的不協和理論とは、自分の中で生じた矛盾を解決するために新たな行動を起こしてしまうことを心理学的に解説した考え方です。

通常、横領そのものは「泥棒」なので、悪いことだと認識しています。魔が差して横領してしまった人間は、「泥棒をしてしまった」という自分のマイナスの心理を、「後で返せば大丈夫」というアイデアで、正当化しようとします。

特にFXなどの投資につぎ込む場合は、「うまくいけば、横領したお金を増やせる!そうすれば後で返せばいい。」と安易に考えてしまうのでしょうね。なので、罪(泥棒)の意識が希薄なのです。

しかしながら、投資はそんなに簡単ではありません。損失が徐々に膨らみ、その損失を埋めようとして、新たな横領をしてしまう。この繰り返しで、徐々に横領額が大きくなってしまう。そして発覚。額が大きければ告訴&逮捕。

大抵の横領事件の経緯は、こんな感じです。

横領に手を染めてしまうような人が、投資で勝てるわけがない

身も蓋もないのですが、そもそも横領する人が、投資で勝てるはずがありません。横領する人は大抵、意志が弱いので誘惑に打ち勝つことができません。だからお金を触れるポジション(経理担当など)にいると、人のお金だとわかっていても、つい手を出してしまうのです。

そんな意志薄弱な人間が、投資で勝てるわけがありません。投資においては、常に強い意思(マインド)が求められます。自分で決めたルールを守り続ける強靭な意思。プロスペクト理論に打ち勝つための揺ぎない選択眼。これらが備わっていなければ、あっという間に資金を溶かします。

そもそも、投資とはリスクを取って利益を追求する行為です。つまり、リスクを支配下におけるかどうか?自分でコントロールできているか?ということです。

横領(犯罪)というコントロールできない超ハイリスクを背負って、投資に望んでいる時点で、投資不適格者ですね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXトレーダーは”社会の底辺組”なのか?
欲にまみれたオプザイル残党がついにメルカリ進出

オプザイルの残党がメルカリに進出?! 華々しく登場しTwitterで猛威を奮ったオプザイル集団も、最近は鳴りを潜めています。 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー”するも、絶滅へ…

【最後のチャンス】中国が仮想通貨に再参入すればふたたび仮想通貨バブルが訪れる?
【最後のチャンス】中国が仮想通貨に再参入すればふたたび仮想通貨バブルが訪れる?

仮想通貨への”再参入”を画策する中国政府 取引量「世界一」の中国が”仮想通貨”を全面禁止した理由 ご存知かもしれませんが、中国では仮想通貨取引が全面禁止されています。もともとは禁止…

本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります
本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります

GMMA第一人者である陳満咲杜氏によるUストリームセミナー 本日(10月1日)21時20分頃から、陳満咲杜さんのUストリームライブがあります。 陳満咲杜さんは、ご存じのようにGMM…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
【注意】BOBOXでトラブル続出

BOBOXをプッシュする記事に注意 最近よく見かけませんか?BOBOXの記事。その大半が、BOBOXをお薦めする記事ばかりです。中には「BOBOXの必勝法を教えます」と宣伝して、口…

ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した
ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した

ネットで活動しつつ「顔出し」をすることのリスクが初めて殺人事件として”顕在化”した 著名ブロガーHagex氏が、講演後に刃物で刺殺されるという事件が起きました。引き金はネット上のト…

第3回リアルトレード24グランプリにガッカリ
【疑問】みんなのクレジットの謝罪文章はなぜ画像で作成されているのか?

【みんなのクレジット】勧告→行政処分 ずさんな経営体制によって勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、先月(2017年3月)末に、正式に行政処分となりました。 【業務停止命令】み…

【逮捕速報】ソーシャルサポートが無登録でFXファンドへの投資勧誘の疑い
松田聖子似の自称38歳女による投資詐欺事件〜実は62歳だった!

自称38歳の詐欺女性、実は62歳だった?! つなぎ融資詐欺で7億円ものお金を集めた62歳のおばさんが逮捕されました。ワイドショーでも取り上げられたこの詐欺事件ですが、マスコミが喜び…

パトリオット 【検証とレビュー】
海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

海外フォーラムはアイデアの宝庫 最近、検証記事が続いていたので、気分を変えて海外の面白い手法(ロジック)をご紹介します。 引用元はFOREX FACTORY(海外フォーラム)です。…

「初心者でもわかる実践チャート術」が素晴らしい件【必読!】

オススメ!「初心者でもわかる実践チャート術」 今回はFX商材のご紹介記事ではありません。 FX初心者の方にちょっと有益な情報をご紹介します。外為オンラインが無料で提供している「FX…

セブンインベスターズに業務停止命令
セブンインベスターズに業務停止命令

セブンインベスターズに業務停止命令 先日、イニシア・スター証券が登録取り消し→破産開始手続きとなった話題をアップしました。 イニシア・スター証券がかなり悪質である件 イニシア・スタ…

ストップ狩りとは?
FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、敗訴のコメン…

キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー
キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー

キプロスショックのその後 キプロスショックで案の定、窓を開けましたね。 その後、窓埋めに向かいましたがまだ完全には埋めきっていない状態です。 キプロス支援策の方向転換 前回の記事で…