規制後のバイナリーオプションはどこへ向かうのか?

   2015/01/14

バイナリーオプション自主規制を解説した動画が公開されました

バイナリーオプションの自主規制も間近ですね。

自主規制案を取りまとめているのは、金融先物取引業界に設置されたバイナリーオプションワーキンググループ(BOWG)です。

BOWGの座長でもあるFXトレード・ファイナンシャルの副社長が、『【第1回】バイナリーオプションの今後の方向性 ~HIGH・LOWはどこへ向かうのか?』と題した動画解説(セミナー)を公開しました。
>>【第1回】バイナリーオプションの今後の方向性 ~HIGH・LOWはどこへ向かうのか?

FXトレード・ファイナンシャル副社長

講師:FXトレード・ファイナンシャル副社長 太田順也

内容:バイナリーオプション(HIGH・LOW、HIGH・LOW MAJOR)をお取引いただいいているお客様、また、これからお取引を検討されているお客様にとって非常に関心の高いテーマである個人向けBO取引の規制骨子について、その概要と今後の方向性について、ポイントを中心にわかりやすく解説いたします。

【第1回】バイナリーオプションの今後の方向性 ~HIGH・LOWはどこへ向かうのか?より引用

2013年1月10日に公開された動画(視聴無料)です。動画は10分程度の長さなので、バイナリーオプション自主規制が気になる方は是非ご覧下さい。

自主規制に至る経緯と、自主規制案の骨子(小項目も含む)について、かなり詳しく動画解説されています。

第1回と記載があるので、第2回、第3回と続編動画が公開されるかもしれません。

High&Lowは、形を変えて生き残る?

動画をご覧頂ければおわかりの通り、現在サービス中の全てのバイナリーオプションサービスで継続されるものは一つもなく、何らかの形で変更を伴うことになる・・・ということです。

ところが、High&Low(単純二択型)の全面禁止については、全く触れられていません。

顧客保護・顧客利益に資する商品設計についての解説が6分35秒辺りから始まりますが、ハイロー(High&Low)禁止については、一切解説されていません。単純に、

(1)取引期間について十分な期間を設定。
(2)同一の銘柄に係る各取引期限について十分な間隔を設定。
(3)権利行使価格を取引期間の開始前に提示。
(4)顧客が公正な価格で自由に取引を行うことを可能とする。

という内容のみが解説されています。

私が昨年末に「もしかしてハイローは生き残るのでは?」と予測しましたが、もしかしたら少し形を変えて生き残る可能性もゼロではないかもしれません。

理不尽な完売やレンジ外の総取りが禁止され、中長期的な取引期間が設けられ、なおかつ反対売買が可能な新しいハイロー(High&Low)として生まれ変わって提供されるかもしれませんね。ただ、今後毎月バイナリーオプションワーキンググループ(BOWG)が開催されるらしく、まだまだ詳細が詰められるので予断は許しません。

今年の3月末には最終的な規制案が取りまとめられる予定なので、実際の規制(に伴うサービス変更)は、もう少し先になるかもしれません。

法整備が後追いする現状はレバレッジ規制と同じ

バイナリーオプションは、いずれはこうなる運命だったのかもしれませんね。

法律が未整備のままサービスが先行し、バイナリーオプションの人気に火がつき、あっという間に広まってしまいました。それによって様々な問題が発生した(もしくは発生する恐れが生じた)のでしょうね。結果的に、法整備が後追いする形で、規制の方向へ動き始めました。

上記でご紹介したセミナー動画の中で「監督当局」と呼ばれている金融庁は、2012年春以前には規制する方向で方針を固めていたそうです。

監督当局の目的は、バイナリーオプションの社会問題化を未然に防ぐことと、バイナリーオプションを健全な金融商品として発展させていくための環境整備だそうです。ほんとうに、そうなることを願います。

バイナリーオプション自主規制に関する記事をまとめ

当ブログにおける、バイナリーオプション自主規制に関する記事を時系列にまとめておきます。

2012年9月24日バイナリーオプション自主規制はほぼ決定
2012年12月13日バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!
2012年12月14日バイナリーオプション自主規制案でクリック証券が涙目
2012年12月20日バイナリーオプション自主規制で何が変わるか?
2012年12月25日バイナリーオプション規制を受けて各社の動き
2012年12月28日バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?
2013年1月10日GMOクリック証券が、バイナリーオプションの成績を公表
2013年1月17日ヒロセ通商がバイナリーオプションへの対応を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

PAMM口座
PAMM(パム)って何だ?

PAMM(パム)を存じでしょうか? PAMM(通称パム)という言葉を聞いたことはありますでしょうか? PAMM(Percent Allocation Management Module)は金融用語なのですが、FX情報商材 […]

ライントレード商材を比較
【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか?

【速報】 巨額のFXファンド事件に発展か? 大きなニュースになりそうです。NHKニュースWEB版による速報です。 東京新宿区にある無登録の投資会社が、FX投資をうたって、全国から百数十億円もの資金を集めていたようです。F […]

バイナリーオプションのトラブル
国民生活センターが警鐘【バイナリーオプショントラブル急増】

関連記事: >>アフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!? >>儲かってるのに出金できない!? 海外FX取引をめぐるトラブル >>【注意】BOBOXでトラブル続出 国 […]

バイナリーオプションとカジノ法案
バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない 一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味深いです。 以下のデータをご覧ください。 […]

hp_49136
ACBオートキャッシュバイナリー 【検証と評価】

Smart Optionに最適化された自動売買 ACBオートキャッシュバイナリーは、Smart Optionという海外のバイナリーオプション商品に特化した自動売買システムです。 Smart Optionってご存じですか? […]

悪質投資助言代理業者に対する制裁
悪質な投資助言代理業者に制裁を加えるには?

投資助言代理業者の増加 最近は、FX情報商材販売業者でも、投資助言代理業登録業者が増えてきましたね。 投資助言代理業への登録は簡単ではありません。登録には半年~1年位かかりますし、500万円の預託金も必要です。 しかし、 […]

バババババイナリー
バババババイナリーの成績が残念な結果に・・・

バババババイナリー購入者による成績公開 関連記事: >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その1 >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その2 >>バババババイナリー 【検証と […]

インヴェスト証券24グランプリ
インヴァスト証券24グランプリが5月1日開催!

インヴァスト証券の24グランプリが復活! インヴァスト証券の第3回「リアルトレード!24グランプリ」が、いよいよ2013年5月1日より開催されます。 今回は第3回(2013年5月1日~7月31日)です。 ちなみに第1回と […]

モバイルバイナリー
モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売している。 近畿財務局長(金商)第319号 トレ […]

hp_51732
Rise Binary 【検証とレビュー】

バイナリーオプションの問い合わせが増えている 最近、バイナリーオプションに関するお問い合わせを、多数頂くようになりました。その大半が、 「バイナリーオプション商材でお勧め商材を教えて下さい」 「バイナリーオプションを始め […]

優れたEAを選ぶ方法
優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 >>ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供されるのであれば、最低限でも、 […]

ヒルズバイナリー検証レビュー
ヒルズバイナリー(FX MAO)【検証とレビュー】

ヒルズバイナリーの推薦者であるFX孔明氏 ヒルズバイナリーの推薦者は、一部の商材でよく見かける人ばかりですね。 >>販売ページを見てみる その中のお一人、FX孔明氏については、このブログでも取り上げたことがあ […]