【ドローダウン】マイルストーンFXのその後が目も当てられない

マイルストーンFXのその後

以前検証したマイルストーンFXがその後どのようになったかご存知でしょうか。

マイルストーンFXは、今年2012年1月18日に新規登録され販売がスタートしました。当時はランキングにも入るほどの人気で、多くのユーザーが購入しました。あれから約半年が経過しています。

検証当時の成績をおさらいしてみましょう。

  • 2011年10月 +774.4pips
  • 2011年11月 +740.4pips
  • 2011年12月 +67.8pips
  • 2012年01月 ー1004.7pips(←販売スタート)
  • 2012年02月 -263.8pips(←2月11日までの成績)

2011年10月~12月は、販売前の成績です。スタート月(2012年1月)でいきなりコケていますね。初月に大きなドローダウンを計上しています。

その後、この大きなドローダウンは挽回できたのでしょうか?

ドローダウンは挽回できたか?

それでは、2月以降の成績を見てみます。

  • 2012年 2月 -173.4pips
  • 2012年 3月 +179.7pips
  • 2012年 4月 -157.9pips
  • 2012年 5月 -2099.9pips
  • 2012年 6月 -530.8pips(6月25日現在)

販売スタート時のドローダウンを挽回するどころか、さらに大きなドローダウン(5月に2000pipsオーバー)を引き起こしていますね。このマイナスを挽回するのは困難でしょう。

以下のリンクからフォワード成績を確認できます。

販売スタート後の成績は残念ながらボロボロ

販売スタートしてからの成績をまとめてみます。

  • 2012年 1月 ー1004.7pips(←販売スタート)
  • 2012年 2月 -173.4pips
  • 2012年 3月 +179.7pips
  • 2012年 4月 -157.9pips
  • 2012年 5月 -2099.9pips
  • 2012年 6月 -530.8pips(6月25日現在)

半年経過して勝ち越したのはわずかにひと月(3月)のみです。今でもマイルストーンFXを使い続けている人がどれほど存在するのでしょうか?

EAって本当に難しいと思います。もちろん販売開始後も勝ち続けているEAもあります。しかし、購入前に、勝ち続けるEAと勝てないEAの見分けをつけることは困難です。

購入して運用をスタートしたとたん、マイルストーンFXのようにボロ負けしてしまうEAもあるということを、知っておいて頂きたいのです。

安易に新EAに飛びつかない

このリスクを回避するには、新しいEAに飛びつかないことです。販売がスタートしたらできれば3ヶ月~半年位はそのEAの運用成績(フォワード成績)をしっかりと観察するべきです。

安易に飛びついてしまうと、勝てないEAを手にしてしまう可能性もあります。

柔軟性に欠けるEAを使い続ける難しさ

EAはいまだに人気がありますね。次から次へと新しいEAが発売されます。

しかし、他人が作ったEAを運用することは簡単ではありません。相場は不確実です。そして常に変化し続けます。不確定要素の固まりのような相場に対峙するためには、それなりの優位性のあるロジックが必要であると同時にある程度の柔軟性も必要です。

EAのロジックに優位性があったとしても、柔軟性という点においては、裁量トレードに著しく劣ります。EAのロジックが相場に合わなくなれば(乖離すれば)、ドローダウンを計上し始めます。このタイミングで、EAの運用を止めるべきか回復を信じて使い続けるか、大きな決断を迫られます。この決断次第ではドローダウンをさらに大きくして、場合によっては口座破綻を招く可能性もあります。ちょっとしたジレンマですね。

トレーダーにとっては、大きなストレスとなります。

EAにはない裁量トレードの”柔軟性”

裁量トレードであれば、相場が変化してきた時点で手法を相場に合わせて変化させることも可能です。状況次第では、トレードを休むという判断もできます。

トレードを長期的に継続する気持ちがあるならば、EAを買い続けるよりも裁量トレードのスキルを修得した方が、絶対に良いです。

投資で資産を築くことが目的ですよね?だったら、正しい裁量トレードを学ぶべきです。遠回りのように思えるかもしれませんが、結果的には近道です。

本気で裁量トレードを学びたいのであれば、佐野さんのビクトリーメソッドアドバンスをおいて、他にはありません。

細かな投資スキルだけでなく、大局的な相場感を磨くことのできる優れた教材です。裁量トレーダーを目指すのであれば、自信を持ってご紹介できる教材です。

他人の作ったEAに頼り続けるよりも、しっかりと代償(時間と労力)を払って本気で投資に取り組むべきだと思います。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

ヒロセ通商がバイナリーオプションへの対応を発表

業界「第9位」のヒロセ通商の開示データ 預かり残高業界第9位(2012年8月データ)のヒロセ通商が、バイナリーオプションへの対応をWEB上で発表しました。 【ヒロセ通商】バイナリーオプション取引 規制骨子と当社における対…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?

FXCMジャパン証券のレート操作に行政処分 FXブローカーによるレート操作に、とうとう行政のメスが入りました。 数ヶ月前の情報ですが、ご存じない方も多いと思いますので改めて取り上げたいと思います。 2012年6月19日付…

FX風林火山 【検証とレビュー】

分速FXの小出万吉さんが総監修したFX商材 とても気になる内容のFX商材です。販売ページの中に以下の一文があります。 今回、正式にその全貌をマニュアル化するにあたり、私のFXの師匠であるFXトレーダーの小出万吉氏に総監修…

FX博士式マスタープログラム【検証とレビュー】

【FX博士】って・・・ FX商材業界がまた過熱しています。良くない方向に。 もうなんでもありですね。とうとう「FX博士」の登場です。FX博士式マスタープログラムを開発したとされる茶谷博樹氏ですが、どうやら”FX博士”と呼…

オートオーダー販売予定から一転、無料ダウンロードへ・・・

”販売予定” から一転、”無料配布” へ 先日、このブログでご紹介したオートオーダーですが、どうやら無料で配布することが決定したようです。 オートオーダー検証とレビュー(2013年1月9日の記事) 記事を掲載した時点(2…

バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)

バイナリオプションは博打(バクチ)と同じ 最近、バイナリオプションの情報商材が増えてきてます。バイナリオプションは、証券会社が個人投資家からお金を合法的に巻き上げるために作った金融商品(賭博場)である考えています。 ギャ…

マーフィー氏のセミナー開催のお知らせ

必見の”無料”セミナーです 先日、ご紹介したマーフィーの最強スパンモデルFX投資法 の作者である、マーフィーこと柾木利彦さんのセミナーが開催されます。しかも参加料は無料です。 最強スパンモデルFX投資法が気になっている方…

FXシステム堅【KEN】 【検証とレビュー】

月利3%というリターンについて考察してみる システム堅はナンピン・マーチンゲール型のEAです。状況に応じて両建ても行います。 マイクロロット(0.01)スタートで月利3%を狙うというコンセプトですね。名前の通り堅実すぎる…

2012年(昨年)のFX業界を振り返る

2012年のFX業界を振り返ってみる 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 2013年最初の記事です。本日は今さらですが2012年をざっと振り返ってみたいと思います。何故なら、201…

Victory FX 【検証とレビュー】

ナンピン・マーチンゲール系のEA Victory FXですが、販売開始が2010年5月ですから、これも長期にわたって販売されています。販売スタートしてから数ヶ月で消えていくEAが多い中で、長期的に生き残っているという点で…

Mr.コージの鉄板指標マスターFX 【検証とレビュー】

MR.コージ氏の新商材は「指標スキャル」 MR.コージといえば、鉄板マスタートレンドの作者ですね。 鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について 鉄板マスタートレンド 【検証とレビュー】 そのMR…

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か?

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か? 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた…