マイルストーンFXのその後

   2015/06/15

マイルストーンFXのその後

以前検証したマイルストーンFXというEAがあります。
>>マイルストーンFXの検証記事を見てみる

マイルストーンFXは、今年2012年1月18日に新規登録され、販売がスタートしました。当時は、ランキングにも入るほど、多くのユーザーが購入しました。あれから、約半年が経過しています。

検証当時の成績をおさらいしてみましょう。

2011年10月 +774.4pips
2011年11月 +740.4pips
2011年12月 +67.8pips
2012年 1月 ー1004.7pips(←販売スタート)
2012年 2月 -263.8pips(←2月11日までの成績)

2011年10月~12月は、販売前の成績です。スタート月(2012年1月)で、いきなりコケていますね。初月に大きなドローダウンを計上しています。

その後、この大きなドローダウンは挽回できたのでしょうか?

ドローダウンは挽回できたか?

それでは、2月以降の成績を見てみます。

2012年 2月 -173.4pips
2012年 3月 +179.7pips
2012年 4月 -157.9pips
2012年 5月 -2099.9pips
2012年 6月 -530.8pips(6月25日現在)

販売スタート時のドローダウンを挽回するどころか、さらに大きなドローダウン5月に2000pipsオーバーを引き起こしていますね。このマイナスを挽回するのは困難でしょう。

以下のリンクからフォワード成績を確認できます。
>>フォワード成績を見てみる

販売スタート後の成績は、残念ながらボロボロ

販売スタートしてからの成績をまとめてみます。

2012年 1月 ー1004.7pips(←販売スタート)
2012年 2月 -173.4pips
2012年 3月 +179.7pips
2012年 4月 -157.9pips
2012年 5月 -2099.9pips
2012年 6月 -530.8pips(6月25日現在)

半年経過して、勝ち越したのはわずかに、ひと月(3月)のみです。今でもマイルストーンFXを使い続けている人がどれほど存在するのでしょうか?

EAって本当に難しいと思います。もちろん販売開始後も、勝ち続けているEAもあります。

しかし、購入前に、勝ち続けるEAと、勝てないEAの見分けをつけることは困難です。

購入して運用をスタートしたとたん、マイルストーンFXのようにボロ負けしてしまうEAもあるということを、知っておいて頂きたいのです。

安易に新EAに飛びつかない

このリスクを回避するには、新EAに、飛びつかないことです。販売がスタートしたら、できれば3ヶ月~半年位は、そのEAの運用成績(フォワード成績)をしっかりと観察するべきです。

安易に飛びついてしまうと、勝てないEAを手にしてしまう可能性もあります。

柔軟性に欠けるEAを、使い続ける難しさ

EAは、いまだに人気がありますね。次から次へと、新しいEAが発売されます。

私は、このサイトで何度も述べているように、他人が作ったEAを運用することに否定的な立場です。

相場は不確実です。そして常に変化し続けます。不確定要素の固まりのような相場に対峙するためには、それなりの優位性のあるロジックが必要であると同時に、ある程度の柔軟性も必要です。

EAは、仮にロジックに優位性があったとしても、柔軟性という点においては、裁量トレードに著しく劣ります。

EAのロジックが相場に合わなくなれば(乖離すれば)、ドローダウンを計上し始めます。このタイミングで、EAの運用を止めるべきか、回復を信じて使い続けるか、大きな決断を迫られます。この決断次第では、ドローダウンをさらに大きくして、場合によっては口座破綻を招く可能性もあります。ちょっとしたジレンマですね。

トレーダーにとっては、大きなストレスとなります。

EAにはない、裁量トレードの”柔軟性”

その点において、裁量トレードであれば、相場が変化してきた時点で、手法を相場に合わせて変化させることも可能です。

状況次第では、トレードを休むという判断もできます。

トレードを長期的に継続する気持ちがあるのでしたら、EAを買い続けるよりも、裁量トレードを磨いた方が、絶対に良いと思います。

投資で資産を築くことが目的であれば、正しい裁量トレードを学ぶことは、遠回りのように思えるかもしれませんが、結果的には近道であると考えます。

本気で裁量トレードを学びたいのであれば、佐野さんのビクトリーメソッドアドバンスをおいて、他にはありません。
>>ビクトリーメソッドアドバンスの検証記事を読む
>>FXアカデミー検証記事内でのビクトリーメソッドアドバンスについて

細かな投資スキルだけでなく、大局的な相場感を磨くことのできる優れた教材です。裁量トレーダーを目指すのであれば、私が自信を持ってご紹介できる教材です。

他人の作ったEAに頼り続けるよりも、しっかりと代償(時間と労力)を払って本気で投資に取り組むべきだと思います。

検証済みFX商材ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

fxb-manual
FXB-Manual 【検証と評価】

ラインブレイクを極めた販売者 久々にまともな商材に出会いました。FXB-Manualです。 商材の内容ですが、ラインブレイク手法を解説した裁量マニュアルです。PDF(61ページ)と動画(33分)で構成されています。 販売 […]

hp_41231
パーフェクト・ストラテジー 【検証とレビュー】

パーフェクト・ストラテジー、売れてますね 株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見! 東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」 パーフェクト・ストラテジーが売れているようですね。常に […]

神リッチプロジェクト検証
神リッチプロジェクト 【検証とレビュ】

関連記事: >>あまり知られていない、神王リョウの投資戦略とは? >>【神リッチプロジェクト】ir投資スクール購入者からのメール 神リッチプロジェクトは動画教材(ダウンロード)とPDFテキストを使 […]

全コピFX
全力男コピートレード週間レポートが残念な件(全コピFX)

全力男氏のトレードが崩壊? お馴染みの全コピFXに関する続報です。 全コピFXについては、当サイトでも何度も取り上げてきました。 >>全コピFX【検証とレビュー】 >>コピートレードのトラブルと和 […]

FX商材を比較
最近発売されたFX商材のドラゴンストラテジーFX、FXスキャル・パーフェクトシグナル、Flash Zone FX、ニュートンFXを比較してみる

FXスキャル・パーフェクトシグナル、Flash Zone FX、ニュートンFXを比較検討する ここ最近、多くのFX情報商材がリリースされています。その多くがMetaTrader4をプラットフォームとしたテクニカルツール( […]

バババババイナリー
バババババイナリー 【検証とレビュー】その2

関連記事: >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その1 >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その3 >>バババババイナリー評価に対する反論(その4) バババババイナリー購入 […]

hp_49926
FXplus3 Pistachio(ピスタチオ) 【検証とレビュー】

前作のFXplus2 Essentialについて FXplus3 Pistachio(ピスタチオ)が気になる方が多いみたいです。この販売者は、以前、FXplus2 Essential(エッセンシャル)という商材を、販売さ […]

グランドセオリーFX検証とレビューその2
グランドセオリーFXは中級以上の裁量トレーダー向け商材だ

【関連】グランドセオリーFX【検証とレビュー】 グランドセオリーFX【CBMロジック】についての”おさらい” 【関連】グランドセオリーFX【検証とレビュー】 前回に引き続きらいく氏のグランドセオリーFXのレビューです。今 […]

ゴールデンアルティメットトレード【検証とレビュー】
窓埋めで7月だけで219万円の利益確定した現役大学院生が、先日の大暴落で破綻した!?

2015年7月だけで219万3040円の利益を出した東大院生 先週の週刊SPAで興味深い記事を見つけました。 常勝トレーダーの取引履歴を大公開 「7月の利益?219万3040円でした」 取引履歴を片手にこう振り返るのは、 […]

ビクトリーメソッドアドバンス
ビクトリーメソッドアドバンス 【検証と評価】

全てのFX情報商材の”試金石”的な商材 2006年に発売されてからすでに8年が経過していますが、未だに売れ続けている怪物のような商材、それがビクトリーメソッドアドバンスです。 FX商材の草分け的存在であり、その後発売され […]

大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2
大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2

大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その1 大市民流FX資産構築メソッドが価格改定 「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説 PDFファイル107ページ(本編60ページ、特典・特別レポート47ページ) さっ […]

大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2
FX裏技攻略塾TPSとスワップアービトラージ

【関連】FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる 【関連】FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8000円〜 【関連】FXの巨額脱税で逮捕された溝田耕治氏と、TPSという裏ワザ系ツール TPSの手法 […]