クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更

クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更

クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更

レンジ外総取りの”撤廃”とペイアウト率の変更

ご存じの通り本日(2013年4月22日)よりGMOクリック証券のバイナリーオプションルールが変更されました。ルール変更は2点です。

  1. レンジ外の総取り撤廃
  2. ペイアウト率2倍の引き下げ

レンジ外の業者総取りは、今回のルール改定で撤廃されました。スタートレートとエンドレートが同値の場合はレンジ外となりますが、その場合は全額ユーザー側に払い戻されます。

そして、ペイアウト率(2倍)の引き下げです。GMOクリック証券の場合はレンジ外総取りがあったからこそ、ペイアウト率2倍を実現できていました。今回レンジ外の総取りがなくなったため、ペイアウト率も連動して2倍から引き下げられます。ペイアウト率は、その都度変動します。

ルール変更の詳細は、こちらに詳しく記載があります。

  • https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/newrule.html

既存のHigh・Lowはいつまでできるのか?

昨年末から、バイナリーオプション規制に関する様々なウワサが流れました。2013年3月末には規制のルールが制定され、4月以降はHigh・Lowは禁止される、というウワサもありましたね。

実際に4月を過ぎても、High・Lowは禁止(中止)される動きはありません。規制の骨子は固まりつつあるようですが、実際に法律が制定されてから施行されるまでにはタイムラグがあるため、本格的なルール変更は、2013年夏~秋あたりではないでしょうか。

BOWG(バイナリーオプションワーキンググループ)座長のFXトレード・ファイナンシャルの動画解説(第3回)を見る限り、ようやく最終とりまとめの段階に入ったようです。今後は、4月中に計2回のBOWG会議を経て、6月中に規制ガイドラインを完成させる方向のようですね。

バイナリーオプションワーキンググループ第3回

バイナリーオプションワーキンググループ第3回

【第3回】バイナリーオプションの今後の方向性 ~HIGH・LOWはどこへ向かうのか?

  • http://www.ustream.tv/recorded/30575655

第1回と第2回の動画はこちらです。

新High・Lowの取引期間は”2時間”

ところで、気になる自主規制の内容ですが、徐々にルールが明確になってきています。2013年3月28日に、9回目のBOWG会議が行われました。その中で明らかになったことは、新High・Lowの最低取引期間の延長(現行10分~)です。

トレード・ファイナンシャル副社長による第3回の解説動画によると、バイナリーオプションの最低取引期間が2時間に設定されるという方向で、話が進んでいるようです。動画の中では、

ワーキンググループ(BOWG)で導き出された結論は、一番短いオプションの期間は2時間というものでした。

  • 【第3回】バイナリーオプションの今後の方向性 ~HIGH・LOWはどこへ向かうのか?

と解説されています。これまでGMOクリックなどでは10分間隔だったものが、2時間刻みとなりそうです。つまり、1通貨ペアにつきおおむね1日(24時間)で12回のトレードチャンスとなります。

新High・Lowの骨子をまとめてみる

まだまだ流動的ですが、とりあえず現段階でわかっている範囲で、新High・Lowのルールをまとめてみたいと思います。

1.アットザマネースポットをベースとしたHigh&Lowは禁止

ちょっとわかりにくいですが、今までのような購入締切時刻でリアルタイムに権利行使価格が設定されるもの(アットザマネー型)は、完全に禁止になりそうです。今後は、権利行使価格を取引期間の開始前に提示することが、ルール化されることになります。

2.高ペイアウト倍率の上限が設定される可能性高い

何倍が妥当なのか?はまだ議論中のようですね。

3.レンジ外における業者総取りは禁止の可能性高い

GMOクリック証券で採用されていたレンジ外での業者総取りは、完全禁止の可能性が高そうです。

4.売り切れ(完売)システムは禁止の可能性高い

完売に関しては、完売時の理由を開示することが義務付けられるというルールからさらに踏み込んで、完全に禁止される可能性が高そうです。

5.反対売買(手仕舞い)ができるようになる可能性高い

いわゆる権利放棄ですね。これが可能になる商品設計が求められるようです。なお、取引期間については、まだまだ議論中とのことです。

ここまでが、前回までに判明した内容です。そして、今回は(最低)取引期間について、方向性が判明しました。

6.最低取引期間は、2時間(1日に12回程度)とする

これまで10分という短い間隔で取引されていたが、この間隔が最低でも2時間以上とされることが決定。

まだ判明していない(方向性が定まっていない)点としては、高ペイアウト倍率の上限ですね。現行では2倍というペイアウト倍率が、かなり抑えられる可能性があります。

詳細は、次回のBOWG(バイナリーオプションワーキンググループ)の発表を待ちましょう。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方
最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方

自主規制の最終報告が出た ついに最終報告書が発表(2013年4月24日)されました!報告書の正式タイトは以下の通りです。 通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプシ…

GMOauto 【検証とレビュー】

GMOautoを使うとアカウント凍結のリスク GMOautoは、GMOクリック証券のバイナリーオプションに対応した自動売買ソフトです。MT4(Metatrader4)と連動して稼働…

【闇】再過熱するバイオプレクチャー詐欺の実態
【注意】再過熱するバイオプレクチャー詐欺の実態

いつのまにか「BOレクチャー詐欺」が息を吹き返す 2017年頃に盛んだったバイナリーオプション(BO)のレクチャー詐欺。一時期息を潜めていましたが、最近になってまた息を吹き返してい…

バイナリープロ 【検証とレビュー】

バイナリープロは、分刻みのギャンブル バイナリープロは、60セカンズに最適化された商材です。 60セカンズは、60秒後のレート(というかノイズ)を予測する究極のバイナリーオプション…

モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売していま…

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?
バイナリーオプション「二択型消滅」は規定路線なのか?それとも・・・

二択型禁止について情報が錯綜している? こんな記事を見つけました。 バイナリーオプションの[二択型]消滅のその後は? 日刊SPA!というネット雑誌系の記事(2013年1月23日)で…

タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。その名も… 伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプション 商材の中身は、スマートオプ…

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト 一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用と…

バイナリーオプション ザ・シークレット 【検証とレビュー】

”弁証法”を使った販売ページ バイナリーオプション ザ・シークレットの販売ページですが、非常に上手いですね。これは、弁証法という技術(テクニック)を使っています。恐らく多くの方が販…

トリガーバイナリー 【検証とレビュー】

トリガーバイナリーはSmart Optionに最適化された矢印点灯ツール 今回も、検証依頼を頂いた商材の紹介です。 トリガーバイナリーは、海外証券会社スマートオプションに対応したシ…

バイネ申が口座凍結覚悟でバイナリーオプション商材を販売

4000円を86営業日で4000万円にしたバイネ申がバイナリーオプション商材を販売 バイネ申さんをご存知ですか?トレードアイランドでは、超のつく有名人ですね。 バイネ申のトレードア…

規制後のバイナリーオプションはどこへ向かうのか?
規制後のバイナリーオプションはどこへ向かうのか?

バイナリーオプション自主規制を解説した動画が公開されました バイナリーオプションの自主規制も間近ですね。自主規制案を取りまとめているのは、金融先物取引業界に設置されたバイナリーオプ…