2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

通貨ペアを”売る”とは?”買う”とは?

通貨ペアを”売る”とは?”買う”とは?

通貨ペアを”売る”とは?”買う”とは?

通貨ペアは「左側通貨」の現在価値を「右側通貨」の単位で表している

ところで、通貨ペアが何を表しているか、正確に答えられますか?

例えば、USD/JPY=110円。この表記の意味は何でしょう?「ドル円が110円である。」というのはちょっと説明不足です。

正しくは、「米ドル(USD)の1単位(1ドル)が日本円(JPY)で110円であるということを示している。」です。米ドルの1ドルと日本円の110円が等価交換できるということを示しています。つまり2国間の通貨同士の交換レートですね。

より正確には、通貨ペアは左側通貨(米ドル)の現在価値を、右側通貨(日本円)の単位で表しているのですね。

通貨ペアは「左側通貨」の現在価値を「右側通貨」の単位で表している

通貨ペアは「左側通貨」の現在価値を「右側通貨」の単位で表している

EUR/USD=1.10300ドルならば、「1ユーロ(EUR)が米ドル(USD)で1.10300ドルである」という意味ですね。EUR/USDは、ユーロの現在価値を米ドルの単位で表してます。

通貨ペアを”売る”とは?”買う”とは?

FX取引においては、通貨ペアを「売る」とか「買う」などと表現しますよね。この意味もしっかりと理解しておく必要があります。

USD/JPYという通貨ペアについて考えてみます。

USD/JPYを「買う」とは、正式にはドルを買っているのですね。どうやって?円を払ってです。

一方、USD/JPYを「売る」とは、(円を買って)ドルを売っているのです。

通貨ペアを”売る”とは?”買う”とは?

通貨ペアを”売る”とは?”買う”とは?

  • USD/JPYを「買う」とは…ドルを買って円を売ること
  • USD/JPYを「売る」とは…ドルを売って円を買うこと

つまり、通貨ペアの売買とは、左側の通貨の売買を示しているわけです。

USD/JPY=110円において、USD/JPYを「買う」行為とは、USD(米ドル)を「買う」ときに110円のJPY(日本円)を「支払う」こと示しています。

いわば、通貨の交換レートですね。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

ドルを「売る」ってどういうこと?

ここで多くの方が頭を悩ませます。

「ドルを円で買うのはわかるけど、ドルを売るってどういうこと?」
「ドルなんてもってないよね?」

この仕組みは株の空売りに近いのですが、FXの場合はもう少しシンプルです。

FX取引における「売り注文」とは以下の2つ(義務と権利)を含む特殊な注文です。

  1. 必ず買い戻さなければいけない義務
  2. 現在のレートと決済時のレートの差額を受け取る権利

そして注文時に義務を負い、決済時に権利が行使されます。

ドルを「売る」ってどういうこと?

ドルを「売る」ってどういうこと?

必ず買い戻す”義務”(買い戻す時はそのときのレートに従う)

例えば、ドル円の現在レートが110円であり、100円に下がると予想します。そこでドル円を110円で売ります。その後レートが100円まで下がり、決済をして10円の利益を手にします。

注文と同時に、以下の義務を負います。

  • 必ず買い戻す義務(買い戻す時はそのときのレートに従う)

買い戻すタイミングは、数秒後でも1時間後でもかまいません。数日後でも半年後でもOKです。ただし、必ず買い戻すときの現在レートに従うことがルールです。

売ったときのレートと買い戻したときのレートの差額を受け取る”権利”

そして決済時には以下の権利が行使されているのです。

  • 売ったときのレート(110円)と買い戻したときのレート(100円)の差額(10円)を受け取る権利

その結果、10円の利益を受け取ることができました。

損切りのケースでは…?

では失敗トレードではどうなるでしょう?

例えば、ドル円の現在レートが110円であり、100円に下がると予想します。そこでドル円を110円で売ります。注文と同時に、上の2つの義務と権利を含む約束をFX会社と自動的に締結します。ところがその後レートが120円まで上がり、このまま待っていても下がりそうにないので、やむなく損切りをします。結果は10円の損失です。

決済時には以下の2つの義務と権利が行使されています。

  1. 必ず買い戻す義務(買い戻す時はそのときのレートに従う)
  2. 売り注文時レートと決済時のレートの差額を受け取る権利

義務として110円で売ったものを現在レートの120円で買い戻さなければなりません。権利のほうの差額はマイナス(110円ー120円=▲10円)なので権利行使してもしなくても、差額を支払うことに変わりはありません。そしてその結果10円のロスとなります。

なんとなく理解できたでしょうか?

売ったら、必ず買い戻さなければならない

あまり深く考えず、以下のように捉えておけば大丈夫です。

売ったら、必ず買い戻さなければならない

これがFX取引における「売り注文」時の絶対的なルールです。買い戻すときにプラスになっているかマイナスになっているか?これで売り時の損益が決まります。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら