FX手法

【FX手法】教えて!グランビルの法則の移動平均線は何日が正しいの?

【FX手法】教えて!グランビルの法則の移動平均線は何日が正しいの?

【2021年版】優位性の高いFX商材 Best10 (2021年10月版)

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 FXismプロコントローラー改
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極
6 ProEX(プロエグジット)
7 FX Realize
8 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
9 スキャルピングFXプロ
6 1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

もはや定番と化した”グランビルの法則”だけど…

最も有名な相場の基本法則といえば、誰もが知っているグランビルの法則です。もはや疑う余地すらありません。

初心者向けFX書籍を開けば、必ず紹介されているほど定番化していますよね。

グランビルの法則は全部で8パターンある

グランビルの法則は全部で8パターンある

ご存知のようにグランビルの法則には売り買い共に4つのパターン(計8パターン)が存在します。

買いの4パターン

  • 買い1…移動平均線上昇中の上抜け
  • 買い2…移動平均線上昇中の「押し目」(移動平均線を割る)
  • 買い3…移動平均線上昇中の「押し目」(移動平均線を割らない)
  • 買い4…移動平均線から下方へ大きく乖離からの収束を狙う

売りの4パターン

  • 売り1…移動平均線下落中の下抜け
  • 売り2…移動平均線下落中の「戻り」(移動平均線を割る)
  • 売り3…移動平均線下落中の「戻り」(移動平均線を割らない)
  • 売り4…移動平均線から上方へ大きく乖離からの収束を狙う

”グランビルの法則”に使われる移動平均線は「何日」が正解?

グランビルの法則は、移動平均線とレートとの位置関係(乖離や収束)から、レートの先行きを予測するテクニカルとして知られています。

ところで、ベースとなる移動平均線の正しい期間って、何日なのでしょうか?あなたは知っていますか?

ネット上では、グランビルの法則に使われた移動平均線の期間について、200だったり20だったり50だったりと、バラバラです。

期間200が用いられることが正しいなどと解説しているサイトもありますが、そのエビデンスはどこにも掲載されていません。

提唱者のグランビルは、実際のところ移動平均線期間を何日で推奨していたのか?今回は、そのエビデンスを探してみたいと思います。

【2021年版】優位性の高いFX商材 Best10 (2021年10月版)

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 FXismプロコントローラー改
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極
6 ProEX(プロエグジット)
7 FX Realize
8 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
9 スキャルピングFXプロ
6 1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

『Granville’s New Strategy of Daily Stock Market Timing for Maximum Profit』から読み解く

Joseph E.Granville(グランビル氏)が、いわゆる「グランビルの法則」を提唱したのは、彼が1960年代に出版した『Granville’s New Strategy of Daily Stock Market Timing for Maximum Profit』の中であるとされています。

日本語訳も出版されていますが、現在は古本でしか購入できないようです。

この古本はなんと、21,000円もします!なかなか手が出せないですね。

さて、原書である『Granville’s New Strategy of Daily Stock Market Timing for Maximum Profit』を紐解いてみましょう。

まず、大前提として『Granville’s New Strategy of Daily Stock Market Timing for Maximum Profit』は株式市場の分析のための解説本であることを知っておく必要があります。株式とFXではそもそも動きが異なるわけですから、その点は考慮しておくべきですね。

とはいえ、グランビルの法則はマーケット参加者の大衆心理をベースにしているので、ある程度は同じような動きをするのではないかと推測されます。

とある海外サイトにて、原書からの引用と思われる箇所を見つけましたので紹介します。

The stock was a buy in January 1958 at $47 a share as seen by the upside penetration of a bottoming out 200-day line (Buy signal #1). The trader would have sold the stock at $67.50 in late January 1959 on its continuing inability to surpass the November 1958 high of $71, expecting a retraction toward its 200-day line (Sell signal #8). The stock was repurchased at $62.50 in early March 1959 after it had gone under its 200-day line because the stock had met support and started to turn up following its downside penetration of a rising 200-day line (Buy signal #2). The stock provided a second buy signal on its upside penetration of the 200-day line at $66 later in March 1959 (Buy confirmation). The stock was again a sale between $82.50 and $85 the end of April 1959 (Sell signal #8). The stock was then repurchased at $72 in June 1959 (Buy signal #3) and sold out at a slight loss at $70 on downside penetration of the 200-day line in August 1959. The stock turns up from support level demonstrated in February 1959 and is repurchased at $64 in September 1959 for technical recovery back toward the 200-day line (Buy signal #4). Failing to reach that line after approaching it at $67.50 in December 1959, the stock is sold at $65, the level breaking the November 1959 support (Sell signal #7).

Recapitulating, the trader (restricting himself to the long side of the market has a $3,900 profit on an initial $4,700 outlay, a percentage gain of almost 83% in less than two years.

Bought Sold Gain Jan 1958 100 shares at 47 Jan 1959 at 67.5 2050 Mar 1959 100 shares at 62.50 April 1959 at 82.5 2000 June 1959 100 shares at 72 Aug 1959 at 70 -200 Sep 1959 100 shares at 64 Dec 1959 at 65 100

Net Gain $3,950

In the above example a very significant point is seen: Because of the guidance provided by the 200-day moving average price Line, the slight 2-point loss on the August 1959 sale was prevented from becoming a bigger loss. While it is always sound advice to tell somebody to let their profits run and cut their losses short, this is often easier said than done, human nature dictating the frequent taking of profits but the infrequent taking of small losses This allows small losses to often run into big losses.

granville

granville

引用:http://www.angelfire.com/sk/mtsp500/granville.html

引用中の画像は、Abbott Laboratories(アボット・ラボラトリーズ 米国の製薬会社)の株価チャートです。世界初のHIVES血液検査薬を開発したことでも知られているグローバル企業ですね。創業はなんと1888年です。

Joseph E.Granville(グランビル氏)がAbbott Laboratories(アボット・ラボラトリーズ)の株価チャートを、グランビル法則に基づいて解説している文章ですね。

さて、ご覧の通り、文中には何度も「200-day line」というフレーズが出てきます。

つまり期間200日の移動平均線です。

グランビルの法則は、期間200日移動平均線がベースになっていることがわかります。ただ、あくまでも株式市場を元にした分析なので、当然日足が基本です。

まとめ:グランビルの法則に使われる移動平均線は200日が正しかった…

彼の原書『Granville’s New Strategy of Daily Stock Market Timing for Maximum Profit』から、グランビルの法則を提唱した本人は、期間200日(日足)をベースにしていた…ということがわかりましたね。

とはいえ、グランビルの法則はもともと株式チャート分析のための法則であることを理解しておくことが大切です。

それを踏まえた上で、FXトレードに応用するべきですね。

関連記事

構成・文/戸室達也

オリジナル特典|有料級ツールを22個まとめて無料プレゼント|日本語マニュアル付

当サイト「購入リンク」からFX商材をご購入いただいた方に、以下のオリジナル特典をすべて無料でご提供させて頂きます。管理人制作のオリジナルインジケーターに加え、海外のメジャー(かつ人気のある)ツールの中から、優位性の高いインジケーターを慎重に厳選しました。有料で提供されてもおかしくないほどの優位性・利便性を備えたツールばかりをラインナップしました。 すべてのツールに、オリジナル日本語翻訳マニュアルをご用意しました。

1.環境認識 &シグナルツール(9個)

管理人制作のオリジナルツールに加え、海外でメジャー(かつ人気のある)ツールの中から優位性の高いインジケーターを慎重に厳選しました。有料で提供されてもおかしくないほどの優位性・利便性を備えたツールばかりです。
Shin Bollinger Bands
Shin Bollinger Bands(旧 SQI)
新着! 2021年5月12日
以前配布していた特典の中で最も人気の高かった「SQI」をヴァージョンアップ。「Shin Bollinger Bands」は、ボリンジャーバンドのエクスパンション(バンドウォーク)を視覚的に捉えるためのツールです。トレンド発生の目安となるバンドウォーク発生を、ヒストグラムで知らせてくれます。 ≫ 特典の詳細はこちら
Shin TQ Chart
Shin TQ Chart
新着! 2021年4月25日
The Secre(投資家集団)からの提供ツールです。トレンドをどこまでも追いかけて利益にする順張り系シグナルツール。性能の素晴らしさについては、ぜひ動画をご覧ください。 ≫ 特典の詳細はこちら
Shin High Low Break
Shin High Low Break
トレンド中の押し目や戻りをピンポイントで狙ってシグナル(矢印)を点灯させます。複数のMAによるパーフェクトオーダーでトレンドを確認し、連続する3つのローソク足がMAまで戻された状態を押し目・戻りと判断。最後のローソク足の高値・安値ブレイクでシグナルを出します。シグナル精度は動画でご確認ください。 ≫ 特典の詳細はこちら
shin-top% Indicator
Top % Indicator 3
非常にユニークなツール。レートが動きそうな方向を%(パーセント)で表示してくれるインジケーターです。エントリータイミングでシグナル(矢印)も表示してくれます。FXだけでなくバイナリーオプションにも活用できます。精度の高さは言うまでもありません。 ≫ 特典の詳細はこちら
Shin BOX Chart
Shin Box Chart(旧 SQBOX)
当サイトで以前配布していたSQBOXのヴァージョンアップ版です。BOX(箱)によってレンジを判断し、BOXをブレイクしたところでENTRY。環境認識ツールとしても取引ツールとしても使える優れものです。 ≫ 特典の詳細はこちら
shin forex meter
Shin Forex Meter(通貨強弱)
数ある通貨強弱ツールの中から、最も使いやすいものをセレクトしました。通貨ペア毎のトレンド状態と、通貨同士の強弱をグラフで表示してくれるツールです。強い通貨を買い、弱い通貨を売る、これが売買の基本です。意識するだけで勝率がグンと上がります。 ≫ 特典の詳細はこちら
shin-stochastic MTF
Shin Stochastic MTF
2本のストキャスティクスのクロスでシグナル(矢印)を表示してくれるツール。ストキャスはMTF(マルチタイムフレーム)対応しており、任意の時間足のストキャスを設定可能。驚くほど天底を捉えるシグナル精度に、驚かされます。 ≫ 特典の詳細はこちら
BO-Simulator
Shin BO Simulator
バイナリーオプション専用のシミュレーターです。チャート上に表示させ、UP・Downボタンをクリックすることで、仮想取引ができます。チャート上にもENTRYマークが表示されます。指定時間で勝敗判定が自動的に行われ、取引結果も表示されます。シミュレーターとしては非常に細かな設定が可能であり、BO練習には欠かせないツールです。 ≫ 特典の詳細はこちら
Infoboard
Shin Info Board
相場状況を、信号機のような色で教えてくれる便利ツールです。1分足から日足までのトレンドの方向がひと目で判断できます。その他にも様々な相場情報(ATR値や値幅、スプレッドetc.)を一覧で表示してくれる利便性の高いボードです。 ≫ 特典の詳細はこちら

2.実用・便利ツール(7個)

MT4に常時設置しておきたい便利なツールを集めました。似たようなツールはたくさんありますが、その中でも使い勝手の良さや正確性などから7つのツールを厳選しました。
Pair Buttons
Shin Pair Buttons
一度使ったらもう手放せない!それほど便利なツールがこれ。通貨ペアや時間足をワンクリックで切り替えることができるボタンです。動作も軽いので常時チャート上に表示させておきたいツールです。とにかく使ってみて! ≫ 特典の詳細はこちら
Shin Rounder
Shin Rounder
キリ番(00や000)にラインを自動的に引いてくれる便利ツール。同様のツールの中でも、このツールが最も使いです。シンプルで軽く、ほかのラインと区別しやすいデザインのため、管理人も愛用しています。常に表示させておきたいツールの一つです。 ≫ 特典の詳細はこちら
Shin WT Lines
Shin WT Lines
トレンドラインやサポート・レジスタンスラインを引くためのボタンです。チャートの右下にある「TSR」ボタンをクリックするだけで簡単にラインが表示されます。MT4チャートのツールバーをクリックするよりも断然ラクに引けます。重宝します。 ≫ 特典の詳細はこちら
Shin SyncCursor
Shin Sync Cursor
チャート上に、常時、十字カーソルを表示させるインジケーターです。通常はクリックしてしまうとチャート上の十字カーソルは消えてしまいます。このツールを導入すると、クリックしても十字カーソルは消えません。ずっと表示したまま使えます。 ≫ 特典の詳細はこちら
Shin Trend Line
Shin Trend Line
トレンドライン(斜めのライン)を自動的に描写してくれるツールです。この手のツールは数多く出回っていますが、本ツールが最もおすすめです。シンプルさと精度の高さでは随一です。ラインを多用するトレーダーならば持っていて損はありません。 ≫ 特典の詳細はこちら
Shin Horizon
Shin Horizon
直近の高値・安値を起点に、水平ラインを自動描写してくれるツールです。サポレジラインとしてだけでなく、TPやSLの目安としても活用できるラインです。自分で引くラインに自信のない人は、まずはこれを使ってみることをおすすめします。 ≫ 特典の詳細はこちら
Market Clock
Shin Market Clock
東京市場、ロンドン市場、NY市場の時間を同時に表示してくれるツールです。海外トレーダーのYou Tube動画などで、よく見かけるツールの一つですね。シンプルですが、あると何気に便利です。 ≫ 特典の詳細はこちら

3.有料級|海外のメジャー取引システム(6個)

国内ではほとんど知られていない、優位性の極めて高いFXトレーディングシステムを厳選して紹介します。どれも有料で販売されてもおかしくないほどの完成度・優位性の高さです。
THV System
THV V4 Trading System(日本語マニュアル付)
新着! 2021年7月8日
世界で最も有名なトレーディングシステムといえばこれ、「THV」ですね。海外FXフォーラム『ForexFactory』から誕生したTHVは、またたくまに大人気となりました。その理由は当然ながら優位性の高さです。年々進化を重ね、現在はV4となりました。とにかく一度は試して欲しい取引システムです。オリジナル日本語マニュアルもご用意しました。 ≫ 特典の詳細はこちら
XARDFX System
XARDFX Trading System(日本語マニュアル付)
新着! 2021年3月8日
ここ数年、THVと双璧をなすほどの人気の高まりをみせているのが「XARDFX Trading System」。派手なチャート画面に目を奪われますが、人気の秘密は環境認識のしやすさ、そしてトレードのしやすさにあります。トレンドを視覚的に捉えやすいチャート画面は秀逸です。オリジナル日本語マニュアル付きです。 ≫ 特典の詳細はこちら
Forex Levelator System
Levelator Trading System(日本語マニュアル付)
非常に興味深い取引システムです。期間100の中の高値安値をベースにグラデーションのゾーンを表示させ、そのゾーンと移動平均線を使ってトレードするシステムです。見た目と違ってロジックは極めてシンプルかつ王道。これが無料!オリジナル日本語解説付きでご提供します。 ≫ 特典の詳細はこちら
Congestion Breakout System
Congestion Breakout System(日本語マニュアル付)
FX商材「トワイライトゾーン」によく似た取引システムです。2本のラインをブレイクした方向に仕掛ける順張り手法です。シンプルながら精度の高さは折り紙付き。まずは使ってみてください。日本語解説マニュアル付き。 ≫ 特典の詳細はこちら
Alfa Super Trend System
Alfa Super Trend System(日本語マニュアル付)
トレンド発生中の押し目や戻りを確実に捉えてシグナル(矢印)を点灯させます。わりと日本人好みのツールですね。シグナルの取捨選択は表示させているスーパートレンドインジケーターを使います。日本語解説マニュアル付きでご提供します。 ≫ 特典の詳細はこちら
arrozaq scalping system
Arrozaq Scaiping System(日本語マニュアル付)
シグナル点灯系の取引システムです。サブウィンドウのヒストグラム等でシグナル(矢印)をフィルタリングしてトレードを行います。日本のFX商材に似たツールですが、精度は高いです。シグナル好きの日本人にマッチするツールですね。日本語解説マニュアル付きでご提供します。 ≫ 特典の詳細はこちら

【2021年版】優位性の高いFX商材 Best10 (2021年10月版)

1 マーケティングFX
2 FXismデイトレ大百科
3 FXismプロコントローラー改
4 トワイライトゾーンFX
5 岡安盛男のFX 極
6 ProEX(プロエグジット)
7 FX Realize
8 あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
9 スキャルピングFXプロ
6 1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

2021年 最新FX情報商材評価

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価S
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…平均的
評価d
…低品質・粗悪
全FX商材評価一覧はこちら
FX情報商材検証レビュー.com(辛口評価&暴露サイト)
タイトルとURLをコピーしました