”ナンピン”は決して「禁じ手」ではない

【誤解】”ナンピン”は決して「禁じ手」ではない

【誤解】”ナンピン”は決して「禁じ手」ではない

”ナンピン”は極めて難易度の高い戦略だ

先日の『ナンピンFX ドル円版』レビュー記事に反響がありました。

ナンピンFX ドル円版
ナンピンFX ドル円版
販売元:合同会社あゆみインベストメント
発売日:2018/09/21
メディア:EA(自動売買システム)
公式サイト:http://ayumiinvestment.com/wp/nu

「ナンピンを否定しすぎではないか?」「ナンピンEAも使い方次第では大きな利益を出せますよ!」的な反論です。

ナンピンはレートが逆行した際に取りいれる戦略の一つですが、そもそも思惑に反してレートが逆行する時点で仕掛けの判断が間違っていた可能性が高いわけです。従って基本的にはストップライン(SL)にて損切りしてトレードを仕切り直すべきです。

とはいえ、”ナンピンすべて”が禁じ手であるとは考えていません。決してナンピン(EA)を否定しているわけではなく、ナンピンが極めて難易度の高い戦略であることを伝えたかったわけです。リスクを理解せずに安易に使えば必ず火傷をします。

撤退を前提とした一発逆転を狙う”ナンピン戦略”とは?

実際のところ、局面に応じて”戦略的なナンピン”を実践している中級・上級トレーダーは少なくありません。では、ナンピンをどのような場面で使うと効果的なのか?

今回は効果的なナンピン戦略のひとつを紹介します。撤退(損切り)を前提とした一発逆転を狙うナンピンです。中級トレーダー以上ならば誰でも知っている手法の一つです。

”損切りライン”ギリギリまで引きつけてポジションを建てる

ポジションを保有後、レートが思惑とは逆の方向に動いたとします。つまり含み損が発生した状態ですね。損切りラインは事前に設定していますので、レートが逆行してすぐにストップにかかるようであれば潔く負けトレードを受け入れます。

ところが、損切りラインにレートが近づいても、ギリギリでもたもたしているような局面があります。トレンドの転換も確認できない状況です。サポレジが効いていてここからの反発が予測できそうです。この局面で「撤退(損切り)を前提とした一発逆転を狙うナンピン」を行ないます。

ストップラインにギリギリにレートを引きつけ、そのタイミングで同方向にポジションを建てるのです。新ポジションのストップは、最初のポジションと同じ位置です。ロット数も一緒です。

2回目に建てたポジションによって、2つのポジションの平均購入コスト(レート)を押し下げることが可能になります。

その後、不運にも2つのポジションがストップにかかれば、潔く撤退します。この場合、2回目に建てたポジションの損失は大きくありません。SLギリギリのレートで建てているため、ダメージは限定されます。

一方、相場が持ち直して思惑方向にレートが伸びれば(つまり予測が正しかった場合)、少しの戻りで収支をトントン(プラマイゼロ)まで持ってくることが可能になります。また、そのままレートが伸びてくれれば2つのポジションによって大きな含み益を手にすることが可能になるのです。

これが撤退(損切り)を前提とした一発逆転を狙うナンピン戦略です。

具体例で解説

具体例を出して解説します。

現在のUSDJPY(ドル円)が110円だとします。上昇トレンドを予測して、110円で”買いポジション”を持ちます。このときの損切りラインは直近安値の108円に置きます。

ところが思惑に反してドルが下落しレートが逆行してしまいます。このまま108円まで下落すれば損切りです。

しかし、108円のサポートライン(直近安値)が効いているのか、108円手前でレートがグズグズしています。ここで反発して再び上昇を目指す可能性も少なくありません。この辺りの見極めは非常に難しく、経験値に裏打ちされた大局観が求められます。

このタイミングで、ナンピン戦略を取ります。108円15銭辺りで2回目のポジションを建てるのです。ストップは1つめのポジションと同様、108円です。

ポイントは、ストップラインギリギリまで引きつけて2回目のポジションを建てることにあります。

このまま反発せずに108円のストップにかかれば、2つのポジションは損切りとなります。潔く諦めますが、2回目のポジションの損失は大きくないので、ダメージは「1回目の損失+α」です。

ナンピン戦略が功を奏するのは、レートが反発・上昇したときです。110円と108円15銭の2つのポジションの平均購入レートは、約109円08銭です。レートが109円08銭まで戻せば収支はプラマイゼロとなります(解説用にスプレッドは考慮していません)。この時点で、一度撤退して仕切り直してもOKです。

さらにレートが伸びていく兆しがあれば、そのまま2つのポジションを保有し続けることで含み益に転じます。ビッグトレンドに乗る可能性もゼロではありません。状況に応じて最初のポジションを利確し、深い位置で建てた2回目のポジションの含み益を伸ばすという戦略も取ることが可能になります。

ダメージを小さくして潔く”撤退”することが目的

ただし、この手法は強靭な精神力が求められます。なぜなら基本的に撤退(損切り)前提の戦略だからです。成功率はそれほど高くはありません。感覚的には40%くらいですね。

そもそもレートが逆行する時点で、読みが外れているのです。ここで新たなポジションを建てることには心理的な抵抗があります。その上、損切りラインギリギリまで引きつけて仕掛けることは、すなわちすぐに損切りにかかってしまう可能性があるわけです。

このナンピン戦略をおこなうときは、プラマイゼロで撤退することをまずは一番の目標にするべきです。損失を最小限(できればプラマイゼロ)にして一旦撤退し、仕切り直すことが最大の目標です。そのうえで、あわよくば利益を狙う…これが正しい心構えです。

撤退(損切り)を前提とした一発逆転を狙う”ナンピン戦略”とは、つまりそういうことなのです。この戦略におけるナンピンは、あくまでもダメージを小さくして撤収することが目的です。

ナンピンは正しく使えば「悪手」ではない

ナンピンを「悪手」と捉え、全否定するFXトレーダーも少なくありません。個人的にはナンピンをストラテジーの中心に据えることには否定的です。ただ、ナンピンを効果的に使うことで、損失を最小限に抑えることも不可能ではありません。本記事で紹介したナンピントレードは、ほんの一例です。

ナンピンのリスクを正しく理解し局面に応じて活用することで、優位性を発揮することが可能になります。自身のアイテム(武器)を増やすつもりでナンピンを研究してみるのも面白いかもしれませんね。

ナンピンFX ドル円版
ナンピンFX ドル円版
販売元:合同会社あゆみインベストメント
発売日:2018/09/21
メディア:EA(自動売買システム)
公式サイト:http://ayumiinvestment.com/wp/nu

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXB-Manual 【検証とレビュー】
ジャンル別オススメFX商材のご案内

毎日、多くの方からご質問を頂きますので、ジャンル別におすすめ商材をご案内させていただきます。 手法やロジックなどによってジャンルを分けて、おすすめできるFX商材をランキングしました…

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

※2013年12月6日裁判の判決が出ました。 ”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 F…

10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説
10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説

わずか3ヶ月で10万円を6億円にした男 GFF氏を知っていますか?今では伝説のように語り継がれるGFF氏。 GFF氏は、わずか10万円の元手をたった3ヶ月で6億円に増やした伝説のト…

”トルコリラ円でお気軽スワップ生活を目指す人”よ、早く目を覚ませ
FX商材販売ページに蔓延する「誇大広告」や「虚偽広告」はなぜ罰せられないのか?

FX商材販売ページで蔓延する”過剰なキャッチコピー”はなぜ罰せられないのか? FX情報商材業界で平然とおこなわれる「誇大広告」「虚偽広告」 FX商材を購入したことのあるユーザーなら…

ストップ狩りとは?
FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、敗訴のコメン…

”1.01と0.99の法則”が教えてくれること
”1.01と0.99の法則”が教えてくれること

”1.01と0.99の法則”をご存じですか? 1.01と0.99の法則をご存じでしょうか?少し前にFaceBookで話題になりましたので、聞いたことがある人もいると思います。1.0…

10万円を6億円にしたトレーダーGFF氏が金銭トラブル?
【10億円超?】貯金3億円男★大先生の保有資産が計り知れない・・・

貯金3億円男★大先生っていったいいくら持ってるんだ? 貯金3億円男★大先生を覚えているでしょうか?2016年だけで6億円もの損失を出した稀代の賭博師です。 貯金3億円男★大先生とい…

ラッキーバンクで元本の7割を損失する事態に投資家が阿鼻叫喚…
ラッキーバンクで元本の7割を損失する事態に投資家が阿鼻叫喚…

回収率はたったの3割… ソーシャルレンディングの一角を担うラッキーバンク。 ラッキーバンク公式サイト ラッキーバンクの最大の特徴は、すべての融資案件において不動産担保が設定されてい…

無登録FXファンド「ライフステージ」緊急差し止め命令

FX会社「㈱ライフステージ」へ裁判所命令 無登録でFXファンドへの出資を募った㈱ライフステージの続報です。 【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか? ライフステー…

【元国税庁が警鐘を鳴らす】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…
【元国税庁が警鐘】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

仮想通貨は必ず衰退する!? 毎日のようにメディアを賑わす「仮想通貨」。 最近では、昨年「仮想通貨取引」で億万長者になった人が331人だったと国税庁が発表したばかりです。 2017年…

第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー
FX24リアルトレード!24グランプリを知っていますか?

第2回リアルトレードコンテストが開催された 鉄板マスタートレンドを販売しているMR.コージ氏が、米国カレンシー選抜トレーダーであるという話を聞いて、ちょっと思い出したことがあります…

キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー
【続報】シンフォニー事件(伊藤正明容疑者)と闇に消えた60億円

60億円が闇へ…投資家は泣き寝入り 前回お伝えしたFX事件(シンフォニー事件)の続報です。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW…