SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

EAビジネスについて

このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEAを出してますね。いわゆるEAを専門的に販売する会社です。

EA販売会社が作るEAには、2種類あると言われています。1つは、IB(Introducing Broker)狙いの超低価格EA。もう1つは、EA本体での売上を狙う、1件2~3万円のEA。※Introducing Brokerについては、以下の記事で詳しく説明しています。

今回の SCORPIONですが、EA本体での売上を狙っているEAですね。(追記:IB縛りのSCORPIONも販売されているようです。価格は1万円安いです。)

まだ販売して間もない(2011年12月13日)ので、フォワード成績のデータがほとんどありません。

実績のないEAを販売することについて

SCORPION(スコーピオン)のフォワードデータは、現時点でほとんど存在しません。何故、実績の少ないEAを売るのか?ユーザーのことを考えれば、最低でも半年、できれば1年のフォワード実績を出してから販売をスタートして欲しいというのが本音です。

もしフォワードテスト(誰もが公正に確認できる意味でのフォワード実績です)を公開し続け、1年間素晴らしい成績を出していれば、たとえ非売品であっても、「売って欲しい!」「販売して欲しい!」という声が自然と挙がってきます。当然高価格で販売ができます。それこそ5万円でも10万円でも、売れるのではないでしょうか?

仮に1年間の公開実績(フォワード)で素晴らしい成績を残すことができれば、少なくとも1年間の相場の変動に耐えうるEAであることが実証されたことになります。このEAに5万円を投資しても、その何十倍ものリターンが見込めるなら、買わない理由はないですよね。

ユーザーのことを第一に考えるのであれば、しっかりと半年~1年かけてフォワードデータ(実績)を積み上げてから、販売するべきだと思います。

SCORPIONは、スキャルピングEA

このSCORPION(スコーピオン)の内容について見ていきましょう。通貨ペアはEURUSD(ユーロドル)専用となっています。時間足は5分足を使用します。

EAの基本戦略はトレンドフォローですが、利幅は大きくありません。ポジション取りを見ていると、スキャルピングですね。リミットとストップ幅は相場に応じて、自動で変動します。

SCORPION(スコーピオン) のナンピン機能

そしてこのEAがアピールしている点は、「追撃ポジション」と「リカバリーポジション」と呼ばれる機能です。いわゆる「ナンピン」機能のようですね。追撃ポジションとは、含み益があるときに、継続的にトレンドが発生している場合に、追加でポジションを取っていく機能(つまりナンピン)です。

一方リカバリーポジションは、含み損が発生しているときに、トレンドの継続を確認した上で、その含み損を解消すべく、戦略的にポジションを取っていく機能(これもナンピン)です。

共にデフォルト(初期設定)では最大3ポジションまで建てていくようですが、この部分は設定で変更可能です。

EAは、1年後に価値がわかるもの

どんなEAでもそうですが、過去成績なんていくらでも優秀な数字を出すことができます。大事なのは公(おおやけ)の実績データです。つまりフォワード成績です。

公の場で実績を重ねて行くには時間がかかります。少なくとも半年、できれば1年の実績が欲しいです。しっかりとした実績を積み上げた上で、一般販売をスタートして欲しいですね。

ロジック非公開EAでは、柔軟な運用が難しい

それと、何度も言ってますが、他人が作ったEAを買っても、使い続けることは非常に困難です。ロジックがブラックボックスのEAは、ドローダウンが発生したときに、信用して使い続けることが難しくなります。大きな含み損や実損を出したときに、恐らくほとんどの人(99%位)が、恐怖を感じて、あるいは不信感を抱いて、そのEAの稼働を止めるでしょう。

それでも使い続ける人がいたら、よっぽど肝が据わっているか、投資に最初から向いていない人です。実際のところ、1年以上稼働させ続けていてなおかつ利益を残せているEAが、いったいどれくらいあるのでしょうか

相場は常に変化します。固定的なロジックを採用しているEAは、相場の変化についていくことができません。相場の変化に合わせて、パラメータを変えたり、EAそのものを別のEAと入れ替えるなど、柔軟な運用が必須です。

しかしロジックが公開されていなければ、それすら難しくなります。SCORPION(スコーピオン)も、ロジックを公開していただければ、より柔軟な運用ができると思うのですが、ちょっと残念です。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FXコア 【検証とレビュー】

FXコアの成績について 問い合わせの多い商材です。FXコアは口座縛りのあるEA(自動売買システム)ですね。多くのユーザーの方から「FXコアを使って、今のところ勝っていますがどうでしょうか? 」という問い合わせを頂いていま…

兵庫県で投資詐欺(ポンジ・スキーム)被害総額は108億円

ポンジ・スキームってなに? 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investment…

池田式・サヤ取り投資マスター塾で提供される「さや取り達人」ツールについて調べてみた

池田式・サヤ取り投資マスター塾の魅力とは? 先日ご紹介した「池田式・サヤ取り投資マスター塾」を私は以下のようにレビューしました。 ツールを使いたい  → 購入の価値あり さや取りを学びたい(ツールは不要) → 書籍で十分…

投資DVD業者に”業務停止命令”

【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは? ようやく業務停止命令が… 大学生をターゲットに投資DVDを販売していた業者に、とうとう業務停止命令措置が取られました。 出典:東京都報道発表資料より この問題は、NHKニュ…

大市民流FX資産構築メソッドが価格改定

大市民流FX資産構築メソッドが値下げ 先日レビューした大市民流FX資産構築メソッドの販売価格が改訂され、かなりお求めやすい値段となっています。 販売当初:64,800円 現在の価格:39,800円 実に25,000円もの…

ソニックブームバイナリー 【検証とレビュー】

利回り、51100% 投資初心者がわずか1年半で20万円を1億220万円に増やしてしまった・・・ 販売ページからの抜粋です。20万円を1年で1億220万円に増やしたということは・・・51100倍です。5万倍です・・・。つ…

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分 今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter」というFX商材がありましたが、同じ販売…

バイナリーオプション規制まで、あと10日!

日本証券業協会の公式発表です 2013年11月19日に、日本証券業協会が公式発表を行いました。 「バイナリーオプション取引に関する規則」の制定及び「協会員の投資勧誘、顧客管理等に関する規則」の一部改正について という内容…

経済的成功は一つじゃない

興味深いグラフをご紹介します。 ※画像クリックで拡大します。 昨日、ネットで拾った画像です。日本と海外の主要5資産の推移グラフですね。1969年から2011年までの43年間の推移グラフです。日本の株式(紫色グラフ)は19…

投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる

”投資集団オプザイル”またもや地上波(NHK)登場 オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー” あの投資家集団オプザイルがとうとうNHKにも目をつけられたようです。 謎の投…

100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステージ」

虚偽説明で集めた100億円が消えた… ようやく金融庁が動いて表沙汰になってきましたね。証券取引等監視委員会からの連絡を受けて、金融庁がFX会社「リミットインベステージ」へ警告を行いました。 リミットインベステージは、90…

ユダヤ式バイナリーオプション アルティメット 【検証とレビュー】

22万8000円の自動売買システム ユダヤ式バイナリーオプション アルティメットは、GMOクリック証券専用の自動売買システムです。販売価格は22万8000円です。かなりの高額商材ですね。 バイナリーオプションは、ギャンブ…