SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

EAビジネスについて

このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEAを出してますね。いわゆるEAを専門的に販売する会社です。

EA販売会社が作るEAには、2種類あると言われています。1つは、IB(Introducing Broker)狙いの超低価格EA。もう1つは、EA本体での売上を狙う、1件2~3万円のEA。※Introducing Brokerについては、以下の記事で詳しく説明しています。

今回の SCORPIONですが、EA本体での売上を狙っているEAですね。(追記:IB縛りのSCORPIONも販売されているようです。価格は1万円安いです。)

まだ販売して間もない(2011年12月13日)ので、フォワード成績のデータがほとんどありません。

実績のないEAを販売することについて

SCORPION(スコーピオン)のフォワードデータは、現時点でほとんど存在しません。何故、実績の少ないEAを売るのか?ユーザーのことを考えれば、最低でも半年、できれば1年のフォワード実績を出してから販売をスタートして欲しいというのが本音です。

もしフォワードテスト(誰もが公正に確認できる意味でのフォワード実績です)を公開し続け、1年間素晴らしい成績を出していれば、たとえ非売品であっても、「売って欲しい!」「販売して欲しい!」という声が自然と挙がってきます。当然高価格で販売ができます。それこそ5万円でも10万円でも、売れるのではないでしょうか?

仮に1年間の公開実績(フォワード)で素晴らしい成績を残すことができれば、少なくとも1年間の相場の変動に耐えうるEAであることが実証されたことになります。このEAに5万円を投資しても、その何十倍ものリターンが見込めるなら、買わない理由はないですよね。

ユーザーのことを第一に考えるのであれば、しっかりと半年~1年かけてフォワードデータ(実績)を積み上げてから、販売するべきだと思います。

SCORPIONは、スキャルピングEA

このSCORPION(スコーピオン)の内容について見ていきましょう。通貨ペアはEURUSD(ユーロドル)専用となっています。時間足は5分足を使用します。

EAの基本戦略はトレンドフォローですが、利幅は大きくありません。ポジション取りを見ていると、スキャルピングですね。リミットとストップ幅は相場に応じて、自動で変動します。

SCORPION(スコーピオン) のナンピン機能

そしてこのEAがアピールしている点は、「追撃ポジション」と「リカバリーポジション」と呼ばれる機能です。いわゆる「ナンピン」機能のようですね。追撃ポジションとは、含み益があるときに、継続的にトレンドが発生している場合に、追加でポジションを取っていく機能(つまりナンピン)です。

一方リカバリーポジションは、含み損が発生しているときに、トレンドの継続を確認した上で、その含み損を解消すべく、戦略的にポジションを取っていく機能(これもナンピン)です。

共にデフォルト(初期設定)では最大3ポジションまで建てていくようですが、この部分は設定で変更可能です。

EAは、1年後に価値がわかるもの

どんなEAでもそうですが、過去成績なんていくらでも優秀な数字を出すことができます。大事なのは公(おおやけ)の実績データです。つまりフォワード成績です。

公の場で実績を重ねて行くには時間がかかります。少なくとも半年、できれば1年の実績が欲しいです。しっかりとした実績を積み上げた上で、一般販売をスタートして欲しいですね。

ロジック非公開EAでは、柔軟な運用が難しい

それと、何度も言ってますが、他人が作ったEAを買っても、使い続けることは非常に困難です。ロジックがブラックボックスのEAは、ドローダウンが発生したときに、信用して使い続けることが難しくなります。大きな含み損や実損を出したときに、恐らくほとんどの人(99%位)が、恐怖を感じて、あるいは不信感を抱いて、そのEAの稼働を止めるでしょう。

それでも使い続ける人がいたら、よっぽど肝が据わっているか、投資に最初から向いていない人です。実際のところ、1年以上稼働させ続けていてなおかつ利益を残せているEAが、いったいどれくらいあるのでしょうか

相場は常に変化します。固定的なロジックを採用しているEAは、相場の変化についていくことができません。相場の変化に合わせて、パラメータを変えたり、EAそのものを別のEAと入れ替えるなど、柔軟な運用が必須です。

しかしロジックが公開されていなければ、それすら難しくなります。SCORPION(スコーピオン)も、ロジックを公開していただければ、より柔軟な運用ができると思うのですが、ちょっと残念です。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプションのようですね。 ネクストバイナリーアカデ…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。その額7億円ともいわれ…

ポイントシグナルFX 【検証とレビュー】

ポイントシグナルFXは、シグナル配信サービス ポイントシグナルFXという商材に関して、読者様からお問い合わせを頂きました。 「シグナル配信サービスだから投資助言代理の登録が必要では?」 「無登録でサービス提供しているので…

落ちるナイフをつかむな!ドル円が歴史的な下落(ナイアガラ)を記録

ドル円が歴史的な下落を記録 為替も株も、大変なことになっています。今でこそ119円まで盛り返したドル円(USDJPY)は、一時的に116円台に突入しました。その様は、まさにナイアガラ状態です。 最大下落幅は約8円です。こ…

バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? HIGH&LOWが禁止に! 本日(2012年12月13日)は重大ニュースがありましたね。バイナリーオプション自主規制の決定会合が昨日(12月12日)に開かれ、そ…

IQ190 超速スキャルFX
IQ190 超速スキャルFX【検証とレビュー】評価・・・B

「IQ190 超速スキャルFX」とはどんなFX商材か? 「IQ190 超速スキャルFX」はスキャルピングとブレイクアウトを巧みに融合させたロジックだ 作者の梶真英氏はIQ190の頭脳を持ち、MENSAにも入会したことがあ…

レボリューションバイナリー 【検証とレビュー】

一般公募したロジックで商材を作成 FX商材とは本来、確率的に優位性のある手法を使って実績を継続的に出しているトレーダーが、その手法を再現性のある形で提供することに価値があると考えています。その価値に対して、私たちは、高額…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート! 2013年5月1日に待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。 24グランプリの公式ページでは第3回大…

FXスキャル・パーフェクトシグナル会員限定オンラインセミナーを視聴した感想

会員限定オンラインセミナーの案内が届いた FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入したその日に、以下の様なメールが届きました。 こんばんは、 SPSサポート事務局です。 講師の奥谷があなたの疑問に直接お答えする、「FXス…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その2

井手式7daysFXへのご質問と回答 読者様から井手式7daysFXに関するご質問を頂いたので、シェアしたいと思います。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その1 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その3 井…

池田式・サヤ取り投資マスター塾【検証とレビュー】その2

池田式・サヤ取り投資マスター塾【検証とレビュー】 池田式・サヤ取り投資マスター塾で提供されるツール「さや取り達人」とは? 「さや取り達人」ツールに優位性はあるのか? 【危険】池田式・サヤ取り投資マスター塾を検討するならば…

為替鬼コピートレード「鬼式」 【検証とレビュー】

為替鬼コピートレード「鬼式」の募集期間 為替鬼コピートレード「鬼式」の募集が再開されるようですね。募集期間は、6月19日までの3週間のみです。募集終了まで、段階的に値段を上げていくようです。 先行販売終了までのカウンター…