金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁によるBO規制が正式発表された

衝撃的な記事です。2013年4月21日付けのウォールストリートジャーナル(WEB版)の記事です。

金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一で予想するデリバティブ(金融派生商品)の一種、「バイナリーオプション」取引を規制する方針を固めた。

投資家を保護するため、数分単位で売買を繰り返すことを禁じ、過度の「賭博性」を抑える。意見公募を経て2013年夏をめどに金融商品取引法に関する内閣府令を改正する。

外国為替証拠金取引(FX)業者の業界団体「金融先物取引業協会」も取引限度額の設定や、投資リスクを誤認させるような広告表現の使用禁止などの自主規制を検討している。

4月中に最終報告を取りまとめる予定だ。

[時事通信社]

引用:外為デリバティブ規制へ 「賭博性」に歯止め=金融庁

いかがですか?「え? 今までの情報と一緒じゃない?」と思われた方。・・・全く状況が違います。

自主規制ではなく法律改正

これまでは、業界団体(金融先物取引業協会)による自主規制の話が進んでいました。もちろん、金融庁からの圧力があったのは間違いないですが、自主規制という話で新ルールの制定が進められていたわけです。

という感じでしょうね。ところが、今回の発表は、自主規制ではありません。金融庁(本丸)による法律の制定(改正)です。

恐らく自主規制では緩すぎる!と金融庁が判断したのではないでしょうか?もしくは、のらりくらりとFX業界団体が「あーでもない、こーでもない」とやっていたことに金融庁が業を煮やしたのではないかと思います。もう一度、記事を見て下さい。

2013年夏をめどに金融商品取引法に関する内閣府令を改正する。

この記事が本当であれば、法律改正となります。自主規制を遙かに超える、法的な強制力を伴うルール改定です。ちなみに、”内閣府令”とは、法律や政令施行のために内閣総理大臣が発する内閣府の命令です。自主規制とは、”重さ”が違います。

今回の金融庁による発表は(記事によれば)2013年4月19日のようです。もしかしたら、BOWG(バイナリーオプションワーキンググループ)も寝耳に水だったのかもしれませんね。金融商品取引法が改正されるのであれば、自主規制などほとんど意味をなしません。だって法律ですよ。ルール違反があれば、行政処分です。

もちろん、業界内での自主規制ルールもムダとは言いません。しかし、バイナリーオプションのルールが法律で制定されるということは、自主規制以上の拘束力(義務)を有します。

レバレッジ規制も内閣府令(金融商品取引法改正)

ご存じのように、過去にFXでレバレッジ規制が行われたのは、記憶に新しいと思います。このレバレッジ規制も、金商法改正によるものです。自主規制ルールではありません。つまり内閣府令です。平成22年8月1日に施行(経過措置1年)されました。法律ですので、金融庁登録業者は絶対に守らなければなりません。違反すれば、行政処分となります。

今回、同じことがバイナリーオプションにおいても行われることになりました。

自主規制ルールを超えるはるかに厳しい法律になる恐れがある

これまでBOWGが散々議論してきた自主規制ルールは、ムダになるのか?通常、法律や規則・命令が制定される場合は、パブリックコメント制度という意見公募手続きを経ることが法律で定められています(行政手続法)。つまり、法制定によって影響が及ぶ関係者等に事前に意見を聞くことで、できるだけ公正なルールを制定するためです。

今回のバイナリーオプションルール改正(法律改正)においても、パブリックコメント制度が設けられます。

意見公募を経て2013年夏をめどに金融商品取引法に関する内閣府令を改正する。

と記事にもあります。

当然、業界団体(金融先物取引業協会、BOWG等)も意見を出すでしょう。まあ、どこまで意見が反映されるかは、不明ですが・・・私の予想では、自主ルールよりもはるかに厳しいルールが制定される予感がします。レバレッジ規制の時も、そうだったからです。

当時の業界もトレーダーも、

「まさか25倍が上限になることはないだろう」
「せいぜい、100倍までか?」

と思っていたはずです。しかし、発表されたのは遙かに厳しい「25倍規制」(1年間の経過措置あり)でした。今回のバイナリーオプションルール改正も、業界が想像している以上の厳しい制限が発表される予感がします。

誰でも意見書を出せます 

実は、この意見公募(パブリックコメント)に対しては、誰でも意見を述べることができます。恐らく、2013年夏前には意見公募が行われると思われます。意見を提出したい場合は、郵便・ファクス・インターネットで応募できます(電話はダメ)。ただし、

頂いた御意見につきましては、氏名又は名称を含めて公表させていただく場合があるほか、個別には回答いたしませんので、あらかじめご了承下さい。

金融庁

とあるのでご注意下さい。どうしても意見を言いたい!という方は、是非金融庁に意見書を出してみてはいかがでしょうか?

 よく読まれている記事

全スタFX 【検証とレビュー】

全スタFXは、カウンタートレード 全スタFXはのシグナル点灯ツールです。逆張りと紹介しているアフィリエイターが多いですが、逆張りではありません。カウンタートレードです。ロジックとし…

バイナリーオプション規制を受けて各社の動き
バイナリーオプション規制を受けて各社の動き

HIGH-LOW取り扱い廃止のお知らせ 最新記事(2012年12月28日)はこちら バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? 過去の記事はこちら バイナリーオプシ…

ACBオートキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

Smart Optionに最適化された自動売買 ACBオートキャッシュバイナリーは、Smart Optionという海外のバイナリーオプション商品に特化した自動売買システムです。 S…

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】
投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか? FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか…

ワンナイトキャッシュOneNightCashの販売者「株式会社バベル」について

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-ってなんだ? なんだかよくわからない商材が、ランキング上位に入っています。ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材…

steady-FX
steady-FX(ステディーFX)【検証とレビュー】評価・・・D

「steady-FX(ステディーFX)」のレビュー Strategy Testerのデータもフォワードデータも開示なし・・・ 「steady-FX(ステディーFX)」の販売ページに…

豪GOバイナリー 【検証とレビュー】

豪GOバイナリーでフェイスブックから他人の画像を盗用か? 有限会社サウザンドフェイスが、バイナリーオプションの商材をリリースしました。その名も、豪GOバイナリー。小笠原良行さんの商…

90日間1000万円プログラム 【検証とレビュー】

元リーマンブラザーズ社員が商材販売 元リーマンブラザーズ社員が、日本で情報商材販売をしています。ご存じの通りリーマンブラザーズは、2008年9月に倒産して、世界的金融危機(リーマン…

クイックFX 【検証とレビュー】 

ブローカー各社のレートをリアルタイム表示 本日は、ちょっと面白いツールをご紹介します。 クイックFXです。クイックFXは、国内の主要証券会社のレートを一つの画面で同時表示できるツー…

3ヶ月で「億」到達!現役大学生が使ったマタフとは?

現役大学生がFXで「億」稼ぐ! 現役大学生でFXトレーダーの「タカシ」氏が、ハーバードビジネスオンラインで特集されていました。タイトルは、「ポンド売りでバカ勝ち!」とある大学生が億…

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash- 【検証とレビュー】

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-は、バイナリーオプション商材だった ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-の全容が明らかになりましたが、バイナリーオプショ…

オートオーダー(GMOクリック証券専用) 検証とレビュー

GMOクリック証券のバイナリーオプション専用自動売買”ツール” 今回は、読者様からの情報を元にレビューをしてみたいと思います。今さら感があるのですが、GMOクリック証券に最適化した…