海外でBOから撤退するブローカーが相次ぐことの裏にある現実

海外でBOから撤退するブローカーが相次ぐ

海外でBOから撤退するブローカーが相次ぐ

バイナリーオプションへの逆風でVantage FXがBOサービスから完全撤退を決断

最近のニュースですが、Vantage FXがバイナリーオプションから完全撤退し、本来のFXブローカー業務に集中すると発表しました。

Vantage FXはオーストラリアの為替ブローカーです。日本でのサービス提供もおこなっていました。日本語に対応したWEBサイト・プラットホームを用意し、「HIGH&LOW」「ワンタッチ」「60secnds」などメジャーなバイナリーオプションサービスをおこなっていた海外ブローカーです。BOサービスの歴史は古く、2012年からBO商品のラインナップを提供していました。

ところが、法的な規制や、相次ぐメディアによるネガティブなニュース(BOは詐欺、悪徳商法だ)を受けて、バイナリーオプションから完全撤退する決断を下したのです。

ニュース元はこちらです。

Vantage FX Abandons Binary Options Offering to Focus on FX Trading

Vantage FX has turned the page on binary options, which it decided was a poor fit for its business.

Vantage FX Abandons Binary Options Offering to Focus on FX Trading
Vantage FX has turned the page on binary options, which it decided was a poor fit for its business.

引用:Retail FX

直訳すると、

Vantage FXバイナリオプション撤退し、FXトレーディングに重点を置く

Vantage FXはバイナリーオプションは、自社のビジネスにとってあまり適していないと判断しました。

バイナリーオプションに直面している否定的なメディアの調査と法的苦境の合計の重さは、Vantage FXにとってはあまりにも大きすぎます。その結果、オーストラリアの証券会社は、バイナリオプションの提供を直ちに中止し、FX業務のみに焦点を当てることにしました。

日本語メディアも直訳したものを報道しています。

【注目トピックス 経済総合】バイナリーオプションから撤退し、FXトレーディングに重点を置く

VantageFXが、バイナリーオプションに直面している否定的なメディアの調査結果と法的な縛りのすべてを飲み込むには、それはあまりにも苦い薬だったようである。その結果、このオーストラリアのブローカーは、バイナリーオプションの撤退を即座に判断し、FXのブローカー業務に専念することに決めた。
近年、バイナリーオプションは確かに多くの投資家や司法の間で支持を失い、ある特定の国での徹底的な禁止と、詐欺や悪徳商法といった嫌な評判の間で、バイナリーオプション・サービスを提供している多くのブローカーは、問題を避けて上手く運ぶか、もしくは、既存のバイナリーオプション・サービスに対して、引いてプラスになるような戦略を採用するか、どちらかを選択を迫られている。

(中略)

バイナリーオプションについての否定的な報道や評判の悪さが、VantageFXがバイナリーオプションから撤退するという原動力になったのは確かだ

(中略)

ところで、VantageFXは、バイナリーオプションから撤退した最初のブローカーではない。すでに、オンライン・ブローカーの24オプションが、バイナリーオプションから撤退し、FXとCFDへより力を注ぐという戦略的な転換を打ち出しているのだ。

引用:マネーポストWEB

海外ではバイナリーオプションへの悪評が高く、国を挙げて規制(BO禁止など)という方向へ動きつつあります。海外メディアもBOに対するネガティブ報道を積極的に行っているのです。

これが海外のBOに対するトレンドです。

Apple「おまいら、今日からバイナリーオプション禁止ね」

そのころ日本では・・・

ところが日本では、厚顔無恥の一流企業(上場企業)が平然とバイナリーオプションサービスを提供しているのです。このことに違和感を感じない人は、鈍感すぎますね。

海外におけるバイナリーオプションに対する認識は、「詐欺」「悪徳商法」です。一方の日本では、

  • 1000円でできる外為!(トレイダーズ証券)
  • 毎日が収益チャンス(GMOクリック証券)
  • 取り組みやすい投資(ワイジェイFX)

海外との温度差を感じざるをえません。日本人のギャンブル好きという国民性につけ込んだビジネス、それがバイナリーオプションです。そして日本のメディアも節操がないので、BOのネガティブな面には一向に目を向けようとしません。

日本人ってバカですね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプション…

モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売していま…

ストップ狩りとは?
国民生活センターが警鐘【バイナリーオプショントラブル急増】

アフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!? 儲かってるのに出金できない!? 海外FX取引をめぐるトラブル 【注意】BOBOXでトラブル続出 国民生活センターが警鐘…

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

12月26日気になる記事が掲載された 12月26日の日経新聞(日本経済新聞)夕刊に、バイナリーオプション自主規制の記事が掲載されていましたね。ざっと読んだところ、前回の発表(12月…

BO Daily Kingdom 【検証とレビュー】

BO Daily Kingdomの実績 BO Daily Kingdomは、その名の通りバイナリーオプションの商材です。2011年11月に販売スタートしてますので、まだ2ヶ月くらい…

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?
バイナリーオプション「二択型消滅」は規定路線なのか?それとも・・・

二択型禁止について情報が錯綜している? こんな記事を見つけました。 バイナリーオプションの[二択型]消滅のその後は? 日刊SPA!というネット雑誌系の記事(2013年1月23日)で…

バイナリーオプション自主規制はほぼ決定

【最新情報】 2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。 バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! バイナリーオプション自主規制へ …

バイナリーアイ 【検証とレビュー】

バイナリーオプション商材、バイナリーアイ バイナリーアイの販売ページですが気になる表現が多く、それでいて実態がつかみにくいという印象です。 馬鹿なのですか、あなた? あなたは&#8…

クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更
クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更

レンジ外総取りの”撤廃”とペイアウト率の変更 ご存じの通り本日(2013年4月22日)よりGMOクリック証券のバイナリーオプションルールが変更されました。ルール変更は2点です。 レ…

バイナリーオプションの危険性
【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

イタリアでバイナリーオプション禁止! なかなか衝撃的なニュースです。EU加盟国のイタリアがバイナリーオプションの禁止に踏み切ったようです。具体的には、イタリア国内で営業するバイナリ…

バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)
バイナリーオプションの本質はたんなる博打(バクチ)

バイナリオプションは博打(バクチ)と同じ 最近、バイナリオプションの情報商材が増えてきてます。バイナリオプションは、証券会社が個人投資家からお金を合法的に巻き上げるために作った金融…

バイナリープロ 【検証とレビュー】

バイナリープロは、分刻みのギャンブル バイナリープロは、60セカンズに最適化された商材です。 60セカンズは、60秒後のレート(というかノイズ)を予測する究極のバイナリーオプション…