白船誕生FX 【検証とレビュー】

   2015/06/17

”白船誕生FX” と ”黒船再来FX”

今回は、読者様から提供して頂きました情報をもとに、FX商材を検証していきたいと思います。

その名も「白船誕生FX」です。・・・どこかで聞いたことのある名前ですね。数年前に「黒船再来FX」というFX商材がありました。確認してみると、同じ販売者(株式会社チャートマスター)ですね。

白船誕生FXを検証する前に、黒船再来FXを少しおさらいしてみましょう。※黒船再来FXは、現在は販売停止しています。

黒船再来FXは、ライントレード商材

前作「黒船再来FX」は、いわゆるライントレードマニュアルでした。トレンドライン・サポート&レジスタンスライン、そしてフィボナッチラインを使用した半システム・半裁量系マニュアルです。これといって目新しいことはなく、王道的な手法です。

販売ページに登場していたのは、根崎優樹氏(現株式会社チャートマスター専務取締役)です。当時の販売ページには、顔写真も掲載されていました。

根崎優樹

1985年生まれですから、現在(2012年)は27歳ですかね。黒船再来FXは4年前くらいの商材ですから、23~24歳の時でしょうね。根崎優樹氏は、当時とても若く、販売ページには海外のトレーダースクールを最年少で卒業したと、記載されていたことを覚えています。

詳しく調べてみると、どうやらConcorde Forex Groupという為替投資グループに参加していた、ということになっているようです。

現在の根崎優樹氏のプロフィールは、こちらに掲載されています。
>>根崎優樹氏のプロフィールを見てみる

あなたの資産を18ヶ月で1億円にする!?

 あなたの資産を

18ヶ月で1億円にしてみませんか?

黒船再来FX販売ページより引用

是非、してみたいです。

このフレーズは、黒船再来FXの販売ページに掲載されていたキャッチコピーです。黒船再来FXを購入して資産が18ヶ月で1億円になったという話はネットでは拾えませんでした。この商材を購入した方の声を聞いてみたいです。

さらには、

クライアント総勢1,753名に56連勝させる手法を教える男・・・

黒船再来FX販売ページより引用

1700名を超えるユーザー全員が56連勝とは、すごいです。

私、根崎優樹は、貴方にお約束します。

今後一生お金に困らない自由な暮らしを手に入れることをお約束します。

例えあなたが、FXを一度もやったことがなかったとしてもです。

黒船再来FX販売ページより引用

”一生お金に困らない自由な暮らし”って憧れますね…。

株式会社チャートマスターは、金融商品取引業者登録会社

白船誕生FXと黒船再来FXを販売している株式会社チャートマスターは、金融商品取引業登録業者です。

株式会社チャートマスター

関東財務局長(金商)第2086号

金融商品取引業登録業者とはいえ、かなり思い切った表現を使って募集をしていますね。

 あなたの資産を18ヶ月で1億円にしてみませんか?

黒船再来FX販売ページより引用

クライアント総勢1,753名に56連勝させる手法を教える男・・・

黒船再来FX販売ページより引用

私、根崎優樹は、貴方にお約束します。

今後一生お金に困らない自由な暮らしを手に入れることをお約束します。

例えあなたが、FXを一度もやったことがなかったとしてもです。

黒船再来FX販売ページより引用

金融商品取引業登録業者が、このような誇大とも取られかねない表現を使用することは問題ないのでしょうか?気になりますね。

黒船再来FXのバックエンド商品が”PAチャート”

黒船再来FXライントレードマニュアルでした。さらには、この商材にはバックエンド商材が控えていました。それがPAチャートと呼ばれる、チャートシステムです。

PAチャートはオリジナルチャートシステムですね。メタトレーダーのようなものの「有料版」というイメージです。

黒船再来FXを購入すると、PAチャートを1ヶ月間だけ無料で利用できる権利がついてきます。1ヶ月目は無料ですが、2ヶ目以降は毎月25,000円の使用料が発生します。

実はこの黒船再来FXの販売価格は41,800円だったのですが、アフィリエイト報酬は30,000円という高額報酬が設定されていました。70%超の報酬額(41,800円に対し、30,000円の報酬額)です。

この30,000円という高額報酬に期待して、多くのアフィリエイターが黒船再来FXを紹介していました。

高額アフィリエイト報酬を設定して、多くのアフィリエイターを使って黒船再来FXを販売し、購入者に対し毎月課金のPAチャートを紹介する、という流れです。

彼らが販売しようとしているPAチャートとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

PAチャートは、有料のチャートシステム

チャートシステムについて、簡単におさらいしてみます。FXのチャートシステムとして誰もが思い浮かべるものは、メタトレーダーがありますね。

メタトレーダーは無料で利用でき、世界中で多くの利用者が存在します。

FXのチャートシステムとしては非常に高機能で、デフォルトのテクニカル指標に加え、誰でも自由にオリジナルインディケーターやEA(自動売買システム)を作成して利用することができる非常に優れたシステムです。

そしてもう一つ、世界的に有名なチャートシステムが存在します。それは、GFTのDealBookというチャートシステムです。
>>DealBookの記事を読む

こちらも世界中で多くの利用者が存在します。

日本でも、GFT-FX(証券会社)だけでなく、GFT系と呼ばれる証券会社に口座開設すれば、誰でも無料で利用可能です。

さらには、DealBookはその機能性や拡張性を評価されて、これまでに数々の賞を受賞しています。以下は、DealBookの受賞歴の一部です。

  • 最優秀オンライン・トレーディングプラットホーム賞(2011年Shares誌)
  • オンライン海外トレーディングプラットホーム賞(2010年MoneyAM誌)
  • 最優秀プロダクト賞(2009年Shares誌)
  • 最優秀オンラインチャート賞(2009年MoneyAM誌)
  • 最優秀アクティブ・トレーディング・ツール賞(2008年Shares誌)

その他にも、チャートシステムは、数多く存在します。日本にも独特のチャートシステムがありますね。

このサイトでもご紹介した、セントラル短資の「みらいチャート」やFXプライムの「ぱっと見テクニカル」などです。
>>みらいチャートとぱっと見テクニカルの記事を読む

ここまでに紹介したチャートシステムは、口座開設すればすべて無料で利用できます。月額利用料など一切発生しません。

無料でも、十分すぎるほど優秀なチャートシステムを利用できる環境があります。

そんな中、あえて有料のチャートシステムを利用する意義とは、何でしょうか?

お試し版のPAチャートLiteを試してみたい

PAチャートは、Scott Barkley(ProActTraders社)というアメリカ人が開発したチャートシステムです。

そして、根崎優樹氏が専務取締役を務める株式会社チャートマスターが日本での独占販売権を所有しています。利用料は毎月25,000円です。

他のチャートシステムと大きく異なる(と謳っている)ところは、3つのオリジナルシステムが標準で備わっている点です。

  • 6ACES(シックスエース)
  • WildCard(ワイルドカード)
  • Royal Flash(ロイヤルフラッシュ)

なんだかポーカーの役(やく)のような名前ですが、よくよく見てみると、これらのオリジナルシステムはシステムテンプレートのようです。

PAチャートが、独自性に優れ、優位性があるかは、実際に使ってみないと判りません。

結局はPAチャートにかぎらず、メタトレーダーもDealBookも、そのプラットフォームが自分に合うかどうか?ということが大切だと思います。

気になる方は、5,000円で4週間だけ使えるお試し版「PAチャートLite」を使ってみてはいかがでしょうか?お試し版ですが、無料ではありません(5,000円)。

一部機能が制限されていますが、PAチャートがどんなものか感覚を掴めると思います。

PAチャートの動画を見てみる

Youtube(ユーチューブ)でも、PAチャートの動画がたくさんありますので、その一部を掲載します。

このチャートシステムに、25,000円もの価値があるのかどうか?ご自身の目でお確かめ下さい。

http://youtu.be/Dd7U5M2EfUc

http://youtu.be/pcv3iy4Qbww

白船誕生FXも、PAチャート販売の足がかりか?

今回の白船誕生FXも、PAチャートを販売拡大するためのフロントエンド商品のような感じがします。

白船誕生FXの中身は、ライントレードマニュアルです。黒船再来FXと同様、トレンドライン・サポートレジスタンスライン、そしてフィボナッチラインを使用した王道的な手法が中心です。

購入すると、PAチャートを1ヶ月無料で使用できる権利が付いてきます。そしてこの手法(白船誕生FX)を継続して実践するためには、PAチャートが欠かせないということになり、結果的にPAチャートの継続利用料(毎月25,000円)を支払って利用するという流れです。

毎月継続的に売上が発生するPAチャートこそ、彼らの最も売りたい(販路拡大したい)商品なんでしょうね。

PAチャートの認知度の高まりに期待したい

PAチャートですが、日本ではあまり馴染みのないチャートシステムです。

ユーザーの選択肢が増えることは非常に好ましいことですので、もう少しPAチャートが日本の投資家に認知されるよう、頑張って欲しいですね。

商材販売と絡めるよりも、純粋にPAチャートLite(5000円のお試し版)を無料で提供してはいかがでしょうか?

無料で使ってみて良いものだと認知されれば、たとえ有料であっても継続的に使ってくれるユーザーは沢山いると思います。

もう少し、PAチャートの認知度が高まることを期待したいところです。

>>販売ページを見てみる

検証済みFX商材ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

autorder
オートオーダー販売予定から一転、無料ダウンロードへ・・・

”販売予定” から一転、”無料配布” へ 先日、このブログでご紹介したオートオーダーですが、どうやら無料で配布することが決定したようです。 >>オートオーダー検証とレビュー(2013年1月9日の記事) このブ […]

マナブ式FX完全マスタープログラム
マナブ式FX完全マスタープログラム THVの使い方

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVシステムを使ってみよう 前回の記事で、THVシステムのダウンロード&設定方法を解説しました。 >>THVシステムのダウンロード&設定方法 >>マナブ式FX […]

ライントレード商材を比較
ライントレードFX商材を比較してみる

ライントレード商材が増加傾向にある ここ最近の傾向ですが、ライントレード商材を多く見かけるようになりました。一方、MT4のインディケーターや、シグナル系の商材は、元気が無いですね。ユーザーがシグナルツールに飽きてきたとい […]

バイナリー大百科
バイナリー大百科 【検証とレビュー】

バイナリー大百科は、裁量商材 バイナリー大百科は、バイナリーオプション商材にしては珍しい裁量系のマニュアルです。 販売者であるニーノ氏は、ブログも運営されていますね。 >>ニーノ氏のブログ「 バイナリーオプシ […]

hp_50231
FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

FXシグナル配信”黒山”は、投資助言代理業社のサービス 今回は、多くの方から検証依頼を頂いている商材をご紹介します。 FXシグナル配信「黒山」は、投資助言代理業の登録をしている株式会社エスフィールドのFXシグナル配信サー […]

ranking
FX商材 購入数ランキング~2012年10月現在~

FX商材のご購入数ランキング 以前からご要望が多かったので、当サイトからご購入いただいたFX商材のご購入数ランキングをご紹介します。 第1位 ビクトリーメソッドアドバンス 最も多くご購入いただいているのは、AAA評価のビ […]

hp_52666
バイナリー専用シグナル配信システム-Everything-【検証とレビュー】

60セカンズ・ペイアウト率70%ブローカー対応の商材 バイナリー専用シグナル配信システム「Everything」は、海外ブローカーに特化した商材です。 60セカンズ(60秒後のレートを予測)ペイアウト率70%の、海外ブロ […]

top
FX風林火山 【検証と評価】

分速FXの小出万吉さんが総監修したFX商材 とても気になる内容のFX商材です。販売ページの中に以下の一文があります。 今回、正式にその全貌をマニュアル化するにあたり、私のFXの師匠であるFXトレーダーの小出万吉氏に総監修 […]

マステリースタイルトレードクラブ
マステリースタイルトレードクラブ 【検証とレビュー】

マステリースタイルトレードクラブは高額FX塾 マステリースタイルトレードクラブは、高額FX塾です。 今回が8回目(8期生)の募集となります。販売会社は、株式会社SKナレッジです。 SKナレッジは、いわゆるプロダクトローン […]

hp_57111
TURBO FX 【検証とレビュー】

TURBO FXは、+15pipsスキャルの進化版 TURBO FX~3ステップ・トレードシステム~という商材が発売されました。 >>TURBO FXの販売ページを見てみる 販売元は、酒井謙光さんという個人の […]

54622
SJCシストレ実践CLUB 【検証とレビュー】

SJCシストレ実践CLUBは、単なるEAの販売 SJCシストレ実践CLUBは、本日(6月27日)現在、インフォカートでランキング1位の商材です。 名前からして塾のようなものを連想させますが、基本的にはEA(自動売買システ […]

hp_47165
ドラゴンアタックFX 【検証と評価】

フィボナッチボリバンを使った逆張りスキャル ドラゴンアタックFXは、フィボナッチボリンジャーバンドを使った逆張りスキャルです。 フィボナッチボリンジャーバンドを使う商材は以前にもありましたね。こちらです。 >&gt […]