2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

「指値注文」「逆指値注文」「 成り行き注文」の語源、知ってる?

「指値注文」「逆指値注文」「 成り行き注文」の語源、知ってる?

「指値注文」「逆指値注文」「 成り行き注文」の語源、知ってる?

どうして「指値」「逆指値」「 成り行き」と呼ぶのか?

前回は、「指値注文」「逆指値注文」「 成り行き注文」の意味を詳しく解説しました。

ところで、「指値」「逆指値」「 成り行き」の言葉の由来をご存じでしょうか?

「指値」の由来は、指で値段を指し示すことからきています。築地市場とか青果市場などの”せり”を思い浮かべるとイメージできると思いますが、たくさんの仲卸業者が互いに「指」で値段を示していますよね。

取引符丁

取引符丁

取引符丁(とりひきふちょう)と呼ばれるサインです。こうした指によるサイン(取引符丁)が昔の株式相場(立会場)にもあったそうです。指のサインで「買いたい金額」を示して取引をしていたことから、指で値段を指す=「指値」となったと言われています。

市場の”せり”はオークションですから、値段はどんどんつり上がりますが、相場での指値は、「この値段まで下がったら買いたい(この値段まで上がったら売りたい)」という意味ですから、逆オークション(=リバースオークション)に近いイメージですね。

メルカリなどの個人売買では、よく行われている手法です。「1000円は高いけど、800円だったら買ってもいい」…つまり買い手に有利な価格交渉です。

一方、「逆指値」というのは、単純に「指値」の逆という意味しかありません。指値の逆側(不利なレート)で注文を入れることから、逆指値と名付けられました。結果的に、言葉だけでは分かりづらくなってしまったように感じます。うーん、もっと良い言葉が合ったと思うのですが、あまりにも安易な発想で残念です。

「成り行き注文」の”なりゆき”は、時勢とか風向き、プロセス、過程などの意味があります。まあイメージはつかめますよね。その時の流れ(トレンド)に乗って注文を出すイメージです。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

海外FXで、指値を「Limit Order」、逆指値を「Stop Order」と呼ぶ理由

海外FXではそれぞれの注文方法を、以下のように呼んでいます。

  • 指値注文…(Buy or Sell) Limit Order
  • 逆指値注文…(Buy or Sell)Stop Order
  • 成行注文…Market Order

成行注文が「Market Order」はわかるとしても、どうして指値注文が「Buy or Sell) Limit Order」で逆指値注文が「(Buy or Sell)Stop Order」なのか?

Buy Limit Order(買い指値注文)、Sell Limit Order(売り指値注文)

まずは、Buy Limit Order(買い指値注文)、Sell Limit Order(売り指値注文)について。

Buy Limit OrderとSell Limit Order(指値注文)

Buy Limit OrderとSell Limit Order(指値注文)

買いポジションを持っていて、含み益がある状態で決済をする場合は反対売買を行います。つまり「売り注文」ですね。レートが上昇したときに利益確定(Limit)するための注文だからLimit Order。Limit Orderで新規に売ることを「Sell Limit Order」と呼びます。「Limit Order」でSell(売る)と捉えるとわかりやすいですね。

売りポジションを持っている場合はその逆。利益確定するためのLimit Order(買い注文=反対売買)ですが、新規に買い注文を建てることを「Buy Limit Order」と呼ぶわけです。「Limit Order」でBuy(買う)ということ。

  • 「 Limit Order」で新規に買う=Buy Limit Order
  • 「Limit Order」で新規に売る=Sell Limit Order

Buy Stop Order(買い逆指値注文)、Sell Stop Order(売り逆指し値注文)

「Buy Stop Order、Sell Stop Order」という呼び名は、もともとストップロス、つまり損失を限定するために使われていた注文方法からきています。

売りポジションを保有しているときの決済は、「買い注文」ですよね(反対売買だから)。となると売りポジション保有時、レートが逆行したときに「買い注文(反対売買)」を入れるということは「ストップ」=損切りを意味します。だから「Stop Order」なのです。

本来はストップ(損切り)の意味での「Stop Order(買い注文=反対売買)」ですが、「Stop Order」で新規に買うことを「Buy Stop Order」と呼ぶわけです。

Buy Stop OrderとSell Stop Order

Buy Stop OrderとSell Stop Order

逆も同じです。買いポジションを保有しているときの損切りは、「売り注文」ですよね(反対売買)。買いポジション保有時、レートが下落したら損切りをおこなうために反対売買で「売り注文」を入れる必要があります。だから「Stop Orde(売り注文で損切り)」。「Stop Order」で新規に売ることを「Sell Stop Order」と呼ぶわけです。

  • 「 Stop Order」で新規に買う=Buy Stop Order
  • 「 Stop Order」で新規に売る=Sell Stop Order

…英語のほうが理解しやすいですよね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら