スターハンターFX 【検証とレビュー】

スターハンターFXはシグナル点灯ツール

MT4対応のシグナル点灯ツールです。

スターハンターFXの概要は以下のとおりです。

  • 推奨通貨ペア:EURSD(ユーロドル)
  • 使用する足 :15分足(4時間足でトレンドを確認)
  • 基本ロジック:トレンドフォロー(短期ブレイク)
  • リペイント :有り

香港の敏腕トレーダー「マーティン」氏のロジックを、MT4のインディケーターに落とし込んだツールだそうです。マーティン氏が実在の人物かどうかは不明です。私達は、マーティン氏の存在を確認する術(すべ)を持ち合わせていません。

結局のところ、この手のツールは成績(フォワード)が全てですね。

肝心の成績は?

スターハンターFXの肝心の成績ですが、これもよく判りません。モニターお二人のトレード履歴(デモかリアルか不明)のキャプチャのみです。(どちらも数日間程度の成績?です。

スターハンターFXの販売開始日(インフォトップ登録日)は、2013年11月6日ですが、販売ページのトレード履歴の日付は、8月中旬〜下旬のものです。9月以降のトレード履歴(フォワード成績)は、不明です。何故なのでしょう?

スターハンターFXの優位性を示すには、もう少し実績を提示して欲しいところです。少なくとも直近3ヶ月〜6ヶ月程度の継続的な実績(フォワード)を提示していただかないと、このツールの優位性(継続的に利益を出せるかどうか)を証明することにはならないと思います。

結局のところ、購入者が人柱(ひとばしら)になるしかありません。できれば、販売者の方でフォワード実績を継続的に更新するなどの、サービスを希望したいですね。

スターハンターFXのロジック

スターハンターFXは、4時間足でトレンドの流れを確認し、15分足でシグナルに従ってエントリーする「トレンドフォロー」スタイルです。

スターハンターFX15分足
画像引用:スターハンターFX販売ページ

全てのシグナルに従うのではなく、独自のフィルター(裁量)でシグナルの取捨選択を行うようです。さらに、ツールで表示されるサポレジライン(抵抗線・支持線)も、エントリーや決済の目安で使用します。

4時間足で表示されるラインは、おそらくPIVOTだと思われます。

4時間足のPIVOT
画像引用:スターハンターFX販売ページ

リペイントされる

スターハンターFXはシグナル点灯ツールですが、シグナルの星(☆)がリペイントされます。つまり、ローソク足(15分足)が確定するまでは、シグナルが点いたり消えたりするということです。

ローソク足が確定すれば、シグナルが消えることはありません。

テクニカルだけに頼ることの危うさ

これまでも何度も述べていますが、シグナル点灯ツールだけで勝てるほどFXは甘くはありません。

スターハンターFXにおいても、最終的にはシグナルの取捨選択が必須となります。そして、この取捨選択こそ、最大のポイントであり、最も難しい点です。

テクニカルツールのサインは、結局のところ過去レートの統計的なデータから未来の値動きを予測して、シグナルを表示しているに過ぎません。サポレジラインやPIVOT(ピボット)も同様です。

相場は、もっと複雑な要因(ファンダメンタル)によって動きます。あらゆるエリアの国際情勢や政治の動向、機関投資家の動きや、個人投資家の集団心理(アノマリーを含む)など、様々な要因が複雑に絡み合ってレートが動きます。過去のレートという単一情報だけで、勝てるわけがありません。

もちろんシグナルの取捨選択という点において裁量が入ると思いますが、その裁量判断も過去チャート(ライン等)から導き出した判断のみであれば、長期的な優位性があるとは言えないでしょう。

なかなか一筋縄ではいかないのが、投資という行為なのですね。

もっと簡単に情報収集する方法があります

様々な情報を収集するには、コストも時間もかかります。

CNNニュースに目を通し、経済新聞を隅から隅まで読み、指標発表に目を光らせ、機関投資家の動向を把握する。ここまでできている人など、ほとんどいないでしょう。

こうした手の込んだ作業をしなくとも、もっと簡単に(ファンダメンタル)情報収集を行う方法があります。それは、特定のアナリストの予測を参考にすることです。

世の中には沢山のアナリスト(予想屋)が存在します。その中から、自分と相性の良いアナリストを探し出します。彼らは、少なくともあなたよりも、はるかに多くの情報を読み解いて、将来の為替レートの予測をおこなっています。

もちろん、当たることもあれば外れることもあるでしょう。ですので100%鵜呑みにするのではなく、あくまで参考にする程度に留めることです。

アナリストが予測するトレンドの方向を確認し、実際のトレードに活かすわけです。そうすれば、わざわざ自分で国際情勢や世界の政治・経済動向を把握する手間が省けます。

GFF氏の情報収集が参考になる

実際に為替アナリストを活用して、資産を大きく増やした人物が存在します。トレーダーのGFF氏です。

ご存知のようにGFF氏は、FXトレードで10万円から6億円まで資金を増やした、伝説のトレーダーです。

彼はテクニカルだけでなく、特定のアナリストの予測を参考にトレードを行っていました。そのアナリストとは、吉田恒さん、川井美智子さんです。

GFF氏は、為替アナリストが予測する日足~週足ベースの動きを意識して、自身のトレードを行っていたことで有名です。

テクニカルだけに頼ってトレードをしていて勝てない人は、是非、アナリスト予測を参考にすることをオススメします。もちろんアナリストもピンきりですので、しっかりと見極めることが大切です。

スターハンターFXのようなシグナル点灯ツールを使うのであれば、是非とも、為替アナリストを活用して長期のトレンドなどを把握してみてはいかがでしょうか?より自信を持ってシグナルの取捨選択ができるようになると思います。


 よく読まれている記事

上杉式 30days Training Programも海外無登録ブローカーを推奨

上杉式 30days Training Programが推奨するブローカー 上杉式 30days Training Programという商材についてのお問い合わせを頂きました。 販…

約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは?

他人のお金でFX!? とても興味深いサイトを見つけました。その名もSocial FXです。サブタイトルは「他人のお金でFX」。 Social FX(他人のお金でFX) 世界初のユー…

バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない 一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味…

バイナリーオプション規制まで、あと10日!

日本証券業協会の公式発表です 2013年11月19日に、日本証券業協会が公式発表を行いました。 「バイナリーオプション取引に関する規則」の制定及び「協会員の投資勧誘、顧客管理等に関…

Easy Scal FX【検証とレビュー】

Easy Scal FX(イージー・スキャルFX)【検証とレビュー】 Easy Scal FXは”ドル円5分足”に特化した「スキャルピング」シグナルツールだ FX商材にスキャルピン…

『高勝率トレード学のススメ』レビュー

投資の良書をご紹介 今日は、久々に蔵書を紐解いてみました。投資に関する書籍は、自宅に120冊くらいあります。所有する投資本の大半が4~5年前に購入したものです。最近は、購入していま…

3ヶ月前の「みんなのクレジット」社長インタビューと現実(行政処分勧告)が乖離しすぎてて笑えない

みんなのクレジット代表取締役白石伸生氏のインタビュー記事が興味深い 先月3月24日に行政処分(業務停止命令)勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、出資金の一部が社長である白石伸…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?

FXCMジャパン証券のレート操作に行政処分 FXブローカーによるレート操作に、とうとう行政のメスが入りました。 数ヶ月前の情報ですが、ご存じない方も多いと思いますので改めて取り上げ…

ドラゴンストラテジーFXの優位性を高める工夫

SQIとの組み合わせで優位性を高める方法 過去の記事でドラストFXと当サイトの特典であるSQIが、非常に相性が良いことを解説しました。 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わ…

ジャンル別オススメFX商材のご案内

毎日、多くの方からご質問を頂きますので、ジャンル別におすすめ商材をご案内させていただきます。 手法やロジックなどによってジャンルを分けて、おすすめできるFX商材をランキングしました…

スパッとスナイパーFX 【検証とレビュー】

FX孔明氏の為替塾の塾生が開発したインディケータ…スパッとスナイパーFX スパッとスナイパーFXというシグナルツールが販売されています。MT4専用のシグナル点灯インディケータです。…

FXライントレード・マスタースクール
FXライントレード・マスタースクール【検証とレビュー】

「FXライントレード・マスタースクール」とはどんなFX商材か? FXライントレード・マスタースクール(ライマス)はあらゆる相場環境に順応できる”王道ロジック” FX−Jin氏が体系…