【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴

松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。

松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」

2013/10/24 17:54

松井証券の松井道夫社長は24日に都内で記者会見し、インターネットを通じた外国為替証拠金(FX)取引の約定遅れを巡って東京地裁が茨城県の男性に200万円を支払うよう命じた判決が16日に出たことについて「控訴しない」と述べた。

控訴しない理由については言及しなかった。

松井氏は約定の遅延による損害をFX取引の仲介会社が補償することを決めた判決が「業界全体に影響する」との見方を示した。

約定遅延などによって発生する「スリッページ(注文価格と約定価格の差)とスプレッド(売値と買値の幅)は実はコインの表裏の関係だ。そうした業界内の事情に対して、どう交通整理し、どのように個人に伝えるかはFX業界では大問題になるだろう」と語った。

引用:日本経済新聞WEB版

今回の裁判では、18秒の遅延(スリッページ)が許容範囲かどうか?という点が争われたのですが、「合理的範囲内とはいえない」と指摘されたわけです。

松井証券社長は控訴しないとしつつ、今回の判決の影響度について語り、暗に(判決に不服)という印象を世間にアピールしています。

日経225オプション取引裁判では、勝訴

実は、松井証券は以前にも類似の裁判を経験しています。FXではなく日経225オプション取引です。裁判となった取引は、2011年3月14日のイブニングセッションで発生しました。

松井証券のロスカット口座において、瞬間的な異常値が発生したことにより強制決済(ロスカット)が発動し、結果的に複数の投資家が甚大な損失を被ったとして、損害賠償請求訴訟が起こされました。

このロスカットによる投資家全体の損失は、20億円ともウワサされています。結局この裁判は、原告の敗訴(請求の棄却)で幕を閉じました。(控訴しているかどうかは不明です)

つまり、松井証券の勝訴ですね。詳細は「松井証券 ロスカット口座」で検索してみて下さい。

この日系225オプション取引裁判では、松井証券のシステム不具合も争点になっていたはずです。つまり、異常値(理論値からかけ離れた価格)発生によるロスカット発動は、異常値を発生させたシステムそのものに問題がある、ということです。

原告の思惑に反し、裁判ではその主張は通らなかったようです。

金融庁の監視を気にして、控訴断念?

恐らく今回のFXスリッページ裁判も、松井証券側は余裕で勝てる思っていたのではないでしょうか?しかしながら、予想に反し敗訴です。

スリッページに対する金融庁の監視強化なども、判決に影響を及ぼしたのかもしれません。

判決を受けて松井証券社長は「控訴しない」としつつも、判決内容がFX業界全体へ及ぼす影響は大きく、大問題になるだろうと述べています。

控訴することによるデメリット(イメージ悪化による投資家の流出)が大きすぎたため、控訴を諦めたのかもしれませんね。もしくは、スリッページ問題に敏感になっている金融庁から、目をつけられてしまうことを恐れた可能性もあります。

業界への影響は必至

松井社長が述べた通り、今回の判決がFX業界へ及ぼす影響は大きいでしょう。今後、証券会社の非対称スリッページ行為はますますやりづらくなります。

非対称スリッページ行為とは、顧客側の利益になるほうにスリッページが発生した場合は無効とし、顧客の損失になるほうにスリッページが発生した場合は有効とする行為のことです。

スリッページが健全化されることで、証券会社同士の過度なスプレッド競争が鳴りを潜める可能性もあります。これは、FX投資家にとっては良いことだと私は考えています。今後は、透明性のある証券会社が選ばれる(生き残る)のではないでしょうか?



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ


※様々なテーマ/カテゴリからFX商材を検索可能







 

 よく読まれている記事

全力男コピートレード週間レポートが残念な件(全コピFX)

全力男氏のトレードが崩壊? お馴染みの全コピFXに関する続報です。全コピFXについては、当サイトでも何度も取り上げてきました。 全コピFX【検証とレビュー】 コピートレードのトラブルと和解事例 全コピFXでロスカットが続…

【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは?

56万円の投資DVDで学生の間にトラブル急増 何度もニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、未だにトラブルが多い事案です。NHKニュースによれば、トラブルの件数は、昨年に比べて増加しているようです…

キューティーバイナリー 【検証とレビュー】

キューティーバイナリーの「佐藤あき」さん… 証券会社出身の佐藤あきさんの写真が、でかでかと掲載されていますね。証券会社出身だそうですが、できればどこの証券会社名か記載して欲しいですね。 ところで、投資情報商材には様々な経…

オール・イン、不起訴

オール・イン詐欺容疑幹部、不起訴に オール・インによるFX詐欺容疑で逮捕された元幹部が不起訴になりました。 FXめぐる詐欺容疑、3人不起訴 札幌地検、嫌疑不十分 2014年10月15日20時17分 札幌市に本社があった投…

富豪ファミリープロジェクト第3期 【検証とレビュー】

富豪ファミリープロジェクト第3期は、セミナー形式による株式投資塾 読者様からの検証依頼が殺到している商材(塾)のご紹介です。 富豪ファミリープロジェクト 販売元の株式会社カーロットは、過去にFX関連の商材などもリリースし…

バイナリースパイダー 【検証とレビュー】

GMOクリック証券のサービス開始日をご存じですか? まずは、バイナリースパイダーの販売ページ内の動画(最初の動画)をご覧下さい。 販売ページを見てみる 5万円を1年で4545万円にした実績がエクセルで解説されていますね。…

投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか? FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか?特にFX情報商材を購入する層は、ほぼ1…

キプロスがEUを離脱すれば、FX業者は大打撃!

預金の25%が棒引き(課税)される! キプロスの預金封鎖第一報から、すでに1週間経過しました。 ”キプロスで預金封鎖” の余波 キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー キプロス拠点のFX業者を一覧でまとめてみた し…

タイムゾーンブレークアウト 【検証とレビュー】

MAX氏のブレイクアウト系商材 タイムゾーンブレークアウトは、6月1日に発売以来インフォカートランキングで常に上位にありますね。ロジック考案者のMAX氏は、これまでにも数多くの商材を出されています。MAX氏の名前を冠した…

資本家に搾取される無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり? GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート) ようやく、バイナリーオプション系の商材も落ち着いてきた感じです…

パラダイム・トレーダーFX【検証とレビュー】その3

パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】その1 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】その2 パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた パラダイム・トレーダーFXをMetaTrader4に…

投資は「90%の苦痛」と「10%の安堵感」で構成されているって知ってた?

EAはまるでゲーム世界のアイテム EA使ってる人、多いですね。たしかに自動売買システム(EA)は使い始めると面白いし、その奥深さにハマると思います。複数のEA(システム)を稼働させて資金を増やしていく過程は、まるでゲーム…