2012年(昨年)のFX業界を振り返る

   2014/05/20

2012年のFX業界を振り返ってみる

明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

2013年最初の記事です。本日は今さらですが2012年をざっと振り返ってみたいと思います。何故なら、2012年(過去)の業界の動向から、2013年(未来)が見えてくるかもしれないからです。

まずは、2012年のFX業界を振り返ってみましょう。相変わらず新規参入と撤退・業界再編がありましたね。

まずは新規参入してきた業者です。

  • 2012年4月 王子証券が新規参入
  • 2012年5月 SBI FXトレードが新規参入
  • 2012年11月 プレミア証券が新規参入

次にFX事業から撤退した業者を見てみましょう。

  • 2012年2月 ヴォイスコムがFX事業撤退
  • 2012年4月 MF Global FXA証券がFX事業撤退
  • 2012年7月 サン・キャピタル・マネジメントがFX事業撤退
  • 2012年9月 今村証券がFX事業撤退
  • 2012年10月 レクセム証券がFX事業撤退
  • 2012年11月 CMC Markets JapanがFX事業撤退
  • 2012年12月 イニシア・スター証券が登録取り消し
  • 2012年12月 ひろぎんウツミ屋証券がFX事業撤退

FX業界の再編も加速しました。

  • 2012年1月 豊証券がフィリップ証券へFX事業譲渡
  • 2012年5月 岩井証券とコスモ証券が合併→岩井コスモ証券誕生
  • 2012年8月 ソニー銀行がマネックスグループへ株式譲渡
  • 2012年8月 FXプライムがGMOクリックホールディングスへ株式譲渡
  • 2012年9月 外為ジャパンがDMM.comへFX事業譲渡
  • 2012年9月 外為ジャパンがPLANEX TRADE.COMへ社名変更
  • 2012年12月 三田証券がインヴェスト証券へFX事業譲渡
  • 2012年12月 スター為替証券がインヴェスト証券へFX事業譲渡
  • 2012年12月 フェニックス証券がヒロセ通商へFX事業譲渡
  • 2012年12月 カカクコムがサクソバンクFX証券へFX事業譲渡
  • 2013年1月 サイバーエージェントFXがヤフーへ株式譲渡(ニュースは2012年12月12日)

ご覧の通り、業界の再編も加速されました。

2013年はバイナリーオプション自主規制が本格始動する年です。当然、業界再編もさらに加速される予感がします。体力のない業者は身売りや撤退を余儀なくされるでしょう。

激しいスプレッド競争が再燃

2012年の夏以降スプレッド競争が激化し、各証券会社もかなり厳しい経営を強いられてきました。

スプレッド競争は2012年以前もありましたが、昨年(2012年)は、GMOクリック証券DMM.com証券が新たなスプレッド競争を引き起こしました。

この2社につられるように、他の証券会社もスプレッド競争の大きな波に飲み込まれてしまいました。他の業者はたまったもんじゃないですね。体力のない業者は、撤退もしくは譲渡(合併)に走らざるを得なくなりました。

まるで、牛丼の価格競争のようですね。”松屋”と”スキヤ”の牛丼値引き競争に、”吉野屋”が巻き込まれて、体力を大きく消耗したときのようです。

スプレッド競争はひとまず鎮静化したようですが、2013年はどうなるでしょうか?低スプレッドが当たり前の時代になってしまったことによる、弊害(スリッページの多発、約定拒否など)も今後は増えてきそうな予感です。

FX税制改正により一律20%へ

2012年の大きなニュースといえば、FXの税制改正ですね。
>>FXの税金~申告分離課税と海外ブローカー~

2012年1月1日からFX取引に関する税制が、大きく変わりました。これまでは総合課税(課税所得に比例して税率が高くなる)が適用されていましたが、2012年1月1日以降は申告分離課税へと変更されましたね。税率は一律20%となりました。

※ただし国内ブローカーのみです。海外ブローカーは対象外です。

バイナリーオプションの繁栄と規制

そして、2012年を最も賑わせた出来事といえば、バイナリーオプションの自主規制に関するニュースですね。

2012年9月に、にわかに持ち上がった自主規制のニュースが、12月には具体的になって発表されました。

>>バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!
>>バイナリーオプション自主規制案で、GMOクリック証券が涙目
>>バイナリーオプション自主規制で何が変わるか?
>>バイナリーオプション規制を受けて各社の動き
>>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

GMOクリック証券がバイナリーオプションを提供し始めたのは2011年3月22日です。

バイナリーオプションが本格的に浸透し始めたのは、2012年でしょう。

シンプルで勝敗がすぐに判るギャンブル(投資)として、多くのユーザーが飛びつきました。

バイナリーオプションの流行と共に、多くのバイナリーオプション商材が販売されました。簡単に勝てる!と思わせるような商材もたくさん販売されましたね。しかし、実際はどうだったのでしょうか?

約8割の顧客がマイナスだった!

FXトレード・ファイナンシャルが2013年1月3日に公表したデータによれば、バイナリーオプション商品で損失が発生した口座数の割合は、78.4%だそうです。(2012年12月の結果)

つまり、10人中8人弱は、バイナリーオプションでトータルマイナスである、ということです。

今回、FXトレード・ファイナンシャルが顧客全体のマクロ的な損益実績の状況を公表した理由は、バイナリーオプション自主規制の主旨に基づくものです。

自主規制案には、

顧客全体の損益実績も月ごとに公表させる。

>>バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

というルールが新たに盛り込まれました。

このルールに基づいて、2012年12月の損益実績状況を公開したわけです。すると・・・

平成24年12月の当社BO取引【HIGH・LOW】及び【HIGH・LOW MAJOR】に関する顧客全体の損益実績の状況

取引を行なった口座数に対する損失が発生した口座数の割合 = 78.4%

FXトレード・フィナンシャル 個人向けバイナリーオプション取引 [ 顧客全体のマクロ的な損益実績の状況 ]より引用

という、驚くべき(というか当然の)結果となったわけです。

約8割の顧客が、バイナリーオプションで損失を被っているということです。プラスになった口座数は、全体の2割に過ぎません。

※ただし、このデータはかなりバイアスがかかっているので、注意が必要です。

GMOクリック証券も、自主規制によっていずれは同様のデータを、毎月公開することになります。

私は、毎月のデータではなく、トータル(年間)でのデータを公表すべきだと考えています。月ごとのデータは、ほとんど意味をなしません。

2013年は、自主規制によって、バイナリーオプションが大きく生まれ変わる年です。公平性と透明性が担保された金融商品として、再出発します。今までのようなギャンブル性(射幸性)は抑えられ、より戦略的な手法を使ってトレードできるようになります。

ちょっと楽しみでもあります。

2013年は、きっと面白い!

2013年がスタートしています。今年は、色々と面白い年になりそうです。3年3ヶ月ぶり自民党が政権を取り戻し、外交や政策も大きく舵が取られるでしょう。当然、為替も影響を受けます(昨日は、円が2年半ぶりの安値を付けました)。

そしてバイナリーオプション自主規制にともなう新たな潮流(新しいバイナリーオプション商品)が生まれる年でもあります。

なんだかワクワクしますね。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

FX詐欺容疑事件
【逮捕】ミスターブレインの名を利用して4億円を集めたFX投資詐欺容疑で逮捕【愛知】

FXで24%の運用益をうたって4億円を集金か FXで高い運用益得られるとうそ 愛知県警、詐欺容疑で男逮捕 外国為替証拠金取引(FX)で成功している有名な投資家と連携することで高い利益を得られると偽り、運用資金をだまし取っ […]

FXヤバイいよ、うわああああああああああああ!!!!!
FXヤバイいよ、うわああああああああああああ!!!!!

含み損▲650万円超からの復活劇 先日の記事で、Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」を取り上げ、4000万円を超える含み損を抱えていることをお伝えした。 hawaii023劇場【第二幕】▲4300万円の […]

バイナリーオプション反対売買
バイナリーオプション自主規制で何が変わるか?

最新記事(2012年12月28日): >>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? 自主規制案は、投資家保護と国際化が目的 バイナリーオプションの自主規制案が発表されてから、約1週間経過しま […]

クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件
【113億円】クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件【芸能人の名前も】

被害総額113億円「クエストキャピタルマネージメント」による巨額投資詐欺事件 先物投資詐欺の疑いで会社役員ら逮捕 113億円集金 2016/8/25 12:40 日経225先物で運用するとうたい無登録で投資家から集めた現 […]

BOBOXトラブル問題
【注意】BOBOXでトラブル続出

BOBOXをプッシュする記事に注意! 最近よく見かけませんか?BOBOXの記事。その大半が、BOBOXをお薦めする記事ばかりです。 中には、「BOBOXの必勝法を教えます」と宣伝して、口座開設を促すような手口も多くみられ […]

投資とギャンブルの”境界線”
含み損8000万円を1000万円まで圧縮【貯金3億円男★大先生】

”8000万円の含み損”解消まであと少し! FXネット界を賑わせる貯金3億円男★大先生ですが、このところのNZDJPY、AUDJPYの上昇によって、含み損の大幅な改善が見られます。 直近のTwitterの呟きでは、 NZ […]

海外ブローカーに注意
FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?

関東財務局が海外ブローカーに対する注意喚起をおこなっています 2014年6月19日に、関東財務局がWEB上で、「海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!」という注意喚起をおこないました。 >> […]

tradeirand
トレードアイランドをご存じですか?

GMO証券主催のトレードアイランド トレードアイランドというサービスをご存じでしょうか? GMOクリック証券に口座を持っている方であれば、ご存じだと思います。 トレードアイランドとは、GMOクリック証券が運営するリアル口 […]

バイナリーオプションの危険性
バイナリーオプションの危険性

関連記事: >>バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは? >>バイナリーオプションは本当にフェアか? >>バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) >>投 […]

ライントレード商材を比較
FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 >>松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ >>松井証券社長、敗訴のコメントが意味 […]

プライス乖離FX
乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖離率を使ったトレード手法は、目新しく映る […]

中国金融機関デフォルト危機
今週末は注意が必要、中国で何かが起きるかも・・・

約24兆円(1兆5000億元)の償還が焦げ付く? ご存知の方も多いと思いますが、中国の金融機関がヤバそうです。 6月下旬(今週)に、約24兆円を超える中国の高利回り金融商品が、償還の期日を迎えます。ところが、中国の一部の […]