10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説

わずか3ヶ月で10万円を6億円にした男

GFF氏を知っていますか?今では伝説のように語り継がれるGFF氏

彼を一躍有名にしたのは、ニコニコ生放送での「トレード生中継」です。

GFF氏は、わずか10万円の元手を、たった3ヶ月で6億円に増やした伝説のトレーダーです。しかも、その後、3億円ものロスカットを一瞬にして喰らい、最終的に、資金の大半を失ってしまいました。

GFF氏を有名にしたのは、10万円から6億円へ資金を増やした経過や、その後の3億円のロスカットの瞬間などを、全てを生放送でネット中継(リアルタイムですよ)していたことです。

まるで漫画の「カイジ」みたいなストーリーですが、すべて本当です。

ジェットコースターのような資産推移

まずは、彼の資産推移を見てみましょう。

10万円でFX開始

1000万円に増やす

4000万円(2010年6月)

2億4000万円(2010年6月24日)

3億2800万円(2010年7月2日)

一気に6億円(含み益有り)に到達

その後4億5300万円(2010年7月9日)

有名な”3億円ロスカット事件”(2010年7月14日)

さらに1億円まで減らす(2010年9月上旬)

最終的には30万円が残る

最初の10万円を2億4000万円にするまで、わずか5週間です。

38営業日4億3500万円まで増やしました。恐ろしいほどの突っ込みです。

レバレッジ規制がなかった時代ということもありますが、それにしても、恐ろしいほどの資産曲線です。

なぜいまさらGFF氏なのか?

いまさらなぜ、GFF氏を記事にするのか?ということですが、このサイトに対し「GFF」というキーワードでのアクセスが、急激に増えてきたからです。

FXミリオネア竹井佑介のNEXT LEVEL FX 【検証と評価】の記事が原因だと思いますが、GFF氏に興味を持って検索している人が、未だにたくさん存在することに、驚きを感じました。

そこで今回、改めてGFF氏の手法などについて、私なりに検証をしてみたいと思ったのです。

GFF氏の破天荒なトレードと、6億円まで増やした手法を、たんなる「強運(まぐれ)」と決めつけるのは、あまりにももったいないです。必ず学ぶべきものもあるはずです。

ただし、あまり多くは語られていないため、10万円を6億円にした手法については、多分に推測が入ってしまうことも仕方がありません。

実際にGFF氏はどのようにして、10万円を6億円にしたのでしょうか?

RSIを使ったシンプルな手法

GFF氏の手法は、非常にシンプルです。いくつかの手法を使い分けていますが、代表的なものは、RSIにトレンドラインを引く手法です。

チャートのサブウィンドウにRSIを表示させ、RSIの値をローソク足に見立てて、トレンドラインを数本引いていきます。RSIトレンドラインの反発抜けなどを利用して、エントリーを行うという、シンプルすぎて拍子抜けするような手法です。

RSIを使った手法

上のチャート図をご覧ください。上昇しているRSIにトレンドラインが引いてあります。そして、RSIトレンドラインを下に抜けたときに、「売り」でエントリーします。上のチャート図では、ローソク足も下降したため、成功していますね。

ちなみにチェックする時間足は、4時間足や1時間足など、比較的大きな足です。

窓埋め

もう一つの手法は、「窓埋め」と呼ばれるメジャーな手法です。窓埋めとは、週明けやレートの急激な変動によって生じた隣り合うローソク足同士の「空間(=窓)」を、あたかも埋め戻すようにレートが動く相場の性質を利用した手法です。

窓が開いたら、レートが埋めに来る動きを利用して、その方向にエントリーするという、これもシンプルな手法です。

下のチャート図をご覧下さい。(あまり良いサンプルとは言えませんが)

窓埋め手法

週明けで、ローソク足と次足の間が、ぽっかり空いています(窓)。その後、この窓を埋めるようにローソク足が、下降しています。この動きを利用したものが「窓埋め」と呼ばれる手法です。

シンプルといっても、海外ではこの「窓埋め」手法のみで、1冊の本が出版されているくらいですので、意外と奥が深い手法といえます。

ちなみに、海外では「窓」のことを「ギャップ」と呼んでいます。

日足トレンド判断はプロの情報から

GFF氏は、日足のトレンド判断を行うために、プロの情報を随時入手していました。一人は吉田恒さん、そしてもう一人は川合美智子さんです。

吉田恒さんは様々なメディアで情報を発信している、為替ストラテジストです。ZAI FX!でもコラムを執筆されている方です。

川合美智子さんも、為替ストラテジストとして有名な方ですね。川合美智子さんのブログはこちら。
>>http://www.trade-trade.jp/blog/kawai/

川合さんのブログは本当に勉強になります。ぜひ、読んでみて下さい。オススメです。川合さんのブログは、一部のトレーダーに強い支持を受けていて、川合さんのブログだけでトレードをしている方がいるくらいです。

GFF氏も、川合美智子さんのブログを毎日チェックしていたそうです。川合美智子さん予測をベースに、その日の投資戦略を立て、そこに自分の手法を組み合わせて、日々のトレードを行っていたわけです。

GFF氏の6億円は、偶然だけではない

いかがでしょうか?GFF氏の手法の一部が垣間見えたのではないでしょうか?しっかりとプロの見立てを参考にしながら大局を読み、さらに、度重なる検証によって得られた優位性のある手法を淡々とこなすことで、「勝ち」を積み重ねてきたということです。

運も大いに味方したと思いますが、「運」や「まぐれ」だけで、6億円まで増やすのは不可能です。その裏には、シンプルですが、緻密で戦略的なトレーディングがあったわけです。

GFF氏から学べることは?

GFF氏から学べるものとは、何でしょうか?私が思うには、2つあると思います。

1.エッジのある手法を淡々とこなす
2.大局(ファンダメンタル)を常にチェックする

まず、1番目ですが、優位性のある手法(ロジック)を自分で見つけるか、何らかの方法で手に入れて、その手法が通用する間は徹底して忠実に行うということです。GFF氏の場合、それは窓埋めであったり、RSIのトレンドラインであったわけです。

そして、2番目ですが、日足ベースの大きなマーケットの動きを、どんな形でも良いので情報として手に入れて、日々チェックをするということです。GFF氏は、吉田恒さんや川合美智子さんのブログなどを毎日チェックして、日足~週足ベースの動きを意識しながら、トレードを行っていました。

日足・週足ベースの動きというのは、そのまま世界経済の動きにも直結する動きですので、テクニカルではなくファンダメンタルですね。ファンダメンタルを意識しつつ、テクニカルでトレードを行うということです。

テクニカルが好きな方は、どうしてもテクニカル一辺倒になりがちでファンダメンタルを軽視しがちです。GFF氏については、RSSや窓埋めなどのテクニカル手法に注目が集まりがちですが、GFF氏がファンダメンタルをしっかり意識していたことは、あまり知られていません。私たちが、是非参考にしたい部分だと思います。

さて、いかがでしょうか?GFF氏が話題になったのは2年前ですので、このサイトで初めて知ったという方も、少なくないと思います。

興味がある方は、いろいろと調べてみて下さい。また、GFF氏のトレード中継のニコニコ動画なども、ネットで探せば見つかります。GFF氏の3億円ロスカットの瞬間の動画もありますよ。

RSIを使った手法や、窓埋め手法など、更に詳しい解説をされているブログなどもありますので、気になる方は検索してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

006
資本家に搾取される、無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり? GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート) ようやく、バイナリーオプション系の商材も落ち着いてきた感じです […]

ヒロセ通商
ヒロセ通商がバイナリーオプションへの対応を発表

業界「第9位」のヒロセ通商の開示データ 預かり残高業界第9位(2012年8月データ)のヒロセ通商が、バイナリーオプションへの対応をWEB上で発表しました。 >>【ヒロセ通商】バイナリーオプション取引 規制骨子 […]

ワンミニFX
ワンミニFXを別角度から検証してみる

関連記事: >>One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法 【検証とレビュー】 >>TAMURA式1分足トレード法と、乖離トレード ワンミニFXは ”乖離トレード”か? 先日 […]

「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」
「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」

LINEで「儲け話あるけど、どう?」 20歳になった若者を狙い撃ちする投資詐欺が増えている。詐欺に使われるのは誰もが利用している無料通信アプリ「LINE(ライン)」だ。 誕生日LINEで「どう?」 投資詐欺、狙われる20 […]

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法検証とレビュー
マーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー、FXTFへの導入が決定(プレスリリース)

FXTFが導入を決定したマーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー 当サイトでもAA評価のマーフィーのスパンモデル(スーパーボリンジャー)が、今回新たな証券会社に導入されることが決定しました。 財経新聞のプレスリリー […]

Flash Zone FX
Flash Zone FX【検証とレビュー】

関連記事: Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説します Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Paul Zimon(ポール・ジモン)監修のFlash Zone FX Flas […]

gyakutentg
逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend Getterは、Pips Getterの兄弟分 今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。 以前、 逆転FX「Pips Getter」というFX商材がありましたが、同じ […]

bo
バイナリーオプションは本当にフェアか?

関連記事: >>バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは? >>バイナリーオプションの危険性 >>バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) >>投資とギャン […]

ボリ平式バイナリーオプション
ボリ平式ドラゴンとスーパーボリンジャーは、どちらが優れているか?

”ボリ平式ドラゴン”と”スーパーボリンジャー” 先日の記事で、ボリ平式ドラゴンの詳細について記載しました。 >>ボリ平式バイナリーオプション講座 【検証と評価】 このボリ平式ドラゴンですが、マーフィー(柾木利 […]

hp_25818
デイトレンドFX 【検証と評価】

ルールが明確な裁量系デイトレ商材 デイトレンドFXは、2008年8月から販売されていて未だに地味に売れている商材です。 チャート上に複数のテクニカル指標を表示させ、厳密なルールに従ってエントリー・エグジットを行います。 […]

hp_48381
PF-MAX 【検証と評価】

メタトレーダー専用のシグナル点灯ソフト 手短にいきたいと思います。メタトレーダー専用のシグナル点灯インジケータです。 オリジナルインディケータで、チャート上にエントリーシグナルを点灯させます。矢印が点灯した次足始値でエン […]

デブトレFX検証レビュー
デブトレFX【検証とレビュー】

【関連】 ≫デブトレFX【検証とレビュー】その2 デブトレFXを購入しました デブトレFXを購入しましたので詳しく検証していきます。 マニュアルやツール(インディケータ)は、IDとパスワードでアクセスできるユーザー専用サ […]