EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社とは?

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社

株式会社トリロジーがEAの無料プレゼントキャンペーンを実施しています。トリロジー社はれっきとした投資助言代理業社です。

  • 近畿財務局長(金商)第372号

今回の企画は「FXトレードフィナンシャル ✕ 新規口座開設タイアップキャンペーン」と称して、口座開設を条件にオリジナルEAをプレゼントするというものです。

ナンピン・マーチンゲール型のW2C-Clipper(クリッパー)が過去に破綻

株式会社トリロジーといえば、過去にW2C-Clipper(クリッパー)というEAを販売していますね。

W2C-Clipperはナンピン・マーチンゲール型のロジックを採用し、高度なリスクコントロールを有した、極めて堅実なEAという印象がありました。

ところがそんな堅実なロジックを持つW2C-Clipperですら、急激な円安に耐えきれず口座破綻しました。

当時のUSDJPYチャートを見ると完全な上昇トレンドが発生していることが見て取れます。

出典:ヤフーファイナンス USDJPYチャート(日足)

この圧倒的な上昇相場に、ナンピン・マーチンゲール型のW2C-Clipper(クリッパー)は、為す術もありませんでした。

※その後バージョンアップされたW2C-Clipper(クリッパー)が再販されています。

無料提供されるW2C-Dickie(デッキー)とは?

FXトレードフィナンシャル口座開設を条件に無料提供されるW2C-Dickie(デッキー)とは、どのようなEAなのでしょうか?トリロジー社の説明を引用します。

本自動売買ソフト(W2C-Dickie:ディッキー)のセールスポイント

  • 低スプレッド(=低コスト)のドル円単一通貨ペアを用いているので、フェアな取引が期待できるとともに、取引と資金の管理が容易である
  • エントリー/イグジットが一対の売買ロジックで、トレード回数は月40回前後を誇り、成績の安定化を図っている
  • 狭いレンジ相場が苦手で、逆に大相場を得意とする
  • 勝率は45%前後だが、損切りを早く、利食いを大きく狙うロジックを採用している
  • 2005年〜2015年(11年間)のバックテスト結果はこちら ⇒ http://goo.gl/zfZj4o
  • 10,000ドルの口座に対して、レバレッジ0.1倍の 1,000ドル稼働で、約2,400ドルの利益を積み上げる
    これは、単利で年平均2.2%となる
  • 同期間の最大ドローダウンは、約400ドル(3.2%)と極めて小さい
  • これら成績は、例えば、レバレッジ1倍で稼働させるた場合、純益、最大ドローダウンともに 10倍 となる計算である
  • バックテストとフォワード成績に大きな差が出ないよう設計している(⇒ リアル運用のための最も重要な性能)
  • 前記と同様に、コントロールポイント(http://goo.gl/e4QQ8Z)と、全ティック(http://goo.gl/T68p48)の、テスト方法による結果の差もほとんど見られない(⇒ 2016年度の成績は横ばい)

引用:FXトレードフィナンシャル ✕ 新規口座開設タイアップキャンペーン(W2C-Dickieプレゼント)

W2C-Dickieバックテストのデータはこちらです。

W2C-Dickie Strategy Tester Report

バックテストとはいえ、 2005年1月3日〜2016年9月9日までの比較的長期間での検証が行われています。

  • 通貨ペア・・・ドル円(USDJPY)
  • トレード回数・・・5564回(月平均40回前後)
  • 勝率・・・43.04%
  • PF(プロフィットファクター)・・・1.20

バックテストデータを見る限りにおいては堅実なEAですね。とはいえ、2016年は伸び悩みも見られます。

口座開設が条件とはいえ、投資助言代理業者のEAが無料で入手できる機会は多くはありません。気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

キャンペーンへの応募はこちらからです。

当然ですが、このEAはFXトレードフィナンシャルのMT4新規口座でしか稼働しませんので注意が必要です。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上場株の投資勧誘を解禁する。不特定多数から…

Pepperstone(胡椒)・24option・Smartoptionに対する”警告”

”海外”無登録業者に対する警告 関東財務局がPepperstone(ペッパーストーン、通称=胡椒)と24option・Smartoptionに対して、警告書を送りました(http://kantou.mof.go.jp/f…

PAMM(パム)って何だ?

あなたはPAMM(パム)を知っていますか? PAMM(通称パム)という言葉を聞いたことはありますでしょうか?PAMM(Percent Allocation Management Module)は金融用語なのですが、FX情…

投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センター関連の記事をアップしています。 コピー…

ハイローインベスターアカデミー【検証とレビュー】

「ハイローインベスターアカデミー」は21万円〜33万円 あのアルケミーシステムが「ハイローインベスターアカデミー」として販売を開始しました。価格は以下のとおりです。 217,000円(現金一括、先着10名) 267,00…

日本最大手は外為どっとコム?それともGMOクリック証券?

本当にGMOクリック証券が日本一? 前回、GMOクリック証券の取引高が世界一になったという記事を書きましたが、 「日本の最大手は、外為どっとコムじゃないの?」 「外為どっとコムが一番だと思ってました・・・」 という質問を…

激スキャFX 【検証とレビュー】

激スキャFXは投資助言代理業者が販売 読者様からの検証依頼です。今回は激スキャFXです。 販売ページを見てみる 販売者は、トレードサイクロン株式会社ですね。トレードサイクロン株式会社は、金融商品取引業者(近畿財務局長(金…

鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について

鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について 先日、鉄板マスタートレンドの検証記事をアップしました。 鉄板マスタートレンド【検証と評価】 その後MR.コージ(kojitrading)氏に関する情報…

FXで一億円!100時間動画でシステムトレーダー養成講座DVD 【検証とレビュー】

100時間のFX動画 100時間動画でシステムトレーダー養成講座ですが、投資の知識から始まり、エクセルでトレードシステムを組むまでを動画で解説したDVD教材です。内容はざっとこんな感じです。 動画でわかる株式投資 動画投…

ヴィッキースマイル 【検証とレビュー】

ヴィッキースマイルはポンド円専用EA ユニークな名前のEAが登場しました。ヴィッキースマイルというEAです。ポンド円(GBPJPY)専用の自動売買システムですね。 証券会社フリー版(49,800円)と指定証券会社対応版(…

乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖離率を使ったトレード手法は、目新しく映る…

シンフォニー投資詐欺事件で保全命令の申し立て

シンフォニー投資詐欺事件の続報 このBlogでは数回にわたってシンフォニー投資詐欺事件を取り上げてきました。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)と…