EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社とは?

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社とは?

C評価商材

EAプレゼントキャンペーンを実施しているトリロジー社

株式会社トリロジーがEAの無料プレゼントキャンペーンを実施しています。トリロジー社はれっきとした投資助言代理業社です。

  • 近畿財務局長(金商)第372号

今回の企画は「FXトレードフィナンシャル ✕ 新規口座開設タイアップキャンペーン」と称して、口座開設を条件にオリジナルEAをプレゼントするというものです。

ナンピン・マーチンゲール型のW2C-Clipper(クリッパー)が過去に破綻

株式会社トリロジーといえば、過去にW2C-Clipper(クリッパー)というEAを販売していますね。

W2C-Clipperはナンピン・マーチンゲール型のロジックを採用し、高度なリスクコントロールを有した、極めて堅実なEAという印象がありました。

ところがそんな堅実なロジックを持つW2C-Clipperですら、急激な円安に耐えきれず口座破綻しました。

当時のUSDJPYチャートを見ると完全な上昇トレンドが発生していることが見て取れます。

出典:ヤフーファイナンス USDJPYチャート(日足)

この圧倒的な上昇相場に、ナンピン・マーチンゲール型のW2C-Clipper(クリッパー)は、為す術もありませんでした。

※その後バージョンアップされたW2C-Clipper(クリッパー)が再販されています。

無料提供されるW2C-Dickie(デッキー)とは?

FXトレードフィナンシャル口座開設を条件に無料提供されるW2C-Dickie(デッキー)とは、どのようなEAなのでしょうか?トリロジー社の説明を引用します。

本自動売買ソフト(W2C-Dickie:ディッキー)のセールスポイント

  • 低スプレッド(=低コスト)のドル円単一通貨ペアを用いているので、フェアな取引が期待できるとともに、取引と資金の管理が容易である
  • エントリー/イグジットが一対の売買ロジックで、トレード回数は月40回前後を誇り、成績の安定化を図っている
  • 狭いレンジ相場が苦手で、逆に大相場を得意とする
  • 勝率は45%前後だが、損切りを早く、利食いを大きく狙うロジックを採用している
  • 2005年〜2015年(11年間)のバックテスト結果はこちら ⇒ http://goo.gl/zfZj4o
  • 10,000ドルの口座に対して、レバレッジ0.1倍の 1,000ドル稼働で、約2,400ドルの利益を積み上げる
    これは、単利で年平均2.2%となる
  • 同期間の最大ドローダウンは、約400ドル(3.2%)と極めて小さい
  • これら成績は、例えば、レバレッジ1倍で稼働させるた場合、純益、最大ドローダウンともに 10倍 となる計算である
  • バックテストとフォワード成績に大きな差が出ないよう設計している(⇒ リアル運用のための最も重要な性能)
  • 前記と同様に、コントロールポイント(http://goo.gl/e4QQ8Z)と、全ティック(http://goo.gl/T68p48)の、テスト方法による結果の差もほとんど見られない(⇒ 2016年度の成績は横ばい)

引用:FXトレードフィナンシャル ✕ 新規口座開設タイアップキャンペーン(W2C-Dickieプレゼント)

W2C-Dickieバックテストのデータはこちらです。

W2C-Dickie Strategy Tester Report

バックテストとはいえ、 2005年1月3日〜2016年9月9日までの比較的長期間での検証が行われています。

  • 通貨ペア・・・ドル円(USDJPY)
  • トレード回数・・・5564回(月平均40回前後)
  • 勝率・・・43.04%
  • PF(プロフィットファクター)・・・1.20

バックテストデータを見る限りにおいては堅実なEAですね。とはいえ、2016年は伸び悩みも見られます。

口座開設が条件とはいえ、投資助言代理業者のEAが無料で入手できる機会は多くはありません。気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

キャンペーンへの応募はこちらからです。

当然ですが、このEAはFXトレードフィナンシャルのMT4新規口座でしか稼働しませんので注意が必要です。

C評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

Flash Zone FX【検証とレビュー】

Paul Zimon(ポール・ジモン)監修のFlash Zone FX Flash Zone FXというFX商材がランキングを賑わせているようです。販売ページを見ましたが、なかなか…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 …

Victory FX 【検証とレビュー】

ナンピン・マーチンゲール系のEA Victory FXですが、販売開始が2010年5月ですから、これも長期にわたって販売されています。販売スタートしてから数ヶ月で消えていくEAが多…

ストップ狩りとは?
マジックミラービジネスが「景品表示法」に抵触する理由を挙げていく

誇大広告のデパート 中川鉄平氏が提供するマジックミラービジネスの公式ページをみていると頭がクラクラします。あらゆる表現を使って煽り立てていますね。まさに誇大広告のデパートです。 マ…

テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」 【検証とレビュー】

王道的なライントレード テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」ですが、こちらの商材も多くの問い合わせを頂いています。 FX荒稼ぎプログラムは、いわゆるライントレードと呼ばれる手法…

トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

久々のナイアガラ(暴落)を見た 先日(2月26日)のドル円・ユーロ円のナイアガラ(暴落)は乗り切れましたか?暴落前に危険な臭いはしていましたね。最近発売されたEAは、今回のドル円・…

FX裏技攻略塾TPSとスワップアービトラージ

TPSの手法は謎のまま… FX裏技攻略塾TPSが盛り上がっていますね。 FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万800…

シンプルな勝者
FXシンプルな勝者【検証とレビュー】

波形認識とダウ理論で相場を俯瞰する「FXシンプルな勝者」 使うのは水平線1本のみ〜FXシンプルな勝者はライントレード商材だ 「FXシンプルな勝者」は、名前も”シンプル”だけでなく販…

ゴールデンスパイダーFX 【検証とレビュー】

”天才トレーダー”イサム氏のゴルスパFX ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプション【検証と評価】 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】 のべ3000人の弟子を持つ天才トレー…

バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件
FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」【検証とレビュー】

FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」のフォワードテストは皆無 「不知火(しらぬい)」という名のEA(自動売買ソフト)をレビューします。 タイトル:FX自動売買ソフト「不知火(し…

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順 ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴン・ストラテジ…

スパッとスナイパーFX 【検証とレビュー】

FX孔明氏の為替塾の塾生が開発したインディケータ…スパッとスナイパーFX スパッとスナイパーFXというシグナルツールが販売されています。MT4専用のシグナル点灯インディケータです。…