アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった

先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプションのようですね。

ネットに流出している横田裕行氏がインタビューを受けている画像がこちらです。

アルケミーシステム

この画像の右側にモザイクを掛けている部分がスマートフォンの画面と思われます。横田裕行氏は、この画面を数回タップするだけでお金が儲かると語っています。このスマートフォンの画面と類似の画像を見つけました。それがAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」です。

ファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」

並べて比較してみます。

アルケミーシステムとHighLow Binary Options

ご覧のとおり、全く同じプラットフォームを使用していることがわかります。※同じプラットフォーム(システム)を別の業者がライセンス契約をして使用しているケースもあります。

HighLow Binary Optionsはオーストラリアの無登録業者が提供

このHighLow Binary Optionsですが、運営元はHighlow Markets Pty. Ltd.です。

所在地は、Level 14, Macquarie House 167 Macquarie Street Sydney, NSW 2000, Australiaとありますので、オーストラリアのシドニーですね。当然金融庁無登録業者です。

金融庁無登録業者

業者名が少し違いますね。Realtime Capital Markets Pty. Ltd.と表記してあります。しかし金融庁のもう一つの資料には以下のように記載されています。

金融庁無登録業者2

つまり、Realtime Capital Markets Pty. Ltd.とHighlow Markets Pty. Ltd.は、実体が同じということです。

Android用スマホアプリ「HighLow Binary Options」

そんな無登録業者がAndroidスマホのアプリとして提供しているのが、「HighLow Binary Options」です。このアプリですが、アンドロイドスマホを持っている人であれば、誰でもダウンロード・インストール可能です。アプリそのものは無料です。

「HighLow Binary Options」

Google Playのダウンロードページはこちら

ネット上にHighLow Binary Optionsを擁護する記事が多いわけとは?

金融庁無登録業者とはいえ、オーストラリアではしっかりとAFSL番号(364264)を取得しています。AFSL番号とは金融の許認可番号のことです。豪州証券投資委員会(ASIC)が発行する豪州金融サービス・ライセンス(Australian Financial Services Licence=AFSL)を取得していることを意味します。

ネット上を見ると、海外業者としては出金トラブルもなく、真っ当な業者であるとの書き込みが多く見られます。実際そうなのでしょう。HighLow Binary Optionsを推奨する記事も多いですが、その大半はアフィリエイト報酬獲得を狙った太鼓持ち記事です。つまり広告です。

HighLow Binary Optionsが提供するアフィリエイト報酬はかなり高額であり、魅力的です。1獲得で最大4万円の報酬を手にすることができます。

HighLow Binary Optionsアフィリエイトプログラム

ユーザーに口座開設をさせて取引をさせるだけで、最大40,000円がもらえるのです。10人を誘導・獲得するだけで40万円です。アルケミーシステムのように無料モニタで大量のユーザーを集客し、口座開設させてトレードさせればかなりの報酬が得られることが予想できますね。

自身でBOトレードをするよりも、アフィリエイトサイトを作って報酬を狙ったほうが稼げそうな気がしませんか?リスクはゼロです。それだけの高額報酬(広告費)を支払っても十分にペイするビジネス、それがバイナリーオプションです。

その点を十分に理解したうえで、ギャンブル(娯楽)として楽しむのであれば「アリ」だと思います。決して「投資」などと思わないように。

現金発生装置「アルケミーシステム」はバイナリーオプション商材



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

海外FXフォーラムのススメ

海外フォーラムのご紹介 みなさんも薄々気付いていると思いますが、残念ながら日本の個人投資家のレベルは非常に低いです。これは日本の教育や国民性の違いなど、様々な要因があると思います。ですので、一朝一夕に各人のレベルが上がる…

投資とギャンブルの”境界線”

ギャンブルって何? 私が常日頃チェックしているブログにChikirinの日記があります。そのブログに興味深いエントリー(記事)がありました。こちらです。 ギャンブルって何? 「ギャンブルって何?」への反応まとめ 上記記事…

FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか?

あなたは真似できますか?損切りしない戦略 先日の記事でFX資産総額7300万円!のIcchan3氏をご紹介しました。彼の戦略で特徴的なのは以下の2点です。 損切りしない 低レバレッジ レバレッジを1〜2倍程度に押さえるこ…

FX-Sync Trade System(FX-STS) 【検証とレビュー】

”元ファンドマネージャー”の運用実績 販売ページから漂ってくる自信と裏腹に、運用実績は残念な結果となっています。FX-STSの運用実績は以下のサイトから見ることができます。 http://sync-ts.net/fxsi…

ニューロFX 【検証とレビュー】

ニューロFXは未来のレートを予測する? ニューロFXは、メタトレーダーに設定して使用する半裁量ツールです。 ニューロFXは、未来のレートを予測してくれるそうです。最短で5分後のレートから、最長で12時間先までの予測を行う…

ライフステージ(FX投資コンサル会社)が無登録で146億円を集金

会社名(株式会社ライフステージ)が報道された 先日の記事で、新宿のコンサル会社が無登録で百数十億円を集めたニュースを記事にしました。 【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか? NHKの速報だったのですが…

【2017年版】日本長者番付発表!第一位はやっぱりあの人!

2017年、日本一の金持ちは誰だ?! アメリカの経済誌「フォーブス」が毎年発表している世界長者番付。その中で日本人のみを抜き出してランキングした日本長者番付がフォーブスのWEBサイトで公開されています。 日本長者番付 2…

バイナリーオプション「二択型消滅」は規定路線なのか?それとも・・・

二択型禁止について情報が錯綜している? こんな記事を見つけました。 バイナリーオプションの[二択型]消滅のその後は? 日刊SPA!というネット雑誌系の記事(2013年1月23日)です。この記事を読むと、私はちょっとした違…

ドラゴンストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴンストラテジーFXのエッジ(優位性)を高める工夫 ドラゴンストラテジーFXについて多くの反響をいただいています。 ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証…

【深い闇】シンフォニー事件いよいよ立件へ【消えた50億円】

闇が深いシンフォニー事件(FX海外投資事件)のその後 シンフォニー事件については、このブログでも何度か取り上げています。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Hold…

禅FX(ZEN-FX)【検証とレビュー】

ZEN-FXはサポート&レジスタンスを使ったブレイクアウト系手法 ZEN-FXは、Metatrader4用のインディケーターです。チャート上に表示させたインディケーターを使って、目視で判断しながら(裁量)エントリー・手仕…

あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

あゆみ式 A Teachert FX Academyの心臓部「ATeachert」 ATeachertをMetaTrader4に設定してみた 今回の検証記事では、あゆみ式 A Teachert FX Academyの根幹…