アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

D評価商材

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった

先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプションのようですね。

ネットに流出している横田裕行氏がインタビューを受けている画像がこちらです。

アルケミーシステム

この画像の右側にモザイクを掛けている部分がスマートフォンの画面と思われます。横田裕行氏は、この画面を数回タップするだけでお金が儲かると語っています。このスマートフォンの画面と類似の画像を見つけました。それがAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」です。

ファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」

並べて比較してみます。

アルケミーシステムとHighLow Binary Options

ご覧のとおり、全く同じプラットフォームを使用していることがわかります。※同じプラットフォーム(システム)を別の業者がライセンス契約をして使用しているケースもあります。

HighLow Binary Optionsはオーストラリアの無登録業者が提供

このHighLow Binary Optionsですが、運営元はHighlow Markets Pty. Ltd.です。

所在地は、Level 14, Macquarie House 167 Macquarie Street Sydney, NSW 2000, Australiaとありますので、オーストラリアのシドニーですね。当然金融庁無登録業者です。

金融庁無登録業者

業者名が少し違いますね。Realtime Capital Markets Pty. Ltd.と表記してあります。しかし金融庁のもう一つの資料には以下のように記載されています。

金融庁無登録業者2

つまり、Realtime Capital Markets Pty. Ltd.とHighlow Markets Pty. Ltd.は、実体が同じということです。

Android用スマホアプリ「HighLow Binary Options」

そんな無登録業者がAndroidスマホのアプリとして提供しているのが、「HighLow Binary Options」です。このアプリですが、アンドロイドスマホを持っている人であれば、誰でもダウンロード・インストール可能です。アプリそのものは無料です。

「HighLow Binary Options」

ネット上にHighLow Binary Optionsを擁護する記事が多いわけとは?

金融庁無登録業者とはいえ、オーストラリアではしっかりとAFSL番号(364264)を取得しています。AFSL番号とは金融の許認可番号のことです。豪州証券投資委員会(ASIC)が発行する豪州金融サービス・ライセンス(Australian Financial Services Licence=AFSL)を取得していることを意味します。

ネット上を見ると、海外業者としては出金トラブルもなく、真っ当な業者であるとの書き込みが多く見られます。実際そうなのでしょう。HighLow Binary Optionsを推奨する記事も多いですが、その大半はアフィリエイト報酬獲得を狙った太鼓持ち記事です。つまり広告です。

HighLow Binary Optionsが提供するアフィリエイト報酬はかなり高額であり、魅力的です。1獲得で最大4万円の報酬を手にすることができます。

HighLow Binary Optionsアフィリエイトプログラム

ユーザーに口座開設をさせて取引をさせるだけで、最大40,000円がもらえるのです。10人を誘導・獲得するだけで40万円です。アルケミーシステムのように無料モニタで大量のユーザーを集客し、口座開設させてトレードさせればかなりの報酬が得られることが予想できますね。

自身でBOトレードをするよりも、アフィリエイトサイトを作って報酬を狙ったほうが稼げそうな気がしませんか?リスクはゼロです。それだけの高額報酬(広告費)を支払っても十分にペイするビジネス、それがバイナリーオプションです。

その点を十分に理解したうえで、ギャンブル(娯楽)として楽しむのであれば「アリ」だと思います。決して「投資」などと思わないように。

現金発生装置「アルケミーシステム」はバイナリーオプション商材

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのEA 【SCB】スピードキャッシュバイナリーは、バイナリーオプションのEA(自動売買)システムです。販売者は有限会社ジーグランド。有限会社ジーグランドは、これ…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】

アキュレートバイナリーは、FXトレードファイナンシャル専用の自動売買ツール GMOクリック証券バイナリーオプション対応の自動売買ツールが鳴りを潜めたと思ったら、今度はFXトレードフ…

バイナリースコープ 【検証とレビュー】

Smart Option対応の自動売買ツール 高額な商材をご紹介します。158,000円の自動売買ツールです。バイナリースコープは、Smart Optionの60秒バイナリーに対応…

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash- 【検証とレビュー】

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-は、バイナリーオプション商材だった ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-の全容が明らかになりましたが、バイナリーオプショ…

バイナリーコア 【検証とレビュー】

わずか1年で10万円を6526万円に増やした? 最近はバイナリオプションの商材が増えてきてますね。このサイトでは何度も書いてますが、バイナリオプションという金融商品は極めてバクチに…

バイナリーオプション革命 【検証とレビュー】

ロジックを募集という試みがうまくいくか? バイナリーオプション革命 バイナリーオプション革命は、一般からトレードアイデアを募集し、その中から稼げそうなアイデアを選別して商材化して販…

テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」 【検証とレビュー】
バイナリーオプション自主規制で何が変わるか?

自主規制案は投資家保護と国際化が目的 バイナリーオプションの自主規制案が発表されてから、約1週間経過しました。 バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! バイナリーオプション…

Apple「おまいら、今日からバイナリーオプション禁止ね」

海外のApp Store審査ガイドラインにおいてBOアプリ提供が「 許容されない行為」として全面禁止に・・・ App Store審査ガイドラインをご存知でしょうか?Appleがアプ…

規制後のバイナリーオプションはどこへ向かうのか?
規制後のバイナリーオプションはどこへ向かうのか?

バイナリーオプション自主規制を解説した動画が公開されました バイナリーオプションの自主規制も間近ですね。自主規制案を取りまとめているのは、金融先物取引業界に設置されたバイナリーオプ…

バイナリースパイダー 【検証とレビュー】

GMOクリック証券のサービス開始日をご存じですか? まずは、バイナリースパイダーの販売ページ内の動画(最初の動画)をご覧下さい。 販売ページを見てみる 5万円を1年で4545万円に…

白鳥式バイナリーオプションプログラム【検証とレビュー】

オプザイルがネットを賑わせている今、バイナリーオプション商材販売をおこなうことの愚 若者投資家集団オプザイル。まだまだ燃えそうな予感がします。 投資家集団オプザイルが華々しく”NH…

クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更
クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更

レンジ外総取りの”撤廃”とペイアウト率の変更 ご存じの通り本日(2013年4月22日)よりGMOクリック証券のバイナリーオプションルールが変更されました。ルール変更は2点です。 レ…