プライス乖離FXのロジックはATRだった!

プライス乖離FX検証レビュー評価

関連記事:
プライス乖離FXの優位性について考察してみる
プライス乖離FX【検証とレビュー】

プライス乖離FXのロジックが公開された

【プライス乖離】(無料・動画)ロジックを隅々まで公開します〜というYouTube動画を見ました。

この動画は限定公開であり、残念ながらアドレスを登録された人しか視聴できないようですね。

開発者の谷中伴行さんは、この動画の中でベースロジックとしてATR(Average True Range)を使用していると解説されていました。

乖離トレードといえばよく使われるのが移動平均乖離率です。One Minute’s FX TAMURA式1分足トレード法(ワンミニFX)やパンローリング社から販売されている『FX乖離トレード』などは、移動平均乖離率が利用されています。

春香の乖離トレード

1分足のレンジで勝負! 行き過ぎを狙うFX乖離トレード
出版社::パンローリング
価格:2,100円

しかしプライス乖離FXではATR(Average True Range)がベースになっているとのことでした。とても興味深いですね。

ATR(Average True Range)とは?

プライス乖離FXの詳しいロジック解説は谷中伴行さんの動画に譲るとして、この記事ではATRについて詳しく解説してみたいと思います。

ATRはAverage True Rangeの頭文字を取ったものです。日本語に無理やり訳すと「真の値幅の平均値」となります。

J. Welles Wilder Jr.(J・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア)が考案・開発したテクニカル指標です。ワイルダーといえばRSIADXなど有名なテクニカル指標を考案してきたことでも知られる投資(研究)家です。書籍も出版していますので興味ある方は一読されてみてはいかがでしょうか?

ワイルダーのテクニカル分析入門ワイルダーのテクニカル分析入門

ワイルダーのアダムセオリーワイルダーのアダムセオリー

ATRとは、TR(True Range=真の値幅)の平均値であり、TRとは以下の3つの価格の中で最も大きな値幅を指します。

  • 当日高値 – 当日安値の差の絶対値
  • 当日高値 – 前日終値の差の絶対値
  • 前日終値 – 当日安値の差の絶対値 

※絶対値とは符号(+−)を取り除いた「数字の部分」のこと

そしてそのTR(True Range)の平均値(ワイルダーは14日間の平均値を推奨)がATRです。

ATRは何を指し示してるのか?それはボラティリティー(変動率)です。ATRの数値が高くなれば、期間中(過去14日間)のボラティリティが拡大傾向にあることを示し、逆にATRの数値が下がれば期間中のボラティリティが縮小傾向にあることを示します。

文章だけではわかりにくいので、チャート上にATRを表示してみましょう。

ATRをチャートに表示

USDJPY(日足)チャートのサブウィンドウに表示されている青い折れ線グラフがATRです。ATRはMetaTraderに標準で装備されているインディケータを表示させています(期間は14)。

指定期間内のボラティリティが拡大傾向にあればATRは上昇します。一方、ボラティリティが縮小(減少)傾向にあるときはATRはゼロに近くなり、底に張り付くようになります。

ATRの見方

ATRを使った一般的なトレードとは?

ATRとはすなわち当日のボラティリティ(値幅)を示しますので、利食いや損切りライン一定幅で決めているテクニカル派のトレーダーに好まれています。一般的にはATRの2倍を目安に利食い・損切りラインを定めることが多いです。

ATRを利用することで、相場状況(ボラティリティ)に応じた損切りライン・利食いラインを指定することができ、固定(一定幅)の損切りライン・利食いラインを定めるよりも柔軟なトレードが可能になります。一例として資金管理の2%ルールを採用する場合、ATRの2倍(つまりATRの値✕2)の数値で損切り(ストップロス)ラインを置くことで、その損失額が全資金(証拠金)の2%以内に収まるようにロット数を決めることができます。

たしかプライス乖離FXにおいても、2%ルールをベースにロット数が自動で表示されるようになっていましたね。そのからくりはATRにあったわけです。

リミット(利食い)もATRの2倍に定めておけば、リスクリワードは1:1となります。

プライス乖離FXの秘密はATRにあった

プライス乖離FXは移動平均線ではなく、ATRがベースだったのですね。極めてオーソドックスなロジックですね。

プライス乖離FXのロジックを詳しく知りたい方は是非、販売ページから動画をご覧になってみてください。

関連記事:
プライス乖離FXの優位性について考察してみる
プライス乖離FX【検証とレビュー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

BasicFX
Basic FX 【検証とレビュー】

Basic FXは、FX学習教材 読者様からの検証依頼です。Basic FX(ベーシックFX)です。 >>販売ページを見てみる 本格的FX学習教材… ~販売ページより引用~ 本格的FX学習教材、つまりFXを学 […]

The Secret FX
ザ・シークレットFXは現代版「酒田五法」だ

The Secret FX(ザ・シークレットFX)【購入レビュー】 The Secret FXサインツールをおすすめしない理由 The Secret FX(ザ・シークレットFX)とプライスアクショントレード ザ・シークレ […]

全コピFX
全コピFXで強制ロスカットが続発・・・

全コピFXで強制ロスカットが続発 2012年8月、鳴り物入りで登場した全コピFXですが、2013年1月現在破綻の危機に瀕しているようです。 全コピFXが満を持して登場したのは2012年8月末です。 >>全コピ […]

フリスタFX(フリースタイルFX)検証とレビュー
フリスタFX(フリースタイルFX)【検証とレビュー】

フリースタイルFX(フリスタFX)を販売する(株)チャートマスターの気になる”素行” フリスタFXという商材について問い合わせを頂きました。こちらがフリスタFXの公式サイトです。 フリースタイルFX公式サイト フリスタF […]

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版
ポジションへの執着がコツコツドカンの元凶というお話「ビクトリーメソッドアドバンス」

ビクトリーメソッドアドバンス 【検証と評価】 ビクトリーメソッドアドバンスの佐野さんについて 「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス 毎回読み応えのある「トレードと凡事のお話」 当サイトで一押しの「ビクト […]

FXコア 【検証とレビュー】

FXコアの成績について 問い合わせの多い商材です。FXコアは口座縛りのあるEA(自動売買システム)ですね。 多くのユーザーの方から「FXコアを使って、今のところ勝っていますがどうでしょうか? 」という問い合わせを頂いてい […]

グランドセオリーFX検証とレビューその2
グランドセオリーFXは中級以上の裁量トレーダー向け商材だ

【関連】グランドセオリーFX【検証とレビュー】 グランドセオリーFX【CBMロジック】についての”おさらい” 【関連】グランドセオリーFX【検証とレビュー】 前回に引き続きらいく氏のグランドセオリーFXのレビューです。今 […]

あゆみ式 A Teachert FX Academy
あゆみ式 A Teachert FX Academyを購入した【検証とレビュー】その1

関連記事: あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2 あゆみ式 A Teachert FX AcademyにSQIを重ねてみた【検証とレビュー】その3 あゆみ式 A T […]

マステリースタイルトレードクラブ
マステリースタイルトレードクラブ 【検証とレビュー】

マステリースタイルトレードクラブは高額FX塾 マステリースタイルトレードクラブは、高額FX塾です。 今回が8回目(8期生)の募集となります。販売会社は、株式会社SKナレッジです。 SKナレッジは、いわゆるプロダクトローン […]

バイナリードミネーション 【検証とレビュー】

バイナリードミネーションは、クリック証券専用の自動売買ツール バイナリードミネーションは、GMOクリック証券に対応した自動売買システムです。 販売会社は、株式会社クラウンホールディングスジャパンです。この会社は以前、トリ […]

バイナリーオプション風林火山 【検証とレビュー】

風林火山は、裁量系マニュアル 風林火山はバイナリーオプションのシグナルツールです。 システムですが、トレードするかどうかを判断するのは購入者なので、どちらかと言えば裁量系のマニュアルですね。 プログラムで導き出された結果 […]

バババババイナリー
バババババイナリー評価に対するご意見をいただきました

関連記事: >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その1 >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その2 >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その3 バババババイナリー評価 […]