指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードをやってみればわかりますが、あまりのスリルに心臓がはちきれそうになります。レートの動き方が通常とは異なります。特に重要指標発表時にはありえない動きをします。スリッページも頻繁に発生します。

逆行して損切りしたくても注文が通らない!なんてことは日常茶飯事です。心臓の弱い人は、このスリルに耐えられないでしょうね。仮に指し値注文であっても、レートが滑って、希望通りの価格で約定できないこともあるでしょう。当たり前の話ですが、経済指標発表時は、大抵のブローカーでスプレッドが拡大します。

結局、何が言いたいのか?というと、指標トレードは、通常の相場環境から逸脱したかなり特殊な状況下にあるトレードである、ということです。

そもそもなぜ、スプレッドは広がるのか?

ところで、どうして指標発表時にスプレッドが広がるのでしょうか?ひと言で言えば、FXブローカーのカバー先のスプレッドが広がるからです。通常(カバー100%の場合)ブローカーは顧客の注文に対して、カバー先(銀行等)を通じてインターバンク市場において反対売買をおこないます。このカバー先のスプレッドが広がるため、同様に顧客取引のスプレッドを広げないと、ブローカーが損をしてしまいます。

指標発表時等のような特殊な状況においては、マーケットの流動性が極端に低下します。リスクを軽減させるために、スプレッドが広がるわけですね。

指標発表時にスプレッドはどれほど広がるのか?

では、どれくらい広がるのでしょうか?とても分かりやすいデータがあったので、ご紹介します。

マネーパートナーズスプレッド比較
出典:http://zai.diamond.jp/articles/-/137075

上記グラフは、ドル円(USDJPY)ユーロ円(EURJPY)豪ドル円(AUDJPY)の、指標(米雇用統計)発表前後のスプレッド比較です。通常、ドル円(USDJPY)のスプレッドは、1銭~が一般的です。マネーパートナーズの場合は、0.5銭”原則”固定(USDJPY)です。

指標発表5秒前のスプレッドは、最大9銭まで拡大していますね。つまり、9~18倍にまで拡大するということです。

発表30秒後、1分後をご覧下さい。マネーパートナーズは、急速にスプレッドが縮小していますが、いくつかのブローカーは、拡大したままです。ご覧の通り、かなり特殊なトレード環境にあると言えます。

これほど拡大したスプレッドと、頻発するスリッページ環境下の中で冷静にトレードを行うことは、相当の鍛錬が必要であると感じています。なんだか寿命を縮めそうで、私はやりたくありません。

それでも指標トレードをやりたいですか?

私の中では、指標トレードは上級者向けの難易度の高いトレードであるという印象があります。初心者や、投資経験の浅いトレーダーが手を出すと、火傷(もしくは大やけど)をしてしまうような特殊な相場環境だと思います。・・・それでも、指標トレードをやりたいですか?

そうですか。それでは、ちょっと面白いツール(サービス)をご紹介します。それは・・・

外為どっとコムの経済指標フラッシュ

そのサービスとは、外為どっとコムが提供している経済指標フラッシュです。

指標発表フラッシュ

指標発表フラッシュ

ちょっとマイナーなサービスなので、ご存じない方も多いと思います。

経済指標フラッシュとは、主要各国の重要経済指標の発表結果を、限りなくリアルタイムに近いスピードで速報してくれるサービスです。え、どこがスゴイかわかりませんか?

通常、指標の”結果”は、少し遅れて発表されます。ジャストのタイミングでレートはギュンギュン動きますが、これはフライングしているんですね。その後、実際のが発表されて、結果に基づいてさらにレートが動く(もしくは逆行する)わけです。最終的には、指標の”結果”の方向性にレートは動くことが多いのです。

では、非常に早い段階で指標の”結果”を知ることができたら・・・?そうですね、たとえレートがフライングで動いても、正しい方向がわかるため、ある程度安心して方向を決めて飛び乗ることができます。

外為どっとコムの経済指標発表フラッシュは、ほぼリアルタイムに結果速報をしてくれるので、レートが動く方向性を読みやすいわけです。

指標結果提供サービスの中でも群を抜くスピード

他にも、経済指標の結果を速報してくれるサービスはありますが、外為どっとコムの経済指標フラッシュが、ダントツに早いです。しかも以下のようにマーク表示してくれます。

  • 結果が予想よりも高かった場合・・・ ↑
  • 結果が予想よりも低かった場合・・・ ↓
  • 結果が予想と同じだった場合 ・・・ =

さらに音声通知機能も備わっています。

ちなみに、経済指標フラッシュの利用には条件があります。月間合計10万通貨以上の取引が最低条件になっていますので注意が必要です。通常は40万通貨以上が条件のようですが、2013年7月31日までキャンペーンを開催していて、月間合計10万通貨以上取引で利用できます。(詳細は、外為どっとコムのサイトをご覧下さい)

それから、新規に「外貨ネクスト」口座を開設した人は、翌日から翌月の末日まで、完全無料で経済指標フラッシュを使うことができます。

まだ外為どっとコムに口座を持っていない方は、ビッグチャンスですよ。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

個人投資家の悲喜こもごも
個人投資家の悲喜こもごも

潜入!投資家たちの秘密パーティー 昨年放送された「所さん!大変ですよ【潜入!投資家たちの秘密パーティー】」(2015年11月12日放送)がYouTubeにアップロードされていました…

【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査している…?

与沢翼さんの会社が、税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ 探偵ファイルに目をつけられた与沢翼さん このブログでも取り上げた与沢翼さんですが、周辺で何かが起こりそうな予感です。探…

オリジナル特典(無料)のご紹介

当サイト限定のオリジナル特典(無料プレゼント) このサイトからFX情報商材をご購入いただいた方には、3つの特典を無料でご提供させて頂きます。 2013年に数名の実力トレーダーが集結…

FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】
Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か?

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か? 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 損切りしないIcc…

100円を目前にしたUSDJPYに気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されて…

BBF Advance 【検証とレビュー】
株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの

投資とギャンブルの境界線 以前、投資とギャンブルの境界線という記事を書きました。 投資とギャンブルの境界線 その中で、ギャンブルとは、 ”プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクな…

無料EAポータルサイト「ゲムトレード」をご存じですか?
投資は「90%の苦痛」と「10%の安堵感」で構成されているって知ってた?

EAはまるでゲーム世界のアイテム EA使ってる人、多いですね。たしかに自動売買システム(EA)は使い始めると面白いし、その奥深さにハマると思います。複数のEA(システム)を稼働させ…

あまり知られていない、神王リョウ(神リッチプロジェクト)の投資戦略とは?
【113億円】クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件【芸能人の名前も】

被害総額113億円「クエストキャピタルマネージメント」による巨額投資詐欺事件 先物投資詐欺の疑いで会社役員ら逮捕 113億円集金 2016/8/25 12:40 日経225先物で運…

【新発売】30万円近い”FX専用パソコン”は本当に必要か?

外貨投資専用PC「外為パソコン」発売 株式会社ユニットコムがIntel第7世代プロセッサーモデルのFX専用PC「外為パソコン」を発表しました。 すでに受注生産販売をおこなっています…

本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります
本日21時20分よりお勧めFXセミナー(無料)があります

GMMA第一人者である陳満咲杜氏によるUストリームセミナー 本日(10月1日)21時20分頃から、陳満咲杜さんのUストリームライブがあります。 陳満咲杜さんは、ご存じのようにGMM…

FXトレーダーは”社会の底辺組”なのか?
欲にまみれたオプザイル残党がついにメルカリ進出

オプザイルの残党がメルカリに進出?! 華々しく登場しTwitterで猛威を奮ったオプザイル集団も、最近は鳴りを潜めています。 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー”するも、絶滅へ…

【2017年版】日本長者番付発表!第一位はやっぱりあの人!

2017年、日本一の金持ちは誰だ?! アメリカの経済誌「フォーブス」が毎年発表している世界長者番付。その中で日本人のみを抜き出してランキングした日本長者番付がフォーブスのWEBサイ…