【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

イタリアでバイナリーオプション禁止!

なかなか衝撃的なニュースです。EU加盟国のイタリアがバイナリーオプションの禁止に踏み切ったようです。具体的には、イタリア国内で営業するバイナリーオプション業者のサイトをブロックするという手段で、アクセス不能にしました。ニュースの詳細はこちらをご覧下さい。

全面的禁止というよりは、特定業者のサイトをブロック(IPアドレス閉鎖)したということのようです。理由は、バイナリーオプションのギャンブル性の高さです。複数の業者に対して当局が警告を行ったにも関わらず、その警告を無視した業者に対する対抗措置のようですね。

イタリアはカジノ先進国

なんとなくですが、イタリア人と投資って、違和感がないですか?イタリア人といえば、享楽的な生活を好む国民のようなイメージです。(ドイツ人や日本人と真逆の国民性という印象)

サッカーが大好きで、楽天的で、宵越しの金など持たない、その日を楽しむ、という国民性という印象があります。こんな国民性ジョークもあります。

この世の天国とは
「コックはフランス人 、警官はイギリス人 、技師はドイツ人 、銀行家はスイス人、恋人はイタリア人」

この世の地獄とは
「コックはイギリス人、警官はドイツ人、技師はフランス人、銀行家はイタリア人、恋人はスイス人」

イタリア人と、倹約・投資・運用という言葉は違和感がありますね。ただ、バイナリーオプションをギャンブルと考えれば、イタリア人の国民性ともマッチするかもしれません。

イタリアは、日本と違ってカジノが公認(合法)されています。イタリア国内には、政府公認のカジノがたくさん存在します。さらにイタリアでは、2006年にオンラインカジノも合法化されています。

政府が公認したオンラインカジノ以外にも、非公認の不法オンラインカジノもあり、実はこの不法オンラインカジノのほうが、公認カジノよりも売上があるそうです。

不法カジノ取り締まりと同じやり方だ

政府は、この不法オンラインカジノの取り締まりに、やっきになっているようです。不法オンラインカジノ取り締まり方法は、IPアドレス閉鎖(ブロック)です。つまり、今回のバイナリーオプション業者の取り締まりと同じやり方です。(バイナリーオプション業者のIPアドレスを閉鎖)イタリア国内から不法オンラインカジノサイトへアクセスしようとすると、別の無関係サイトが表示される、という措置です。

イタリアとしては、政府公認のカジノ(オンラインも含め)を、国の産業として守るために、不法カジノを取り締まりたいのでしょうね。

バイナリーオプションに対する規制も、公認カジノを守るための措置なのかもしれません。政府の手が及ぶ公認カジノと、やりたい放題のBO業者とでは、当然公認カジノを守りたいはずです。

イタリアでのBO規制はEUにも影響を及ぼすか?

EU(欧州連合)には、イタリア以外にも公認カジノのある国が多数存在します。イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、フィンランド、マルタ、デンマーク、オランダ、ポルトガル、エストニア、スロバキア、ルーマニア、ブルガリア、ポーランド・・・そして、ロシアもカジノが合法化されています。

今回のイタリアでのBO規制(事実上の一部業者禁止)は、他のEU諸国へ影響を与えるのでしょうか?政府公認のカジノへの影響が無視できないような状況になれば、各国でもイタリアと同様の規制の動きが出てくるかもしれませんね。

権力者の利権を守るための規制?

政府公認のカジノとは、日本で言うところの「パチンコ業界」のようなものでしょう。多くの利権がからみ、一部の関係者が甘い汁をすうことのできる業界です。(警察官僚の天下り、政治家の影響力etc)

そんな美味しい業界を脅かす産業が、バイナリーオプション業界なのかもしれませんね。だから規制する。表向きは顧客保護を謳いながら、実は自分たちの利権を守るため。

もしかしたら、日本でのバイナリーオプション規制も、同様の背景があるのかもしれません。警察OBや特定政治家からの圧力・・・日本には公認カジノが存在しない代わりに、世界最大のギャンブル=パチンコ業界が存在します。

パチンコ・・・19兆4000億円
マカオ・・・  2兆6800億円
ラスベガス・・・ 5280億円
______________________
カジノ合計   3兆2080億円

世界二大カジノ(ラスベガス、マカオ)の年間売上高合計よりも、パチンコの年間売上高のほうが圧倒的に大きい(約6倍)です。この世界最大のギャンブル(パチンコ)から生まれる甘い汁(利権)は、想像を絶するでしょうね。この利権を守るためのBO規制なのかもしれませんね。怖いですね・・・

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

勝率80%について考察してみる【アルケミーシステム】

二択ゲームにおいて勝率80%は可能なのか? ハイローバイナリーのシステムを提供するアルケミーシステムですが、その勝率は平均80%であるそうです。 宣伝サイトでは80%勝率というフレ…

バババババイナリー評価に対する「反論メール」が的を得ていない件

バババババイナリー評価に対するご意見を頂きました 以前ご紹介したバババババイナリー【検証・レビュー】記事に、複数のご意見を頂いています。 バババババイナリー 【検証とレビュー】その…

バイナリーオプション規制を受けて各社の動き
バイナリーオプション規制を受けて各社の動き

HIGH-LOW取り扱い廃止のお知らせ 最新記事(2012年12月28日)はこちら バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? 過去の記事はこちら バイナリーオプシ…

全力FX大学 【検証とレビュー】
バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない 一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味…

資本家に搾取される無知の民衆
【注意】”鴨川式バイナリー予備校”のスパムメールが届いた件

スパムメールか?”鴨川式バイナリー予備校” 昨日、私の個人メールアドレスに、怪しげなメールが届きました。こちらをご覧ください。 今、1番手軽に稼げる為替投資「バイナリーオプション」…

テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」 【検証とレビュー】
バイナリーオプション自主規制で何が変わるか?

自主規制案は投資家保護と国際化が目的 バイナリーオプションの自主規制案が発表されてから、約1週間経過しました。 バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! バイナリーオプション…

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開

BOWG会合を受けて解説動画(第2弾)が公開された バイナリーオプション自主規制を取りまとめている、バイナリーオプションワーキンググループ(BOWG)の会合(第6回目)が、2013…

バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?
バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

【最新情報】 2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。 バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? バイナリーオプション…

タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。その名も… 伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプション 商材の中身は、スマートオプ…

バイナリーエクスプレス 【検証とレビュー】

総獲得金額 4億614万円 小笠原さんのバイナリーエクスプレスですが、 わずか3年で4億614万円を獲得したそうです。掛け金1万円が、3年で4億円になったということです。単純に計算…

バイナリーコア 【検証とレビュー】

わずか1年で10万円を6526万円に増やした? 最近はバイナリオプションの商材が増えてきてますね。このサイトでは何度も書いてますが、バイナリオプションという金融商品は極めてバクチに…

最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方
最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方

自主規制の最終報告が出た ついに最終報告書が発表(2013年4月24日)されました!報告書の正式タイトは以下の通りです。 通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプシ…