2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

【必見】FX初心者ほどスイングトレードをやるべき理由とは?

【必見】FX初心者ほどスイングトレードをやるべき理由とは?

【必見】FX初心者ほどスイングトレードをやるべき理由とは?

FXのスイングトレードとは?

FXには、ポジションの保有期間の長さによって、ざっくりと3つの取引スタイルが存在します。

  • スキャルピング…ポジション保有期間が数秒〜数十分
  • デイトレード…ポジション保有期間が数分〜数時間
  • スイングトレード…ポジション保有期間が数日〜数週間(or数ヶ月)

スキャルピングやデイトレードはイメージしやすいと思いますが、意外とスイングトレードってよくわからないですよね。

今回は、このスイングトレードに焦点をあてて詳しく解説していきますね。

スイングトレードを改めて定義するとすれば、「数日から数週間、時には数ヶ月の長期スパンでポジションを保有し、大きな利益を狙うことを目的とした取引スタイル」といえます。

Swing(スイング)ってどういう意味?

ところでスイングトレードの”スイング”とはどういう意味があるのでしょうか?

英語ではSwingと書きます。直接的な意味としては以下の通り。

  • 揺れ動く(揺動)
  • ぶらぶら揺れる
  • ブランコに乗る

野球のバットをスイングするとか、ゴルフクラブをスイングするなどの「スイング」と同じです。

一定のストロークでの往復運動を「Swing=スイング」と呼びます。

スイングトレードの「スイング」ってどういう意味?

スイングトレードの「スイング」ってどういう意味?

相場は、大小様々な波が上下に揺れ動いていますよね。そして揺れ動く波が集まり拡張され、より大きな波(長期的なトレンド)を形成していきます。長期的な波の動きに乗りつつ利益を拡大していく投資スタイル…だからスイングトレードと呼ばれるのですね。

スキャルピングやデイトレードは時代の寵児

もともとは、投資(株)といえば長期ホールドが当たり前。一昔前までは、直接証券会社に出向いたり(対面販売)、電話で取引の注文をするなどが主流でしたよね。

もともとは長期ホールドかスイングトレードしかなかった

当然、手数料も今と比べれば非常に高かったため、短期的な取引は、ごく限られた人しか行っていませんでした。数ヶ月程度のホールド(スイングトレード)ですら、短期トレードに分類されていたのですね。

その後、インターネットの急速な普及(ブロードバンド化)で、高速かつ簡易的なトレード環境が末端にまで広がり、パソコンを持っていれば誰でもリアルタイムチャートにアクセスできる時代が到来します。

ネット証券&ネット取引の普及によって、手数料は大幅に下げられ、取引システム(チャートシステム)の進化と相まって短期トレードが爆発的に増えるようになったのです。スキャルピングトレードやデイトレード時代の到来です。

FXの個人取引が開放されたのも同時代(=1998年に改正外為法が施行)だったため、FXといえばデイトレード・スキャルピングがあたりまえ、と思っている人も少なくないはず。

誰もが、短期間で資金を増やせるデイトレードやスキャルピングの魅力に取り憑かれます。時代の流れが、スキャルピングやデイトレードと呼ばれる取引手法の普及に拍車をかけました。取引スタイルの選択肢が増えたことは、わたしたち投資家にとっては喜ばしいことですよね。

2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2020年最新版】

短期トレードを遥かに上回るスイングトレードの利点とは?

時代は、長期投資から短期投資へ…。

この流れは仕方がありません。人はどうしても短期的な利益に目が行きがちだからです。1日で数万円〜ものお金を手にすることができるかも!という魅力に誰も抗えません。

とはいえ、スイングトレード(長期トレード)も捨てたもんじゃありません。

スイングトレードには、短期トレードには存在しない計り知れない利点が存在することをご存じですか?

利幅が大きい!

最大の利点は、一度のトレードで手にすることのできる利幅が非常に大きいことです。

短期トレードで手にすることのできる利益の数十倍〜ときには数百倍以上の利幅を、たった一度の取引で手にすることができる!このダイナミックさはスキャルピング・デイトレードの比ではありません。

ストレスが少ない!

チャートへの張り付きは基本的に不要です。仕掛けるまでに時間をかけることができ、最適なタイミングで仕掛けを行えば、あとはそれほどすることはありません。狙った利幅まで到達するのを待つだけです。

主に日足のチェックがメインになるため、チャートのチェックは1日1回、あるいはもっと少なくても良いです。日中に時間を取りづらい会社員や忙しい方にとっては助かりますよね。

相場の細かな動きを気にすることなく、ゆったりと構えて取引することができるため、ストレスは軽減されます。

投資で精神をすり減らしたくないならば、まずは長期投資に目を向けるべき。

テクニカル分析の優位性が高まる

テクニカル分析は、長期足ほどその有効性が高まることは、よく知られています。特に日足におけるテクニカル指標の優位性は、短期足と比べたときに雲泥の差ほどあります。

なぜなら世界中の無数のトレーダーが日足ベースでテクニカル分析をおこなっているからです。結果的にテクニカルが効いてくるわけです。

ラインも同様です。サポレジラインやトレンドラインは日足以上のチャートに引くことで、一層優位性を発揮できるようになります。

とにかく簡単!

FX初心者ほど長期トレードをするべきです。なぜなら短期トレードに比べてはるかに簡単に勝てるから。

相場は短期足になればなるほど、ノイズ度が高まります。ノイズの中から優位性を導き出すこと自体が難易度が高く、FX初心者にはほとんど不可能に近いです。

一方、長期足になると、ノイズの集合体である波の動きに方向性(トレンド)が加わります。この長期的なトレンドの一部でも抜き取ることができれば、それなりの利益を確保することができるのです。

まとめ:FX初心者ほどスイングトレードをするべき

スキャルピングやデイトレードが人気があるからといって、スイングトレードの利点が薄まったわけではありません。あくまでも、取引スタイルの選択肢が増えたというだけで、それぞれのスタイルにはメリットやデメリットが存在します。

中でもスイングトレードは、長期的なトレンドを狙えるため、スキルの低いFX初心者でも容易に勝ちやすいという利点があります。許容変動幅は短期トレードに比べて大きいため、細かな価格変動に一喜一憂することもありません。ストレスははるかに軽減されます。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2020年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら