AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウトに優位性はあるか?

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトに優位性はあるのか?

前回の記事でAmbushFXと類似する手法として、アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトをご紹介しました。

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトとは、東京時間の最高値と最安値で構成されるレンジを1つのボックスと捉え、そのボックスをブレイクした方向に順張りでENTRYしていく手法です。古くからある手法の1つです。

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトについては、以下の記事が詳しいです。

さて、このアジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトですが、実際のところロジックに優位性は存在するのでしょうか?この点を検証してみたいと思います。

ロジックのメリット

まずはアジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトのメリットをチェックしてみましょう。

なんといっても簡単なこと

とにかくシンプルで簡単です。東京時間の最高値と最安値でラインを引くだけでOKです。最高値・最安値(上下)のラインと、時間軸(左右)で構成されたボックス(箱)を、欧州タイムでどちらに抜けるかをチェックします。その抜けた方向にENTRYします。

IFDOCOを仕掛けることも可能ですので、一度設定してしまえばあとは何もすることはありません。

チャートに長時間張り付く必要がない

当然チャートに長時間張り付く必要もなくなります。一度ENTRYすれば、放っておいてもいずれ利確か損切りになります。しかも1日に1回だけチャートをチェックすればOKです。

ハマれば簡単に利益が出る

レンジブレイクですのでハマれば簡単に利益が出ます。それこそ笑えるほど簡単です。仕掛けどころも明確ですので、あっけないくらいに利益がでます。

レンジブレイクアウトのデメリットとは?

では、デメリットとしてはどんな点が挙げられるでしょうか?

ブレイク不発(ダマシ)がある

このロジックには、アジアン(東京)時間のボラティリティが低く、結果としてレンジを形成しやすいという点、そして、欧州時間で一気にボラティリティが増大し、レンジがブレイクされやすいという傾向があるという点が、前提としてあります。AmbushFXのロジックも、この点がベースになっています。

時間帯(タイムテーブル)によるボラティリティの変化や、欧州時間で相場が動きやすくなる件ですが、FXトレードをやっている人であれば誰でも知っています。欧州時間でのブレイクを狙うトレーダーがいれば、それを逆に狙い撃ちする人々がいてもおかしくありません。

一旦ブレイクしたと見せかけて、レートを戻し、ストップに引っ掛けてまた戻す。こんな力技を仕掛けてくる機関投資家連中もいます。わかりやすいポイントほど狙い撃ちされやすいのです。

わかりやすいチャートがあったので、拝借しました。Aでは、東京時間のレンジを上方にブレイクしたのですが、その後戻されてダマシとなっています。Bでは、下方ブレイクが成功していますね。そしてCでは、上方ブレイク後に戻されダマシとなっています。

1通貨ペアで1日1回しかチャンスがない

この手法は、1通貨ペアで1日に1度しかチャンスがありません。そして、タイムテーブルによってボラティリティの変動幅が大きい通貨ペアでしか使いずらい手法です。つまり、GBPUSDやEURUSDなどの通貨ペアです。全ての通貨ペアでは使いにくい手法です。

リスクリワードと勝率のバランスが難しい

そして、最大のデメリット(というか難しい点)がこちらです。リスクリワードにもよりますが、連敗が続いたり勝率が低いと、トータルプラスに持って行くことが難しくなります(つまり優位性を高めることが難しい)。

ストップ幅固定の場合(例えばレンジの逆側のライン等)、リミットをそれなりに大きくしないと(ストップ幅の3倍〜5倍)、プラスに持って行くことは困難です。

リスクリワードが1対3(損失1に対し、3倍の利益)で、勝率は25%(1勝3敗)でトントンです。リスクリワードが1対3であれば、勝率30%で期待値がプラスになります。

しかし本当にレンジブレイクで勝率30%を長期的に維持できるのか?そもそもリワードを3倍に設定することは可能なのか?この2点が問われます。とくに2番めのリワード3倍というのは、システムトレードにおいてはかなりハードルが高いです。3倍ライン(リミットポイント)に達する前に、戻されるケースも多々あります。

では、3倍ではなく2倍程度にすれば?そうすると、もっと高い勝率が要求されます(リスクリワードが1対2の場合、勝率33%でイーブン)。このリスクリワードと勝率のバランスが非常に難しいのです。

EAで検証すれば、優位性がすぐにわかる

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトは、いわゆるシステムトレードです。ENTRY、LIMIT、STOPが比較的明確です。機械的に仕掛け、機械的に手仕舞いをします。ですのでEA化すれば、ロジックの優位性を簡単に検証できます。

実際に、多くのトレーダーがEAでレンジブレイクの優位性を検証してきました。リスクリワードと勝率のバランスや、ボラティリティとの関係など、数値化できるものを組み込み、バックテストを行ってきました。

もちろん、数値化できるもの(パラメータ)が増えれば増えるほど、カーブフィッティングが可能になります。どこかのバランスにおいて、右肩上がりの運用曲線を作り上げることができます。(まさにカーブフィッティング)

しかし、これはあくまで過去のデータに対して最適化しただけであって、それが将来的に利益を出し続けられるということとは無関係です。

なぜタイムゾーンレンジブレイクのEAが存在しないのか?

考えてみれば、わかることです。なぜタイムゾーンレンジブレイク型の市販EAを見かけないのでしょうか?これほどEAが世界中で販売されていますが、レンジブレイク型のEAは、ほとんんど見かけません。理由は簡単です。優位性がないからです。

仮にバックテストで優秀な成績を残せたとしても、単なるカーブフィッティングだからです。海外で市販されているEAの大半は、いわゆるナンピン&マーチンゲール型のEAです。こちらのほうがよっぽど優位性があり、長期的に利益を残せます(もちろん破綻リスクはありますが)。だから多くのナンピン&マーチンゲール型のEAが販売されているのですね。

結論:レンジブレイクに優位性は見いだせない

シンプルなタイムゾーンレンジブレイクには、優位性はありません。狙い所(ENTRYポイント)は悪くないと思いますが、やはりそれだけで勝てほど相場は甘くありません。

それなりに、トレーリングストップを仕掛けたり、利益を伸ばすための工夫(利確を遅らせたり、ピラミッディングを行うなど)が必要です。

つまり相場状況に応じて裁量判断が求められるということです。簡単には勝たせてくれないのが相場です。甘い夢ばかり見ないようにしましょう。

AmbushFXをベースに裁量トレードをオススメします

私はAmbushFXを全否定しているわけではありません。タイムゾーン・レンジ・ブレイクを極めたい方には、良い手がかりが得られると思います。

できれば、AmbushFXのロジックをベースに、トレーダー個々人の裁量判断を加える事で、勝率を高める工夫をしたり、リスクリワードバランスを改善するなどして欲しいですね。そうすれば、あなたにとって強力な武器になる可能性もあると思います。




※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

貯金3億円男★大先生という稀代の賭博師が人々を魅了する理由(ワケ)

賭博黙示録「貯金3億円男★大先生」 貯金3億円男★大先生をご存知でしょうか?2015年末頃からトレードアイランドやYJFXのファイナンススタジアムで壮絶な取引をおこない、一躍有名人になったFXトレーダーです。彼の公開され…

勝ちにこだわるな、勝つ準備にこだわれ

”勝ちにこだわるな、勝つ準備にこだわれ” いい言葉ですね。”勝ちにこだわるな、勝つ準備にこだわれ”この言葉は、日本人プロギャンブラーNOBUKI氏によるものです。 プロギャンブラー NOBUKI【Officialブログ】…

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法 今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。 チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マーケットの歪みを狙ったアービトラージ的な手…

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か?

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か? 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた…

FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、敗訴のコメントが意味するもの 実は、この判決(松井証…

投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性

ねずみ講的な勧誘で100億円ものFXファンド資金を集めた「シンフォニー」 先日話題になった逮捕速報年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕への続報です。 このニュースは、高配当FXファンド(年36%)と称して総額100…

グランドセオリーFXで使われている一目均衡表の「雲」とは?

日本人が開発した画期的なテクニカル指標「一目均衡表」 グランドセオリーFXのざっくりとしたレビュー記事をアップしました。 グランドセオリーFX【検証とレビュー】 グランドセオリーFXは中級以上の裁量トレーダー向け商材だ …

『FX最強チャートGMMAの真実』レビュー

FX最強チャート GMMAの真実 先日、buddhatrend A-Specという商材をレビューしましたが、その記事の中で陳満咲杜さんの書籍をご紹介しました。 buddhatrend A-Specレビュー記事 ご紹介した…

キプロス拠点のFX業者を一覧でまとめてみた

キプロス拠点のFXブローカーが気になる? キプロスショックのニュースが連日ネットを賑わせています。 ”キプロスで預金封鎖”の余波 キプロスショックとFXブローカー 当サイトにもキプロスに関する問い合わせが来ています。大半…

Flash Zone FXのツバメ返しエントリー法とはどんな手法か?

Flash Zone FXの「ツバメ返しエントリー法」 Flash Zone FXの再販(最終販売)が決まったことで、またFlash Zone FX記事へのアクセスが集まっています。 Flash Zone FX【検証とレ…

5minutes binary(5ミニッツバイナリー) 【検証とレビュー】

5minutes binary(5ミニッツバイナリー)の成績 5minutes binary(5ミニッツバイナリー) の成績ですが、販売ページには以下のように記載があります。 6ヶ月で805万円の純利益を獲得・・・ 月平…

Flash Zone FX【検証とレビュー】

Paul Zimon(ポール・ジモン)監修のFlash Zone FX Flash Zone FXというFX商材がランキングを賑わせているようです。販売ページを見ましたが、なかなか興味深い商材です。Paul Zimon(…